Pocket

amazonギフト券買取依頼先を探す際には、単発利用とこれからも繰り返し買取依頼を行うかといった違いにより、より良い選択肢となるamazonギフト券買取業者の選び方が変わります。ギフトチェンジは、初回買取率アップキャンペーンを常時展開しているので、初回限定で利用する人が比較的多くなっています。では、なぜリピーターが少ないのでしょうか。

ギフトチェンジは初回キャンペーンが強力

ギフトチェンジは、初回キャンペーンとしてamazonギフト券買取率を2回目以降の買取依頼時よりも高く設定しているので、比較的初回利用者が多い傾向にあります。ギフトチェンジならではの特徴を活かして買取依頼すれば、高い買取率でamazonギフト券を現金化出来る可能性があります。

初回買取率が特に高い

ギフトチェンジの公式サイトは、初回限定最大89%買取といった高い買取率が表記されていて、初回に限り1万円以上の買取依頼ならば額面通りの買取を行っています。2回目以降の買取率は、時折更新されているので常に最新の買取率を確認する必要があるものの、調査時点では以下のような買取率でした。

初回買取 89%
2回目以降 1万円以上10万円未満 86% 10万円以上50万円未満 87% 50万円以上 88%

ギフトチェンジのamazonギフト券買取率は、毎日リアルタイムで公式サイトが更新されるわけではなく、あくまでも目安として表記がされています。このため、当日の正確な買取率を確認したい場合には、電話連絡による確認が必要です。

複数タイプのamazonギフト券買取に対応

ギフトチェンジにて買取可能なamazonギフト券は、以下の3タイプがあります。

  • Eメールタイプ
  • カードタイプ
  • コード印刷タイプ

多くのamazonギフト券買取店では、Eメールタイプのみ取り扱っており、他のタイプは買取拒否をしていることが珍しくありません。しかし、ギフトチェンジではカードタイプとコード印刷タイプについては、購入証明書類として購入時のレシートを添付して送付することにより買取可能としている状況です。では、なぜ他のamazonギフト券買取業者はEメールタイプ以外の買取を拒否してしまうのでしょうか。

Eメールタイプ以外は転売市場に流せないから

amazonギフト券買取業者は、買い取ったamazonギフト券を自らが管理するamazonアカウントへ登録して買物を行った上で商品転売を行うことにより現金化を行っています。しかし、Eメールタイプについては直接転売出来るamazonギフト券転売市場があるので、少しでも安くamazonギフト券を購入したいと考えている個人向け市場へ転売しているamazonギフト券買取業者が少なくありません。amazonギフト券の買取率を引き上げるためには、商品購入を伴わないamazonギフト券自体の転売が最も差益を得やすい構造となっています。

振込手数料が無料

ギフトチェンジへamazonギフト券買取依頼を行う際には、最低買取額3,000円という点を守れば振込手数料が無料となっています。実際には額面500円以上の券種のみamazonギフト券買取を行っていないものの、1円単位で発行するamazonギフト券としてバリアブルカードがあるものの、最低額面は1,500円以上となっているので額面500円以上なら大半のamazonギフト券が該当するはずです。例外的に500円未満の額面を持つamazonギフト券は、主に企業がプレゼント企画のために大量一括購入したプロモーション用となっています。換金性が乏しい少額のamazonギフト券のみを買取対象外とすることで、転売市場での現金化を行いやすくしています。1万円未満のamazonギフト券買取時に振込手数料を徴収する買取業者が多い中で、ギフトチェンジでは利用者へ振込手数料を求めない点を貫いています。

ギフトチェンジを利用する際の注意点を把握しよう

amazonギフト券買取業者の中からギフトチェンジを選ぶ際には、他のamazonギフト券買取業者と比較した上で信頼できる買取業者かどうか確認する必要があります。では、どのような点をチェックした上でギフトチェンジを選べば良いのでしょうか。

買取額に応じて買取率が変わる点に注意しよう

ギフトチェンジのamazonギフト券買取額は、買取率表に基づき段階的な買取価格となっています。しかし、公式サイトに一覧表として掲載されている買取率は、amazonギフト券Eメールタイプに限ったものであって、1万円以上の買取率のみが掲示されています。最低買取額は3,000円以上となっていて、1枚あたりのamazonギフト券額面は500円以上が必須です。特に注意しなければならないポイントとして、1万円未満の買取率は70%となるので、なるべく1万円以上の買取依頼を行うことが望ましいです。

カードタイプや印刷タイプの買取率は80%

amazonギフト券の買取率は、Eメールタイプは転売市場に流して転売しやすいことから、買取率が86%以上の提示が行われています。相場の影響を受けやすいので、実際の買取率はその日の相場次第となり、公式サイトに表示されている買取率よりも前後することがある点に要注意です。一方、カードタイプや印刷タイプの買取率は、一律80%となっているので基本的に相場の影響を受けません。なぜなら、カードタイプや印刷タイプのamazonギフト券は、転売市場に流せないため自社管理amazonアカウントへ登録した上で現物商品を仕入れて転売する方法が採用されているからです。Eメールタイプは買取率重視となるよう転売市場にて売却し、カードタイプと印刷タイプは固定買取価格による安定性重視の現金化手法を採用しています。このため、Eメールタイプのamazonギフト券については、相場の影響を受けたとしても80%を切ることは1万円以上の取引を行う限り現状ではありません。

買取依頼後に24時間以内の振込手続きを目標としている

ギフトチェンジへ買取依頼を行った際には、初回申し込み時に限り本人確認書類の提出と確認作業が入るので、1~2時間程度手続きに時間が掛かると考えておけばイライラせずに待つことが出来るはずです。ギフトチェンジでは、amazonギフト券受け取り完了から現金振込完了までに必要な時間を24時間以内となるよう目標としています。公式サイトでは最短10分現金振込を謳っているものの、実際には数時間程度掛かることが珍しくありません。特に買取率重視の取引を行った場合には、amazonギフト券が転売市場で売れることを待ってからの現金振込となります。個人向け転売市場は、昼間から夕方を中心とした売買取引が行われるので、深夜早朝に取引が完了することは稀です。amazonギフト券受け取り完了から24時間以内に現金振込を行うようギフトチェンジでも心掛けています。

本当に24時間営業となっているか電話連絡して確認してみよう

amazonギフト券買取業者の中には、24時間営業を24時間いつでもWEBフォームから受付可能という意味合いで使っていることが珍しくありません。毎日24時間営業を続けることは、忙しい現代人にとって帰宅後から翌朝にかけてamazonギフト券買取依頼を完了させることが出来るという嬉しい一面を持っています。しかし、ギフトチェンジへ深夜または早朝に電話連絡してみると分かるように、呼び出しコールは鳴っても電話口に誰も出ないことが珍しくありません。本当に24時間営業をしているならば、真夜中であっても何度か架電すれば電話口に出るはずです。本当に24時間営業を年中無休で行っているかどうかは、利用者自らが深夜早朝に電話連絡することで分かります。

正規の古物商か事前確認を要する

ギフトチェンジはamazonギフト券を業務として連日買取しているので、最低でも古物商の正規登録を行っていなければなりません。古物商の登録情報はギフトチェンジの所在地がある東京都公安委員会の公式サイトに古物商URL届け出一覧があるので、事前に古物営業許可番号と共に正規の古物商かどうか確認しておかなければ安心して取引出来ないわけです。しかし、ギフトチェンジの公式サイトでは、古物営業許可番号そのものが表示されていません。また、特定商取引に関する法律に基づく表記についても確認する必要があり、称号の記載があるものの運営会社や代表者氏名が明記されていない点は要注意です。amazonギフト券買取依頼は、正規の古物商に対して売却しなければ、後日amazonギフト券が転売された結果として利用者本人に対して不利益が発生してもamazonギフト券買取業者は対応しません。ギフトチェンジを利用する際には、正規の古物商かどうかを電話連絡により確認した上で、東京都公安委員会へも問い合わせて正規の古物営業許可番号を持っていることを確認しなければなりません。

amazonギフト券買取依頼にギフトチェンジが適している人とは

amazonギフト券買取業者の中からギフトチェンジを選ぶ利用者には、共通した特徴があります。なぜなら、初回買取率のみが高いギフトチェンジは、2回目以降の買取率が他社と比較した際に必ずしも高いとは限らないからです。amazonギフト券買い取り業者との取引を何度も経験している人にとって、安心して取引出来ることと買取率のバランスが重要となります。2回目以降の買取率に有利な点が無いにも関わらずギフトチェンジを利用するためには、利用者の目的とギフトチェンジの方針が一致している必要があります。

カードタイプと印刷タイプのamazonギフト券を買取依頼したい人

カードタイプと印刷タイプのamazonギフト券は、多くのamazonギフト券買取業者から買い取り拒否されている現状があるので、どうしてもカードタイプと印刷タイプのamazonギフト券を買い取って欲しい人にギフトチェンジは支持されています。カードタイプのamazonギフト券は、盗難被害に遭った不正取得によるamazonギフト券買い取りが持ち込まれてしまいやすく、特殊詐欺により取得されたamazonギフト券が含まれている現状です。高齢者を狙った特殊詐欺の温床となりやすいカードタイプのamazonギフト券を古物商として買い取りしないよう注意するために、レシートまたは購入証明書類の添付を求めているわけです。不正取得されたamazonギフト券カードタイプは、購入証明書類を同時に不正取得していることは通常無いためにふるいにかけることが出来ます。本人が正規の方法で販売店から取得したものに限り買い取り依頼しているからこそ、ギフトチェンジでは慎重な買い取り姿勢の下でカードタイプと印刷タイプのamazonギフト券買い取りが可能となっています。

買取率に関して交渉して他社比較をした上で買取依頼したい人

買取時の振込スピードを重視していない人

amazonギフト券の買取率が高いほど、自社利用ではなくamazonギフト券の転売市場を活用して買取したamazonギフト券は転売されています。ギフトチェンジもEメールタイプについてはamazonギフト券の転売市場を使った売却を行っているからこそ初回買取率を高く設定出来ている状態です。このため、買取時には転売市場にてamazonギフト券が売れた時点で買取額の振込を行っているので、買取率通りの振込を期待する場合には転売市場でamazonギフト券が売れるまでの待ち時間が発生します。ギフトチェンジでは、暫く待っても転売市場で買取するamazonギフト券が売れない場合には、amazonギフト券送付から現金振込までのタイムラグが長くなりやすいです。このため、ギフトチェンジを利用した買取依頼を行う際には、スピードを重視している場合には適しません。あくまでも買取時の振込スピードには拘らないタイプの利用者にとって取引方法の幅が広いことが重要だと考えられます。

複数の少額amazonギフト券を保有している人

ギフトチェンジでは、amazonギフト券の額面が1枚につき500円以上ならば合計3,000円以上となる場合に限り買取しています。amazonギフト券を個別に買取すると、少額取引となってしまい買取率だけでなく買取業者によっては振込手数料も嵩んでしまいがちです。しかし、ギフトチェンジでは振込手数料無料が常に適用されているので、買取額がそのまま振込される点が嬉しいポイントです。少額の額面であっても合計金額で1つの取引としてくれるので、法人がキャンペーン用に用意した多数の少額amazonギフト券買取も行えます。少額のamazonギフト券は転売市場にて売却しづらいという特徴があるので、ある程度現金振込までに時間をかけても良いか決めた上でギフトチェンジへ依頼することになるわけです。買取率を重視しなければ、80%の買取率にて即日買取を依頼することも出来るので、買取スピードと買取率のバランスを考慮した上で買取依頼を行うと納得した取引が出来ます。

ギフトチェンジなら手元に余った各種amazonギフト券の買取依頼が出来る

ギフトチェンジならば、使わなくなったamazonギフト券を複数種類まとめて買取依頼出来ます。他社ではEメールタイプのみのamazonギフト券しか買取対象とならないことが多いですが、ギフトチェンジでは購入証明書類の添付さえ出来ればカードタイプや印刷タイプのamazonギフト券であっても80%買取率保証可能です。額面500円以上ならば合計3,000円以上となればまとめて合計額での買取依頼が振込手数料無料にて行えることも、ギフトチェンジを選ぶ理由となります。

関連記事