クレジットカード現金化というワードが最近結構使われることがありますが、クレジットカード現金化において、fx業者を利用する方法があるのをご存じでしょうか。

まずは、今回そのあたりのお話しからスタートして、fx投資に対しての全般的現金化についても解説しましょう。

fxのクレジットカード現金化

fxのクレジットカード現金化というものの、一体何していいのか皆目見当がつかないという方々が多いでしょう。

お金がすぐに必要という方々は、このような方法もテクニックとして知っておいた方がいいかもしれません。

fx投資と向き合うには、証券会社などで専用の口座を開設をしなければならないですよね。口座の中で、fx投資の資金管理をしていくことになります。

投資がうまく行けばfx専用口座に入金がされます。貯まれば口座からも引き出しをすることができます。

fx会社の中では、クレジットカードショッピング枠の中から、fxの口座へ入金することができる場合があります。つまりクレジットカード現金化は、ショッピング枠を使用して入金をして、出金することができれば成功することができます。

手数料の問題

しかし、クレジットカード現金化で、fx口座に対してかかる手数料についても考える必要があるでしょう。

実際に、fx口座には、

・口座開設費用
・口座維持手数料
・取引手数料
・システム手数料
・入出金手数料

と言った手数料がかかってしまうことがあります。

ただし、どのfx会社もこれだけ手数料がかかってしまうということではありませんので、fx会社の選択のポイントは、手数料で決めるというのも方法です。

オンライン決済で、入出金手数料が無料というケースもあります。

どのようなfx会社でも利用することができるのか

実際にどのfx会社でもクレジットカード現金化が可能ということではなく、国内のfx会社を利用している人たちはクレジットカード現金化はすることができません。

海外にもいろいろfx会社がありますが、そちらでは、そのようなことも実現することができます。

海外fx会社で、まず口座開設を済ませてください。海外ということでいささか抵抗あるという人たちもいるかもしれませんが、別にそれ程難しいという訳ではありません。

海外fx会社では、口座開設において、身分証明書と、住所証明書の提出が要求されることになります。それは、む6ヶ月以内の公共料金の請求書で問題ありません。

Web上で、申し込みは完結させることができます。

資金を増やすことができるメリット

海外fx会社を利用して、クレジットカードショッピング枠を使って現金化することができます。実際にそれで話しは終わりですが、fxを実際にして、利益によって資金を増やすことができますよね。
ただ、逆の場合もありますが。

fxは、スタートするのに運用資金がかかってしまうものと思っている人たちもいますが、海外fx会社の中には、1万円でも投資をスタートすることができるところがあります。

さらに、現金化で、海外fx会社を利用する大きなメリットは、レバレッジです。国内fxをしている人たちは、レバレッジは25倍という当たり前の認識をしているのではないでしょうか。しかし、海外fxに目を向ければ、海外では、1000倍ものレバレッジを使用することができるfx会社もあります。

なんでこのような違いが出てきてしまっているのかといえば、国内fxの場合、金融庁が、投資リスク回避のために規制してしまっているからです。1000倍ものレバレッジを使用することができる海外fx会社の方が本来のfxの正しいあり方なのかもしれません。なぜなら、fxとは、テコの原理を使用して投資をすることだからです。テコの原理とはレバレッジのことです。

25倍のレバレッジと、1000倍のレバレッジでは、全く違うfx体験をすることができ、大きく稼ぐことができるでしょう。

クレジットカード現金化の注意しなければならないこと

一見、何事もスムーズにいく感じがありますが、fx現金化において注意をしなければならないことがあります。

銀行の口座なら、元本保証ということが当たり前にされているかもしれませんが、fx口座にはそれがありません。fx投資を全然しないで入金出金を繰り返す人たちは、会社から目をつけられて口座が凍結してしまうリスクもなきにしもあらずです。

そして、価格変動による大きな損失リスクも背負ってしまうことでしょう。

fxのクレジットカード現金化は、ほとんどfx投資と向き合うことです。それなりfxのノウハウも必要になって来ます。そもそも、クレジットカード現金化目的で、fxが存在している訳ではありませんので、ほどほどという意識も必要でしょう。

現金化で注意しなければならないこと

海外fx会社を利用する上で、出金が面倒くさいと感じている人たちも多いことでしょう。やっぱり、国内と比較して不安を抱えている人たちは多いようですね。

出金が不安というのも非常に理解はすることができます。でも、海外fxの出金がそんなに難しいメカニズムではないというのも事実です。あなたがもうちょっとだけグローバルな意識を持てば、なんでもないと思えるのではないでしょうか。

国内fx会社と出金方法の違い

海外fxと国内fxでは、出金の方法にも違いがあります。海外から国内に対して、資金を移動という場合、マネーロンダリング(資金洗浄)の問題なども意識しなければならないでしょう。

マネーロンダリング(資金洗浄)とは、犯罪行為で得たお金を、別のお金にすり替えして、正当な取引で得たお金であるかのように見せかける手段のことを言います。

海外fx会社では、それぞれマネーロンダリング(資金洗浄)に対して、非常に警戒心を持っているようです。マネーロンダリング防止のため原則として、入金に使った手段を用いて出金をしなければならないというルールが存在しています。

fxでは、利益が発生することがあります。入金した以上の現金化ということもありますが、そのようなとき、出金優先手というルールが存在します。

【出金優先手順】は、クレジットカード・デビットカードによる出金 仮想通貨ビットコイン出金(Bitcoin) 電子ウォレット/銀行送金ということになります。

入金以上の出金という場合、 優先順で処理されることになります。

クレジットカードとビットコインでは、入金額以上の出金はできませんが、bitwalletと国際銀行送金では、入金額以上の額を出金することができます。

ボーナスで注意しなければならないこと

海外fxのさらに大きな魅力は、ボーナスなどゲットでき、有効的に使用できる点です。ボーナスをもらうことができ、ボーナスだけで自分の軍資金なしで、fx投資することができる錯覚もしてしまうそうですが。

実際にこのボーナスは、fx取引のみに使用できるクレジット(ボーナス)です。ボーナス、プラスして入金額が、「効証拠金」として取引には使用することができます。しかし、ボーナスは取引に対して使用することができるクレジットなので、有効証拠金全額を出金をすることができません。

儲けを出した人たちは、利益に対して出金をすることができます。そのとき、注意をしなければボーナスが消失してしまうfx会社もあります。

fx現金化で注意しなければならない税金

fx投資をしている人たちの中には、税金に対して全く無関心という人たちもいるかもしれません。そのようなモチベーションは、NGです。

fx現金化で、私達は税金ともしっかり向き合う必要があります。実際に国内fxを利用している人も同じですが、違う点も多くあります。

私達は、確定申告とも向き合う必要があります。確定申告が必要なのは、年間所得が20万円(会社員)に対して、専業トレーダーの方々は38万円あたりです。

利益がそれ以上出て現金化という場合には、確定申告も必要になって来ます。

ただし、ここでは税金対象は、経費などを差し引いたものに対してなので、セミナー代などがかかったという人たちは、差し引いて20万円(38万円)以下にすることができれば、確定申告はしなくていいことになります。

海外fxトレードの利益は税金対象です。税金がどのタイミングで発生するのかといえば、建玉(ポジション)を決済する時であり、利益が発生した時です。

期間は毎年1月1日~12月31日の間です。翌年3月15日まで確定申告し、所得税を支払いしなければなりません。

ちょっと細かい点に触れれば、2017年に100万円の利益が出れば、2018年1月に口座送金・現金化したという場合でも、2017年度の所得という見なし方をします。ですから、そのような場合、2018年3月中旬頃までに確定申告が必要むということになります。

もしもそれがなされていない場合には、追徴課税が発生してしまうかもしれませんので、呉々も注意してください。

fx現金化の税金対策

海外fxにおいて、ポジションを決済した段階で税金は発生することになります。ですから、みなさんは、決済のタイミングに対しても注意を払う必要があります。逆に言えば、税金は、決済をしなければ、かかることはありません。

このようなことをあらかじめ知っていれば、この年、税金の額を減らしたり、次回に回すことも容易におこなうことができますよね。

fx現金化 税金と向き合う必要がある

fx現金化において、結構税金とは無関係……という意識を持っている人たちって多いようですね。確定申告なんてしないでも大丈夫という認識を持っている人たちもいるかもしれません。

海外で、儲けを出し、日本国の税務署は、そこまで目が行き届かないと思っている人たちもいるでしょう。

しかし、税金の支払いは、私達国民の義務です。ついつい確定申告することを忘れてしまった……という人たちもいるかもしれませんが、利益が出た場合は必ず申告をしなければならないという認識は絶対に私達が持たねばならないことです。

税務署には絶対バレないと思っている人たちもいるでしょう。実際にバレないケースもあるかもしれませんが、そうでない場合もあります。

実際に税務署では、このような人たちがいることを想定して、いろいろな手段を使用して、対象を把握しています。いまは大丈夫だとしても、ある日突然、税務署から連絡が入ることもあるでしょう。些細な儲けだから見逃してもらうことができるかもという甘い考えを持っている人たちもいるかもしれませんが、そうならないケースも多くあります。

みなさんが想像している以上、税金の世界はシビアで厳格と思っていた方がいいかもしれないですよね。

fx現金化、悪質だと思われれば、何百万・何千万円もの加算税が課せられる可能性だってあります。

まとめ

いかがでしょうか。今回、fx現金化についてお話ししました。fxに対して税金はつきものです。

投資で儲けが出れば、しっかり税金とも向き合い、フェアな投資を目指していきましょう。