Pocket

ギフト買取KINGは、様々なタイプのamazonギフト券を買取可能な専門店として知られています。現実的な買取率を公式サイトで明記した上で、初回限定キャンペーンを盛大に行っているので、初めてamazonギフト券買取依頼を行う人に人気がある買取専門業者です。では、なぜ単発利用者が多くなっているのでしょうか。

ギフト買取KINGを利用するメリットをチェックしよう

ギフト買取KINGを利用する際には、最大の特徴となっている取引を定型化・シンプルにすることで必要な事務作業を軽減して高い換金率をキャンペーン展開している点を把握しておくと良いです。ギフト買取KINGでは、決まった形式の買取以外は受付していないので、交渉によるゴリ押しで時間を取られる心配がありません。

複数タイプのamazonギフト券買取を行っている

amazonギフト券買取を行っている買取専門店は、換金が難しいまたは不正取得されたamazonギフト券が紛れ込みやすいカードタイプや印刷タイプのamazonギフト券買取を避ける傾向にあります。ギフト買取KINGでは、全部で4つのタイプのamazonギフト券買取を実施しており、買取率を次のように明記しています。

・Eメールタイプ(再送可) 84%
・印刷タイプ 70%
・カードタイプ 70%
・Eメールタイプ(再送不可) 70%

Eメールタイプには、購入者が未使用の状態に限り今まで発行していたギフトコードを無効にして新たなEメールタイプのamazonギフト券を再発行出来る再送可というタイプがあります。再送不可となっているのは、キャンペーンにより企業から受け取ったタイプや、プレゼントされたといった購入者が買取希望者本人では無いamazonギフト券です。ギフト買取KINGが買取した後で転売市場にて転売した結果、amazonギフト券が使用不可だったというケースを予防するために再発行出来ない再送不可タイプは買取率が低く設定されています。ギフト買取KINGでは、Eメールタイプ(再送可)のみ転売市場にて売却することで現金化しているために高い買取率設定を実現している状況です。他のタイプについては、ギフト買取KINGが保有しているamazonアカウントへ登録した上で現物商品購入を行い、更に現物商品を転売しなければならないために手間が掛かります。買取率に差を設けていることは、手間と経費が多く掛かる方法による現金化をするからであって、Eメールタイプ(再送可)のみ手軽に現金化出来ると考えて良いです。

初回限定キャンペーンを利用すれば高額買取が可能

初回限定キャンペーンを広告費投入により実現しているギフト買取KINGでは、5万円以上の買取という条件付きで初回限定90%買取を実現しています。詳しい適用条件は常に変動するので、初回限定キャンペーン適用を行いたい場合には、公式サイトに記載されている文面を読み上げるかWEBフォームへ入力して適用して貰う必要があります。しかし、初回限定とはいえ高い買取率を実現してもらえるなら嬉しいはずです。通常の買取率と比較すれば分かるように、広告費をフル活用して買取率を引き上げているので、初回限定特典として申告した人のみが適用される仕組みとなっています。実際には最大適用率が明記されているので、相場や買取率変更がある可能性を考慮した上で事前問い合わせを行うことが望ましいです。

シンプルな手続きを目指して1万円単位の買取に限定している

ギフト買取KINGでは、1万円単位のamazonギフト券額面取引を1口として行うことにより、事務担当者の手間を軽減しています。1回の申し込みにつき1口~200口迄の対応としていて、全て1万円単位の額面取引のみを行うことで端数計算を避けることが可能です。高い買取率を維持するためには、なるべく現金化する担当者の事務作業量を減らすことが重要であって、定型的な取引とすることにより担当者による違いが発生せずに買取依頼を受ける効率を引き上げることが出来ます。利用者にとっても1万円単位のシンプルな取引形態ならば、手持ちのamazonギフト券種類さえ把握するだけですぐに買取依頼可能となるメリットがあります。

ギフト買取KINGへ買取依頼する前の注意点とは

amazonギフト券買取依頼に慣れている人であっても、初めてギフト買取KINGを利用する際には注意点が存在します。なぜなら、ギフト買取KINGは初回限定キャンペーン適用が出来れば高い買取率となりますが、キャンペーン適用対象外となると他社よりも買取率が低くなるからです。

問い合わせに対する返答に不安が残る

ギフト買取KINGの営業時間は、9時~21時迄となっているので、営業時間内に問い合わせを行えば本来全て解決するはずです。しかし、実際に電話連絡して問い合わせをすると分かるように、問い合わせ内容に対する返答に曖昧な点が多いことが分かります。具体的には、事前問い合わせにて買取率に関する質問を行うと、「今は○○%で取引可能ですが、今後下がるかもしれません。」といった回答が行われます。具体的に何%になるのかという質問に対しても、少し下がるといった具体的な数字では示さず、WEBフォームの通信欄を利用した問い合わせに対しては無回答という例も珍しくありません。問い合わせに対する返答内容に不安な点が残るので、初回買取率の高さに納得しても、リピーターとして継続利用しようとは考えない人が多くなるわけです。

実際の買取スピードはEメールタイプで送付完了から1~2時間程度

amazonギフト券Eメールタイプ(再送可)の買取スピードは、ギフト買取KINGへamazonギフト券を送付完了してから1~2時間程度で現金振込が完了します。最も早く現金振込されるのは、Eメールタイプ(再送不可)という点に驚きますが、買取後の処理方法が異なるために発生する逆転現象です。再送可のamazonギフト券Eメールタイプは転売市場で売却待ちとなりますが、再送不可のamazonギフト券Eメールタイプはギフト買取KINGが自社利用するので時間は掛かりません。買取したamazonギフト券をギフト買取KINGが管理するamazonアカウントへ入力して使えるようにするだけで確認が取れるので、Eメールタイプ(再送不可)のみ対応が早いわけです。

カードタイプと印刷タイプは買取に数日掛かる

カードタイプと印刷タイプのamazonギフト券は、実際のギフト券そのものをギフト買取KINGへ送付しなければならないので、到着してからの買取となるため数日現金振込までに掛かります。それでもカードタイプや印刷タイプのamazonギフト券買取を行っている店舗そのものが少ないので、仕方ないと利用する人が少なくありません。カードタイプのamazonギフト券は、特殊詐欺により高齢者から騙し取られたタイプが多数存在しているので、郵送による買取という手順を採用することにより、その間にamazonギフト券そのものが無効化されている可能性があるわけです。ギフト買取KINGでは、カードタイプと印刷タイプの買取依頼に対して郵送という手段を使って買取時間を長くする方法により、不正取得されたamazonギフト券が持ち込まれないようにセキュリティー対策を行っていると考えられます。

古物営業許可番号の表記が無い

ギフト買取KINGへamazonギフト券買取依頼しようか判断する際には、無店舗型の古物商との取引には一定のリスクが伴うことを把握しておかなければなりません。具体的には、以下の3つのポイントについて正しい情報を掴んでおかないと、全て利用者の自己責任となります。

特定商取引に関する法律に基づく表記がしっかりしているか

特定商取引に関する法律に基づく表記は、通信販売を行う買取店は全て基準を満たす必要があります。なぜなら、売買を行う相手方についてトラブル発生時に連絡を取れる正確な情報が必要となるからです。屋号だけでなく代表者氏名をフルネームで記載している必要がありますが、ギフト買取KINGに関しては公式サイトの情報が不足しています。代表者氏名は苗字のみとなっていて、住所についても途中までしか記載されていません。住所情報だけを確認すると、10棟以上の建物が存在するエリアとなっていて、部屋番号まで含めれば既に正確な情報とは考えにくい状況です。

正規の古物商か

amazonギフト券買取依頼を受けるためには、業務として買取を行っているために古物商の届け出と認可が必要となります。古物営業法に基づき古物商の認可を受けると、古物営業許可番号が与えられて店舗型ならば古物プレートとして見える位置に掲示しなければなりません。無店舗型の場合には、公式サイトを屋号と共に最寄りの警察署へ届けることになっています。古物商との取引を行う際には、正規の古物商であることを確認して取引した場合に限り、通常の売買契約よりも利用者に手厚い保証が与えられます。

東京都公安委員会の古物商URL一覧に掲載されている優良事業者か

ギフト買取KINGは、細かい番地は非公開となっているものの、東京都渋谷区笹塚1-56という途中までの住所表記はあるので、東京都公安委員会の古物商URL一覧に掲載されていれば優良古物商と考えられます。URLと屋号で一致する古物商は無かったので、ギフト買取KINGへ問い合わせてしっかり確認した上でamazonギフト券買取依頼を行えば安心出来るはずです。

振込手数料は一律500円

ギフト買取KINGへamazonギフト券買取依頼を行うと、買取金額に対して1回の振込につき振込手数料が一律500円掛かります。モアタイムシステムに対応しているかどうか、ネット銀行口座を保有しているかどうかに関わらず、一律で500円の振込手数料としている点に明瞭さを重視していることが判断可能です。1回の取引に対しての振込手数料という形となるので、amazonギフト券買取額の多少により振込手数料が変わることはありません。常に同じ振込手数料だからこそ、amazonギフト券買取依頼額が大きいほど実質的な振込手数料負担割合を軽減することが可能です。考え方を変えれば、振込手数料が常に一定だからこそ1万円のamazonギフト券買取依頼であってもギフト買取KINGへ気兼ねなく依頼することが出来ます。

ギフト買取KINGはどのような利用者に支持されているのか

ギフト買取KINGは、初回のみ買取率が高いamazonギフト券買取業者として認識されています。では、ギフト買取KINGを利用している人にはどのような特徴があるのでしょうか。

初回限定で高買取率なら問題ないと考える単発利用者

amazonギフト券買取を依頼する利用者は、常に毎月amazonギフト券買取を依頼するとは限りません。amazonギフト券買取業者の数は日々増えていて、同時に廃業する買取業者も少なくない状況です。何度も繰り返しamazonギフト券買取依頼をする人ばかりとは限らないので、1回限りでamazonギフト券買取依頼を行うならば、初回限定で高額買取率を実現しているギフト買取KINGは魅力的な存在となります。期間を置いて再度amazonギフト券買取を依頼しようと考えた時には、買取相場が大きく変わっているので、その時に高買取率を提示しているamazonギフト券買取業者を探せば良いわけです。

Eメールタイプ以外のamazonギフト券買取を希望する人

amazonギフト券には複数の種類が存在していますが、大半の買取業者はEメールタイプのamazonギフト券しか買取対象としていません。カードタイプと印刷タイプのamazonギフト券買取を行っている買取店は貴重な存在となるので、ギフト買取KINGをEメールタイプ以外の買取依頼に利用しようと考えられます。振込手数料とEメールタイプの買取率を考慮して、まとめて複数タイプのamazonギフト券買取を依頼しようと考えている人ならば、買取対象となっているamazonギフト券が多いギフト買取KINGは利便性が高い存在です。amazonギフト券買取依頼を行う際に、カードタイプと印刷タイプの買取には数日掛かることが普通ですが、なるべく早く現金振込をして欲しいと考えているならば迷っている時間そのものが勿体ないことになります。そこで、常にカードタイプと印刷タイプのamazonギフト券買取を行っている貴重な古物商としてギフト買取KINGを認識しておけば、現金振込希望日を基準として何日前に買取依頼を出せば良いのか判断可能です。ギフト買取KINGを複数回利用している人ならば、ギフト買取KING側でも買取ペースと前回までの買取依頼履歴を確認出来るので、安全に取引出来る相手かどうかの判断をすぐにしてもらえます。初回取引よりもカードタイプと印刷タイプの現金振込が早くなるからこそ、Eメールタイプ以外のamazonギフト券買取希望者は、ギフト買取KINGを繰り返し利用するわけです。

金額に関係なく明確な買取率提示に好感を持てる人

ギフト買取KINGは、公式サイトに明確な買取率を表記しているので、手持ちのamazonギフト券がどのタイプなのか把握出来さえすれば、買取率を額面と掛け算して振込手数料500円を引けば買取額が計算出来ます。電話問い合わせをしなければ買取率が把握出来ないamazonギフト券買取業者とは異なり、売却したい日に公式サイトを確認するだけですぐに買取額を計算出来る点に好感を持てれば、リピーターになりやすいです。しかし、初回買取額と比較してしまうと残念な気分となりやすいので、ギフト買取KINGの表示価格を基準として他に買取率が高いamazonギフト券買取業者が無いか探す人が少なくありません。見つからなければ最後の砦としてギフト買取KINGへ明瞭表記の買取率にてamazonギフト券を買い取ってもらえば良いわけです。

ギフト買取KINGは多様なamazonギフト券を初回限定キャンペーンにより高率買取を行う専門店

ギフト買取KINGは、Eメールタイプ以外のamazonギフト券も常時買取している古物商として知られています。初回限定キャンペーンが強力であって、高い買取率を目当てに多数の買取依頼が行われている状況です。リピーターとなる利用者は、買取率そのものよりも常に分かりやすいシンプルな1万円単位の買取を行うことで、明朗買取価格の表記を行っている点を重視しています。電卓1つで買取額と現金振込額を確認出来るギフト買取KINGは、amazonギフト券買取依頼を考える際の基準店舗として有効活用出来ます。

関連記事