Pocket

アマテラは、24時間いつでもamazonギフト券の買取依頼を受けている専門業者として、メディア取材も受けています。では、アマテラへamazonギフト券買取を依頼するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

アマテラならではの特徴とは

amazonギフト券買取業者の多くは、流通性があるEメールタイプのみを買取対象としています。このため、カードタイプや印刷タイプのamazonギフト券は買取対象外としている業者が多いわけです。アマテラならば、流通性が皆無となるチャージタイプを除いて他のamazonギフト券を買取対象としています。

電話連絡時に買取率を最初に教えてくれる

24時間営業を本当に行っているアマテラならば、問い合わせ電話連絡についても時間帯を気にせずにいつでも好きな時に行えます。実際の取引を開始した時点だけでなく、電話連絡時に買取率を最初に教えてくれるので、安心して取引出来るわけです。本人確認書類送付後以外は買取率に回答しないamazonギフト券買取業者が多い中で、アマテラは問い合わせ段階であっても買取率を公開している点が良心的だと考えられます。公式サイトには常にその日に買取可能な換金率を表示しているので、日付を跨いだ場合には再度確認が必要です。2019年9月調査時点での買取率は、次のような状態となっています。

金額 換金率
新規(1万円以上) 90%以上を完全保証
1万円~ 86%~
10万円~ 86.5%~
30万円~ 87%~

アマテラを初めて利用する人については、特別買取率をキャンペーンにより提供しています。2回目以降は本人確認書類の再提出を免除する代わりに、買取率は通常通りとなるわけです。

振込手数料一切無し

アマテラのamazonギフト券最低買取額面は500円と少額ですが、振込手数料を一切無しとしているので少額のamazonギフト券が手元にあり使い道が無くて困っている場合に重宝します。また、キャンペーン適用やプレゼントにより受け取ったamazonギフト券は、数万円という単位であることはほとんど無く、数千円という状態が多いです。そこで、有効期限が切れてしまうくらいならアマテラへ買取依頼して現金化した方が有意義だと考えられます。振込手数料が一切無いからこそ、純粋に買取率だけ確認すれば良いだけです。

amazonギフト券は転送のみ対応していてamazon公式サイトからの直送は禁止

amazonギフト券Eメールタイプについては、最も買取率が高くスピーディーな取引が可能です。しかし、amazonギフト券の買取に際しては、amazon公式サイトにてクレジットカード決済購入したamazonギフト券をアマテラへ直送することは禁止しています。なぜなら、アマテラではあくまでも手持ちの不要になったamazonギフト券を古物商として買取しているだけにすぎず、実質的なクレジットカードのショッピング枠現金化に加担しているとクレジットカード会社から思われたくないからです。このため、アマテラからの指示により買取可能なamazonギフト券については、あくまでも利用者本人の手元にあるamazonギフト券Eメールタイプをアマテラ指定のメールアドレスへ転送することを条件として買取しています。

24時間営業を行っている

アマテラは他のamazonギフト券買取業者とは異なり、WEBフォームからの受付が24時間という意味ではなく、実際に24時間営業を行っています。電話連絡を行った時に時間帯により電話対応中なために出ないことはあるものの、何度かかければ大半は繋がります。amazonギフト券買取業者共通のポイントとして、毎月1~5日までの月初めは混雑するのでWEBフォームからの連絡が望ましいです。携帯キャリア決済を利用したamazonギフト券の確保を行う人の割合が大きくなる時期であって、クレジットカードショッピング枠現金化の手段としてamazonギフト券買取依頼を行う人も同時に増えます。なぜなら、月末の口座引き落としが残高不足により処理出来なかったケースで、事業者による督促電話が入る時期とamazonギフト券買取希望が増える時期が一致するからです。

法人名義でも受付してもらえる

amazonギフト券買取業者の中には、個人からの買取して行っていない所が少なくありません。なぜなら、法人名義でのamazonギフト券買取依頼は、取引額が大きくなりやすく資金面に不安がある買取業者ほど手を出したくないと考えるからです。アマテラは法人名義の取引であっても問題なく受付しているので、大口取引を行っても動じないだけの資金力があると分かります。

法人はイベント用のamazonギフト券を余らせていることが多い

amazonギフト券をなぜ法人が大量に保有しているのか不思議に思う人がいるはずです。しかし、よく考えれば分かるように、イベントやキャンペーン用に用意したamazonギフト券が余ってしまうことは珍しくありません。会計上の都合で会社の備品購入費として組み入れることが難しい場合には、早期に買取依頼を行って現金化してしまう方法が手軽です。法人がamazonからイベント用にamazonギフト券を調達する場合には、1万円といった高額な額面だけとは限らず、2,000円~5,000円程度の細かい額面のamazonギフト券を複数口余らせてしまうことが少なくありません。法人向けに発行したamazonギフト券は使用期限を短く設定していることが多いので、早期に現金化しなければそもそも無効となりかねません。

アマテラを利用する際の注意点

アマテラを初めて利用する際には、公式サイトの作りをチェックした上であっても、本当に買い取ってもらえるのか不安になりがちです。では、アマテラを安心して利用するためには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

アマテラの通常コースと翌日コースは買取率の差が僅か

アマテラを利用してamazonギフト券買取を依頼する際には、数十分~5時間以内に買取完了する通常コースと、翌日振込となる翌日コースがあります。両コースの買取率は、0.5%程度しか違いが無いために他のamazonギフト券買取業者とは異なり翌日コースを選択する人はごく僅かです。このため、アマテラ利用者は余程の事情が無い限りコースを指定しない通常コースにて取引を行うことが一般的となっています。どうしても翌日コースを指定したい場合には、amazonギフト券送付完了時点を基準として翌日振込となる点に注意しなければなりません。また、翌日コースは申込み時点で指定しない限り適用対象外となる点に気をつけてWEBフォーム入力時点で指定する必要があります。

1万円未満の買取率は70%に下がる

1万円未満のamazonギフト券をアマテラへ買取依頼すると、70%まで買取率が下がってしまう点に注意が必要です。アマテラでは500円からの買取を行えるものの、1万円未満のamazonギフト券買取に対しても振込手数料無料という特典を付けているために少額買取を増やしすぎると人件費を捻出しづらくなります。そこで、1万円未満の少額買取の場合に限り買取率を70%に引き下げて対応しているわけです。少ない額面であってもamazonギフト券を買い取ってくれる専門業者だからこそ、買取率が低くても売れないよりマシという一面から買取依頼を出す人が多くなっています。

翌日振込となる時期がある

アマテラへ買取依頼を出した時に、24時間営業だからといって必ずしも即日振込とはならないことがあります。実際に翌日振込となるパターンは、次の2通りあると考慮して早めの申込を行うことが望ましいです。
①毎月1日~5日迄の買取依頼が集中する時期
②平日13時以降の買取依頼
アマテラへのamazonギフト券買取依頼が集中する毎月1日~5日の期間中は、依頼件数が急上昇するために振込が平日15時迄に間に合わないことがあります。このため、楽天銀行・ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行といった24時間振込対応の銀行口座以外を振込先として指定した際には、翌日振込となる場合が出てしまうわけです。また、平日13時以降の買取依頼については、15時迄に振込手続きが完了出来ないことが多いために最初から翌日振込みとなる可能性が高いと考えられます。

カードタイプの買取率は一律80%に制限されている

アマテラの公式サイトに表示されているamazonギフト券の買取率は、原則としてEメールタイプ(再送可)の場合となっています。多くのamazonギフト券買取業者では、Eメールタイプのみの取り扱いとなっていて、手間と換金に困難が伴うカードタイプや印刷タイプについては、一律80%の買取率に制限されている状況です。カードタイプについては、コンビニ店頭でも販売されていることから、勘違いした人がコンビニ店頭から盗んだamazonギフト券カードタイプをアマテラへ送付して買取依頼する例があります。コンビニ店頭にて販売されているamazonギフト券カードタイプは、レジにて入金しない限りは単なる番号の羅列でしか無いという点に注意しなければなりません。実際にamazonギフト券カードタイプはカードの裏面を削ってコード番号を入力しないと確認出来ないため、換金性が特に低くアマテラのように買取している業者は少ない現状です。また、カードタイプは実際に現物をアマテラへ送付しなければならないので、即日入金には対応していません。

古物営業法と特定商取引に関する法律に基づく表記が不明瞭

amazonギフト券買取業者は、業務として買取を行うために古物営業法に基づく古物商登録が必要です。かつてはアマテラも古物営業許可番号の表示をしていましたが、他のamazonギフト券買取業者と共通の古物営業許可番号を掲出していたために本当の屋号が何なのかという問い合わせが増えました。そこで、古物営業許可番号は問い合わせがあった場合のみ回答する形式とし、特定商取引に関する法律に基づく表記も曖昧にしたまま不明瞭な形で営業を続けています。利用者が法律に基づく開示を求めるタイプかどうか、取引の過程で質問が入った時点で回答する形となっているので、電話連絡を行った上でアマテラの対応に誠実さがあるかどうかを利用者自らが判断しなければなりません。

アマテラは初めて利用する人に有利なamazonギフト券買取専門業者

アマテラを利用してamazonギフト券買取を依頼する人は、比較的初心者が多いことが知られています。なぜなら、親切な対応よりも換金率の高さに魅力を感じて買取依頼を行う人が多いからです。では、アマテラを繰り返し利用する人はどのようなタイプの利用者なのでしょうか。

初回のみamazonギフト券買取率が高い

amazonギフト券買取業者の中には、手数料名目で様々な控除を行い換金率が著しく低くなってしまうことがあります。アマテラは公式サイトにて初回のみ特別買取率の適用があると宣言しており、実際に初回のみ買取価格を高く設定している状態です。2回目以降はキャンペーン適用対象外の買取価格となりますが、本人確認書類の提出を再度行う手間がない分だけスムーズな買取を行えます。amazonギフト券買取業者として安心して取引出来る専門業者を探す手間を考えれば、2回目以降もアマテラを利用しようと考える人が多いわけです。実際にアマテラでは利用金額に応じて段階的な買取率アップを一覧表として掲出しているので、その日の買取率と必要な金額に応じてamazonギフト券買取依頼を行うことになります。

他社では買取してもらえないamazonギフト券の買取が可能

アマテラが多くのリピーターに支持されている理由の1つとして、他社では買取拒否されがちなamazonギフト券Eメールタイプ以外も積極的な買取を行っている点が挙げられます。amazonギフト券の中で唯一チャージタイプのみ買取対象外となってしまう理由として、チャージタイプは入金した結果として即座に利用者のamazonアカウントへチャージされてしまうからです。amazonギフト券はamazonアカウントへ登録することで本来はチャージ出来る仕組みですから、アマテラが管理するamazonアカウントへ登録すれば本来なら譲渡手段があります。しかし、利用者のamazonアカウントへ直接チャージされてしまうチャージタイプだけは、アマテラが管理するamazonアカウントへのチャージが出来ません。このため、amazonギフト券の買取は少なくともコード番号を利用者本人以外のamazonアカウントへ入力して利用できるタイプでなければ買取対象外です。

少額買取を利用して有効期限切れ前にamazonギフト券を換金したい人に向いている

amazonギフト券の余りや不用品を持っている場合、少額であることが多いために多くのamazonギフト券買取業者では買取自体に制限が掛かります。なぜなら、少額取引を行ってもamazonギフト券買取業者にとつて利ざやが少なく収益性が乏しいと考えられるからです。アマテラならば500円からの買取依頼を振込手数料無料で行えるので、使い道が無くなって有効期限切れを待つだけのamazonギフト券であっても有効期限内なら買取可能となります。1万円未満は買取率が下がるものの、現金化出来なかったamazonギフト券を有効活用して現金振込を受けられるなら多少換金率が下がっても気にならない人は多いです。このため、企業がプロモーションのために用意した特定のamazonギフト券買取依頼がアマトクに集中することがあります。他のamazonギフト券買取業者が買取出来ないギフト券であっても、アマテラならば独自のノウハウを持っているので現金化可能です。

アマテラはEメールタイプ以外のamazonギフト券買取に対応した安定性重視の買取業者

アマテラを利用する人の多くが、長年営業を続けている安定感を魅力に感じて買取依頼を行っています。特別高額買取が可能な初回特典を利用した換金率より低くても、少額かつカードタイプであってもamazonギフト券買取してもらえる安定感は貴重な存在です。アマテラを利用すれば、振込手数料無料のまま何度でも利用できるからこそ、必要に応じて24時間いつでも買取依頼出来る手軽さが好評となっています。

なぜAmazonギフト券の現金化は安全なのか?

クレジットカード現金化を比べて、なぜAmazonギフト券の現金化が安全なのかというと、クレジットカード会社にバレる心配がないためです。クレジットカード現金化では、キャッシュバック付きの商品を購入し、それを買取りする事で現金が振り込まれる仕組みです。しかしながら何度もキャッシュバック付きの商品ばかり購入していると、クレジットカード会社に現金化目的で購入しているのでは?と怪しまれてしまいます。

クレジットカード現金化自体は、違法行為ではありませんが、それは単に取り締まる法律が存在しないだけのグレーゾーンな存在です。しかもクレジットカード会社にバレた際には、クレジットカードの利用規約に違反する行為なので、クレジットカードの利用停止になってしまいます。

対してAmazonギフト券は、Amazonのサイトやコンビニでクレジットカードで購入する事が出来ます。
そしてそのAmazonギフト券を買取りしてもらう事で、現金が支払われるため現金を手に入れる事が可能です。

ギフト券の売買自体は、チケット売買として実店舗でも営業許可を取得して行っている事なので合法です。
そしてギフト券ばかり購入していると、換金目的だとクレジットカード会社に目を付けられてしまいます。
ですが、Amazonのギフト券に関して言えば、Amazonには日雑品から食べ物、趣味に関するものなど、売っていないモノを探す方が難しいと言われるほど、多ジャンルの商品が販売されています。

ネットショッピングで毎週のようにAmazonを利用している人も少なくありません。
つまりAmazonギフト券であれば、頻繁に購入していても、クレジットカード会社に換金目的だと怪しまれる事がないため安全なのです。

それに紙のギフト券の場合は、実店舗へ直接持っていくか、ネット店舗に郵送で送るという手間が発生します。
ですがAmazonギフト券の場合は、ギフト券の番号を入力すればチャージする事が出来るため、全ての手続きをネット上から行う事が可能です。

amatera アマテラの利用の流れについて

ではamatera アマテラを初めて利用するという人のために、利用の流れについて紹介します。
まずAmazonのサイトか近くのコンビニでAmazonギフト券を購入して下さい。
そしてサイトの申し込みページに必要事項の記入して、申込みボタンを押して下さい。
ちなみに必要事項とは、名前、電話番号、メルアド、郵便番号、住所、Amazonギフト券のカード番号、Amazonギフト券の有効期限、振込先の銀行口座の番号です。

申込みをすると、サイト運営スタッフから電話かメールで本人確認を行います。
本人確認では、運転免許証、保険証、住民基礎台帳カードの中から1点の画像をメールに添付して送ります。
サイト運営側がAmazonギフト券の確認を行い、問題がなければ銀行口座に現金が振り込まれます。

先ほど申込みから銀行口座に入金までにかかる時間が最短で7分と紹介しましたが、初回は本人確認を行うため、最短で16分程度かかります。2回目以降が本人確認が省略されるため、最短で7分となります。

また混雑する時間帯などは時間がかかってしまうケースもあるため、なるべく時間に余裕を持った状態で申込みを行うようにして下さい。

クレジットカード現金化ランキングに戻る

関連記事