クレジットカード現金化は、だいぶ世間に認知されつつありますが、今新たに注目が高まっているのがAmazonギフト券買取サイトです。ではAmazon買取サイトは違法性はないのでしょうか?また利用する場合にオススメのサイト「満ゾク」について紹介します。

Amazonギフト買取サイトの違法性について

Amazonギフト買取サイトは違法性があるの?
やはり利用する前に、最も確認しておきたい事だと言えるでしょう。
Amazonギフト券買取サイトに関していえば、違法性はありません。

金券ショップの営業は合法ですよね。
その金券ショップの中でもAmazonギフト券に特化し、なおかつ実店舗ではなく、ネット上のやり取りに限定されているだけです。より利便性が高まり、お得に利用出来るようになったと言えるでしょう。

では違法行為ではないという事はわかりましたが、古物営業法、Amazonの利用規約、クレジットカード会社の利用規約のそれぞれに違反する行為ではないのかどうか紹介していきます。

まずAmazonギフト券買取サイトには、古物商の許可番号を掲載しているサイトも少なくありません。
確かに古物商の許可があった方が、安心して利用出来るという人もいるでしょう。
ですがAmazonギフト券買取に関して言えば、古物商の許可がなくても営業する事は可能です。
なぜ?と思うかもしれませんが、Amazonギフト券は金券という扱いにならずに、電子ギフト券という扱いになります。

古物営業法では、電子ギフト券を想定して法律が制定された訳ではないので、該当する法令は存在しないのです。
そしてAmazonの利用規約をみても、Amazonギフト券を売買してはいけないという記載はありません。
ただし注意点としては、最初から換金目的でAmazonギフト券を購入する行為は違反行為となります。

ですがこれに関して言えば、購入時点で換金しようと思っていたのか、結果として換金する事になったのかどうかなんて、本人の心の中の話ですから、他の人が判断出来る事ではありませんよね。
つまり本人が換金する目的はなかったと言えば、通り話しだと言えます。

最後にクレジットカード会社についてですが、これもAmazonの利用規約と同じで、本人に換金する意志があればクレジットカード現金化という行為になるため利用規約に違反する行為です。
ただ、Amazonギフト券はあらゆる商品の取り扱いがあり、注文すると翌日には荷物が届くという利便性の高いサイトです。
そのため利用者も多く、Amazonギフト券を購入した人の中で、この人が換金目的でこの人は換金目的ではないとクレジットカード会社が見分ける事は、ほぼ不可能だと言えます。

そのためAmazonギフト券買取サイトを利用して、違反行為だからとアマゾンのアカウントが利用出来なくなったり、クレジットカードが利用停止になるリスクはまずないと言えるため、安心して利用する事が出来るという訳です。

Amazonギフト券買取サイト「満ゾク」

ただし安全性が高いといっても、ノーリスクという訳ではありません。
それはAmazonギフト券買取サイトの中には、悪質な業者が存在し、詐欺行為を行っているためです。

そのため安全に利用するためには、利用するサイトが優良サイトかどうかキチンと判断しなければいけません。
そしてこのサイトは優良サイトだと言い切れるサイトが「満ゾク」です。
サイト名通り、まさに利用して満足を得る事が出来るサイトだと言えるでしょう。

では満足出来るポイントについて紹介していきます。
現在満ゾクのサイトでは、期間限定のキャンペーンが行われています。
大感謝キャンペーンとして、10万円以上利用の人には、換金率はなんと95%となっています。
Amazonギフト券買取サイトの換金率の相場は85~90%となっています。

なので95%は業界最高買取率と言えるでしょう。
また換金率に関しては業界最高だという自負があるため、万が一他社の方が高ければ、他社よりも1%高くして買取してくれます。

しかも通常はEメールタイプのAmazonギフト券の換金率が高めに設定されているサイトであってもカードタイプや印刷最プに関しては、5%程度換金率が下がってしまうのが一般的です。
ですが満ゾクの場合は、Eメールタイプはもちろん、カードタイプや印刷タイプでも同じように高価買取を行っています。
そのためカードタイプや印刷タイプのAmazonギフト券を買取りしてもらいたい人には特にオススメのサイトだと言えます。しかも満ゾクの振込金額は、ギフト券の金額×買取率です。
よく分からない手数料が発生し、買取率が高くても振込手数料は低いなんて詐欺めいた行為は一切行われません。

クレジットカード現金化ランキングに戻る

関連記事