目次

ギフトグレースならamazonギフト券買取をリピートしたくなる理由がある

amazonギフト券買取を依頼する人にとって、最も重要なことは換金率とは限りません。なるべくスピーディーに安定して確実に現金化出来ることが大切なことは、実際にクレジットカード現金化の代替手段として使われることが多いことからも分かります。では、ギフトグレースが多くの人に支持される理由はどこにあるのでしょうか。

amazonギフト券買取はEメールタイプに対応

ギフトグレースが対応しているamazonギフト券は、Eメールタイプとなっています。本来はカードタイプや印刷タイプにも対応していますが、現在は両者共に新規買取を停止中です。実際にamazonギフト券買取の9割以上がEメールタイプとなっていることから分かるように、amazonギフト券買取はEメールタイプの換金率を比較することになります。

amazonギフト券買取率は換金表通り

多くのamazonギフト券買取業者は、現金振込時に手数料と称して様々な控除額を設定していますが、ギフトグレースでは換金表通りの買取率を維持しています。公式サイトに掲出されている買取率表は、毎日更新されているので実際にamazonギフト券買取依頼する当日の換金率表以外は意味を持ちません。買取率が適用されるタイミングは、amazonギフト券の受け取りをギフトグレースが確認した時点となります。WEBフォームへ入力した時点では無いという点に注意しなければなりません。以下には、2019年9月時点でのとある日の換金率表を例として記載します。

・特急プラン(最短1時間) 初めての方90% 2回目以降は10万円未満85% 10万円以上86% 30万円以上86%
・通常プラン(最短2時間) 初めての方90% 2回目以降は10万円未満86% 10万円以上87% 30万円以上87%
・翌日プラン(翌日24時迄) 初めての方90% 2回目以降は10万円未満86.5% 10万円以上87.5% 30万円以上87.5%

3つのプランで買取率を調整

amazonギフト券買取は、全国的な相場をリアルタイムに反映して換金率が決まっています。このため、急いで現金化したい人だけでなく、換金率重視で翌日振込になっても構わない人も含まれている状態です。ギフトグレースは24時間営業をしているので、忙しい時間帯と余裕がある時間帯が1日の中でも常に発生している状態です。翌日プランを選択する顧客については、余裕がある時間帯に処理すれば良いので、換金率を高くしてもスタッフの業務効率化を考えれば採算が合います。

特急プラント通常プランの差はわずか1時間

特急プランと通常プランの違いは、最短1時間振込に対応した特急プランと最短2時間振込可能な通常プランという1時間の違いです。注意しなければならない点として、ギフトグレースへamazonギフト券Eメールタイプのギフトコード番号が届いたことをギフトグレースが認識した時点からの時間カウントであると知っておかなければなりません。利用者が申し込みを始めた時間からのカウントだと勘違いしてしまうと、単なる利用者の勘違いにも関わらず不用意なクレームをギフトグレースへ送ってしまうことになりかねません。ギフトグレースでは、順次買取依頼を定休日となる日曜日以外は24時間体制で進めているので、不備を発生させないように急いでいても誤入力が無いことを確認してから申し込む必要があります。実際に変換ミスや入力ミスにより確認事項が発生した場合には、不備が解消されるまで正式な受付完了とはならずに振込までの時間カウントが始まりません。1時間だけプラスで待てる状態ならば、通常プランで申し込む方法が有効ではあるものの、土曜日については翌日が定休日となる点を考慮して申し込み時間に余裕を持たせる必要があります。

翌日プランはamazonギフト券が有効だと確認された時点の翌日24時迄の振込

翌日プランについても勘違いする人が出てしまうことがあり、申し込み翌日中に振込が行われるとは限りません。申し込み手続き開始時点ではなく、amazonギフト券のコード番号をギフトグレースが有効だと確認した時点の翌営業日24時迄に振込手続きを完了させるという表現が正しいです。このため、土曜日の22時に申し込みを行ってamazonギフト券の送付を日曜日朝2時に行った場合には、定休日翌日となる月曜日にamazonギフト券の有効性を確認することになるので振込手続きは火曜日の24時迄に完了させることになります。日曜日に振り込まれると考えていると、申込みとamazonギフト券送付のタイミング次第では実際に指定銀行口座へ入金されるタイミングが水曜日の昼間となる例があると理解しておくことが重要です。ギフトグレースには3つのプランが用意されているので、実際に指定銀行口座へ現金振込が完了するまでのタイミングを逆算した上で申し込みすることが望ましいと考えられます。3つのプランを使い分け出来るようになれば、既にギフトグレース利用の上級者となっているはずです。

振込手数料は1万円以上なら無料

ギフトグレースの公式サイトに明示されている買取率表は、amazonギフト券買取額そのものを表示していて、実際に現金振込時には買取額が1万円以上の場合はどの銀行口座であっても振込手数料が無料です。500円からの買取依頼が出来る兼ね合いから、振込手数料分を吸収できない1万円未満の買取についてのみ200円+消費税を設定しているものの、そもそも少額買取を行っているamazonギフト券買取業者は珍しくなっています。なぜなら、amazonギフト券買取業者の多くが全国のamazonギフト券売買市場にて転売しているからです。振込時に手数料が急遽控除されたり、そもそも買取額が全く違い振込も遅いという状況は、転売に失敗した結果と考えられます。ギフトグレースでは、amazonギフト券転売行為をしていないので、安定した買取価格が実現出来ているわけです。

ギフトグレースは買取したamazonギフト券を自社で利用しているから安心

買取したamazonギフト券について、ギフトグレースでは自社のamazonアカウントへ登録して自社利用しています。全国にあるamazonギフト券転売市場を利用した売買により現金化しているamazonギフト券買取業者へ販売すると、どのような利用のされ方をするか分かりません。amazon公式サイト経由でクレジットカード決済により購入したamazonギフト券については、amazon側へ転売品を購入した人がクレームを入れ続けると、クレジットカード会社へ連絡が行きかねません。ギフトグレースならば、自社で管理しているamazonアカウントへ登録して現物商品を購入するという使い道をしているからこそ、安心して買取依頼出来るわけです。第三者から貰ったamazonギフト券ならば大元の出どころについて心配する必要がありませんが、自らのクレジットカード決済にて購入したamazonギフト券については使い道そのものを心配する必要があります。安心して買取依頼をしたいと考えているならば、ギフトグレースのように自社でamazonギフト券を使う買取業者へ売却することが望ましいです。

古物営業法に基づく本人確認書類提出が義務付けられている

ギフトグレースは、古物営業法に基づき買取業務を行っているので、本人確認書類提出が義務付けられています。対面取引であっても1万円以上の商品を買取する際には身分証明書番号の控えを保管しなければなりません。インターネット上で展開する仮想店舗については対面取引が出来ないために、顔写真付き身分証明書の画像データ送付という形で本人確認書類の提出が必要です。

ギフトグレースならではの画期的なamazonポイント買取については救済措置扱い

ギフトグレースが他のamazonギフト券買取業者と決定的に異なるポイントは、一般的なamazonギフト券だけでなくamazonポイントについても条件付きで買取出来るという点にあります。amazonギフト券は、amazonアカウントへ登録するという使い方しか出来ないので、amazonポイントになってしまえば換金する方法は商品を購入して転売する程度しかありません。どの商品が高額買取可能か分からないことが一般的ですから、amazonポイントになってしまえば自分で使うしかありませんでした。しかし、ギフトグレースならば代理調達という手段により、amazonポイントまでも現金化する方法を用意しています。

amazonギフト券を誤って自分のamazonアカウントに登録してしまう人が多い

amazonギフト券について詳しく知らない人の中には、amazonギフト券を換金しようとして誤って自分のamazonアカウントへギフト券登録してしまう人が少なくありません。なぜなら、amazonギフト券Eメールタイプを購入すると、指示の中にamazonアカウントへの登録方法が記載されていて、早期に登録することを勧める文言が入っているからです。amazonギフト券とamazonポイントの違いを理解していない人にとって、有効期限があると言われたらすぐに登録してしまっても不思議では無いわけです。一度amazonアカウントへ登録してしまったギフト券は、2度と元の状態に戻らないためにトラブルの原因となってしまいがちです。ギフトグレースでは、5万円以上のアマゾンポイントに限り現金化を行うための救済措置を用意しています。

amazonポイント額面5万円以上なら買取率85%と配送時間だけ必要となる

額面5万円以上のamazonポイントならば、買取率85%と配送時間だけ掛かるという点を了承した上で申し込みした人に限りギフトグレースではamazonポイントの買取を行っています。厳密にはギフトグレースが直接amazonポイントを買い取るわけではなく、amazonポイントを使ってギフトグレース指定のリストに入っている商品を代理購入するという方法で商品を買い取ります。具体的な手順は、次のようなステップに従って進めれば手間と時間は掛かるものの難しくありません。

ギフトグレースのamazonポイント買い取り手順

①ギフトグレースへamazonポイント買い取りを5万円分以上の額面にて申し込みする
②ギフトグレースへ本人確認書類提出するとギフトグレースが購入希望の商品一覧が送付されてくる
③商品一覧リストに基づきamazonポイントを使って購入して自宅へ一旦配送してもらう
④自宅に届いた商品をギフトグレース指定の場所へ宅配便にて転送する
⑤ギフトグレースが届いた商品を平日昼間に鑑定した上で85%の買取率にて買い取り現金振込する

上記のような5つのステップにて買い取り依頼出来ますが、ポイントとなるのは必ず購入商品を一旦自宅で受け取らなければならない点です。なぜなら、amazonポイントを使って購入した商品はあくまでもギフトグレースが買い取るものではなく、利用者本人が購入した商品だからです。たまたまギフトグレースが仕入れたい商品だったという事情により、利用者本人とギフトグレースの間で売買契約が成立して代金の支払いが行われたという流れとすることで、誰も法律上の問題に抵触することはありません。ギフトグレースは個人事業主から商品を仕入れただけであって、利用者としては余ったポイントで買った商品をギフトグレースに売れたというだけです。最初からamazonポイントを換金目的で売却したという流れにならないことが重要です。

買取時間は会員のみ平日10:00~18:30

ギフトグレースの中でも買取査定を行うスタッフは、専門家が行うために平日10:00~18:30という限られた時間だけ査定業務を行います。amazonギフト券買取業務が24時間対応だった点と比較すると時間が短いように感じられますが、現物商品を取り扱い配送事故による破損有無を見極める査定業務を行えるスタッフは少ない現状です。そもそもメインの業務はamazonギフト券買取であって、amazonポイント買取業務は救済措置の意味合いが強くなっています。このため、amazonギフト券買取は会員登録必須ではありませんが、amazonポイント買取は会員制サービスと位置づけられているわけです。

ギフトグレースを選ぶ前にチェックするポイントとは

amazonギフト券買取業者として評判が高いギフトグレースであっても、全てが完璧な業者とは限りません。なぜなら、amazonギフト券という本来なら換金性が無いギフト券を現金化するためには、独自のルートで現金化する必要があるからです。詳細なからくりを開かせないからこそ、多少不明瞭な部分が残ってしまいます。しかし、ギフトグレースについて基本的なポイントをチェックすれば、納得した上で安心して買取依頼出来るはずです。

営業時間は本当に24時間なのか

毎週月曜日8時~土曜日深夜24時迄がギフトグレースの営業時間であって、日曜日が定休日となっています。日曜日終日と月曜日の0時~8時迄という毎週32時間のみ休みがある形です。月曜日朝8時~土曜日深夜24時迄は実際に24時間営業を続けているので、日曜日定休日設定有りの24時間営業と考えておけば分かりやすいです。他のamazonギフト券買取業者は、WEBページ上で24時間受付に対応していても、電話受付は昼間から夕方にかけてのみというケースが多くなっています。しかし、ギフトグレースは定休日となる日曜日以外は連続して24時間営業を本当に続けているので、電話対応も24時間営業中はいつかけても問題ありません。ギフトグレースならば、選んだプランに応じて随時手続きをしてくれるので、買取依頼をしたものの実際には翌営業日まで待たなければならないという問題は起きません。

ギフトグレースならWEB完結申込が出来るから深夜早朝でも手続き可能

電話対応が必須となる他のamazonギフト券買取業者では、細かい案内や本人意思確認を行うために電話連絡が取れるまで買取依頼が完了しません。ギフトグレースでは、不備が出た場合であってもメールアドレスへ連絡が入り、メールアドレスを出してから丸1日経過しても利用者から返答が無い場合のみ電話連絡が入ります。基本的な手続きをWEB完結させることが出来るからこそ、深夜早朝でもスムーズな買取依頼から現金振込まで可能となるわけです。24時間営業をしているギフトグレースから、深夜早朝に電話連絡が入ると就寝中の人も多いために非常識と捉えられかねません。そこで、ギフトグレースではメール連絡を優先的に行い、電話連絡については日中または夕方に着信を残す方法を採用しています。折返し連絡については24時間営業をしているギフトグレースなら、常に対応出来るから問題ないわけです。

amazonギフト券買取率は本当に公式サイト通りか

ギフトグレースの公式サイトに掲載されている買取率は、その日の買取率をそのまま表示しているので、手続きが該当する日付の間にamazonギフト券受け取りまで完了していれば保証されます。1万円以上の買取額面に対しては振込手数料が不要となるので、amazonギフト券買取率はギフトグレースの公式サイトに掲載されているまま現金振込される仕組みです。初めて利用する場合には特急プラン・通常プラン・翌日プランのどのコースであっても換金率は基本的に同じという日が多くなっています。なぜなら、本来の買取率は2回目以降の買取率が基準となっていて、初回限定で広告費として買取率をアップさせているからです。2回目以降の買取率であってもamazonギフト券買取率として決して低いわけではなく、良心的な価格設定だと考えられます。このため、派手なキャンペーンで毎回釣ることをしなくても、会員登録した上でリピーターとなってくれる利用者が多いわけです。

古物営業法及び特定商取引に関する法律に基づく表記に問題は無いか

ギフトグレースが他のamazonギフト券買取業者と大きく異なる点として、古物営業法と特定商取引に関する法律に基づく表記を分けて記載している点が挙げられます。古物営業法に基づく表記では、古物営業許可番号だけでなく貿易会社としての株式会社ノア商社という法人名を明記していて、所在地についても番地だけでなくビル名や階数まで明らかにしています。一方、特定商取引に関する法律に基づく表記では、会社概要欄にまとめて記載することにより、代表者氏名だけでなく営業時間についても明記していることが分かります。amazonギフト券買取業者の中でギフトグレースほどしっかり売買契約に必要な事項を全て表示している会社は珍しく、法人名についても明らかにしている点は好感が持てます。よくあるamazonギフト券買取業者に対する怪しいイメージを一切排除した貿易会社を本業としていて古物営業は別事業として起こしていることがよく分かります。本業がしっかりしているからこそ、安定した資金力でamazonギフト券買取業務が行えると考えて問題有りません。さらに、amazonポイントの現金化については、貿易会社ならではの仕入れを広げる手段として利用していると考えれば納得出来るはずです。

東京都公安委員会の古物営業届け出URL一覧に掲載されない理由がある

ギフトグレースの公式サイトに掲載されている古物営業許可番号は、東京都公安委員会の公式サイトにある古物商URL届け出一覧には掲載されていません。申請を行うことは義務化されているものの、実際にリストに掲載されるかどうかは古物商としての営業形態により変わるので、WEB完結出来てしまうギフトグレースでは届け出をしても一覧表掲載対象とはならないわけです。このため、古物商としては貿易会社として古物プレートに古物営業許可番号が記載されて本社に掲出されていれば問題有りません。また、古物商としては最寄りの警察署経由でURL届け出申請さえ行っていれば正規の古物商として取引出来るので、利用者としてはWEB完結による申し込みが出来ることが対面取引やテレビ電話による擬似的な対面取引を推奨する公安委員会との見解の相違だと分かります。正規の古物商として取引出来るからこそ、amazonギフト券買取に加えてamazonポイントまで買取する代理購入制度を充実させることが出来ています。

ギフトグレースへamazonギフト券買取依頼する手順

ギフトグレースへamazonギフト券の買取依頼を行う際には、他のamazonギフト券買取業者を使い慣れている人にはやや驚く点があります。なぜなら、最初に入力する事項が多い代わりに手続きをWEB完結させることが出来てしまうからです。具体的には、次のような手順で買取依頼を行う流れとなります。
①買取希望者本人に関する情報入力
②amazonギフト券情報入力
③利用者本人確認書類をデータ添付
④申込み内容の確認
⑤買取依頼手続き完了
手順として記載すると手間が多く見えてしまいますが、最初の申込み依頼時点で①~③までの項目を一気に入力してしまえば良いので、申込内容の確認メールをギフトグレースから受け取るだけで済んでしまいます。同時に会員登録もしておけば、次回からはログインしてすぐに買取依頼手続きに進めるので、複数回利用するつもりなら最初から会員登録してしまうと楽です。

会員登録すれば2回目以降はログイン画面から簡単入力

ギフトグレースへ会員登録した上でamazonギフト券買取依頼を行えば、2回目以降はメールアドレスとパスワードにより専用画面から直接買取依頼を行えます。amazonギフト券のコード番号入力画面へ直接買い取り希望のamazonギフト券のコード番号と額面金額を入力するだけと簡単です。3つのプランのうち1つを選択して申し込み完了を行えば、既に過去に提出した本人確認書類を再提出する必要はありません。唯一ギフトグレースから連絡が入るケースは、入力したamazonギフト券コード番号が無効だった場合です。大半はコード番号の入力ミスであって、複数枚のamazonギフト券買取を依頼する時ほどミスが発生しやすくなっています。ギフトグレースへamazonギフト券買取を依頼する際には、転売市場で仕入れたamazonギフト券を送付するとエラーが出て買取不可となる事例が報告されています。転売市場では購入からamazonアカウントへの登録までの時間として数時間のみが保証されていて、時間経過後はエラーが出ても補償対象外です。ギフトグレースでは、エラーが出てしまうamazonギフト券ばかりを送付する利用者に対して、入手先のヒアリングや今後の取引を断るといった厳しい対処わ行っているので、正規のルートで入手したamazonギフト券以外の買取は先にギフトグレース側へ通信欄から申し出ておく必要があります。

敢えてカードタイプと印刷タイプの買取を中止した理由を知ろう

ギフトグレースでは、かつてEメールタイプ以外にもカードタイプと印刷タイプのamazonギフト券の買取を行っていました。24時間営業を一旦中止した時期にカードタイプと印刷タイプについてのみamazonギフト券新規買取停止を行い、現在はamazonギフト券についてEメールタイプのみの取り扱いへと切り替えてから24時間営業を再開しています。カードタイプと印刷タイプについては、盗難被害に遭ったamazonギフト券を送付されてしまい、捜査対象となりかねません。amazonギフト券買取業務中に捜査協力をすることで、人員を割かれてしまい処理能力が減少してしまうと月初めの繁忙期に買取遅延が発生しやすくなります。そこで、窃盗犯罪に絡んだamazonギフト券買取が含まれるカードタイプと印刷タイプについてのみ買取を中止し、amazonギフト券Eメールタイプのみの買取へ切り替える宣言を行ったわけです。

Eメールタイプのamazonギフト券ならamazon側で本人確認を取りやすい

Eメールタイプのamazonギフト券ならば、amazon側へトラブルがあった時には捜査機関が問い合わせれば購入に使われたamazonアカウントを捜査するだけで済むのでギフトグレースの業務に影響が出ません。また、Eメールタイプには再送可と再送不可という2つのタイプがありますが、どちらの場合であっても買取依頼者本人が出どころを知っているために、ギフトグレースがトラブル対処を行う必要がありません。また、ギフトグレースではWEB完結申込を行いスムーズな買取業務を行うために、買取処理を事務的に行えるEメールタイプなら理想的な環境と考えられます。購入時にクレジットカード決済を使用していれば、amazon公式サイト側で本人確認が取れているので、古物商としてギフトグレースがamazonギフト券を買い取れます。いざという時に古物営業法に基づき保管していた古物買取台帳のみを捜査機関へ開示すれば済むので、透明性が確保出来るわけです。

ギフトグレースが多くのリピーターから支持される理由

数多くのamazonギフト券買取業者がある中で、ギフトグレースは会員登録して繰り返し利用する人が多いことが知られています。初回利用時の買取率が高く2回目以降はキャンペーン適用が無いにも関わらず、なぜギフトグレースにはリピーターが多いのでしょうか。

1度利用すると会員登録されるので次回以降は手続きが楽になる

ギフトグレースのamazonギフト券買取は、会員登録が必ずしも必須ではありません。会員登録無しに利用することも出来ますが、多くの利用者は会員登録した上での利用を希望します。なぜなら、非会員登録利用を行った際には2回目以降利用する際にはその都度本人確認書類の提出が必要だからです。個人情報保護方針を明らかにしているギフトグレースでは、会員登録をせずに買取依頼を行う場合には、古物買取台帳へ記載する身分証明書番号以外の部分は情報を長期保存せずにその都度破棄しているからです。次回利用時は改めて最初から手続きを行う必要があるものの、同じ身分証明書ではキャンペーン特典を再度受けられません。2回目以降は会員ならではのスムーズな取引が出来る点を期待するならば、会員登録有無は個人情報保護方針に基づきしっかり情報保管を依頼するかどうかの違いとなるわけです。

amazonギフト券買取とamazonポイント買取の両方を利用出来る

既にギフトグレースへ会員登録を済ませておけば、amazonギフト券買取だけでなく5万円以上のamazonポイントに限りポイント買取による現金化も行えます。amazonギフト券の中には特殊なタイプが存在するだけでなく、カードタイプや印刷タイプの買取を行うamazonギフト券買取業者が少ない状況です。amazonギフト券Eメールタイプは買取依頼をそのまま行い、カードタイプや印刷タイプについてはamazonポイントの形で買取依頼を行えば無駄なくamazonギフト券の買取依頼を使い分けることが出来ます。amazonギフト券買取とamazonポイント買取の両方に対応している業者はほとんど無いことから、ギフトグレースへ会員登録しておくメリットは計り知れません。

定休日を除いて24時間受付と振込に対応している

突然お金が必要になることは誰にでも起こり得ることであって、時間帯や曜日を選ばず突発的な支出は発生します。amazonギフト券買取依頼により現金調達を速やかに出来るならば、誰もが利用したいと考えても不思議ではありません。ギフトグレースならば、日曜日の定休日から月曜日の朝8時迄の間のみ閉店しているとさえ覚えておけば良いので、お金が必要になった時にすぐにamazonギフト券買取依頼をWEB完結にて出せる手軽さがあります。数日余裕があるならば翌日プランを選択して買取率を少しアップさせることが出来るからこそ、ネット銀行口座さえ保有していれば好きなタイミングでamazonギフト券買取依頼を行える状態です。

貿易会社が古物営業許可を取得して営業しているから安心出来る

ギフトグレースを運営している株式会社ノア商社は、家電販売と貿易業を本業としている貿易会社です。本業の売上高が60億円を超えているだけでなく、5カ国への輸出入を行っている正規の会社として営業しています。ギフトグレースとしてamazonギフト券買取業務を行っている背景には、amazonを使った商品仕入れについても計画的に行っているからであって、買取したamazonギフト券を自社アカウントにてそのまま使用していることが分かります。他者への転売目的でamazonギフト券買取を行っている業者とは異なり、ギフトグレースは自社で使う分のamazonギフト券購入先としてamazon公式以外に個人からの買取も行っている状態です。古物商として仕入れ価格を安くするために行っている事業だからこそ、信頼性重視の取引を徹底しています。なぜなら、ギフトグレース事業による評判の良し悪しは、本業である家電販売と貿易業にとって足を引っ張る形となっては本業と副業の関係性が崩れてしまうからです。真面目で実直な取引を行っている理由には、本業をしっかり事業として継続させることに変わりが無い方針だからと考えられます。

ギフトグレースを商標登録して営業しているamazonギフト券買取業者は珍しい

amazonギフト券買取業者の多くは、屋号として店名を使っているものの商標登録までしていません。なぜなら、未来永劫同じ事業を続けようと強い意志を持って買取業務を行っている事業者がほとんどいないからです。しかし、ギフトグレースでは敢えて「登録第6157892号 商標 ギフトグレース 登録日 令和1年6月28日」という形で商標登録を済ませているほどamazonギフト券買取を含めたデジタルギフト券買取事業に力を入れています。貿易会社は本来現物商品の売買を行うことが中心ですが、安定した取引を行うために商品先物取引を活用する会社があることはよく知られています。ギフトグレースがamazonギフト券買取事業を継続して続ける意思があることは、ギフトグレースを商標登録していることからも判断可能です。

ギフトグレースならamazonギフト券買取だけでなく残高やポイントまで買取可能

ギフトグレースならば、amazonギフト券買取を中心として買取を行っているものの、amazonポイント買取まで会員制にて行っています。貿易会社だからこそ可能な豊富な資金量と安定した取引体制は、貿易業務が海外との取引となるために24時間体制で営業しているから出来ることです。利用者にとっては定休日以外なら24時間いつでもamazonギフト券買取依頼が出来る便利な買取業者と考えられます。会員登録さえしっかりしておけば、利用したいタイミングに手軽にamazonギフト券買取を依頼可能です。

関連記事