最近人気のauwalletを使って現金化したいけど、どうやればよいのかわからない。

クレジットカードの現金化とは何が違うのかを知りたい。

そういった方に、auwalletで現金化するときに必要な前知識や具体的な方法について解説します。

auwalletの特長とカード種類ごとの現金化

auwalletを現金化するためには、カードの種類と使用時の特長について押さえなければなりません。そこで、まずはauwalletがどのような仕様のカードであるかについて説明します。

auwalletとは?

近頃、コンビニやスーパーの決済で利用する人が増えているものの一つにauwalletがあります。カードの表面に「auwallet」と記載されているのが最大の特徴です。その名の通り、auが提供しているサービスで、大手携帯会社が手がけているプリペイド関連のサービスです。チャージ利用料金が月額料金と連携することで、厳禁が一時的に用意できなくても携帯の利用分の範囲でチャージしておけば使用することが可能です。

プリペイドカードの特徴

カード番号や有効期限が記載されていて、他のクレジットカードと同じように店舗先で出して使えるカードです。仕組みとしては、利用者がチャージをして、その金額分をカードで使えるようにします。使用したときポイントが付くので、それを後からチャージ分(100ポイント単位)として追加することも可能です。ただし、プリペイドカードはクレジットカードしか使えない相手やプリペイドカードがNG名ところでは使用できないというデメリットがあります。

auwalletにはプリペイドカードとクレジットカードがある

auwalletには、簡単に申し込めてすぐに使えるプリペイドカードと審査が必要でチャージ以外にクレジットとしての機能が付く専用プリペイドカードが存在します。

現金化に必要なプリペイドカードの決済

auwalletのプリペイドカードを現金化に使うには、クレジットカードタイプとは違ってひと手間入れることが必要です。それは、簡単決済のチャージ手続きで、後払い決済(月額料金に組み込まれる)をして、現金化のカードとして使うことです。

auには顧客専用のauwalletサイトがあり、そこでチャージや使用履歴の確認などを行うことができます。auIDを登録していれば、ログインするだけで、チャージをかんたん決済からすることが可能。

チャージ限度額がある

auwallet(プリペイドカード)には限度額が存在します。この場合の限度額と呼ばれるのは、チャージの金額のことです。現金をチャージするのとは違い、携帯のかんたん決済を利用してチャージする場合、携帯の利用金額や支払い情報の信憑性などから決定する金額でチャージ利用できる額が決まることことです。

あまり信頼できない契約相手だと、最低限の5,000円~10,000(1万)円程度しかチャージを使えないケースも。かんたん決済は、1万円~10万円までが設定されます。その内の半分はチャージ金額として使うことが出来ます。例えば、10,000(1万)円がかんたん決済の限度であれば、5,000円がチャージ分といった具合です。

現金の場合の限度額

現金であればauwalletのチャージできる金額範囲は広く、1,000円~500,000(50万)円までチャージ可能。一番低い1,000円は現金でチャージする場合の最低金額です。例えば、チャージ指定がローソンのコンビニであるauwalletは、レジで申し出て金額を指定してそれを払えばチャージができます。その時、1,000円以上であれば1100円でも1900円でもチャージを行えます。

また、auwalletサイトでチャージする場合は以下の方法で可能です。

● かんたん決済
● じぶん銀行
● auwalletチャージカード
● クレジットカード
● ポイント
など

そして、かんたん決済などを使用した場合は1,000円単位でのチャージになります。反対に、ポイントチャージの場合は、先述したように100円単位でのチャージも可能です。

現金化の種類

現金化にはクレジットカードをそのまま現金かするのと電子マネーを購入して現金化するの二種類があります。クレジットカードは、業者の指定の商品を買って、入る分の金額から一定の割合を厳禁として振り込んでもらう方法です。電子マネーは、チャージ前のギフト券を購入してそれを取引できる業者に持ち込んで現金を振り込んでもらう方法です。

プリペイドカードを現金化する

プリペイドカードで現金化するには、クレジットカード対象(プリペイドカード不可)の業者は使えないので、電子マネーに一度換えます。基本はアマゾン券ですが、業者を見て出来るだけ還元率の高いものを選びましょう。低いほど損額が大きくなるからです。

例えば、1万円分のチャージをして、8割が換金される業者に依頼したとしましょう。すると、原価10割から8割を引いた2割が現金化の損失です。もしそこに手数料が加わればその分を含めた2割+αが現金化で起きる損失ということになります。

auwalletクレジットカードとは?

auwalletにはプリペイドカードとしてしか使えないものに対して、auwalletクレジットカードは基本的にクレジットカード仕様で使えます。ポイントのチャージはもちろんですが、クレジットとして買い物や代金支払いが出来るという点で、クレジットカードとなんら違いはありません。

auwalletクレジットカードは2種類ある

1.auwalletクレジットカード
年会費がかからないタイプのクレジットカードです。家族カードを作る場合は年会費が発生します。

2.auwalletゴールドカード
年会費が10,000円かかるカードです。同じauwalletクレジットカードのシルバーカード(一般カード)とは違い、特典や補償額の上限が違います。ショッピングであれば100万まで保証が300万円までの保証特典があるなどです。特に海外旅行での補償が充実していて、最高50,000,000(5千万)円です。

auwalletクレジットカードで現金化
auwalletクレジットカードはプリペイドカードでクレジットカードとして使える訳ではなく、クレジット機能が本当にあるため、クレジットカード現金化や電子マネーの現金化の両方で使えます。

auwalletを現金化する手順と方法
現金化するためにはそれぞれ手順と方法について説明します。

最初の登録手順(前準備編)

・auwalletカードのケース
手順1:auIDを登録してauwalletを申し込む
auwalletは、au携帯や光回線を契約しているだけでは、使えません。実際に、カードを申し込んで送付してもらう必要があります。その時に審査不要のプリペイドカードか審査のあるクレジットカードに分かれます。プリペイドカードなら短期間で送付され使えます。早ければ10日、遅いと1か月ほどですが、2週間ほどを目安に考えると良いでしょう。クレジットカードはそこに審査期間(1~2週間)を加えた時間です。

手順2:auwalletのサイトにログイン
申し込みの段階で登録をしていない方は、新規登録でauIDとログイン情報を登録します。

手順3:auwalletカードにチャージを行う
サイドバーの「チャージ(入金)」、もしくは「auかんたん決済でチャージ」を選択します。「チャージ(入金)」の場合、チャージ方法(auかんたん決済)を選択してから金額指定を行います。「auかんたん決済でチャージ」の場合は、そのまま金額指定のページに移動するので、金額を指定してチャージします。

現金化の手順(換金編)

・auwalletカードのケース

手順4:チャージしたauwalletカードでギフト券を購入します。
電子マネーのギフト券などをauwalletカード(プリペイドカード)でクレジット決済をして、購入します。現金化できる未使用で電子メールタイプのギフト券、特にアマゾン券などを購入することです。

手順5:購入したギフト券を買い取り業者に売る
ギフト券は、サイトに登録したりカードにチャージしないように気をつけて、業者に買取を依頼します。

手順6:振り込まれるまで待つ
業者からの振込みは早いと当日、遅くても2~3日で振込みが最近は増えています。ネットバンキング支払いできる口座を持っていれば数分以内の振込みが可能なところもあるくらいです。

auwalletクレジットカードのケース

auwalletクレジットカードは申し込んで手続きした時点で、クレジットカードとして使用することが出来ます。サイトにログインしてチャージする手間は必要なく、カードの支払い機能を使って、商品の購入と現金化がクレジットカード同様にできます。申し込んでから届くまでは、およそauwalletカードと同じだが、現金化の手順が違います。

手順4:利用開始で限度額を確認
まずは、利用するショッピング枠の限度額を確認します。auwalletカードとは違い、チャージ分をその範囲内で使うのではなく、クレジットカードの規定限度を基準に使用額が決まっています。いくら現金化できるのか、希望の額を補っているかを確かめましょう。

手順5:クレジットカード現金化業者orギフト券買い取り業者に依頼するか決める
auwalletクレジットカードのショッピング枠を使って現金化の具体的な手順を見ましょう。

まずは、どの業者に現金化を依頼するのかを決めます。このとき、直接カードを業者に対して使うのか、ギフト券などで間接的に現金化をするのかを決めしょう。

手順6:振り込まれるまで待つ
申し込んで現金化されるまでの流れは、業者ごとに異なりますが、ネット上の業者はおおむね銀行振り込みが終着点です。

まとめ

auwalletの現金化について、特徴や方法・手順について説明しました。プリペイドカードとクレジットカードでは、使える範囲やチャージ・限度枠の仕組みなどに違いがあること。これらを踏まえて、auwalletを上手に現金化しましょう。