日常生活を送っているとクレジットカードを紛失してしまう機会は、誰にでも起こり得ることとして考えておく必要があります。一般的に財布にクレジットカードを複数枚入れて社会生活を送っている人にとって、財布を落としたり無くしたりした経験がある人も少なくないはずです。その場ですぐに拾えれば問題有りませんが、中にはいつ紛失したのか分からないといった事態になる人もいます。クレジットカードの紛失をした場合には、どのような対応をすれば良いのか事前に知っておけば慌てふためき失敗することはありません。

目次

クレジットカードの紛失は気づいた時にすぐ対処

クレジットカードの紛失は、気づいた時にすぐ対処することが何より大切です。なぜなら、紛失の原因が単に自宅内でクレジットカードがどこに行ったかの分からない状態だけでなく、外で落とした・盗難被害に遭っていたという可能性があるからです。心当たりを2回探しても無ければ、速やかにクレジットカード会社へ紛失届けを出さなければなりません。

クレジットカードを無くしたらどこで落としたのか思い出す

クレジットカードを無くしたら、どこで落としたのか・紛失したのかという点を落ち着いてじっくり思い出すことが大切です。クレジットカードを財布に入れていた状態でクレジットカードのみ紛失しているならば、最後に使った時期を思い出して店舗へ連絡して確認する必要があります。一方、財布ごと落としたと考えられるならば、財布の紛失として警察署へ遺失物届けを出して問い合わせてみると、案外届けられていることが多いです。問題となるのは、財布は手元にあってもクレジットカードが1枚だけ紛失している状態の時だと考えられます。なぜなら、1枚だけクレジットカードを無くした状態は、単なる紛失ではなくクレジットカードを勝手に持ち出された盗難事件となる可能性が高いからです。財布から1枚だけクレジットカードが抜き取られている場合には、まず家族に連絡してクレジットカードを持ち出していないか確認し、すぐにクレジットカード会社へ緊急停止措置を依頼します。

まずはクレジットカード会社へ連絡して紛失の事実を告げてクレジットカード停止

クレジットカード会社へ紛失の連絡を行う場合には、大抵のクレジットカード会社は専用ダイヤルを用意しています。24時間365日体制で紛失盗難専用のコールセンターが用意されているので、自宅外で紛失した可能性がある場合ほど即座に連絡することが大切です。クレジットカード会社へ紛失の連絡を行うと、本人確認の上で該当するクレジットカードを緊急停止してくれるので、クレジットカード会社へ紛失の連絡を行った後に不正利用された利用料金については盗難紛失補償制度の対象となります。しかし、全ての紛失に伴う不正利用が補償対象となるわけではなく、クレジットカードの裏面に自筆署名がしっかりされていて暗証番号の漏洩が無い場合に限られる点に注意が必要です。クレジットカード会社へ紛失の連絡を行うと、落としたり無くしたクレジットカードはその場で無効となり、再発行を希望するかどうかの意思確認が入ります。

じっくり探しても見つからなければ紛失原因に盗難の可能性も加える

じっくり探しても見つからない場合には、クレジットカードを紛失した原因として落としたという単純なものではなく、盗難被害に遭っている可能性を考慮に入れなければなりません。紛失と盗難では不正使用されるリスクに大きな差が生まれるので、クレジットカードを紛失したと分かった時には冷静な分析が求められます。

クレジットカードの紛失は時間との勝負

クレジットカードの紛失は、紛失理由次第では一刻も早くクレジットカード自体を使用不可能としなければなりません。本人がクレジットカード会社の盗難紛失専用受付ダイヤルへ電話1本行うだけで、その場でクレジットカード使用を禁止出来ることから、少なくともスマートフォンに手持ちのクレジットカードの盗難紛失時の緊急連絡先を登録しておくことが望ましいです。

クレジットカードの紛失を申し出たら再発行となる

クレジットカードの紛失をクレジットカード会社へ申し出ると、発行済みのクレジットカードを緊急で利用停止措置を取り、再発行の意思確認が行われます。クレジットカードを紛失して再発行する際には、必ずクレジットカード番号が変更となるので、公共料金といった毎月の支払いにクレジットカードを使用している場合には支払い用のクレジットカード番号変更を行わなければなりません。クレジットカードの紛失を届け出る際には、主に3つの説明が行われます。

紛失したクレジットカードが見つかっても2度と同じカードは使用出来ないこと

紛失の申し出を行ったクレジットカードは、不正利用を防止するために即座に緊急で無効化されます。1度無効化されたクレジットカードは、2度と有効化されないことになっていて、後日無くしたと思っていたクレジットカードが見つかっても使用できません。万が一使用するとその場でクレジットカード会社から電話連絡が入り、事情を聞かれてしまうだけでなくクレジットカード再発行審査に響く点が要注意です。

不正利用があった分については盗難紛失補償制度の届け出を自ら行えば救済される可能性があること

クレジットカードを紛失している期間中に不正利用が発生した場合には、本人が盗難紛失補償制度に則った届け出を補償対象期間内に行った場合のみ救済される可能性があることを説明されます。盗難紛失補償はどのような理由でも不正利用された金額を支払わなくて良いわけではありません。やむを得ない理由でしっかりクレジットカードを管理していたにも関わらず、紛失したクレジットカードが不正利用された時に本人に過失が無いことを条件として保険適用を受けられます。

クレジットカードを再発行する意思の確認

クレジットカードの紛失を行った本人にとって、同じクレジットカードを再発行する意思があるのか、紛失連絡を行う際には確認されます。なぜなら、クレジットカードの再発行は無条件で行われるわけではなく、再発行審査に通過した場合に限り再発行されたクレジットカードが届くからです。クレジットカード新規申し込み時に行われる申し込み意思確認と同様に、クレジットカード再発行時にも意思の確認をしっかり行います。もし意思確認されないクレジットカード会社があれば、紛失を機会にカード再発行せず退会も視野に入れる必要があります。

クレジットカードの再発行は手数料が発生するかしっかり確認しよう

クレジットカードの再発行は、最新のセキュリティ対策を施した新しいクレジットカードを発行することになるので、発行費用がその都度本来ならば掛かります。しかし、クレジットカードの再発行については、クレジットカード会社により考え方が異なり、実際には無料再発行を行うクレジットカード会社だけでなく一部有料としている所が少なくありません。再発行が有料であっても本来掛かる再発行経費全額ではなく、数百円~1,000円を少し超える程度の金額なために、事実上一部負担という形で再発行を拒まれないようにしているわけです。

クレジットカード再発行を完全に無料としているクレジットカード

クレジットカード再発行について、盗難被害に遭っていなくても紛失やうっかり破損した場合も含めて、全て無料再発行に応じているクレジットカード会社が少なくありません。本来ならば、2,000円前後の経費をかけて再発行するクレジットカードについて、実費負担としても良いはずですが退会されてしまうことを避ける狙いがあります。なぜなら、新規顧客開拓に必要な費用が10,000円を超えている状況下では、2,000円前後の経費をケチって退会されてしまっては収益面で影響が出てしまうからです。理由に関係なくクレジットカード再発行を完全無料としているのは、次のような流通系クレジットカードに多いです。

  • イオンカード
  • エポスカード
  • 楽天カード

クレジットカード再発行を一部有料としているクレジットカード

クレジットカード再発行に関して、破損や汚損に関しては無料としていても、盗難・紛失の場合には有料としているものとして、次のようなクレジットカードがあります。

  • ・みずほマイレージクラブカードは本来1,000円掛かる再発行手数料を破損や汚損といった条件下では無料
  • ・三菱東京UFJ-VISAカードは付帯しているサービスごとに異なるものの破損や汚損時は無料、盗難紛失時には1,000円~1,500円の再発行料が必要
    一方、クレジットカード再発行を理由の如何に関わらず全て有料としているクレジットカードには、以下のようなタイプがあります。
  • ・ファミマTカードは750円の再発行手数料が必要
  • ・セゾンカードは972円の再発行手数料が必要

消費税率変更やクレジットカードを取り巻く状況により、毎年利用規約が変更されているので、クレジットカード再発行基準と再発行価格は変動しています。手持ちのクレジットカードをもし紛失により再発行する場合には、再発行手数料がいくら掛かるのか事前に知っておくと安心できるはずです。

一度申し出た紛失の申告はクレジットカードが見つかっても同じカードは使えない

クレジットカードの再発行時に注意しなければならないこととして、無くしたり落とした紛失だからといって後から見つかっても一度申し出た紛失の申告により停止されたクレジットカードは、2度と使えない点を忘れてはなりません。クレジットカードの緊急停止という形の手続きであっても、不正利用を完全に防止するためにはクローンカードが作られていることを前提に動かなければならないので、一度無効化されたクレジットカードを再利用するリスクはクレジットカード会社として犯せません。このため、再発行を選択を選択しない限りは自動的にクレジットカードは解約となります。また、再発行されたクレジットカードが届くまでの期間は1週間~3週間程度かかるので、その間は不便に感じることも多いはずです。一度クレジットカードを紛失した経験を活かして、2度と紛失しないようにクレジットカードの管理方法を改める必要があります。

クレジットカードを無くしたら不正利用時の補償について調べておく

クレジットカードを無くしたら、拾われたクレジットカードが不正利用された時の責任と支払いについて考えておく必要があります。クレジットカードは財布に入れて持ち歩く人が多いものの、中には届いたクレジットカードのみ抜き取って利用規約改正部分を封書のまま仕舞い込んでしまう人がいます。クレジットカードはあくまでも会員制サービスとなっているので、毎年のように利用規約が改正されていて、新規追加サービスだけでなく廃止されたサービス内容についても通知が届く仕組みです。紛失してしまったクレジットカードを不正利用された時の補償についても改正点が記載されているので、クレジットカードが不正利用された時の補償内容を事前確認しておくことは、クレジットカードを使い続ける上で必須となります。

クレジットカードには紛失時の不正利用に対して紛失補償制度がある

クレジットカードには、紛失時に速やかなクレジットカード会社への届け出を行うことにより、不正利用に対する紛失補償制度が盗難補償とセットで各社用意されています。細かい紛失補償制度の内容は常に変化しているので、最新の利用規約を確認する必要がありますが、少なくとも紛失に気づいた時点でクレジットカード会社へ届け出るよう義務付けられている状況です。紛失の届け出のためにクレジットカード会社は24時間365日体制で盗難紛失専用のコールセンターを用意しており、速やかなクレジットカード無効化処理により不正利用を防ぐ取り組みを行っています。しかし、紛失に気が付かずに放置していた利用者まで保護することは、クレジットカード会社の負担が大きくなりすぎることから、目安として紛失の届け出日より60日以内の不正利用分については紛失補償制度の適用対象となることが多いです。このため、紛失に気づきにくいクレジットカードを自宅に置いたままとなっている状況では、実際に莫大な請求が届かなければクレジットカードの不正利用に気づけ無い可能性すらあります。クレジットカードの紛失補償制度は、クレジットカード会社が定める利用規約通りの使い方をしているにも関わらず、紛失してしまった場合に補償する制度に過ぎません。

紛失補償を使うためには警察への紛失届を出した証明が必要

実際に紛失補償制度を使うためには、クレジットカードを無効化して再発行依頼するだけではなく、警察への紛失届を提出して受理証明書をクレジットカード会社へ提出しなければなりません。保険会社に対して本人が保険金請求書面を記入して提出する場合と同様に、紛失補償制度を利用する場合には本人からの申し出が無ければたとえ不正利用があったとしても請求はそのまま残ってしまいます。

紛失補償を利用するためにクレジットカード会社からチェックされるポイントとは

クレジットカードを無くして紛失補償の申請を行うと、クレジットカード会社が審査の上で紛失補償制度の保護対象と認められた場合に限り不正利用された分の支払いが免除されます。実際に紛失補償制度の申請を行っても補償が受けられなかったという事例は多いですが、普段の使い方と申請が遅い場合に対象外となりやすいです。クレジットカード会社は、利用規約に基づき次のような点を判断しています。

  • 1.紛失補償制度の申請が紛失連絡をクレジットカード会社に行った日より60日以前までの期間についてであること
  • 2.カード裏面に本人の直筆署名があること
  • 3.暗証番号が使われた不正利用金額ではないこと
  • 4.本人に重大な過失が無いこと
  • 5.家族や同居人が持ち出して利用した分ではないこと

上記の内容を審査した上で、やむを得ない理由だと判断された時のみクレジットカードの紛失補償制度により請求額が免除されることになっています。このため、毎月利用明細票を確認せずに、自宅にクレジットカードを保管していて管理状態が不十分だった場合には、支払い義務はそのまま残ります。

紛失補償は早期に申請しなければ補償対象外となりやすい

クレジットカード会社が定める紛失補償制度は、不正利用された日付が古いほど補償対象外となります。クレジットカード紛失の連絡を行った日よりも60日前迄に発生していた不正利用分のみを補償対象としているクレジットカード会社がある一方で、不正利用分については紛失補償制度の利用申請を行った日から60日までしか遡れない場合もあります。一方、過去6ヶ月以内の不正利用について紛失補償制度の対象とするクレジットカード会社もあるので、利用規約に記載されている紛失補償制度の内容次第でクレジットカード会社間に大きな違いがあるわけです。クレジットカード選びを行う際には、不正利用対策がしっかりされていて紛失盗難補償が充実したクレジットカードを選ぶと安心できます。

クレジットカードの紛失時に備えて速やかに届け出て再発行と補償申請を行う流れを調べておきたい

クレジットカードの紛失は、気づいた日が落としたり無くした日とは限りません。盗難被害に遭っている可能性もあるので、心当たりを探したら速やかにクレジットカードの緊急相談ダイヤルへ連絡してクレジットカードの無効化と再発行処理を依頼する必要があります。クレジットカードの紛失補償制度は、補償対象期間が短く利用明細票をこまめにチェックしている人向けとなっているので、誰もが必ず補償を受けられるものでは無いと知った上でクレジットカードのセキュリティ対策を行うことが大切です。