安全にクレジットカード現金化できる業者とその方法とは?

現金化が選択される理由

現金化クレジットカードの現金化には、ショッピング枠が使われます。借入れ可能の額は『限度額』と『当月の残高』に左右され、残高がない場合は借入れ出来ません。

しかし、ショッピング枠を限度額いっぱいまで使い切る人は、そういません。毎月何万~何十万と買い物をすれば、あっという間に破産してしまいます。

それに対し、カードローンやキャッシング枠を使い切ってしまう人が多いです。必要に迫られて利用するというよりは、習慣的な利用が目立ちます。返済が滞ってなお、別の会社から借入れるケースも珍しくありません。

しかし、カードローンやキャッシングを繰り返せば、信用情報が更新されます。返済が滞れば傷がつき、やがて利用が出来なくなります。その際に選択肢として上がるのが、信用情報に左右されない現金化です。

現金化はインターネットから申込め、最短10分足らずで借入れが完了します。また昨今は還元率の上昇・商品購入に伴う手数料の無料化など、業者側が献身的なサービスを提供しており、より安全に現金を得られるようになりました。

現金化は信用情報に左右されないだけでなく、貸金法の適用を受けません。

通常、借入れは『一定の収入』を持っている人に限り『年収の三分の一』までと定められています。そのため主婦や学生など、無収入の人は利用できません。

しかしクレジットカードがあれば、こうした人であっても現金を得ることが出来ます。痒いところに手が届く、そんなサービスである現金化は、これからも重宝されることが予想されます。
クレジットカード現金化

クレジットカード現金化に潜む甘い罠!悪徳業者と優良業者の見分け方

悪徳業者と優良業者の見分け方みなさんは「クレジットカード現金化」という広告を目にしたことはありますか?最近、増えてきた広告なので、もしかしたら目にしたことがあるかもしれません。しかし、実際にどういった仕組みで、クレジットカードが現金に変わるのかまでご存知の方は少ないでしょう。

そもそも、クレジットカードの現金化とは、業者が、消費者に対して、クレジットカードのショッピング枠を使って商品を買うように指示を出し、そうして消費者が買った商品を、業者が購入代金より低い金額で買い取ることによって、業者は実際の購入金額より低い金額で商品を得ることができ、消費者は現金を得ることができるという仕組みなのです。一見すると、業者も消費者も得をする仕組みのように思われますが…、実は、そこには違法性の問題や詐欺の可能性など、様々な危険性があるのです!

今回は、そういったクレジットカードの現金化に潜むリスクについて、紹介させていただきます。

クレジットカードの現金化は果たして違法なのか!?

クレジットカードの現金化は違法?そもそもクレジットカードの現金化という行為自体が違法なのかというと、これは現時点では明確に違法というわけではないものの、限りなく黒に近いグレーです。
なぜかといいますと、まず、クレジットカード会社は、カードのショッピング枠を現金化するために利用することを認めておらず、もしそのような行為が発覚した場合には、消費者のクレジットカードは利用停止にされてしまうおそれがあります。
また、クレジットカードの現金化を利用する人は、そもそもがお金に困っていることが多く、そのため、業者の側としては、カードの負債の回収のリスクはクレジットカード会社に押し付け、消費者による商品購入代金と、消費者に支払う現金の額の差額で儲けているのです。

さらに、クレジットカード現金化業者のホームページには許可を取っている旨が記載されていることがありますが、それはあくまで「古物取引の営業」許可であり、クレジットカード現金化の許可を国が行っているわけではないのです。

クレジットカード現金化の際に気をつけるべき悪徳業者の手口

悪徳クレジットカード現金化業者の手口では、次に、クレジットカード現金化がどのように行われているのかについて、見てみましょう。クレジットカード現金化を行っている業者の中には正しい形で営業している業者もいますが、中には信じられないほどの悪徳業者が存在するのも事実なのです!
消費者が何より気を付けないといけないのは、この悪徳業者です!

では、このような悪徳業者と関わってしまうと、実際にどんなことが起こるのでしょうか?
例としては、消費者に商品を購入させるだけさせておいて、現金を支払わない。ホームページに記載されていなかったような大きな金額の手数料やキャンセル料を要求してくる。このようなことを悪徳業者は当たり前に行います。絶対に悪徳業者と取引してはいけません。

どうやって優良業者を見つけるの??

上述したように、クレジットカード現金化に危険が潜んでいることは事実です。しかしながら、数十年のビジネスとして生き残っている業者がいるのも事実なのです。そのような業者は、上述したような危険な手口で消費者を追い詰める悪徳業者ではなく、優良な業者であるといえます。

では、どうしたら優良業者か悪徳業者を見分けることができるのでしょうか?1つの手掛かりとなるのはホームページや口コミです。しかしながら、悪徳業者であってもホームページには消費者が得をするような情報しか記載しません。

「振り込みまで最短5分!」「換金率98%!」。このようなあまりに消費者に都合のよい謳い文句には注意が必要です。一般に、クレジットカード現金化の相場は80%前後です。「換金率98%!」は非常に怪しいということです。

また、ホームページに業者の所在地、代表者などの会社概要がしっかりと記載されていないような場合も、それは悪徳業者である可能性が高くなります。優良業者であれば、そういった必要不可欠な情報の記載を疎かにすることは考えられません。

クレジットカード現金化に際して、トラブルを回避する方法

このように多くの危険性やリスクが潜むクレジットカードの現金化ですが、裏技やトラブル回避方法を知っておくことで、それらの危険性やリスクを最小限のものとすることもできます。危険性およびリスクを低くするためには、まず、業者を選ぶ段階で優良業者を選ぶということが絶対に必要です。ここで悪徳業者を選んでしまうと、まず間違いなくトラブルに見舞われます。甘い謳い文句に惑わされることなく、しっかりと優良業者を見極めましょう。

また、裏技としては、業者を通さずに自分で現金化を行ってしまうという方法があります。例えば、全員分の飲み会の代金をクレジットカードで支払い、周りの人から現金で飲み会の代金を徴収するという方法です。実は、この方法が最も安全であり、換金率も100%となります。

クレジットカード現金化を利用する場合は、以上のことを頭に入れた上で利用してください。どのような業者を利用しようとも、カード利用停止のリスクは回避できませんのでね。

クレジットカード現金化の優良店は即日入金が決め手となる

即日入金のクレジットカード現金化業者優良クレジットカード現金化業者の決め手は即日入金キャッシングと異なり、クレジットカードのショッピング枠を現金に換える方法がクレジットカード現金化です。一般的なローンと違って審査も簡単で、急ぎの際には便利なサービスと言えます。しかし、業者によって還元率が異なるだけでなく、入金されるまでの時間に違いがあることをご存じでしょうか。

全ての店舗で対応速度が変わる

クレジットカード現金化は、キャッシングと同様にまず申し込むことから始めます。その後身分証明や必要な書類を提出し、実際に入金される段階へと至りますが、入金までのスピードがお店によって大きく異なるのです。例えば、ある業者は申し込みから入金まで、1日ほど時間が必要になります。

もちろん金融機関の休日を挟んだ場合は話が別です。しかし、平日なのに入金が1日も掛かるような場合、決して良い業者と言うことはできません。キャッシングでさえ、早ければ申し込みから融資まで、数十分で済んでしまうからです。

即日入金が当たり前の時代に

このような流れを受けてか、現在は即日入金が可能な業者も増えています。クレジット現金化 優良店の多くは、即日入金が当たり前、といってもおかしくはないでしょう。逆に入金まで1~2日かかる業者も少なくありませんが、なぜ入金までに時間がかかってしまうのか、明確な理由を明かしていないケースも存在します。

特にすぐ現金が必要な場合、即日入金や対応スピードの速いクレジット現金化 優良店の選定が必要不可欠です。入金までスピーディに対応してくれるなら、クレジット現金化 優良店といっても過言ではありません。

ほとんどの方は、業者の還元率で選んでしまうかと思います。例えばショッピング枠が10万円の場合、還元率80%で8万円、90%で9万円の現金を得られるためです。しかし、広告とは異なる還元率を提示するケースも多く、手数料などを差し引くと、75%程度に落ち着くことも珍しくないのです。そのため、入金スピードの速い業者がクレジットカード現金化優良のお店と言えます。

ネットバンクで時間も場所も問わなくなった

平日であれば、多くの業者で現金化が可能です。しかし、金融機関が休みの場合は対応できず、週明け振り込みとなることも珍しくありません。土日に利用したい方にとって、大きな欠点になるのではないでしょうか。

ただし、全ての業者がそうとは言い切れません。中には24時間営業しており、土日の入金にも対応しているクレジット現金化 優良店があるのです。なぜかと言うと、ネットバンク振り込みに対応していることが理由になります。特に優良店の場合、ほとんどのネットバンクに対応しています。

通常の銀行などは、土日祝の振り込みの対応が翌営業日となりますが、一部のネットバンクはリアルタイムに入金されます。キャッシュカードを持っていれば、コンビニなどから出金できるため、急な出費にも対応できるのが魅力です。

最短30分で現金化できるのがメリット

即日入金ができる業者はもちろんのこと、ネットバンクに対応しているなら、時間を問わず、その日のうちに現金化できるのが大きなメリットとなるでしょう。中には申し込みから入金まで、最短で30分というクレジット現金化 優良店もあります。身分証明書などの提出が必要な場合もありますが、すぐ現金を受け取れるメリットは計り知れないと思います。

すぐお金が必要な場合、キャッシングやローンを利用する方が多いのではないでしょうか。でも、収入を証明する書類の準備に時間がかかったり、総量規制の影響を受け、融資を受けられないこともあります。キャッシングなどが利用できない場合はもちろん、手持ちのクレジットカードがあれば、簡単に現金化できるため、いざという時は検討してみてはいかがでしょうか。

簡単現金化!おすすめ業者を比較してみました

キャッシュチェンジ大バナー

営業時間 定休日
9:00~20:00
最大還元率 最短入金時間
98% 5分

ココクレカ大バナー

営業時間 定休日
8:00~21:00
最大還元率 最短入金時間
98.4% 5分

ライフパートナー大バナー

営業時間 定休日
9:00~20:00 年中無休
最大還元率 最短入金時間
98% 5分

ギフトクレジット大バナー

営業時間 定休日
9:00~21:00
最大還元率 最短入金時間
5分

クレカ堂大バナー

営業時間 定休日
8:00~21:00
最大還元率 最短入金時間
95% 5分

ハッピーリターン大バナー

営業時間 定休日
平日・土曜 10:00~17:00
日・祝 11:00~17:00
年中無休
最大還元率 最短入金時間
98% 5分

トータルサポート大バナー

営業時間 定休日
9:00~21:00
最大還元率 最短入金時間
94% 5分

現金堂大バナー

営業時間 定休日
24時間営業 年中無休
最大還元率 最短入金時間
98% 5分

現金化で最も重視したい!還元率ランキング

現金化をする上で最も重視したい還元率をランキング形式で紹介します。
ぜひ自分に合った現金化業者を探す際に役立てて下さい。

業者名 換金率
ランキング1位ココクレカ 98.4%
ランキング2位キャッシュチェンジ 98%
ランキング3位ライフパートナー 98%
ランキング4位ハッピーリターン 98%
ランキング5位現金堂 98%
ランキング6位クレカ堂 95%
ランキング7位トータルサポート 94%

超重要!クレジットカード現金化で失敗しないための6つのポイント!

クレジットカード現金化業者で失敗しない方法

クレジットカード現金化で失敗しないためのポイント
みなさんは、クレジットカードの現金化というサービスをご存知ですか?簡単に申し上げますと、クレジットカードのショッピング枠を現金に換えることで、いくつか手法はあるのですが、最終的には消費者がすぐに現金を手に入れるためのサービスです。しかしながら、こういったサービスを利用して後悔した方や、納得がいかないサービスしか受けることができなかった方もいるのです。

クレジットカード現金化は多少なりとも危険が潜んでいるサービスではあるのですが、賢く利用することで、それらを回避することは可能です。今回は、現金化で失敗しないために、いくつかのポイントについて簡単に書いていきます。

実際に合った失敗体験

まず始めに、クレジットカード現金化の際に、実際にあった失敗談についてみてみましょう。
具体的なものとしては
法外な手数料を要求される
必要以上に詳しく個人情報を聞かれる
現金を得る前に業者と音信不通になる
返済方法が一括にされてしまう
等が挙げられます。これらの多くは、現金化の際に悪徳業者を利用してしまった場合に起こるものです。

本人確認という常識

クレジットカード現金化サービスを受けるのあたっては、本人確認という手続きがあります。カードで買い物をするときに行うサインや暗証番号認証と同じですね。しかし、ここで暗証番号の情報を要求してくる悪徳業者がいるので、気を付けてください。暗証番号を業者に教える必要は絶対にありません!

換金率以外にどんな手数料が発生するのか

クレジットカードの現金化については、換金率というものがあります。つまり、そこには業者が得られる利益が含まれているのですが、その換金率以外にもいくつか手数料がかかります。具体的には「商品の配送料」「振込手数料」「決済手数料」「消費税」などがあり、これらについて事前にしっかり確認しておくことが大切です。

現金化業者の創業年数を確認する

現金化業者であっても、継続して利益を出すことができなければサイトを閉鎖したり、事業内容を変更したりするのは普通の会社と同じです。つまり、創業年数が長く、安定して現金化サービスを提供している業者であれば、そこは悪徳業者である可能性が低く、消費者も安心してサービスを受けることができるというわけです。

期間限定キャンペーンを上手に利用する

クレジットカード現金化業者のサイトでは、よくキャンペーンが実施されています。しかし、キャンペーンといっても無制限に利用できないことは当然なので、現在の自分が利用できるキャンペーンなのか否かをしっかりと把握するようにしましょう。そうすることで、通常利用時以上にお得な形でサービスを受けることができます。

返済方法で気を付けるべき点

現金化業者の利用に際しては、業者が提携している決済ラインを利用して返済方法を決める段階がありますが、業者によっては、返済方法が一括返済から変更できない場合があります。一括返済のままですと、消費者は単に損をするだけなので、まず、返済方法が変更できる場合は必ず変更し、そうでなくてもカード会社に連絡して、リボ払い等に変更する手続きを必ず行いましょう。

個人情報の流出に注意!信頼できるクレジットカード現金化の業者ばかりではありません

クレジットカード現金化での個人情報の流出クレジットカード現金化で個人情報の流出に注意世の中には良い人と悪い人がいます。クレジットカード現金化に際しても、同じことです。すべてが良い業者ばかりとは限りません。直接会うことがなくネットだけのやり取りをしていれば、相手を見分けることも難しいでしょう。

第一に、言われるままカード情報を伝えてはいけません。悪用された事例が少なくないからです。
良いことの裏には悪いこともある!そう意識しつつ、信頼関係を築くまでは注意すべきです。

とはいえ具体的にはどうすれば良いのでしょうか。情報が流出したり悪用されないようにするための予防と対処法について考えてみましょう。

信頼できる人ばかりではない

現金化の仕組みについて、直ぐに納得できましたか。胡散臭いとは思いませんでしたか。もちろん素直な心も大切ですが、何の疑いもなく信じてしまった人は、日頃の行動に際しても注意した方がよさそうです。詐欺に遭う確率が大です。

クレジットカード現金化は、カード会社が規約で禁止しているだけであり、法律的にはグレーゾーンです。とはいえ法律の穴をついてくる、ビジネスとしては常道ですが、新しいことに関しては、利用する側も警戒心が不可欠です。

ネットで著名そうだから、SNSや口コミで評判だったから、赤の他人から発せられたメッセージを簡単に信じてはいけません。クレジットカード現金化業者は、信頼できる人たちばかりではないからです。

カード情報が悪用される場合がある

使っている人はわかると思いますが、クレジットカードは、魔法のカードです。ほしいものが直ぐ手に入るからです。とはいえ支払いは後回しできます。頻繁に利用するほどショッピング枠が広がります。給料などの収入が安定していれば、全く問題ありません。

しかしクレジットカード現金化を試そうとする人は、どんな人でしょうか。切羽詰まった人かもしれません。消費者金融から借りられなくなった人、一歩間違えば闇金に流れていきそうな人もいるでしょう。そうした人の弱みに付け込む業者もいますよ。

具体的には、カード情報を巧みに聞き出していきます。暗証番号も「念のため」などの理由をつけて言わされてしまいます。基本的にカード番号と暗証番号があれば、誰でも買い物できるようになります。あとは悪意があるかどうか。カード情報が悪用される場合が少なくないようです。

悪用された事例とは

悪用された事例には、どんなものがあるのでしょうか。第一には暗証番号を聞き出して、勝手に高い買い物をされるケースです。さらに換金手数料、特急料金などの名目を利用して、換金率をどんどん下げていくパターンもあります。

1回しかお願いしていないはずなのに、毎月少しずつ勝手にカードで買い物されていることもあります。直接頼んだサイトではない人たちに使われている!明らかにカード情報が流出しています。悪い人同士のつながりがあります。

悪者に捕まると、カモリストに登録されます。迷惑メールなどが来ていませんか。ワンクリック詐欺に引っかかることもあります。クレジットカード現金化業者に情報を与えた直後からメール、電話、DM、見ているサイトに変な広告などが増えたら、それは情報が流出している証拠です。

どんな人が狙われるのか

悪意を持ったサイトに狙われやすい人とは、どんなタイプなのでしょうか。例えば、条件を問わず今直ぐにお金を調達したい人です。切羽詰まった状況は、ネット越しでもわかってしまうものです。

また、自分は大丈夫!変な自信がある人も引っかかりやすいですね。悪い人たちから見れば、自分を過信する人ほどだましやすいものです。つまりその優越感をくすぐってあげれば、簡単に話へ乗ってくれるからです。

さらに、素直すぎる人も危険ですね。他人の言うことを疑わない人、ネットの口コミやSNSの情報が事実だと思い込んでいる人、ホームページに書かれていることをそのまま信じてしまう人は、最低二人以上の知人に相談しましょう。

具体的な対処法とは

簡単に儲かる話はない!
どんな場合にも共通することではありますが、何かを始める際は、常にこの言葉を思い出しましょう。それだけで多くの被害は防げるものです。

たとえ切羽詰まった状態であっても、一晩考え直す勇気が必要です。今の時代は、闇金の督促であっても、暴力的なものはありません。業者が脅しをすれば、それは犯罪行為なので、業務停止に追い込まれます。相手もバカではありません。

支払いが一日遅れても良いんです!実際にそうするかは別として、そうした余裕を持つだけで、善悪の区別がつくものだし、だまされるリスクは軽減します。

なお情報が漏れたと気づいたら、直ぐに暗証番号を変えましょう。正直に理由を言うと、カード会社から利用を停止されてしまう可能性があるので、紛失した!嘘をついてでも再発行してもらいましょう。

信頼できる業者と契約しましょう

他人が言うのは簡単ですが、信頼できるクレジットカード現金化業者と契約しましょう。第一には疑う心を持ちましょう。また暗証番号を聞き出そうとするサイトは止めましょう。そしてカード情報の流出が疑われたら、速やかに作り直しましょう。

現金化に関する最新トピックス

現金が欲しい人にとっては、メルカリで現金を落札することは大きな利点だったわけです。その後もまた違う方法で現金化として利用されるようになり、メディアやインターネットでも大々的に取り扱われました。

自分が欲しい物を買ったり、逆に自分が要らなくなった物を売るために、ネットオークションを利用する人もたくさんいるでしょう。その中でもメルカリは、とても知名度が高く利用者の多いサービスですが、近頃は現金化の問題が連日取り上げられています。

カード現金化の一種として利用されている

クレジットカード現金化という言葉は多くの人が知っていると思います。カードのショッピング枠を使って現金を作る行為なのですが、いろんな方法で現金化がなされているのです。

例えば、クレジットカードで商品券や新幹線のチケットなどを購入して、それを金券ショップなどで買い取ってもらうのは、非常に有名な方法となっています。あるいは、ゲーム機や家電などを購入し、それを売るといった方法もあります。さらには、クレジットカード現金化を専門とする業者も存在しており、本当にそのパターンは様々なのです。

そして、メルカリに関してもカード現金化の一種として利用されているのです。簡単に言えば、出品されている現金を落札して、それをクレジットカードで決済することによって、ショッピング枠を使って現金を手に入れることが可能となるのです。

夜の街では当たり前の現金化

夜の街現金化の歴史は古く、夜の街では当たり前に行われてきました。

夜の街で現金化する場合も、クレジットカードで決済を行います。この時、飲食代に加え『現金化したい額』を水増ししてレシートを発行します。飲食代が3万円、現金化したい額が2万円なら、5万円分の決済です。

お店は、後日クレジットカード会社から振込まれた代金から、水増し分を客に渡します。
しかし水増し分が丸々客のものになるわけではなく、幾分かの手数料が引かれます。このシステムも、現在の現金化と同じです。

もちろん、すべての店が現金化を行っているわけではありません。ショッピング枠を利用した現金化は現時点で合法ながら、クレジットカード会社は面白く思っていません。そのため、代理店契約を切られるのではと警戒する店は、取り扱いません。

また現金化に際しても、飲食代から突出しない金額でしか行えません。飲食代として何十万円も会計が行われれば、クレジットカード会社が感付きますからね。

しかし需要は高く、なかには一切の飲食をせず、現金化だけ申込み帰る客もいるそうです。事実、インターネットとそれを活用した現金化が流行する昨今でも、このサービスを継続する店は多いです。

現金の出品は双方にとってメリットがある

メルカリで現金を出品することは、出品者と落札者の双方にとってメリットがあるのです。出品者にとっては、額面よりも20%ほど高い価格に設定しても落札してもらうことができるので、手数料を差し引いても十分な利益を取れるのです。

一方で落札者からすれば、面倒な手続きも審査も要さず、簡単に現金を手に入れることができます。そのため、どうしてもお金が必要になった時や、返済に困っていてピンチな時などに、役立つ存在になってくれるのです。もちろん手に入る金額よりも支払う金額の方が多くなりますが、それも承知の上で落札するわけです。

このように、どちらにとっても利点があるからこそ、メルカリでの現金化は日常的に行われており、少し検索をすればいくらでも表示されていたわけです。

実際のところ現金化は法的に問題ないのか

こういったメルカリでの現金化は、メディアでもネットでも大々的に取り上げられ、運営側は現金の出品を禁止する措置を取ったのです。しかしその後も、SuicaやPASMOのようなICカードなどが出品されて、そちらで現金化が行われるようになったのです。もちろん、そちらもしばらくして出品は禁止になりました。

ただ、実際のところこのような現金化は法的に問題はないのでしょうか。むろん、各カード会社は明確に規約で現金化を禁止をしているので、カード利用の停止処分になってしまう可能性があります。しかし法的には、現時点では明確な違法行為とは言えないため、いわゆるグレーゾーンとなっているのです。

例えば、クレジットカードで購入した洋服などを、しばらくして不要になったことから、リサイクルショップやオークションで売ったりすることも、現金化として当てはまるわけです。そのあたりの区別が明確にできない以上は、法整備をすることも難しいのです。

あの手この手のやり口が次々と登場している

現金の出品が禁止されたことで、この問題は一段落したかのように思えますが。ところが実際は、あの手この手のやり口が次々と登場して、むしろさらに話題が集まるようになったのです。

例えば、現金を折り紙のように折っていき、魚のオブジェや人形のような形にして、あくまでホビーや小物のジャンルとして出品するのです。あるいは、安物のアクセサリーやキーホールダーなどを出品し、キャッシュバックシステムを用いるやり口もあるのです。

もちろん、それらも見つけ次第削除はされているのですが、メルカリに出品されている品数は膨大ですから、完全に把握することは困難ですし、すでに取引が完了している可能性もあるのです。もしかしたら、更に新たなやり口が出てくる可能性も否定できません。

そもそも本当に現金化は悪いことなのか

メルカリで現金などの出品が禁止され、カード会社も現金化への規制は強化していますし、法律面でも将来的には違法になってしまう可能性もあります。ただ、そもそも現金化は本当に悪いことなのか、ここに関して疑問を持つ人もいるかもしれません。確かに、決して褒められた行為ではないかもしれませんが、自己責任の元で行うのであれば、そこまで徹底して批難されることではないかもしれません。

もし現金を借りるという行為そのものがダメなのであれば、キャッシングやカードローンも禁止にしなければならないわけですし、現金化だけを一方的に否定するのは早計なのかもしれません。ただ、いずれにしてもリスクがあることは事実なので、本当に現金化を利用するかどうかは慎重に考えなければいけないでしょう。

「クレジット現金」で検索した際、出てきたサイトやランキングをチェックする方法は

クレジットカード現金化のランキングクレジットカード現金化について、どのような方法で知り得たのでしょうか。直接ネットで探しましたか。友人から教えてもらった、噂を聞いたのかもしれません。しかし実際に利用する場合は、検索して該当する業者のサイトへ行きますね。

もちろん今時の人であれば、お願いする前に、関連するランキングや比較サイト、口コミなどをチェックするでしょう。とはいえそれらはどれだけ信用できるのでしょうか。逆にだまされて誘導される可能性もありそうです。

そこで「クレジット現金」などで検索した際に表示されたサイトやランキング結果について、正しくチェックする方法を理解しておきましょう。後悔しないためにも、正しい情報を入手したいですね。

「広告」の文字がありませんか

「クレジット現金」などのキーワードで検索すると、たくさんのサイトが表示されます。しかし上位で表れてくるサイトには「広告」の文字がありませんか。それは検索連動型広告、広義にはリスティング広告と呼ばれるものです。

直ぐに何らかの商品が欲しい人であれば、直接そのメーカーやお店の広告が表示されるのがベストです。そのために検索しているからです。急いでいる場合には、上から順番にクリックして目的のものを探していきましょう。

とはいえそれはあくまでも広告です。当該業者が直接作っているサイトです。都合のよいことしか記載していない可能性もあります。モノを売りたいのですから、メリットを中心に書き込んでいくはずです。それをどこまで信用するかです。

業者の公式サイトであっても「広告」と記されないこともあります。では何が違うのでしょうか。つまり「広告」の文字があるサイトは、閲覧者がクリックするたびに、業者に対して広告料金が課される仕組みになっています。

もちろん利用者が損することはないので心配する必要はありません。言い換えるなら、お金を払って上位に載るようにしているだけです。だからこそ業者としては第一に見てほしい情報が入っています。

単に関連情報を求めている場合には、第三者的なサイトを探した方が無難です。そういう意味では「広告」の文字がないものを選びましょう。「ランキング」や「口コミ」などのキーワードが有効ですが、疑いを持って調べたいならば「デメリット」や「注意点」といったキーワードがおすすめです。

広告のない第三者的なサイトを探そう

自分が本当に望むようなサイトを見つけるのは難しいですね。そのためには様々なキーワードを駆使しなければなりません。「クレジット現金」だけでは難しそうです。では効率的に探し出すにはどうしたらよいのでしょうか。

サイトによっては、わざと検索されやすいようにタイトルや文章を工夫していることも稀ではありません。タイトルはもっともらしいのに、読んでみても何らの情報も得られなかった。残念な思いは少なくないですね。

理論的に考えれば、第三者的なランキングサイトを探すべきでしょう。第三者的という意味は、広告が表示されていないサイトです。つまり広告があれば、その業者に対するネガティブな記事は掲載できません。

もちろん全く広告がないサイトはありえないかもしれません。つまり無料でインターネットを使えるということは、どこかでお金が発生しているからです。そのお金を払っているのは誰か。「クレジット現金」に関わるサイトであれば、関係する業者たちです。そうした人たちへの批判はできませんね。

では個人が開設しているサイトであれば公平なのでしょうか。逆に言えば、個人的な意見にすぎないかもしれません。偏見や思い込み、だまされた人による逆恨み!それらが入り込む余地は十分にあります。

なお弁護士や司法書士などのサイトは、職業的倫理観から公平性は保たれています。ただし総じてクレジットカード現金化に対して否定的です。見方を変えれば、偏ったサイトであるとも言えそうです。

ランキングや口コミをどこまで信じるか

「クレジット現金」これに類するキーワードで検索し表示されたサイトを開いてみて、ランキングや口コミをどこまで信じるべきなのか。言い換えると、どこまで信じたいかです。

切羽詰まった人にとって、痘痕もエクボです。メリットしか目に入らないでしょう。逆に苦い経験を持った人であれば、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い!全てを否定して考えるかもしれません。人間はその時々で気分が変わるので、同じサイトを見ても違った印象を受けるかもしえません。

後から振り返って、冷静になってみれば、おかしな点が目に付くものです。そうした気持ちになれるのか。そこがネットでランキングや口コミを閲覧する際のポイントです。興味のない人が読んだ際に、共感を得られるのか。これが重要です。

そういう意味で、知人や家族など第三者的な意見が大切になります。妄信的に進んではいけません。有名人が宣伝していたとしても、それはあくまでも営業上の理由かもしれません。

結論として、クレジットカード現金化のランキングや比較サイト、口コミなどをチェックするにはどうするか。逆恨み的な意見が掲載されていない、かつ広告のない個人サイトを探すことです。ベストではありませんが、間違った方向へは進まないはずです。

こんなニュースを目にしました

6月28日よりサービスがスタートした「目の前のアイテムが一瞬でキャッシュに変わる」スマートフォンアプリのCASHが話題を集めています。そんなスマホアプリのCASHについて紹介していきます。

CASHとは

一言で説明するなら自分が所有しているモノを現金化することが出来るアプリで、利用方法はユーザーが売りたい品物のブランド、アイテムを選択して、品物の写真を撮って送るだけで金額査定が行われます。それに対してOKしたらお金が振り込まれるのですがそれまでにかかる時間が大体5分程というから驚きです。

その後ユーザーは2ヶ月以内に品物を発送する、もしくはお金を返すかを選ぶことが出来るのが従来の買取サービスなどとの最大の相違点と言えます。ちなみにキャンセル料は15%発生するのでご注意下さい。

CASHの仕組み

CASHのサービスの仕組みに関しては利用規約にはBANK社がユーザーより品物を買い取るサービスと記載されています。ですが2ヶ月以内ならお金を返すことで品物を売るのをキャンセルすることが可能な点がCASHの特徴と言えます。

つまり急遽お金が必要な時に自分が所有しているモノを登録することで現金を手に入れることが出来、さらに給料日後にキャンセル料を支払うことでその品物を売らずに済みます。要するに現代版の質屋と言うことが出来るでしょう。

CASHの魅力

CASHの魅力は店舗に品物を持ち込む必要がない手軽さと、査定はアプリの写真撮影だけでいいので5分後に振り込み完了しているスピーディなサービスだと言えます。

また品物を売る場合は回収業者が自宅まで取りにきてくれる上に送料はかかりません。また売りたくない場合はキャンセル料を支払い返金すればそれでOKなので、どうしても今お金が必要な時にありがたいサービスと言えます。ただし上限は一律2万円なので2万円以上で確実に売れるブランド品などは専門店で買い取りしてもらう事をお勧めします。

【現金化業者の評価を投稿】

1
2
3
4
5

現金化業者の評価をご記入下さい

送信する

評価の平均:

0 レビュー

[記事公開日]2016/09/09
[最終更新日]2017/07/19