インパクト
クレジットカード現金化を複数利用してきた人が多く利用しているインパクトは、初めてショッピング枠を現金化する人にとっても安心して利用できるとされています。公式サイトを確認した時に、読みやすいという印象を受けたならば、一度電話連絡による問い合わせを行ってみると良いです。では、インパクトを利用するベテランユーザーほどリピーターなりやすい理由とは、一体どのようなものでしょうか。

目次

インパクトの換金率表は信用出来るの?

クレジットカード現金化業者を選ぶ際に重要なポイントとして、公式サイトに掲示されている換金率表がどこまで信用出来るかという点は重要です。インパクトの換金率表通りに現金が振り込まれることは、換金率が93%以上となっている時点で現金振込額とは別だと判断出来ます。なぜなら、ショッピング枠を使った現金化を行う時には、消費税分を考慮しなければならないので90%以上の現金振込額となることは無いからです。では、インパクトの換金率表はどこまで信用出来るものでしょうか。

インパクトは最大換金率と明記して一覧表を掲載している

インパクトの公式サイトには、最大換金率という明記を行った上で換金率表が掲載されています。ショッピング枠残高という表記となっていますが、実際にはショッピング枠を使って決済する金額だと考えれば分かりやすいです。

・1万円以上~20万円未満 93%還元
・20万円以上~40万円未満 94%還元
・40万円以上~60万円未満 95%還元
・60万円以上~80万円未満 96%還元
・80万円以上~100万円未満 97.8%還元
・100万円以上      ASK

上記金額は、あくまでも最大換金率であって手持ちのクレジットカード次第では換金率が大きく下がります。クレジットカードに詳しく無い人にとっては、なぜクレジットカードごとに換金率に差が出てしまうのか疑問に思う人が少なくないはずです。実は、クレジットカードが違っていても換金率が一律の現金化業者ほど、多くの利益を上乗せしているために換金率が低くなる傾向があります。

クレジットカード決済手数料の違いが換金率に直接影響する

身近な所で現金のみしか取り扱いが無い店舗があるならば、なぜクレジットカード決済を導入しないのか理由を知れば納得出来るはずです。クレジットカードは、アクワイアラーと呼ばれる決済事業者を通じてクレジットカード会社との取引をスムーズに行うことが出来ます。クレジットカードごとに決められたカード決済手数料は、クレジットカード加盟店とクレジットカード会社の力関係で大きく変わるので、手数料が高いクレジットカードを利用するほど換金率が大きく下がるわけです。実際に世の中に出回っているクレジットカードを使った決済時には、日本国内では0.5%~20%という幅広いクレジットカード決済手数料が設定されています。VISAやMasterブランドのクレジットカードの多くは3%~5%というクレジットカード決済手数料ですが、JCBブランドは5%~8%の手数料率が一般的です。クレジットカード会社が定める利用規約では、クレジットカード決済を行った際の決済金額は現金払いと同率としなければならないとしているので、クレジットカード決済手数料は販売店が自腹を切った上で涙を飲んで負担していることになります。クレジットカード現金化を行う際には、インパクトの手元に入る現金額以上に換金率を引き上げることが出来ないからこそクレジットカードごとに換金率が変わります。

換金率を確定させるためにはクレジットカード会社の申告が必要

インパクトを利用してクレジットカード現金化を行う際には、オンライン決済によりクレジットカードを使います。他のクレジットカード現金化業者とは異なり、クレジットカード決済が完了したと確認出来た時点で速やかに現金振込が行われることから、事前にクレジットカード決済会社とクレジットカードブランドからカード決済手数料を確認して換金率を確定させなければなりません。クレジットカード決済手数料は、クレジットカード会社ごとに異なるために国際決済ブランドのみでは情報が不足します。クレジットカードの裏面に記載されているクレジットカード会社名と国際決済ブランドの両方が揃って初めてカード決済手数料の見積もりが出せると知っておけばクレジットカード券面情報をインパクトへ提供することについて疑問点が解消されるはずです。

換金率と現金振込額にはなぜ差が生まれるのか

インパクトの公式サイトに掲載されている最大換金率は、クレジットカード決済を行った金額に対して特定の金額が控除された割合となっています。具体的に控除されている金額は、次の3点です。

・インパクトが現金化する際の経費
・インパクトの利益
・クレジットカード決済手数料

換金率表に掲載されている割合が、最大換金率となっているのはクレジットカード決済手数料がそれぞれ異なるからであって、最も手数料が低い取引先となるクレジットカードが基準となります。日本国内でクレジットカード決済手数料が最も安いと考えられている水準は0.5%程度ですから、平均的なクレジットカード決済手数料3%~8%とは大きく異なる状況です。海外でクレジットカード決済が広く普及している国では、カード決済手数料が0.3%~2%という範囲内が多いので、いかに日本国内でのクレジットカード決済手数料が高額となっているかが分かります。実際に現金振込額として計算される際には、ショッピング枠を利用したクレジットカード決済では必ず商品売買契約が成立するために消費税の支払いが欠かせません。消費税率10%が提示された換金率から引かれてしまうことは、インパクトの手元に残る現金ではないからこそ消費税については現金振込額計算時に控除対象となってしまうわけです。

インパクトの現金振込額はシンプル

クレジットカード現金化業者の公式サイトへの表記方法は、一般的な通販事業者が行っている表示とは異なり、あくまでも最大表記が基準となります。インパクトの現金振込額は、問い合わせた時の換金率から消費税10%を控除した金額となるので、最初から控除済みの現金振込額を手持ちのクレジットカードごとに問い合わせれば話が早いです。クレジットカード決済手数料は、インパクトが利用しているカード決済代行業者と手持ちのクレジットカードの組み合わせにより変わるので、他のクレジットカード現金化業者とは異なるクレジットカード決済手数料となることが多くなります。正確な現金振込額の問い合わせに難色を示す事業者が多い中で、インパクトは明快な回答を示すことは、問い合わせ時電話を行ってみれば誰にでもすぐに分かることです。インパクトがクレジットカード現金化業者を何度も利用したことがあるユーザーが支持を受けている理由として、やり取りがシンプルで簡潔だからという理由が挙げられます。

不明点をすぐに電話連絡にて聞ける体制が嬉しい

インパクトの営業時間は、WEBフォームを利用した申し込みについては年中無休24時間となっていますが、電話連絡可能な時間は同じ年中無休であっても9:00~20:00に限定されています。フリーダイヤルが提供されているので、電話対応可能な時間帯ならばすぐに不明点を確認出来るからこそ、問い合わせ内容を整理してから電話連絡しやすいです。20:00迄という営業時間を短いと感じる人が一部ではいますが、17:00に勤務終了となる利用者が2時間残業を行っても問い合わせに間に合う時間だと考えれば十分だと考えられます。18:00勤務終了となる人が2時間残業を行うと確かに間に合わないものの、年中無休という点で公休日に慌てず電話連絡を行えば大した問題とはなりません。

インパクトで現金化する際にはどのような手順で行えば良いのか

クレジットカード現金化業者の中からインパクトを選んでショッピング枠の現金化を行う際には、どのような手順で行えば良いのか公式サイトだけでは分からないというケースが少なくありません。なぜなら、インパクトの公式サイトは1ページにまとめられていてスッキリしているからこそ、初めてクレジットカード現金化業者を利用する人から見ると具体的な手順の記載が少ないと実感してしまうからです。では、インパクトで行われているクレジットカード現金化の手順はどのように進むのでしょうか。どうやら助さんが黄門様へ相談を持ちかけている模様です。

最初に公式サイトに掲載されている現金化手順を確認しよう

助さん
助さん
ご隠居、少々遊びすぎてしまいまして次の給金迄に手持ちが足りるか不安なためにクレジットカード現金化業者としてインパクトを利用しようと考えていますが、利用方法がシンプルすぎて不安になりました。一緒に確認してもらえないでしょうか。
助さんは元気ですね。どれどれ、3ステップで手続き完了と書いてありますが調べてみる必要がありそうですね。お銀よ!ちょっと調べてみなさい。
黄門様
黄門様
お銀
お銀
ご隠居、インパクトは確かに①スマホで申し込み②クレジットカードでお買い物③即日で入金確認と公式サイトにあります。シンプルすぎて間の手続きが複数抜けていそうです。

インパクトの公式サイトでは本人確認書類の提出と取引方法に関する説明が抜けている

インパク氏の公式サイトに記載されている現金化手順は、他のクレジットカード現金化業者とは異なり簡潔さが強調されています。既に他のクレジットカード現金化業者を利用したことがある人にとっては、違和感があると実感出来るからこそ本当はどのような手順が必要なのかと疑問に思ってしまうわけです。お銀による調査結果を確認してみましょう。

実際の現金化手順は5ステップあった

お銀
お銀
ご隠居、インパクトの調査結果をお持ちしました。現金手順は5ステップございましたので、助さんの違和感は当たっていたようですね。
お銀、具体的にはどのような手順が求められたのか助さんにも分かるように説明してあげなさい。
黄門様
黄門様
お銀
お銀
インパクトの現金化手順は、次のような流れで行われています。

①スマホまたはPC経由で申し込み
②インパクトからの連絡により希望換金額に応じた還元率を提示されて写真付き本人確認書類とクレジットカード両面画像の送付を支持される
③本人確認後にインパクトから指定商品購入のアドレスが送付されるのでクレジットカード決済を行う
④クレジットカード決済が無事に終わり次第即座に指定銀行口座へ現金振込手続きが行われる
⑤後日指定商品が自宅に届くので受け取りを行い取引が完了する」

黄門様
黄門様
なるほどのう、本人確認書類とクレジットカード両面画像の添付に加えて、後日自宅で商品受け取りが必要となるわけじゃな。お銀の調査によると、インパクトはキャッシュバック方式によるクレジットカード現金化が行われていることになる。
ご隠居、キャッシュバック方式ならばインパクトとの取引は安心できそうですね。
助さん
助さん

インパクトならキャッシュバック方式を採用しているから安心して取引が出来る

黄門様
黄門様
クレジットカード現金化業者の中で、インパクトがなぜキャッシュバック方式だとお銀が見抜いたか分かるかね助さん
え?公式サイトから取引方法について判別出来る方法があるのですか?今後の参考に是非教えて欲しいです
助さん
助さん
黄門様
黄門様
安定した経営をしているクレジットカード現金化業者の多くがキャッシュバック方式を採用しているからのう。次のように見分ければ分かりやすいぞよ

キャッシュバック方式を採用していると見分ける方法

クレジットカード現金化業者の公式サイトを確認すると、特定商取引に関する法律に基づく表記という通信販売を行う上で必須の掲出項目があります。最初のチェックポイントとして、

特定商取引に関する法律の表記に古物営業許可番号の掲載が無い

という点を把握出来れば、少なくとも合法的な買取業務を行っていないことが分かります。逆に、古物営業許可番号の掲出無しで商品買取方式を行っていたら、信用できないクレジットカード現金化業者だと即座に判別可能です。

クレジットカード決済時にリボ払いや分割払いが可能であること

商品買取方式を採用したクレジットカード現金化業者は、一括払いのみでしかクレジットカード決済を引き受けられません。なぜなら、購入した商品の所有権はクレジットカード決済金額を完済するまで利用者本人へ移らずに、クレジットカード会社が一時的に保有することになるからです。所有権が早期に利用者へ移転しないと、クレジットカード現金化業者は古物商としての責任をいつまでも持ち続けなければならず負担となります。利用者が万が一滞納した場合には、古物商へ買取商品の返還を迫られてしまうため現金化業者としてリスクを抱え続けることになるわけです。そこで、商品買取方式では一括払いしか認めておらず、後日利用者がクレジットカード会社へ電話連絡してリボ払いや分割払いをするという方法により現金化業者はクレジットカード会社からの商品返還請求に対して抗弁を行えるようになります。一方、キャッシュバック方式ならば、購入商品を後日自宅へ届けるので受け取りさえすれば現金化業者にはその後のことは無関係となることから、リボ払いや分割払いを最初から認めてもリスクは少ないわけです。

どうしても不明なら電話連絡により取引方法を確認してみる

公式サイトに掲載されている情報があまりにも少なすぎる場合には、電話連絡により取引方法を直接確認してみる方法が有効です。申し込み意思があるものの、取引方法が公式サイトからは不明だからこそ現金化手順を正確に知りたいという希望をクレジットカード現金化業者へ伝えれば良いわけです。インパクトの場合には、過去にクレジットカード現金化業者を利用していれば、キャッシュバック方式を採用していると判別可能なリボ払いや分割払いが最初から出来るという点が決め手となるので、「キャッシュバック方式で取引出来るのか」と聞くだけでスムーズに回答を得られます。

黄門様
黄門様
お銀は、上記の3つのチェックを行った上で確認電話連絡をして回答を得てから報告を行ったわけじゃ。

インパクトでクレジットカード現金化を行うメリットは4つ

数多くのクレジットカード現金化業者の中から、インパクトを利用する具体的なメリットはどのようなものがあるのでしょうか。インパクトのリピーターは比較的クレジットカード現金化業者の利用に慣れた人が多いことは、換金率の高さだけではありません。余計な説明を極力省いて、クレジットカード現金化の仕組みを理解した人が素早く現金化を行える工夫をしていると考えられます。少なくとも次の4つのメリットを把握した上でインパクトを利用すれば、納得した取引が可能です。

最初からリボ払いや分割払いが可能

インパクトはキャッシュバック方式を採用しているので、最初からクレジットカード決済時に手持ちのクレジットカードで選択可能なリボ払いや分割払いに限り利用出来ます。クレジットカードの中には一括払い専用カードが存在し、分割払い回数は初期設定値がクレジットカード会社ごとに異なり、リボ払いに至ってはそもそもクレジットカード自体に設定不可能なことが珍しくありません。そこで、手持ちのクレジットカードについて約款を確認した上で整理してからインパクトへ申し込みすると、スムーズに現金化手続きを行えます。

現金振込額の計算が正確に出来る

他のクレジットカード現金化業者では、公式サイトに掲載されている換金率と実際の現金振込額に大きな開きが出てしまいます。インパクトは、問い合わせ時点で利用額に応じた還元率を提示されるので、現金振込額は消費税を控除した金額となり分かりやすいです。公式サイトに掲載されている換金率が適用可能なクレジットカードを持っている人は少ないので、大半は手持ちのクレジットカード会社が現金化業者との間にある決済代行会社に課しているクレジットカード決済手数料次第となります。インパクトへ申し込み後の最初の連絡時に手持ちのクレジットカードに応じた換金率を聞けば教えてもらえるので、現金振込額の計算は楽に出来るはずです。クレジットカードの両面画像データをインパクトへ提出することは、セキュリティー番号や署名欄についての取り扱いを確認した上で行えば問題ありません。

現金化スピードがとにかく早い

インパクトの現金化スピードは、クレジットカード決済完了をインパクトが確認してから最短5分で行われるので、利用者が速やかに手続を行えばすぐに現金振込を行ってもらえます。ポイントとなるのは、キャッシュバック方式を採用しているからこそ、現物商品の引渡しが後日となっても問題ない点です。商品買取方式ならば現物商品のやり取りが発生した上に査定まで行わなければならないので、配送手続きを行うと数日掛かることも珍しくありません。キャッシュバック方式ならば、先にクレジットカード決済手続きだけを行って現金キャッシュバックをすぐに行ってもらえるからこそ、スピード重視で現金化したい人にとって有利となるわけです。

他社徹底対抗を宣言しているから相対取引しやすい

インパクトの公式サイトには、目安となる最大換金率が掲載されていますが、多くのリピーターが注目している点は別にあります。他社徹底対抗を宣言しているからこそ、複数のクレジットカード現金化業者へ見積もり依頼を行ってからインパクトへ相談することにより、可能な限り高い還元率を実現可能です。しかし、インパクトは営利目的で現金化業務を行っているので、間に入る決済代行会社とクレジットカードの組み合わせによりクレジットカード決済手数料が高くなる場合があります。インパクトは自社で還元可能な最大額を提示するからこそ、多くの利用者に信頼されて継続した取引が行われています。

他社徹底対抗を宣言してもインパクトは無理な取引や勧誘を行わない

クレジットカード現金化業者へ電話連絡を行うと、時折電話対応がぶっきらぼうな時があります。なぜなら、クレジットカード現金化業者の中には同業他社に対して嫌がらせを行う事業者が残念ながら含まれているからです。そこで、フリーダイヤルを採用して営業妨害を行う電話番号を徹底して排除することにより、なるべく一般利用者との電話連絡がスムーズに行えるようインパクトでは気をつけていることとなります。このため、あまりにも何を聞きたいのか分からない電話をしてしまうと、同業他社からの営業妨害電話と間違えられてしまうのでインパクトへ電話連絡を行う際には問い合わせ内容を事前に整理しておくことが望ましいわけです。

インパクトなら手持ちのクレジットカード現金化を最大限行える

インパクトを利用すれば、キャッシュバック方式を採用した最短即日現金化出来るというスピード感と、安全性重視で現金化を行うというセキュリティーのバランスを取ることが出来ます。他社徹底対抗を宣言しているからこそ、営利目的の範囲内で出せる最大限の換金率を手持ちのクレジットカード全てに対して個別査定してもらえるからこそ、最も現金振込額を大きくする取引が可能です。インパクトでは、手持ちのクレジットカードごとに異なるクレジットカード決済手数料に応じた取引を行えるので、他社と比較しながら利用者に最も有利なクレジットカードのみを現金化するといった取引方法を行えます。