amazonギフト券買取は賢く利用すればお得に!?仕組みを知れば安全

通販サイト大手のamazonは、決済手数料を下げるだけでなくプレゼント用としてもamazonギフト券を発行しています。
amazonギフト券買取は、かつて行っている専門業者が無かったものの、近年はamazonギフト券買取専門業者が登場して人気を博する状況です。
しかし、amazonギフト券は換金性が無いデジタルギフト券として知られているにも関わらず、なぜamazonギフト券買取業者は収益を挙げることが出来るのでしょうか。
amazonギフト券買取の仕組みを知れば、安全にamazonギフト券買取を依頼する方法と専門業者を見分ける方法が分かります。

amazonギフト券買取は新しいクレジットカード現金化方法として注目されている

amazonギフト券は、1度購入すると間違えて購入してしまったとしても、amazon側で公式なキャンセル方法が用意されていません。
購入したら換金する方法が無いからこそ、amazonギフト券はプレゼント目的としてクレジットカード決済による購入が認められているわけです。
しかし、amazonギフト券はamazonアカウントへ登録する以外に使い道が無いにも関わらず、amazonギフト券買取業者が多数登場しているのはなぜでしょうか。
ポイントとなるのは、クレジットカードのショッピング枠現金化方法の新たな手段として使うことが出来るからです。

amazonギフト券を使って現金化

amazonギフト券、これは商品券であるということは知っている人も多いでしょう。
このギフト券、ビール券やおこめ券とは違っています。
それは紙媒体がありません。コードがありますので、そのコードを入力し、アクティベートするだけで有効期限が発生してその日から1年間使えるギフト券が発生します。金券ショップへいって通常ならばギフト券は手放せば現金化させることができるのですが、このamazonギフト券は持って行って買い取ってもらうことができません。
現金を手にしたいと思っていて、手元にもしamazonギフト券があるのなら、amazonギフト券現金化、つまり換金をすることは可能です。
その方法を知っているだけでいつでも現金化できます。

amazonギフト券は買取サイトが存在しています

amazonギフト券現金化サイトというサイトが存在しています。
買取をしてもらうには、買取サイトの利用が必要です。
たくさんの買取サイトが存在しているので、どこを利用すればいいのかわからない、どこでも同じだと思っている人ももしかするといるかもしれないのですが、そうではありません。
どこでも一緒ではないのです。
買取サイトによっては提示している換金率で買取してくれると思って利用したら、全くその換金率とは違った換金率での買取となり、それならほかのサイトで手放していたほうが良かったということもあるのです。

amazonギフト券買取業者を決める際に比較するポイントとは何か

amazonギフト券は、1度購入するとamazonアカウントへ登録する以外に使い道がありません。
amazon公式サイトからならば、クレジットカード決済によりamazonギフト券を購入出来るものの、使う予定が無くなった時に買取してくれる業者は嬉しい存在です。amazonギフト券が数多く購入されるようになって以降、余らせてしまったamazonギフト券の買取専門店が増えた結果として、単に換金率の高さだけを競う状況から変化が訪れています。
なぜなら、クレジットカード現金化を行う新たな方法として、amazonギフト券を介した売却を行うことにより即座に現金を手に入れることが出来るようになったからです。

クレジットカード現金化業者が参入したからこそ買取業者を比較して見極めよう

クレジットカード現金化業者が、amazonギフト券買取業務へ次々と参加したことにより、他社よりも目立つために差別化を買取業者が行うようになっています。
しかし、クレジットカード現金化業者の中には、悪質な業者が含まれていて稼げないからといってamazonギフト券買取業者へと切り替えを行っているケースが出ている状況です。そこで、amazonギフト券買取業者を選ぶ際には、各買取業者を複数の角度からチェックした上で安全に取引が出来ることを確認しなければなりません。
amazonギフト券買取業者の公式サイトを細かくチェックして分かる項目だけでなく、過去に利用した経験に基づいたチェックも行えば、誰もが安全にamazonギフト券買取依頼を出来るようになるはずです。
amazonギフト券買取業者が登場し始めた頃から何度もお世話になっている当方が調べ上げた比較チェック項目ならば、amazonギフト券買取業者の中から優良業者を見つけやすくなります。

amazonギフト券の優良買取業者を見極める5つのポイント

amazonギフト券買取業者は、独自の現金化方法により買い取ったamazonギフト券を換金処理しています。
実際にamazonギフト券を買取依頼する前に、次の5つのポイントを比較した上で取引先を決めれば、比較的安全に取引が可能となるはずです。
amazonギフト券買取業者は、得意とするamazonギフト券買取方法があり、他社と比較した上で自社が有利となる部分を強調しています。
1度限りの買取依頼に特化したキャンペーンを実施している買取業者から、リピーターとなることを前提としたamazonギフト券買取業者まで様々です。
情報量が多いからこそ、優良買取業者を見極めるポイントとして、5種類ピックアップしてみました。

何のためにamazonギフト券買取業者を比較するのか目的意識を持とう

amazonギフト券買取業者へ手持ちのamazonギフト券を売却する目的は、現金に変えることで好きな商品を購入しやすくすることにあります。
しかし、中にはクレジットカード現金化の新たな手法として多額の買取依頼を望む場合もあるので、何のためにamazonギフト券買取依頼をするのかという目的により比較項目の重要度合いは変わります。

最大買取率

amazonギフト券の買取率は、専門業者により70%~93%という範囲内で大きく分かれています。
全く同じ額面のamazonギフト券であっても、買取依頼した専門業者により大きく買取率が変わってしまうならば、多少のリスクを承知で買取率が高い業者へ依頼する判断も可能です。
この際に比較対象となるのが、最大買取率であって特定の条件を満たす必要があってもamazonギフト券買取業者が意図する買取依頼内容を判断することが出来ます。
最大買取率が高いほど大口取引を好むamazonギフト券買取業者が多い傾向です。

買取スピード

買取スピードに関しては、公式サイトに表記されている最短表記はさほど重要ではありません。
なぜなら、最短時間はあくまでも目安であって、実際に買取されたamazonギフト券がどのような形で換金処理されるのかという実情により現金振込時間が変わるからです。どの時点からの最短振込時間なのかという点をしっかり把握した上で比較しなければ意味がありません。

リピートしやすさ

amazonギフト券買取業者は、初回利用時に本人確認を徹底する必要があるので、初回のみ手続きが煩雑になりやすいです。
2回目以降はキャンペーン適用対象外にも関わらず、リピーターとなる人が多ければ何らかの理由があるはずです。
リピートしやすさがあれば、次回もまたamazonギフト券買取依頼を同じ店舗で行いたいと考えます。

電話対応の良さ

amazonギフト券買取依頼を初めて利用する人にとって、電話対応の良し悪しは売買時に不満が残るかどうかを左右します。
営業時間内にしっかり電話に出た上で、問い合わせ内容に対してどこまで親切丁寧に回答出来るかという点をチェックしなければ安心できません。
amazonギフト券買取に関する問い合わせ電話連絡を行って比較すれば、電話対応に各社違いがあることが分かります。

信頼性の高さ

amazonギフト券買取時に必要な手続きは、双方共に売買契約に必要な情報を正確に伝えているかどうかが重要です。
悪質なamazonギフト券買取業者の中には、amazonギフト券のみを送付させて現金振込をせずに音信不通となってしまう所があります。
見ず知らずの相手と売買契約を結ぶことは通常考えられないので、特定商取引に関する法律と古物営業法に基づく表記がしっかり行われている買取業者か比較しなければなりません。

評判のAmazonギフト券買取優良店を比較してみました

Amazonギフト券買取業者14店舗を実際にアポを取り実際に利用して徹底的に調べた比較表になります
他ではない比較表になりますのでお役に立ててください
詳しい内容や点数の詳細は比較表以下から記載されています
※指でスクロールすると隠れている右側の部分も見れます
※業者の画像をクリックすると詳細に飛びます

業者一覧総得点ランク最大買取率買取スピードリピート率電話対応信頼性
安心ギフト安心ギフト21点S5点4点3点4点5点
買取ボブ買取ボブ20点A3点4点4点5点4点
ギフト買取トーマスギフト買取トーマス20点A4点4点5点3点4点
ギフトグレースギフトグレース18点B5点4点3点3点3点
アマトクアマトク18点B4点5点4点1点4点
ギフトかんきんわんギフトかんきんわん18点B4点4点4点4点2点
アマテラアマテラ18点B5点3点4点4点2点
買取セブン買取セブン17点C4点3点4点4点2点
買取本舗買取本舗17点C4点5点3点3点2点
ソクフリソクフリ17点C4点5点3点3点2点
バイカバイカ16点C3点2点5点4点2点
満ゾク満ゾク16点C5点2点3点3点3点
ギフトチェンジギフトチェンジ14点D4点2点3点3点2点
ギフト買取KINGギフト買取KING12点D5点1点2点2点2点

amazonギフト券買取業者のランキング表を参考にすれば比較しやすい

amazonギフト券買取業者について、公式サイト及び実際に電話連絡を行って調査した結果を一覧表として比較出来るようにまとめてみました。
総合5項目について各5点満点として絶対評価を行った結果を一覧表にし、評価項目の合計点数によりランク分けをした結果が次の表にまとめた通りです。ランク評価の基準は、あくまでも目安であって利用目的が変われば評価に違いが出ることは確かです。最終的な判断は、個人の利用目的に応じて必要なチェック項目を比較検討して総合的な判断を行う必要があります。

・Sランク 21点以上
・Aランク 20点
・Bランク 19点・18点
・Cランク 17点・16点
・Dランク 15点以下

amazonギフト券買取業者比較ランキングの詳しい情報はこちら

amazonギフト券買取業者の優良店を探すために、ネットから色々情報を集めたり
それだけでは足りないと思い業者さんとアポを取り情報を集め、且つ実際に使ってみて
リアルな感想になります!是非amazonギフト券買取業者の優良店をお探しください
※クリックしたり、指でタップすると別枠で出てくるので画像を大きくしたりできます
戻る場合は携帯の左下の左矢印をクリック < このような方をクリックすると戻ります

amazonギフト券買取比較

amazonギフト券買取はなぜ新しいクレジットカード現金化方法となるのか

amazonギフト券は身近なコンビニエンスストアでもカードタイプならば販売されていますが、amazon公式サイト経由であれば全てのタイプのamazonギフト券を購入可能です。

・コンビニエンスストアでは現金購入のみ
・amazon公式サイトでは現金購入
・クレジットカード決済の両方が使える

上記のような違いがあり、amazon公式サイトにて購入すればクレジットカード決済によるamazonギフト券購入が可能です。
amazonギフト券買取専門店へクレジットカード購入したamazonギフト券を送付して買取依頼を行えば、買取率に応じて現金振込を受けられるわけです。

Eメールタイプならばamazonギフト券の転送が出来る

Eメールタイプのamazonギフト券には、再送可能と再送不可という2種類のタイプが存在しますが、どちらのタイプであってもamazonギフト券買取業者へ転送すれば買取対象となります。
カードタイプのamazonギフト券は、実際のカード自体をamazonギフト券買取業者へ届けるために郵送手段を使う必要があり、実際の券面を確認するまでに日数を要する問題がありました。
Eメールタイプならば、リアルタイムの転送が出来るので多少のタイムラグを考慮しても数分以内には届く計算です。
このため、Eメールタイプのamazonギフト券のみを取り扱うamazonギフト券買取業者が少なくありません。
なぜなら、amazonギフト券買取業者の中には転売市場にて買い取ったamazonギフト券を転売することにより利益を挙げている業者があるからです。
売買をすぐに出来るからこそ、amazonギフト券Eメールタイプは買取商品として扱いやすいと考えられます。

プレゼント目的でamazonギフト券を購入可能だから目立たない

amazonギフト券は、プレゼント目的で購入することが出来るデジタルギフト券という扱いとなるので、再送可能タイプを選択しておけば贈答品としても使用出来ます。
再送可能なamazonギフト券Eメールタイプならば、贈り先から受け取り辞退をされた場合には、再発行手続きを行うことにより今まで発行されていたコード番号そのものを無効化可能です。
新たなamazonギフトコード番号が発行されるからこそ、送付したamazonギフト券自体が無駄になることはありません。
中には月20万円近くamazonギフト券を自分で利用するために購入する人がいるので、大型家電や家具をamazonで揃える人がいるからこそ、amazonギフト券をクレジットカード決済にて購入することは珍しく無いわけです。

amazonポイント狙いでクレジットカード経由でamazonギフト券をセルフ購入する人も多い

amazonギフト券をなぜ大量買いする人がいるのか、不思議に思う人もいるはずです。実はクレジットカード決済にてamazonギフト券を購入する人の中には、特定のamazonポイント狙いでクレジットカード決済を使う人が少なくありません。
amazon内でのショッピング利用時には、クレジットカード決済が選べない買物が一部あるので、amazonポイントを常に最大限獲得したいと考えている人の中にはクレジットカード決済にてamazonギフト券を購入してからショッピング利用する人がいます。
amazonギフト券を1度に大量購入したからといって、必ずしも不正利用目的とは限らず数十万円の範囲内ならば利用しても問題ないわけです。
しかし、全てのパターンでamazonギフト券をクレジットカード決済購入して買取依頼に出せば問題ないかといえば、明らかに不自然な購入パターンに該当する場合には注意しなければなりません。
ポイントとなるのは、1回の購入額よりも購入者本人以外の特定のamazonアカウントへまとめて登録されているかどうかです。
自分で利用するためにamazonギフト券をクレジットカード決済購入する場合と比較して、第三者の1アカウントで集中的に登録されるために購入されている場合には不自然さを伴います。
クレジットカード会社へamazon側から調査依頼が入ることはほとんどありませんが、クレジットカード会社側から問い合わせが入った時に情報の突き合わせが行われる可能性は考慮しなければなりません。
このため、amazonギフト券買取業者へ買取依頼を行う際には、複数の買取業者へ分散買取を依頼するという方法もあります。

amazon公式サイトから直接購入出来るから分割払いやリボ払いしやすい

amazon公式サイトからamazonギフト券を購入する際には、クレジットカード決済を自分で行うことが出来ます。
クレジットカードに設定可能な支払回数を自由に選択出来ることから、amazonギフト券を最初から分割払いやリボ払い購入可能です。
クレジットカードのショッピング枠を現金化する際に、買取方式の現金化業者へ依頼すると一括払いしか選択出来ないという問題があります。
amazonギフト券買取を使ったクレジットカード現金化ならば、amazonギフト券購入をamazon公式サイトからクレジットカード決済で行っている限り、一般的なショッピング決済と変わりません。
amazon公式サイトからamazonギフト券を購入することと、amazonギフト券買取依頼は全く別の取引としてみなすことが出来るので、最初から無関係に独立した取引と考えることが出来ます。
このため、amazonギフト券公式サイトから購入したamazonギフト券については、amazonギフト券買取業者へ買取依頼を単に利用者の自由意思に基づき行っているに過ぎません。
amazon公式サイトとamazonギフト券買取業者は、一切無関係だからこそ安全性と最初から分割払いやリボ払い出来るというメリットが両立します。

再送可能タイプなら未使用に限り再発行が出来る

amazonギフト券Eメールタイプのうち、再送可能と呼ばれるタイプについては、後から再発行出来るメリットがあります。
amazonギフト券買取業者との取引を行う上で、どうしても信用出来ない問題が発生した際に強制的にキャンセルする方法として活用可能です。
キャンセルメール送信と同時に再発行手続きを行えば、amazonギフト券買取業者が転売またはamazonアカウントへの登録を行う前の状態に限り送付したコード番号自体を無効化出来ます。
Eメールタイプならば、転送後に届いていないとamazonギフト券買取業者から連絡が届いた場合であっても再発行するだけです。
amazonギフト券買取業者との取引では、安全対策としてamazon公式サイトから購入するのであれば再送可能タイプを選択すると安全性を確保出来ます。

買取されたamazonギフト券はどのように現金化されているのか

amazonギフト券買取業者が、買い取ったamazonギフト券をどのように現金化しているのか知ることは、安全に取引可能な買取業者を見極める上で必要なことと考えられます。
なぜなら、買取依頼するamazonギフト券は必ずしも第三者からプレゼントされたものばかりとは限らず、クレジットカード決済により自ら購入したamazonギフト券が悪用された場合には調査が入ることを否定出来ないからです。
amazonギフト券買取業者を見極める際には、買取したamazonギフト券の使われ方が推測できる範囲内であることが望ましいです。

amazonギフト券転売市場を利用して転売による現金化

amazonギフト券買取業者の中でも買取率が85%以上となっている場合、大半がamazonギフト券転売により現金化を行っている業者です。
主な手順としては、次のような流れで買取が進みます。

①amazonギフト券買取受付を行う
②転売市場にて買い手を探して売却する
③売却金から手数料を引いて利用者に現金振込を行う

amazonギフト券買取業者から現金振込を受けられるのは、基本的に転売市場にてamazonギフト券買取先が見つかった順番に行われるので、買取率の高さと引き換えに現金振込まで数時間掛かることが珍しくありません。
買取率の高さを最優先にしている場合に最も適した買取方法と考えられます。

Eメールタイプのみ買取対象とする理由は転売市場で売却しているから

amazonギフト券買取業者の多くが、Eメールタイプのみを買取対象としている理由は、セキュリティ対策のためという名目が採用されています。
しかし、実際にはセキュリティ対策を本当の理由としているケースは少なく、むしろ転売市場で売却可能なamazonギフト券が実質的にEメールタイプのみだからという理由に他なりません。
Eメールタイプならば、転売相手に対してメール送信によりコード番号を送付出来るので、売買が速やかに進みます。
転売金額が振り込まれてからamazonギフト券の買取依頼者へ送金すれば良いので、手元資金が少ない新興amazonギフト券買取業者にとっては資金面の不安がありません。
買取金額の振込が遅いというクレーム対応力さえあれば、利益重視でリスク回避しながら開業出来る点がamazonギフト券買取業者を増やす原因となっています。

amazonアカウントへ登録して現物商品を購入して現金化

amazonギフト券買取業者が買取したamazonギフト券は、買取業者が管理するamazonアカウントへ登録した上で現物商品をamazonから仕入れて転売する方法ならば、誰にも怪しまれず古物商としての取引が出来ます。
クレジットカードのショッピング枠を活用してamazon公式サイトからamazonギフト券を大量購入して現金化するなら、amazonアカウントへしっかり登録を行う買取業者を選ぶと安全です。
なぜなら、amazonギフト券を購入後にクレジットカード会社がamazonへ調査のために問い合わせても、amazonギフト券購入状況については教えてくれても、amazonギフト券がどのamazonアカウントへ登録されて、誰が使ったかという情報までは開示しないからです。
不特定多数の人にバラバラに転売されるamazonギフト券転売とは異なり、買取業者が管理または提携しているamazonアカウントへギフト券登録されるので、使い方としてamazonは何ら問題にすることはありません。
このため、クレジットカード会社としても深追いすることが出来ないわけです。

現物商品に変えてからの転売となるため買取率が下がる

amazonアカウントへ登録することで現物商品に変えてから現金化する方法は、amazonギフト券買取業者内部での処理となりますが、買取依頼者へすぐに現金振込出来るというメリットがあります。
なぜなら、買取業者は手持ちの資金を使ってamazonギフト券買取依頼者へ買取率に応じた現金振込を行えば良いので、amazonアカウントへコード番号を登録した後の処理を待たなくて良いからです。
amazonギフト券が正規のものと確認出来た時点で、すぐに現金振込出来るからこそ買取依頼者にとってスピード重視のamazonギフト券買取依頼が出来ます。
一方、買取スピードは早いものの、amazonアカウントへ登録した後に一旦現物商品を仕入れて転売しなければならないので、グループ会社間取引をしていない限りは買取率が下がってしまいがちです。
新品購入した商品を買取店へ持ち込んだ際には、買取率として新古品という扱いとなるために新品でも買取率が下がることは誰にでも分かります。
現物商品に変える際には、ある程度商品の売り手に利益が発生しなければならないので、現金化する際にはロスに繋がるわけです。
実際に現物商品に交換する方法では、amazonギフト券買取率が80%前後まで下がってしまいます。
よくある例として、カードタイプや印刷タイプのamazonギフト券は、Eメールタイプとは異なり即配達完了とはならないため流通性が悪く換金までに時間が掛かります。amazonギフト券買取時にカードタイプや印刷タイプは買取業者が管理するamazonアカウントへの登録が必要になるために、買取率が自然に落ちてしまうわけです。

amazonポイントの買取に対応した買取業者も登場している

amazonギフト券買取業者の中には、どうせ現物商品を転売することなるならば、amazonポイントの買取も行えないかと考える専門業者がいます。
現物商品へ引き換える際に、amazonギフト券買取業者が自ら購入手続きを行う代わりに、amazonポイント保有者が買取業者の欲しい商品を代理購入して現物商品を売却するという方法が登場しているわけです。
amazonギフト券を買取依頼しようとして、誤って自らのamazonアカウントへコード番号登録してしまう人が少なくありません。
1度amazonギフト券をamazonアカウントへ登録してしまうと、2度と元通りにはならないために換金性が高い商品を自ら購入して買取業者へ持ち込まなければなりません。
買取率を一定以上に高めるためには、数万円以上といったまとまった金額の買取に限定することで代理購入によるamazonポイントの買取が実現します。

amazonポイント買取はamazonギフト券買取の救済措置

amazonギフト券とamazonポイントの関係は、未使用の段階がamazonギフト券であってコード番号を使用するとamazonポイントとなります。
また、amazonギフト券にはチャージタイプと呼ばれるコード番号を発行せずに直接amazonアカウントへ購入金額をチャージする方法があります。
amazon公式サイトからamazonギフト券を購入する際、誤ってチャージタイプを選択してしまった買取希望者に対する救済措置としてamazonポイント買取を行っているamazonギフト券買取業者がいるわけです。
例として、買取業者が10万円分の仕入れを予定している場合に、買取依頼者からamazonギフト券を購入しても仕入れ予定品を買取依頼者から納品してもらっても買取業者は商品仕入れさえ出来れば問題ありません。
そこで、amazonギフト券を誤ってamazonポイントに交換してしまったならば、5万円以上といったまとまった金額の仕入れを行う場合に限り、売買相手としての取引を行うことでamazonポイント買取を実現しています。
amazonギフト券買取ならば査定はamazonギフト券が正規のものかどうかの確認だけで済みますが、amazonポイント買取は現物商品の納入と査定が必要となるので手間が掛かる分だけ買取率に影響します。

amazonギフト券買取業者の見極め方を知ろう

手持ちのamazonギフト券を買取依頼するならば、なるべく高い買取率で売りたいと考えるのは当たり前です。
しかし、同時にamazonギフト券買取を行った結果としてスムーズに取引が完了して、予定通りに現金振込されることがいかに重要か思い知る結果となる人が少なくありません。
なぜなら、amazonギフト券買取業者の特徴を詳しく知らないまま買取依頼を行ったために、利用者にとって優良買取業者とはならないことがあるからです。
では、どのような点に注意すれば、優良amazonギフト券買取業者を見つけることが出来るのでしょうか。

買取率が高い業者ほどamazonギフト券転売業者が多い

買取率が85%以上となるamazonギフト券買取業者は、高い買取率と引き換えにamazonギフト券転売業者であることが多いです。
買取したamazonギフト券を全国にある業者向けの転売市場または個人間取引用の転売市場へ出品して、売れたら現金振込を行います。
買取率と売却した金額の差額がamazonギフト券買取業者の取り分となるので、元手が無くてもamazonギフト券買取業者を始められれるわけです。
amazonギフト券には様々な額面が存在するので、買取依頼を行う際に指定する額面次第では売れ行きに差が出てしまいます。
最も手軽に売買される額面1万円の取引ならば、最短時間で買取依頼から転売完了まで進むので現金振込が早くなるはずです。

amazonギフト券を自社利用している買取業者は安全性が高い

安全性重視でamazonギフト券買取業者を選ぶなら、amazonギフト券を自社または関連会社が管理するamazonアカウントへ登録して使用している買取業者を選ぶと良いです。
なぜなら、amazonギフト券はギフトとして送付することも出来ますが、使われ方に問題があると次回以降購入出来なくなる可能性があるからです。
amazon利用規約の範囲内で適切な買物が行われているならば問題ありませんが、amazonギフト券を転売市場にて流通された場合には、買取業者もその後の利用方法については責任を持てません。
また、amazonギフト券を自社利用している買取業者ならば、少なくともリスクが高い商品の購入に対して使用しているわけではなく、商品の仕入れ決済手段としてamazonギフト券によりチャージされたポイントを使っているに過ぎません。
買取率が多少下がっても構わないけれども、安全性が高い方法で買取依頼したいならば、amazonギフト券を自社利用しているamazonギフト券買取業者を探すことが望ましいです。

古物営業許可番号を正規に取得している古物商と取引しよう

amazonギフト券買取業者には、様々な出自を持つ個人または法人が事業として参加しているので、必ずしも全てが正規の古物商登録を済ませているとは限りません。
古物営業法では、業として古物の売買を行う場合に古物商登録を義務付けており、正規の古物商として認められた事業者に対しては個人・法人問わず各都道府県ごとに古物営業許可番号が与えられます。
古物営業許可番号は、店舗型ならば古物プレートという形で店舗の見える位置に掲示する義務があり、インターネット上の店舗では古物営業法及び特定商取引に関する法律に基づく表記により古物営業許可番号の表示が必要です。
通販サイトに共通する取引相手としての所在地・屋号・連絡先・代表者フルネーム・営業時間といった項目に加えて、古物営業法に基づく古物商許可番号の表示義務があるわけです。
正規の古物商は、URLを持ちネット上で売買を行う場合には、最寄りの警察署経由で屋号・URL・古物営業許可番号の組み合わせを届け出なければなりません。
さらに、各都道府県公安委員会の公式サイトへ古物商URL届け出一覧に審査を通過した古物商のみが掲載されています。
amazonギフト券買取業者の多くは、古物営業許可番号を取得していても、各都道府県公安委員会の公式サイトに古物商URL届け出一覧に掲載されているほどの信頼性が高い優良買取業者はごく僅かです。
しかし、少なくとも古物商許可番号を得ているかどうかの確認まではしっかり行わなければ、トラブル発生時に泣き寝入りすることになりかねません。

優良買取業者を見極めるためには3つのチェックポイントを確認しよう

優良amazonギフト券買取業者と判断するためには、次の3つのチェックポイントを確認して納得した上で買取依頼を行う必要があります。

①特定商取引に関する法律に基づく表記事項が不足なく明記されていること
②古物営業許可番号が公式サイトに掲示されていること
③古物営業許可番号情報が所在地のある都道府県公安委員会の古物商URL届け出一覧に掲載されていること

少なくとも上記①と②は必ず満たしていなければ、少なくとも正規の古物商かどうかすら怪しい存在のamazonギフト券買取業者と考えて良いです。
なぜなら、正規の古物商ならば古物営業許可番号を隠す必要が無く、何らかの隠したい事情を抱えている買取業者のみが情報を伏せることになるからです。
③の古物商URL届け出一覧への掲載は、最寄りの警察署経由で申請してもamazonギフト券買取業務については対面式に準じた本人確認という項目を満たしにくいという問題から掲載に至らないことが少なくありません。
このため、古物商URL届け出一覧への掲載がされていれば優良amazonギフト券買取業者の可能性が極めて高いものの、古物商営業許可が得られていることが確認さえ出来れば必須ではありません。
実際に古物商URL届け出一覧への掲載率は、東京都は掲載基準が厳しいためにほとんど無く、掲載基準が緩い大阪府といった近畿圏の一部で掲載買取業者が存在する程度です。

amazonギフト券買取手順にはパターンがある?

amazonギフト券買取依頼を行った際には、各買取業者により一定の買取手順のパターンがあると知っておく必要があります。
amazonギフト券買取業者の公式サイトを確認すれば、大抵は基本的な取引の流れが掲載されているので、指示通りに手続きを進めれば何ら問題なく取引は完了するはずです。
しかし、取引途中で本当にこのまま進めて問題ないのか不安にならないためにも、amazonギフト券買取手順をしっかり把握しておくと安心できます。

Eメールタイプはコード番号送付で買取手続きが早い

最も取引件数が多く大半のamazonギフト券買取業者が取引対象としているEメールタイプは、コード番号が含まれたメールデータを転送することで買取対象のamazonギフト券を送付可能です。
amazonギフト券Eメールタイプ買取方法は、次のような手順を踏む方法が一般的となっています。

①WEBフォームまたは電話連絡によりamazonギフト券買取依頼を行う
②買取業者から申込意思確認と本人確認書類送付案内を受ける
③本人確認書類とamazonギフト券Eメールタイプを転送により提出
④買取業者が全ての内容を確認次第順次指定された銀行口座へ買取額の現金振込を実施

上記手順の中で、本人確認書類提出は初回のみ行われていて、法律上は1万円以上の買取額となる場合のみ古物営業法により本人確認書類番号を古物台帳に記録保管する決まりです。
なるべく手続きをWEB完結させるために、①~③の入力項目を最初のWEBフォーム入力で一気に済ませてしまう方法を採用しているamazonギフト券買取業者があります。
自動的に手続きが進むので、夜中のうちにWEBフォームへ入力して申し込みを済ませておけば、不備が無い限り連絡なしで現金振込まで行われるわけです。
手間が掛からない分だけスムーズな取引が可能ですが、買取率に関しては事前に確認しておかなければなりません。

カードタイプと印刷タイプは現物を買取業者へ送付する日数だけ時間が掛かる

amazonギフト券買取業者の多くがEメールタイプのみを買取対象とすることは、取り扱いしやすさと転売しやすさという2点によるものです。
カードタイプと印刷タイプは、現物のamazonギフト券を買取業者へ宅配便や郵便を使用して届けなければなりません。
このため、配送日数分だけ余計に買取完了するまでの日数が必要となるわけです。
では、なぜカードタイプと印刷タイプは現物のamazonギフト券送付が必要となるのでしょうか。

カードタイプは裏面を削らないとコード番号が出ない

カードタイプのamazonギフト券は、コンビニエンスストアや各種小売店で販売されているので、身近な所で見かけたことがある人が多いはずです。
レジにて額面記載の金額分を支払うことにより有効化され、カード裏面を削ることにより初めてコード番号が出てくるタイプとなっています。
カードタイプのamazonギフト券であっても、カード番号さえamazonギフト券買取業者へ伝えれば、本来なら買取出来ても不思議ではありません。
しかし、カードタイプのamazonギフト券は、現物カードの送付を買取店へ行わない限り買取対象外となることが一般的です。
なぜなら、コード番号さえ知っていればamazonアカウントへチャージ出来てしまうので、買取店がそのまま管理するamazonギフト券へチャージしてから現金振込を行わない限りコード番号を知る人物が複数名存在することとなりかねません。
売り手が買取業者へ売却している最中、先にコード番号を入力してしまえばamazonギフト券は既に使用済みとして無効化されて買取店が損をすることになります。
そこで、カードタイプに関しては、裏面を削っていない状態のカードのみを買取対象としているわけです。

カードタイプのamazonギフト券は不正入手された物が含まれる

カードタイプのamazonギフト券を買取業者が避ける傾向にあることは、換金手順として転売市場を使えないという点が理由の一つです。
しかし、実際にはセキュリティ面を考慮して買取希望者の安全を確保するため、敢えてカードタイプのamazonギフト券を買取拒否しているケースが少なくありません。amazonギフト券カードタイプは、コンビニエンスストアでも販売されていますが、窃盗被害に遭ったamazonギフト券カードタイプが買取業者へ持ち込まれることが多いです。
amazonギフト券カードタイプは、レジにてオンラインにより現金支払いを行わないと有効化されないので、amazon公式サイト以外で購入したカードタイプのamazonギフト券は現金支払いにより購入されたものだけとなります。
既に支払い済みのamazonギフト券かどうかを判別するためには、以下のどちらかの方法を採らなければなりません。

①カード裏面を削って出てきたコード番号を買取業者が管理するamazonアカウントへ登録して確認する
②カード購入時の証明書類を添付させて確かに支払ったことを証明する

どちらの方法であっても、現物のamazonギフト券カードタイプと証明書類を送付してもらわなければ、そもそも有効なamazonギフト券だと証明出来ません。
手間が掛かる上に盗難紛失amazonギフト券カードタイプというリスクが含まれていて、転売が困難という状況であれば買取率が低くリスクも高いカードタイプを買取業者が避けても不思議ではないわけです。

本人確認は古物営業法で定められた1万円以上の買取時に必須

amazonギフト券買取業者に共通する特徴として、実際にamazonギフト券買取を行う際に現金振込前に本人確認を徹底している点が挙げられます。
買取依頼が出されるamazonギフト券の中には、残念ながら盗難・紛失被害に遭ったamazonギフト券が券種を問わずに含まれている現状があります。
さらに、古物営業法では1万円以上の買取時には、古物台帳へ譲渡人の本人確認書類番号を記録保管するように定められている状況です。
本来ならば1万円未満の古物商としての買取には本人確認書類は必要ありませんが、amazonギフト券の取引は大半が1万円以上となるため、2回目以降の取引を簡略化する狙いからamazonギフト券買取時に本人確認書類提出を必須事項として求めているわけです。

amazonギフト券買取は詐欺に対する注意が必要

amazonギフト券買取を依頼する際には、良心的な正規の古物営業許可を受けている古物商ばかりではなく、悪質な買取業者が含まれている点に注意しなければなりません。背景として、amazonギフト券買取という事業そのものが比較的新しく、新たにクレジットカード現金化を行える手法として発展してきたという事情があります。
クレジットカードのショッピング枠を現金化しようとamazonギフト券をクレジットカード決済により購入して転売することは、本来のクレジットカード利用規約からは反する行為となりかねません。
法律上は問題なくてもクレジットカード会社が禁止している換金目的によるクレジットカードの使用に該当するわけです。
新たにカードローン契約が出来ない事情を抱えた利用者が、現金入手の方法として切羽詰まってamazonギフト券買取を行う人が出ていることから、悪質な詐欺業者が付け入る隙を与えてしまっている現状があります。

悪質なamazonギフト券買取業者は詐欺と立証しづらいギリギリの線を狙ってくる

amazonギフト券買取業者は、本来デジタルギフト券買取の正規古物商のみが対応しているはずです。
なぜなら、各都道府県公安委員会の公式サイトに掲載されている古物商URL届け出一覧に掲載されている正規の古物商は、amazonギフト券買取業者の中でごく一部に限られているからです。
実際には、クレジットカード現金化業者と同じ運営会社がamazonギフト券買取業者として事業を開始している例が多く、クレジットカード現金化業者が使う手口と同じ詐欺と考えられても不思議では無い手段が公然と用いられています。
そこで、事前にどのような詐欺まがいの手口が使われているのか知れば、詐欺に該当する取引となり得るのか判断しやすいです。

amazonギフト券送付後に買取率を下げられる

公式サイトに掲載されている買取率が極めて高く、95%買取を宣言しているので安心してamazonギフト券買取依頼を行ったものの、実際には70%の買取率に相当する金額しか振り込まれなかったら詐欺と考えるはずです。
問い合わせを行った際には、規定通りに買取したという案内が行われて、もっともそうな理由で誤魔化そうとするamazonギフト券買取業者は悪質です。
最初から騙す意図があって買取率を下げられたということは、利用者が立証しなければならないものの、証拠を残しながら手続きをしていない限りは規定の買取率と言われてしまうと変動相場制だからこそ法的措置を取りにくい現状があります。
悪質な買取率引き下げに遭わない方法として、amazonギフト券買取業者へamazonギフト券を送付する1つ前のメッセージにて、「今回取引の買取率と振込金額の見積もり依頼」を行い、正式な見積書を提示してもらってからamazonギフト券送付を行えば問題有りません。
なぜなら、正式な見積書には有効期限が記入されているので、実際の取引日が有効期限内ならば後から買取率を下げられないからです。

利用規約の隙間を突かれた不利な買取

amazonギフト券買取業者の公式サイトに掲載された買取率は、特定条件を満たした場合の最大買取率と考えておけば、詐欺被害に遭うリスクを減らせます。
詐欺に遭ったと考えて買取業者へ問い合わせたとしても、利用規約の通りと言われてしまえば本当に利用規約に記載されているか確認する必要があります。
利用規約の通りと主張するamazonギフト券買取業者は、常に同じ対応を行っているので利用規約に隙間があるために法的措置を行えません。

嫌がらせに個人情報を漏洩させられる

公式サイトを確認してamazonギフト券買取業者へWEB申し込みを行った後、条件が公式サイトとは異なるという理由でキャンセルした結果、個人情報を流出させられてしまうことがあります。
amazonギフト券買取業者選びをしっかり行わずに、特定商取引に関する法律に基づく表記と古物営業許可番号の掲載すらしっかりしていないamazonギフト券買取業者を選んでしまうと、1度流出した個人情報を取り戻すことは出来ません。
amazonギフト券買取業者を利用する際には、登録する電話番号をいざとなったら変えても良いと考えられるくらいの覚悟が必要です。

後から謎の手数料を徴収される

amazonギフト券買取業者の公式サイトには、確かに90%買取と記載されていても、実際にamazonギフト券を送付完了した後で手数料名目により振込金額から控除されて、80%未満の買取率となってしまうことがあります。
事前説明無しに謎の手数料を徴収される場合は、詐欺が疑われるものの70%以上の買取率で振り込まれたら深追いせずに再度関わらないように注意する方法が望ましいです。
なぜなら、査定料・鑑定料・振込手数料・登録料といった名目を複数並べて振込金額から控除することは、既に悪質なamazonギフト券買取業者であって法律を無視した行為を行うことに何ら躊躇しないと考えられるからです。
現金が振り込まれただけでもマシと考えて、次回は優良買取業者を探すことが2次被害を拡大しないために必要なことと考えられます。

悪質業者はamazonギフト券を送付させて行方をくらます

本物の詐欺買取業者は、amazonギフト券を買取業者へ送付させた時点で音信不通となり、2度と連絡が取れない状況を指します。
amazonギフト券を買取依頼する利用者の中には、詐欺被害を訴えにくい人が多いことを知った上で行われているので、最初から詐欺目的でamazonギフト券買取業者を運営しているケースが少なくありません。
なぜなら、amazonギフト券を現金購入しているか、プレゼントされたamazonギフト券については詐欺被害者が警察への被害届け提出を行いますが、クレジットカード購入者は詐欺被害を訴えないからです。
クレジットカード決済によりamazon公式サイトからamazonギフト券を購入した場合、身近な人にプレゼント目的で送付する以外は基本的に自分で管理するamazonアカウントへ登録して商品購入を行います。
最初からamazonギフト券買取業者を目的としてamazonギフト券を購入することは、クレジットカード会社が利用規約にて禁止する換金目的によるショッピング利用という扱いとなりかねません。
換金目的によるショッピング利用がクレジットカード会社に発覚すると、クレジットカードは利用停止または強制解約扱いとなり、利用者が自らの首を締めることになりかねません。
詐欺行為を行うamazonギフト券買取業者は、最低買取額を高く設定してクレジットカード現金化を行うために利用するamazonギフト券買取希望者のみと取引を行います。

詐欺行為を行うamazonギフト券買取業者の特徴を知れば見分けられる

amazonギフト券買取業者として、正規の古物商と認められる事業者のみを買取依頼先とすれば、詐欺行為により被害を受ける可能性はありません。
正規の古物商として誰もが手軽に見分けられる方法は、各都道府県公安委員会に掲載されている古物商URL届け出一覧に掲載されているamazonギフト券買取業者との取引のみを行えば良いわけです。
しかし、実際に一覧表へ掲載されているamazonギフト券買取業者は数えるほどしか存在しないので、大抵は古物商許可は受けているものの古物商URL届け出一覧には掲載されていないamazonギフト券買取業者との取引を行うことになります。
そこで、少なくとも以下のようなポイントをチェックした上で取引する買取業者を選別することが望ましいです。

①古物営業許可番号を公式サイトに掲載している
②所在地情報が番地の末尾までしっかり記載されている
③固定電話番号が明記されている
④屋号及び代表者氏名がフルネームで記載されている
⑤公式サイトの記載内容に矛盾点が無い
⑥1万円以下のamazonギフト券買取に応じている

上記の6項目を満たしているamazonギフト券買取業者ならば、少なくとも全く現金振込がされないという詐欺行為を行う買取業者を避けられるはずです。
なぜなら、トラブル発生時に警察へ届け出ることが出来るだけの十分な買取業者に対する情報を入手出来ていることになるので、少なくともどこの誰かも分からない実在が疑われる買取業者との取引を避けられるからです。

特定商取引に関する法律と古物営業法に基づく表記を満たしていなければ詐欺の疑いがある

amazonギフト券買取業者を比較して優良買取業者を探す際には、公式サイトに記載されている情報を一通りチェックした上で検討する必要があります。
ポイントとなるのは、以下の2つの法律に基づく表記がしっかり明記されているかどうかです。

特定商取引に関する法律に基づく表記

公式サイトを通じて通信販売方式により売買契約を行う場合には、取引の相手方を特定するために必要な情報の開示を行うこととなっています。
どこの誰が相手方となって売買契約を行うのか予め明確にしておくことにより、個人を保護するという狙いがあるわけです。
法人と個人では立場が弱い個人を保護対象とする必要があり、一般的な通販サイトであっても特定商取引に関する法律に基づく表記が徹底されているかどうかは、信頼できる通販サイトかどうかを判断する1つの基準となっています。
一見すると難しい表記に見えますが、騙されたと思った時に警察へ届け出る際に聞かれる取引相手に関する内容と考えれば、氏名・住所・連絡先程度が必須となることは誰の目から見ても明らかです。
特定商取引に関する法律に基づく表記を不完全な状態で掲載しているamazonギフト券買取業者は、古物商としての適格性以前に通販業者としての適格性すら欠いていることになりかねません。

古物営業法に基づく表記

古物営業法に基づく表記は、古物商として正規に警察へ届け出を行っていて古物営業許可番号を受けているかどうかを確認するものです。
中古品売買を行う際には、残念ながら盗品が含まれてしまうことは避けられないので、少なくとも古物商は盗品かどうかを見極めた上で正規品のみを取り扱うように求められています。
一般的な個人間売買とは異なり、古物商には取り扱う商品に対して重い責任を持たせているわけです。
具体的には、買取した商品が盗品だった場合には、善意の第三者であったとしても持ち主に返還する義務を負っています。
このため、amazonギフト券買取を行う際には、必ず本人確認書類を提出させて本人確認を行っているわけです。

amazonギフト券は詐欺被害に遭った時に補償対象外となりやすい

amazonギフト券は、買取業者へ売却した際に被害に遭ったとしても、補償対象外となるケースが多いと考えられています。
なぜなら、amazonギフト券はamazonの利用規約により売買がそもそも禁止されているので、無償譲渡については問題ないとしても有償譲渡に対する補償はありません。amazonギフト券Eメールタイプに再送可能タイプが存在することは、amazon公式サイト経由で購入したamazonギフト券が紛失被害に遭った際に購入者自らが再発行により被害を免れることを想定して設計されたものです。
amazonギフト券そのものが換金性が無いデジタルギフト券と考えられているからこそ、クレジットカード決済による購入が認められているので、詐欺被害に遭ったとしても被害者自らが警察へ訴え出ることが出来る人は少ないと考えられます。
被害者が名乗り出にくいからこそ、amazonギフト券買取業者の中には詐欺まがいな手法で買い叩く悪質業者が含まれているので、買取依頼を行う前には公式サイトを比較チェックして安心して取引が出来る程度の情報開示がされているamazonギフト券買取業者を選ぶ必要があります。

amazonギフト券買取業者は公式サイトチェックで信頼度を確認しよう

amazonギフト券買取業者を利用すれば、使わなくなったamazonギフト券が有効期限切れとなる前に現金振込という形で現金化出来ます。
amazon側ではamazonギフト券の売買を想定していないことから、amazonギフト券売買は各買取業者が独自のノウハウにより現金化を行っているサービスです。
このため、amazonギフト券買取業者ごとに買取率に違いが出ていて、中には詐欺まがいな行為を行う悪質業者が含まれているので注意しなければなりません。
優良amazonギフト券買取業者ほど開示されている情報が多く、公式サイトがしっかり作り込まれているので、すぐに買取依頼したい場合であってもじっくり比較検討した上で買取依頼先を探すことが安心して利用するために必要です。

クレジットカード現金化の他の口コミを見てみる

ページの先頭へ

あんしんクレジット