Pocket

クレジットカードが欲しいと思った時に、既に会社を退職していて在籍確認が取れない場合には、無職という状態となってしまいクレジットカードを新規作成出来ないことが多いです。しかし、日本国内には無職であってもクレジットカードを持っている人がいるのはなぜでしょうか。実は、クレジットカード会社が見ているのは無職かどうかではなく、返済能力が安定してあるかどうかという点です。

クレジットカードは返済能力がある無職なら作れる

クレジットカードの申し込み書類を記載したことがある人なら分かるように、職業欄は各クレジットカード会社により分類が微妙に異なります。公務員・正社員・契約社員・アルバイト・自営業・自由業・無職といった様々な分類が設定されているものの、派遣社員はどこに入るのか分からないといった疑問が思い浮かぶはずです。同様に無職についても専業主婦と学生は専門の区分が設けられていることが多いので、必ずしも無職だからという理由だけで一律にクレジットカード審査を否決するわけではありません。では、クレジットカード会社は無職という部分をどれくらい重視して審査を行っているのでしょうか。

クレジットカード会社は返済能力を審査している

クレジットカードの審査内容は一切非公開とされていますが、安定した返済能力の有無を確認することによりクレジットカード発行を決めています。ポイントとなるのは、クレジットカードはショッピング利用時にカード会社が立て替えた金額を後日口座引き落とし日により返済してもらうという立て替えと回収の流れを繰り返す点です。安定した返済能力の見込みがあると判定されれば、クレジットカード会員となる資格をカード会社独自判断により与えても良いわけです。
・過去の返済実績が良好であること
・無職であっても安定収入を得られていること
・住所が決まっていること
・電話連絡がすぐにつくこと
・嘘偽り無く正直に現状を申告していること
・生計を同一にする同居家族に安定収入を持つ人がいること
上記の中で複数の項目に該当するならば、無職であっても返済能力に見込みありという判断が行われます。しかし、どのような収入と金額ならば安定した収入と認められるかどうかは、各クレジットカード会社と申し込みするクレジットカードブランドのステータスにより違いがあります。無職の状態でクレジットカードを作るならば、ステータス性よりも審査への通過しやすさという柔軟性で申込先を決めると無駄がありません。

安定収入がある無職ならクレジットカード審査に通過できる

無職の人は必ず無収入というわけではなく、安定収入があると認められるならば無職であってもクレジットカード審査に通過することは可能です。なぜなら、カードローンとは異なりクレジットカードの中でも一括払い専門クレジットカードほど、マンスリークリアと呼ばれる1ヶ月単位で返済が完了する短期立て替え払いにより残債の持ち越しが無いからです。割賦販売法や貸金業法による総量規制の影響を避けるためにも、分割払いやキャッシング機能が無いクレジットカードほど無職の人に適したクレジットカードとなります。

安定収入がある無職とは

決まった職業を持たないことを無職と定義するならば、ニートは確かに生産性ある行為を何もしていないので安定収入があるとは言えません。しかし、以下のような場合には特定の職業を持っていなくても、クレジットカード会社からは安定収入有りとして認められる可能性があります。
・年金受給者
・不動産賃貸収入や借地収入がある
・投資家
・会社員の配偶者となっている専業主婦
年金生活者は2ヶ月に1回入る年金は、無職であっても本人が生きている限り確実に入る安定収入とみなされます。不動産賃貸収入は入居率により変わるものの、ある程度安定した収入とクレジットカード会社は考えて審査対象としてくれるわけです。専業主婦ならば本人が働かなくても生活出来ている状況から、配偶者の年収を基にした審査を行えます。問題となるのは投資家であって、金融派生商品のみを扱っている場合には預貯金額を開示するか、個人事業主としての確定申告を数年分済ませていないと厳しい傾向です。クレジットカード審査では、今ある預貯金額よりもこれから毎月安定した収入が入ってくるかどうかを重視します。

無収入な無職はクレジットカード審査に通らない

無職かつ無収入な状態の無職として、主に宝くじ高額当選者が無職の状態にある場合や、元々富裕層で働かなくても生活出来る人が該当します。無収入な状態の無職では、クレジットカード審査に通らないことは明らかですが、現在の生活基盤を証明出来る場合に限り例外的にクレジットカード審査を通してもらえるクレジットカード会社があります。クレジットカード会社は、独自の方針に基づきクレジットカード会員を募集することが出来るので、一括払い専用でキャッシング枠ゼロという状況ならば審査に通してもらえる可能性が残されているわけです。

クレジットカード会社は無職の審査で何をチェックしているのか知ろう

クレジットカードの申し込み書類には、無職という職業記入欄が存在することから分かるように、審査次第ではクレジットカード作成出来る場合があります。では、無職の審査では何をチェックしているのでしょうか。

扶養してくれる親族がいれば学生や専業主婦でも審査に通る

職業記入欄を無職とした場合、クレジットカード会社としては本人の年収欄と扶養親族の有無を審査基準として加えます。アルバイトをしていない大学生が、なぜクレジットカードを本人名義で持てるのか疑問に思う人がいるように、クレジットカード会社としては最終的に支払ってくれる生計を同一にした扶養してくれる親族がいれば良いわけです。クレジットカードの審査対象は、無職である本人ではなく実際に支払いを行うと考えられる親族になることから、親族の与信状況を確認した上で審査に通すことが出来ます。このため、クレジットカード申し込み時に無職である本人に対して、不要してくれる親族の収入状況により審査を行うことを了承してもらう手続きが入ります。

安定した居住環境と膨大な預貯金があると証明出来れば無職でも与信力がある

無職かつ仕事をしていない状態の人であっても、クレジットカード会社により与信力があると十分に判断されるならクレジットカード審査に通ることがあります。よくある例として、富裕層で本人が無職にも関わらずステータス性が高いクレジットカードを保有している人を見れば、資産家については例外的に無職でもクレジットカードが発行されることが分かります。ポイントなるのは、本人または家族名義の持ち家に住み、膨大な預貯金があることを証明してもらえればクレジットカード審査を通してくれるという状況です。預金通帳を直接見せるといったことを行わなければならないので多少手間は掛かりますが、店頭窓口を持つクレジットカード会社の中には無職となっている理由が資産家で返済状況に問題なしと判断されるならクレジットカードは発行されています。

クレジットヒストリーが安定していれば無職でもクレジットカードを持てる

無職の状態でクレジットカードを申し込みした時に、他の条件が同じであっても審査通過と否決で結果が分かれることがあります。背景としてクレジットカード会社は返済能力の有無を判断しているので、クレジットヒストリーと呼ばれる過去の返済履歴を確認した時に滞納や延滞を一切行っていなければクレジットカード審査に通すわけです。他の収入源があるか扶養してくれる親族の有無と本人の預貯金額が多いといった様々な理由により、必ずしも本人が働かなくても生活できるだけの余裕があると見做されます。無職となっている理由が失業ではなく、働く必要性に迫られていない人に対してクレジットカードの審査落ちをさせることこそがクレジットカード会社からすれば不自然なこととなります。

無職でもクレジットカードを作る方法

無職の人がクレジットカードを作るためには、どのような方法があるのでしょうか。カードローンとは異なり無職であっても一括払い専用のクレジットカードであって、キャッシング枠をゼロにすれば審査に通るクレジットカードは複数存在します。手段を問わずにクレジットカードが欲しいと考えている無職の人は、以下のような方法でクレジットカード取得を目指すと良いです。

配偶者の収入で審査を受ける

専業主婦や専業主夫といった本人に全く収入が無い場合には、配偶者の収入を申告して審査を受ける方法があります。配偶者間ならば生計を同一にした1つの家族と認められるので、夫婦どらちが稼いだ収入であっても何ら問題なく家計費として計上可能です。仕事と家事を分担していると考えれば分かりやすいので、配偶者の収入を管理している人という扱いで配偶者の収入により審査を受けることが可能です。

自営業者または個人事業主として審査を受ける

クレジットカードの中には、無職というだけで自動的スコアリング審査の数値が不足して審査落ちとなるクレジットカードがあります。このため、無職という状態であってもこれから趣味を事業に切り替える可能性を考えて、自営業者または個人事業主としてクレジットカード審査を受ける方法があります。自営業を始めるためには本来開業届を税務署へ提出することになりますが、実際には開業届の提出をしなくても個人事業主として事業を営むことは可能です。自営業を始めるためには準備期間として数年要することもあるので、現在無職であっても自営業者としての準備期間中という扱いにも出来ます。

本会員の家族カードとして追加発行する

無職の状態でクレジットカードが欲しいなら、必ずしも自分自身を本会員としたクレジットカードである必要性はありません。安定収入がある家族を本会員として、無職の本人は家族カードを追加発行してもらえればクレジットカードを保有可能です。無職の状態でも生計が成り立っているわけですから、家族が会社員や公務員という状態で家族カードの発行に理解を示してくれるなら、クレジットカードの券面には無職の本人名義が印字されていて見た目には区別が付きません。別途安定収入があるために無職の状態であって、少なくとも返済に困らない状況ならば、他のクレジットカード審査に落ちてしまった時点で家族カードによるクレジットカード所持という手段を考えてみると良いです。最終的な支払いについて本会員が担保しなけけばならないというハードルと、本会員と家族カード会員は同じ利用限度額を共有するという点に注意すれば、他の部分は一般的なクレジットカードと違いがありません。

最終手段としてデポジット型クレジットカードなら作れる

家族カードには満足出来ずにどうしても自分名義のクレジットカードが欲しいなら、最終手段としてデポジット型のクレジットカードという選択肢があります。ライフカードDPと呼ばれる海外では一般的な保証金を予めクレジットカード会社へ預けておき、長期延滞時には保証金から返済することでクレジットカード会社は確実に立て替え払い金を回収出来る方式です。日本国内では本人の与信力によりクレジットカード発行有無を決めるクレジットカードが大半を占めていますが、昨今の金融事情や世界情勢を考慮した上で、与信力に乏しい無職の人であっても収入面で困っていない人に向けたクレジットカードです。

保証金を預けてあるからクレジットカード会社は損をしない

家族カードとは異なりデポジット型のクレジットカードでは、利用代金を期限内に返済することでクレジットヒストリーを積み上げることが可能です。過去に金融事故を起こしたり倒産に伴う破産を行ったために、クレジットヒストリーが持てないという人に向けたクレジットカードですが、無職の人がどうしても本人名義のクレジットカードが欲しい場合にも発行出来ます。ライフカードDPは、一般カードの年会費が5,000円(税抜)と他のクレジットカードよりも高額であって、保証金としてクレジットカード受取時に代金引換便にて10万円と年会費の合計額を支払えば、クレジットカード会社に保証金を預けた状態で利用限度額10万円のクレジットカードとして使用可能です。毎月の返済は届け出た銀行口座から自動引き落としとなり、支払い方法は一括払い専用かつキャッシング機能無しというシンプルな一括払い専用デポジット型クレジットカードです。また、利用限度額をもっと多く必要とするゴールドカードタイプも登場しており、ライフカードゴールドDPについては預ける保証金の額により20万円~90万円までの保証金時10,000円(税抜)と100万円以上の保証金時20,000円(税抜)という年会費設定です。有効期限が2年間と短く設定されている理由として、2年間しっかりクレジットカードを使い返済も滞りなく行えれば、2年後にはクレジットヒストリーが積み上げられてデポジット型ではないクレジットカードを持てる可能性が高まります。ライフカードにはライフカードCHという有料版のクレジットカードがあるので、徐々にランクが上のクレジットカードへステップアップすることが可能です。

無職であっても状況次第でクレジットカードは作成可能

クレジットカード会社は、安定した返済能力の有無を重視するので、無職であってもクレジットカードを作成可能と考えられます。実際に富裕層は本人が働いていない無職の状態であってもクレジットカードを保有していることから分かるように、個別の状況に合わせて与信力を個別判断した上でクレジットカード会社は審査を行っているわけです。クレジットカードを欲しい理由と現在の無職となっている状況に合わせて、クレジットカードを作る方法は複数あると知っておけば、正直な申告を行って申し込むクレジットカードさえ選べば無職でもクレジットカード発行が出来ると分かります。