Pocket

多くのamazonギフト券買取業者が新規開業している中で、バイカは根強い人気を誇っています。買取率の高さに定評があるだけではなく、総合評価の面でも常に評価が高いのはなぜでしょうか。バイカが他のamazonギフト券と異なり自ら他社を研究した上で業務を行っていることが分かります。

バイカなら他社買取率よりも常に高い金額でamazonギフト券を買い取ってもらえる

バイカの買取率が常に他社よりも高い水準にあることは、日々更新される買取率を他社と比較した時に複数のamazonギフト券買取業者の見積もりを取得した人なら理解出来ます。では、バイカにはどのような特徴があって、高い買取率を維持しているのでしょうか。

24時間年中無休対応で買取依頼が好きな時に出来る

WEBフォームからの受付時間を24時間としているamazonギフト券買取業者が多い中で、バイカは24時間電話対応から買取業務全般を昼間と同様に24時間年中無休体制で行っています。深夜早朝の申し込みであっても、ネット銀行口座さえ保有していれば、すぐに買取受付を行った上で混雑していなければ最短30分程度で現金振込まで完了させることが可能です。初めて利用する場合には、本人確認書類として写真付き身分証明書画像の添付が必要となり、amazonギフト券転送を同時に行うことで買取時間の短縮を行えます。翌朝迄に必要な現金をバイカとネット銀行口座の組み合わせにより確保出来るからこそ、翌朝銀行引き落としのために入金しなければならないといった事態であっても対応可能です。いつでも好きな時に営業時間を気にせずamazonギフト券買取依頼が出来ることから、バイカを繰り返し利用するリピーターが生まれるわけです。

振込手数料がいつでも無料

バイカを利用する際には、amazonギフト券の最低買取額面として3,000円以上という決まりはあるものの、振込手数料についてはどの銀行口座への振り込みであっても無料となっています。このため、バイカの公式サイトにその日の買取率が提示されていれば、1万円以上の額面買取額については公式サイトに表示されている買取率にて現金振込が行われます。他のamazonギフト券買取業者の中には、各種手数料名目で現金振込額を減らされてしまうことが珍しくありません。しかし、バイカでは最初から振込手数料をいつでも何度利用しても無料としており、amazonギフト券買取率のみをチェックして申し込めば表示通りの現金振込を受けられるわけです。

買取代金支払い時期を公式サイトに明記

amazonギフト券をバイカへ買取依頼する際には、実際どれくらいの時間で現金振込が行われるのか不安になる人も少なくありません。しかし、バイカの公式サイトでは、amazonギフト券の買取時間についてamazonギフトコードの確認から30分~24時間以内と明記しています。24時間以内という点はあくまでも特別に混雑していたり何らかの影響を受けた場合であって、多くの取引では利用者と電話連絡がつく限り最短30分振り込みを実現しています。買取業務が特に混雑しやすい月初めの5日間については、数時間程度の買取額振込となることがありますが、amazonギフト券買取依頼が殺到する時期と重なるためであってバイカのみの現象ではありません。このため、毎月初めの5日間はamazonギフト券買取依頼に時間が掛かると考えておくと良いです。

キャンセル規定がしっかりしている

バイカへのamazonギフト券買取依頼を安心して行える理由として、キャンセル規定を公式サイトに明記しているからこその安心感があるからです。amazonギフト券をバイカ側で受け取る前までの時点ならば、キャンセル可能としています。この点は、「買取商品受取前までキャンセル可能」という規定を公式サイトの特定商取引に関する法律に基づく表記のページに明記しており、注意規定として「お買取商品受取後のキャンセルはできませんので予めご了承ください。」という文言を追加することにより明確にしています。amazonギフト券買取依頼時には、amazonギフト券をバイカへ送付する前の時点ならば、キャンセル料無料でいつでも買取依頼そのものをキャンセル可能です。個人情報の保護規定はプライバシーポリシーに則って適切に管理されるので、安心して取引出来ます。

複数のamazonギフト券買取に対応している

amazonギフト券には大半の買取店が買取対象としているEメールタイプだけでなく、カードタイプ・印刷タイプ・コードタイプ・バリアブルタイプといった様々なタイプのamazonギフト券が存在します。バイカで買取対象外となるamazonギフト券は、購入者の直接amazonアカウントへ直接加算されてしまうチャージタイプのみです。第三者であるバイカが受け取り可能な形式ならば条件付きで買取対象としています。例えば、カードタイプのamazonギフト券買取依頼を行う際には、amazonギフト券購入時のレシートまたは購入証明書類の添付を求めています。利用者が自ら購入したamazonギフト券であると証明出来ない限りは買取対象外とする運用を行うことにより、Eメールタイプ以外のamazonギフト券も買取対象としているわけです。

バイカへ買取依頼する前に確認するチェックポイントとは

amazonギフト券買取希望者に有利な点が多いバイカであっても、実際に買取依頼する前には買取条件について詳細部分の確認をしなければなりません。なぜなら、バイカは営利目的でamazonギフト券買取業務を行っているので、必ず利益が得られるポイントが含まれる取引を行っているからです。買取依頼が成立すれば売買契約となるので、互いに条件が折り合った場合のみ納得した上での買取申し込みとなります。

買取率表は必ず申し込み当日の公式サイトを確認する

amazonギフト券買取業者の公式サイトに掲示されている買取率表は、固定買取率を表示している店舗が少なくありません。固定買取率は一見すると安定している点がメリットに思われますが、そもそも買取率が低い状態のまま固定されていたら利用者にとって不利です。日々の相場に連動した買取率設定が行われているならば、バイカにとっても赤字にならずに済むだけでなく、利用者にとっては暴利を貪られる心配が無くなります。amazonギフト券買取業者は単に利用者からamazonギフト券を買い取って終わりでは無く、後日独自の方法で現金化を行っている状態です。現金化するための独自手段は相場の影響を受けやすいので、買取率をリアルタイム反映させることはバイカの信用度合いを高めることに繋がります。バイカの買取率は常に競合調査をバイカ自らが行っているため、リアルタイムで買取率が変化しているわけです。日々相場変動に基づき変化しているバイカの買取率は、2019年9月のとある日には、以下のような状況でした。

・初めて利用の方 91%
・2回目以降利用の方 1万円以上88% 10万円以上~30万円未満 89% 30万円以上 89%
・1万円未満の買取額面の場合 買取回数に関係なく一律80%

カードタイプのamazonギフト券買取には購入証明書が必要

カードタイプのamazonギフト券買取依頼時には、バイカから購入時のレシートまたは購入証明書類の添付を求められます。なぜなら、カードタイプのamazonギフト券は盗難により不正取得されたものが多く持ち込まれているためであって、リスクが高く調査時間が多く掛かるカードタイプは正規の購入証明書類が無い限り買取していないからです。バイカは古物商としての営業を行う法人運営のamazonギフト券買取業者となるので、不正取得されたamazonギフト券を買取した場合の責任を古物商側が負わなければならないという問題を避ける必要があります。

amazonギフト券のタイプにより買取率に違いが出る

バイカが買取を行っているamazonギフト券のうち、公式サイトに買取率が掲示されているギフト券はEメールタイプのことです。他のamazonギフト券として、カードタイプ・印刷タイプの買取率は80%に設定されています。流動性が高く時間の経過に伴うamazonアカウントへギフト券登録した時のエラー発生率が低いEメールタイプとは異なり、カードタイプや印刷タイプは最初からエラー発生率が高い状況です。このため、Eメールタイプ以外のamazonギフト券については固定買取率として80%設定が行われています。

姉妹店の買取本舗利用歴があると買取率が下がる

amazonギフト券買取業者の中には、他の業種や姉妹店を持つ所があります。バイカは姉妹店として買取本舗を持っていて、過去に買取本舗利用歴がある場合には、初回買取率の適用対象外となる点に注意が必要です。申し込みフォームの中に注意事項として買取本舗を過去に利用した履歴がある人は、買取率が2回目以降の金額となる旨記載があります。実際に同じ株式会社七福堂が運営する買取本舗やアマテラは、法人営業により安定した運営が行われています。買取本舗とバイカは姉妹店として営業していることから、買取率も連動していることが多いです。

バイカを積極的に利用するのはどのようなタイプの利用者が多いのか

数あるamazonギフト券買取業者の中から、バイカへ手持ちのamazonギフト券を買取依頼しようと考えるのはどのようなタイプの利用者が多いのでしょうか。バイカならではの他社買取率調査力が1つの鍵となっています。

複数のamazonギフト券買取業者と交渉することが面倒に感じる人

amazonギフト券買取業者の中には、公式サイトに表示している買取率と実際の現金振込額に乖離がある事業者が少なくありません。手数料名目で各種控除を行った上で買取しているamazonギフト券買取業者は、単発利用が中心で次も利用しようと考えることは無いはずです。バイカは表示された買取率通りにしっかり買取してくれるからこそ、安心して取引が出来ます。買取率が80%に下がる1万円未満の取引やカードタイプ・印刷タイプといった現金化が困難で買取業者にとってリスクが高いamazonギフト券については、最初から80%の買取率を明示している状況です。また、バイカは他社amazonギフト券買取率調査をしっかり行っていて、比較サイトにて調査結果を別途公開しているほどしっかり他社競合調査を実施しています。このため、複数のamazonギフト券買取業者と買取率について交渉したり、毎回新たに買取依頼する専門業者を探したりすることが面倒な利用者にとって、いつでも高買取率で依頼出来るバイカは貴重な存在です。

深夜早朝でもすぐにamazonギフト券買取金額を受け取りたい人

バイカが行っている24時間営業は、WEBフォームからの受付が24時間可能という意味ではありません。実際に24時間営業により深夜早朝の申し込みであっても、受取先銀行口座にネット銀行口座を指定すれば、時間帯に関係なくamazonギフト券買取依頼から現金振込までを行うことが出来ます。いざ現金が必要になるタイミングは、曜日や時間帯に関係なくある日突然襲ってくるものです。amazonギフト券買取依頼は、余ったamazonギフト券だけでなく現金調達方法としてクレジットカードのショッピング枠を現金化する手段としても使用出来ます。

amazon公式サイトでクレジットカード決済購入したギフト券買取依頼が出来る

amazonギフト券は、amazon公式サイトにてEメールタイプを購入すると、転送することによりバイカへすぐに買取依頼することが出来ます。バイカではEメールタイプのamazonギフト券については購入証明書類の提出が必要無いために、クレジットカードのショッピング枠を利用して購入したamazonギフト券であっても問題なく買取依頼可能です。本人確認書類を提出した上で古物営業法に則り買取を行うので、事前に古物営業許可番号を聞いておけば安心出来ます。amazonギフト券はクレジットカードがあれば24時間いつでも好きな時にオンライン購入出来るので、同じく24時間営業しているバイカへ売却すれば、必要な現金を自宅にいながらにして預金口座へ入金してもらうことが可能です。カードローンを新たに申し込みするためには、昼間営業時間内に審査を受ける必要があり、銀行カードローンのように翌日審査結果が通知されるタイプでは更に現金調達が遅くなります。バイカを利用したamazonギフト券買取ならば、必要な金額に応じたamazonギフト券Eメールタイプを素早く入手して時間帯に関係無く現金調達が可能です。

カードローンとクレジットカードの金利差を使って返済総額を減らしたいと考えている人

バイカを計画的に利用する人にとって、手持ちのクレジットカードで分割払いをすると、低金利な買物が出来ることに気がついている人が多いです。年率数%の金利で利用出来るショッピング枠とは異なり、カードローンでは利息制限法で定められた上限金利ギリギリの年率15%~18%という高金利でキャッシングしなければなりません。amazonギフト券買取依頼時に買取率に応じて手に入れられる現金が目減りしたとしても、分割払いは長期間に渡る返済となるので返済総額はキャッシング利用時よりもamazonギフト券売却の方が少なくなることも多いです。バイカを計画的に利用する人にとっては、返済総額を圧縮する方法としてバイカへのamazonギフト券買取依頼を計算した上で依頼するわけです。

消費者金融の利用履歴を個人信用情報機関へ付けたく無い人にも好まれている

クレジットカードの中でもステータスカードを保有している人にとっては、新たに消費者金融との取引を行った履歴を個人信用情報機関へ付けたく無いと考えている人が多いです。なぜなら、クレジットカードは定期的に途上与信を行っているので、消費者金融の利用履歴やキャッシング履歴はクレジットカード会社から一目瞭然だからです。amazonギフト券を購入した履歴ならば、月に10万円以上amazonショッピングを行う人が珍しく無いことを考えて、ごく自然な使い方と判断されやすいです。クレジットカードのショッピング枠利用額を増やしつつキャッシング利用履歴を残さずに現金調達をしたいと考えている人にとって、バイカの買取率は魅力的だと考えられます。

バイカは競合価格調査を徹底して行うamazonギフト券買取業者

バイカは、買取本舗を姉妹店に持つamazonギフト券買取業者として公式サイト内でも24時間営業を宣言しています。買取率の高さは徹底した競合調査に裏付けされたものとして、多くのリピーターから支持されている状況です。amazonギフト券買取業者と複数交渉することが苦手な利用者や、買取率表通りの買取を希望する利用者にとって分かりやすい買取率を提示して24時間年中無休営業をしているバイカは頼れる存在となっています。

関連記事