Pocket

世界的なクレジットカードとして名高いアメックス。
手厚いサービス内容に対して、相応の年会費、厳しい審査を経て発行されるクレジットカードなので、所持しているだけで社会的なステータスを示す事が出来ます。
事実、海外でアメックスのクレジットカード提示すると、ホテルの空き室を優先して宿泊出来るので、海外旅行時に持っていきたいクレジットカードとなっています。
しかし、アメックスのクレジットカードでの現金化に関しては、リスクが伴うことが指摘されており、あまりおすすめできる現金化手段とは言えません。
ただし、どうしてもアメックスのクレジットカードを現金化したいのであれば、幾つかのポイントを抑えれば現金化が可能となっています。
では、そのポイントとはどういったものなのでしょうか?

アメックスとはどんなクレジットカード?

アメックスでの現金化を説明する前に、アメックスとはどういったクレジットカードで、どういった種類があるのかを説明しておきます。
また、クレジットカードとしての信頼性が高いので、一定の収入があり審査を通過できそうであれば、申し込みすることをおすすめします。

アメックスはアメリカン・エクスプレス社のカード

緑色の券面に「センチュリオン」が描かれた世界的に有名なクレジットカード。
クレジットカードの代名詞と言えるほどの存在ですが、正式名称はアメリカン・エクスプレスと言って、発行元はアメリカ合衆国の企業で100年の歴史を持った老舗のクレジットカードとなっています。
年会費(アメックス・グリーン)はクレジットカードのでも高めの12,000円となっていますが、それ相応の上質なサービスを提供しており、国際的な認知度の高さもあって所持しているだけでも高いステータスを示すことが可能です。
特に、トラベラーズチェック(外国旅行者向けの小切手)も取り扱っている事もあり、海外旅行に特化したサービスがアメックスの最大のウリになっているので、海外旅行にぜひ持っていきたいものの一つとなっています。
例えば
・旅行傷害保険は最大で5,000万円
・カードの有無に関係なく配偶者や親族に対して1,000万円の補償
・アメックスで購入した商品の破損や盗難に対して年間500万円まで補償(ショッピング・プロテクション)
・ポイントプログラム(貯めたポイントの交換レートを上げる※1,000ポイント=ANA1,000マイルなど)

などのサービスが、アメックスグリーンで受けられます。
なお、券面の「センチュリオン」は、百人隊と呼ばれる指揮官のことですが、採用された理由は「大切なものを守る」意味が込められているそうです。

アメックスカードの種類について

アメックスのカードは、グリーンカードとゴールドカードに大別する事が出来ます。
無論、ゴールドカードは高所得者向けで、グリーカードは一般向けのクレジットカードになっています。
グリーンカードの年会費は12,000円となっており、高めの設定となっていますが、旅行に特化したサービスが充実しているので、旅行や出張で海外を頻繁に往復するのであれば所持するメリットがあると言えます。(逆に言えば海外にあまり行かないのであればメリットは薄い)
なお、ゴールドカードは基本的に高所得者向けですが、グリーンカードの利用実績(毎月数万円の利用など)の如何では特別入会案内が送付される事があるようです。
また、利用可能額の上限はゴールドカードの方が高くなっていますが、そもそもゴールドカードの審査に通過するだけの経済力があるのであれば、クレジットカードの現金化は必要無いのかもしれません。

アメックスカードの作成方法

ステータスの高いのがアメックスのクレジットカードなので、作成する際の審査は普通のサラリーマンには無理と考える人もいるかも知れません。
確かに、アメックスのゴールドカードの審査は難しいですが、グリーンカードであれば比較的簡単に審査を通過することが出来ます。
申し込み方法は、インターネット、郵送、電話、FAXの4つが用意されていますが、審査から発行まで最もスピーディー(最短1週間程度)に行えるのがインターネットとなっています。
また、気になる審査期間ですが、大抵の場合2~3日程度で終了しますが、人によっては10日以上審査期間が必要になっており、長くなるほど審査落ちする傾向があるようです。

申込みまでの流れ

①アメックス公式サイトから申し込み
②必要事項を入力(氏名、住所、電話番号、勤務先、年収など、Eメールアドレスは必須)
③必要に応じて運転免許証の番号、クレジットカード情報、資産状況を入力(いずれも任意だが、入力すると審査が早くなる)
④利用規約に同意すれば申し込み完了
⑤カード会社側での審査(在籍確認の電話がかかってくる場合アリ)
⑥審査結果がメールアドレスに通知
⑦早ければ1週間程度で本人限定受取郵便にてカード送付

アメックスカード作成時の必要書類

アメックスカード作成時の必要書類は、本人確認が行える公的証明書類となっています。
具遺体的に言えば
・運転免許証
・健康保険証
・マイナンバーカード
・住民業の写し、もしくは住民基本台帳カード

などですが、運転免許証があれば問題ないので、大きな手間は必要ありません。
なお、ネットでの申し込みの場合は、それら証明書をコピー送付、または画像をネットにアップデートして提出するようになっています。

アメックスカードでの現金化がおすすめできない理由

国際的な信頼性があり、ステータスの象徴ともなっているアメックスカードですが、こと現金化に関してはおすすめできないクレジットカードとなっています。
では、そのおすすめできない理由とはどの様なものなのかを解説していきたいと思います。

カード会社の監視の目が光っている

アメックスカードは、国際的なブランド力を有し、手厚いサービスを提供しているカード会社なので、監視の目が常に光っています。
審査のハードルが高いばかりが取り沙汰されるアメックスカードですが、利用実績も同様に厳しく監視され、昨今のテロ等にまつわる資金清浄の流れもあって更に厳しい監視体制が敷かれているのが現状です。
そのため、クレジットカードの利用規約に反する現金化等は当然厳しく取り締まられており、その他のクレジットカードで現金化が成功したとしても、アメックスカードでも同様に現金化出来ない事がママあるので、現金化業者も忌避するケースがアメックスカードの現金化の現状を物語っていると言えるでしょう。

アメックスカードは決済手数料が高額

アメックスカードは決済手数料が高額になっているので、その他のクレジットカード(JCB、VISA)よりも現金化に向いていません。
通常のショッピングの際は、決済手数料は販売側が負担するもので、アメックスカードユーザーは気にする必要が無いものですが、現金化の場合は利用者も負担が求められ、そのために換金率が低くなってしまうので、アメックスカードは現金化に向いていないのです。
因みに、JCB、VISAの決済手数料は3%ですが、アメックスカードは5%の決済手数料が必要になっています。

アメックスカードで現金化で抑えたい4つのポイント

アメックスカードは現金化に向かないクレジットカードとなっていますが、中にはそれでも現金化したい人もいると思います。
そういった場合は、以下に紹介する4つのポイントを抑えてアメックスカードを現金化するようにしましょう。

新規発行したアメックスカードは現金化に使用しない

アメックスカードでは、カードユーザーを監視するために、支払い実績に目を光らせています。
特に、新規発行されたアメックスカードの場合は、尚更その傾向が強くなるのです。
そのため、アメックスカードの利用規約に違反する現金化等に関しては、利用の仕方次第で不正利用を疑われ、カードの利用を一時的に停止される事があります。
いわんや、ショッピング枠限界まで現金化をするのであれば、一発でカード会社側にバレてしまうでしょう。
いずれにせよ、アメックスカードを新規発行した場合は現金化を絶対に避け、一定の支払い実績を積んでから程々に現金化(ショッピング枠内で)を行うようのが賢明です。

アメックスカード現金化で換金率の高い商品に手を出さない

クレジットカードでの現金化は、換金率の高い商品を購入するのが一般的な手法となっています。
しかし、アメックスカードで現金化する場合は、この手法で換金率の高い商品に手を出すと利用停止のリスクが高くなってしまうのです。
そのため、商品券や新幹線の回数券と言ったような物をアメックスカードで購入し、現金化するのは避けたほうが良く、その手法で複数回現金化した場合は、ほほほぼ利用停止になることを覚悟しておいた方が良いでしょう。
※カードの利用が完全に停止されると、購入した商品の一括支払いが求められます。

キャッシュバック方式の優良店でアメックスカードを現金化する

現金化業者の間では、忌避されがちなアメックスカードですが、それでも現金化に対応している業者も存在しています。
これは、アメックスカードユーザーが、顧客として信頼できると業者側で判断しているためであり、自社の常連とるような経営戦略の一環となっています。
また、そういった業者では、還元率を高めて同業者との差別化を図っていますが、単純に還元率だけで選ぶのは賢明ではないので、アメックスカードの現金化の実績がある老舗の現金化業者を選ぶようにしましょう。
加えて、現金化業者には商品買取式とキャッシュバック方式がありますが、アメックスカードで現金化を図りたい場合はキャッシュバック方式一択となっています。
何故ならば、キャッシュバック方式であれば監視の厳しいアメックスカードであっても、現金化したことがバレにくくなるためです。

キャッシュバック方式の現金化とは?

現金化の手法の一つで、業者がしている商品を購入すると、もれなく現金がついてくるという現金化手法です。
手数料や換金率の悪さなどのデメリットはありますが、即日現金化が可能で、監視の厳しいクレジットカードでも利用停止になるリスクが低い現金化手法となっています。

現金化の前に利用限度額を確認する

一般的なクレジットカードでは、ショッピング枠の上限が決められていますが、アメックスカードの場合はそうなっていません。
何故ならば、アメックスカードでは、利用条件がそれぞれの資産状況によって決定されているからです。
そのため、アメックスカードで現金化を行うと、人によっては本人が気づかない内に利用限度額を越える様な自体に陥ってしまいます。
この様な自体を防ぐためにも、アメックスカードで現金化を考える場合は、予めカード会社側に連絡を行い、自分のカードで目的の商品(現金化出来るか)を購入できるか確認(一般的に事前承認と言い怪しい行為ではない)しておくと良いでしょう。
当然ですが、その際に現金化することを悟られてはいけないので、利用目的が高額商品の購入であることをしっかりと伝える事を忘れてはいけません。

ポイントを抑えてアメックスカードの現金化を行おう

極力ならば、アメックスカードの現金化を避けたいとこですが、止む終えない場合は支払い実績をしっかりと積んだカードを使用し、キャッシュバック方式の優良店で現金化する事が欠かせません。
また、その際にはショッピング枠上限いっぱいまで現金化する様な真似はせず、程々の現金化に留めておくようにする事が賢明です。
アメックスカードで現金化する場合は、ポイントを抑えながら慎重に現金化するようにしましょう。