プリペイドカードは、予めチャージされた金額の範囲内で商品やサービスを購入することが可能な有価証券です。商品券と異なり、残高が0になるまで複数回使用できます。なお、残高が0になっても、チャージすることで繰り返し使用可能なタイプもあります。

磁気カードやICカードの形態が一般的です。ただし、紙で作られたカードに番号(入力するこことで、アカウント残高にチャージできる)が印刷されているタイプや、物理的なカードが発行されないヴァーチャルカードタイプも存在します。

クレジットカードのショッピング枠と同様に、プリペイドカードの残高も現金化することが可能です。本記事では、プリペイドカードを現金化する方法について徹底解説いたします。

お銀
お銀
ご隠居、プリペイドカードって御存知ですか?
黄門様
黄門様
もちろん、知っておる。事前にチャージされている残高の範囲内で、商品や差サービスの支払いに利用できるカードのことじゃろ。
助さん
助さん
ちなみに、プリペイドカードの残高は現金化することが可能です。
クレジットカードのショッピング枠の現金化と同じですね。様々な方法で現金化を実行できるので、自分に最も適した手段を選択すると良いでしょう。

プリペイドカードは現金化する方が良いのか?

そもそも、プリペイドカードは現金化する必要性があるのでしょうか。この問いに対する答えは、「持っているプリペイドカードの種類」や「どのような種類の支払いを行いたいのか」によって異なります。

例えば、「QUOカードを持っていて、コンビニエンスストアで食品類を購入したい」という場合は、現金化する必要はありません。そのままQUOカードを使って買い物する方がお得です。しかし、家賃や水道光熱費、社会保険料、税金などの支払いをQUOカードで行うことはできません。また、ニンテンドープリペイドカードを持っていても、コンビニエンスストアで食品などを買うことは不可能です。

なお、繰り返しチャージして使うタイプのプリペイドカードの場合、後で「ちょっと多めにチャージし過ぎてしまった」「手持ちの現金が少ないから、元に戻したい」などと後悔することがあるかもしれません。しかし、一旦チャージした残高をそのまま現金に戻すことはできないケースが多いので、様々な方法で「現金化」を実行する必要があります。

お銀
お銀
ご隠居、プリペイドカードって現金化せずにそのまま使い続ける方がお得じゃないですか?
黄門様
黄門様
確かに、プリペイドカードの残高を現金化すると、どんなに高い換金率だったとしても損失が生じてしまうのう。
助さん
助さん
しかし、現在の日本では、現金が必要になる場面は未だに多いです。QUOカードを大量に持っていても、それで家賃や水道光熱費、社会保険料、税金などを支払うことはできませんよね?
また、残高をチャージして繰り返し使用するタイプのプリペイドカードの場合、一旦チャージしてしまったら、現金にそのまま戻せないケースが多いという問題もあります。そのようなプリペイドカードの残高を取り出したいならば、様々な手段で現金化を実行しなければなりません。

プリペイドカードには様々なタイプが存在する

プリペイドカードは、以下のような点に着目して分類が可能です。

・残高が0になっても、チャージすることで繰り返し使用できるかどうか
・物理的なカードが発行されるかどうか

「ハウスカード」と呼ばれる特定の店舗・加盟店でしか利用できないプリペイドカードは残高が0になると、それ以上は使用できません。それに対し、「汎用型リロードタイプ」と呼ばれるプリペイドカードは、残高が0になってもチャージすることで繰り返し利用できます。

なお、プラスチックや紙で作られた物理的なカードが発行されず、「ヴァーチャルカード」のみのプリペイドカードも存在します。プリペイドカードのタイプによって、現金化するための方法が異なるので注意が必要です。

お銀
お銀
ご隠居、プリペイドカードには様々なタイプが存在することを御存知ですか?
黄門様
黄門様
もちろん、知っておる。QUOカードのようなハウスカードは、残高が0になったら、それ以上は使えないが、汎用型リロードタイプであれば、チャージすることで繰り返し利用できるらしいのう。
助さん
助さん
汎用型リロードタイプは、基本的にVisaやMastercard、JCBといった国際ブランドのネットワークを利用できるので、クレジットカードと同じように様々なお店で決済できて便利です。
ちなみに、Vプリカのように、物理的なカードが発行されないヴァーチャルカードのみのプリペイドカードも存在します。

ハウスカードは特定の店舗や加盟店でのみ利用可能

「ハウスカード」と呼ばれるタイプのプリペイドカードは、特定の店舗や加盟店の中でしか利用できません。具体例を挙げると、以下のようになります。

・QUOカード
・図書カードNEXT
・Amazonギフト券
・App Store & iTunesギフトカード
・Google Playギフトカード
・ニンテンドープリペイドカード

ハウスカードの中には、QUOカードや図書カードNEXT、Amazonギフト券のように加盟店が多く、使い勝手の良いカードも存在します。また、App Store & iTunesギフトカードやニンテンドープリペイドカードは、Appleや任天堂の商品・サービスの購入にしか使用できませんが、人気が高く現金化も容易です。

なお、QUOカードのように磁気カードのプリペイドカードは減少しつつあり、Amazonギフト券やApp Store & iTunesギフトカード、ニンテンドープリぺイドカードのように「紙製のカードにコード番号が記載されているタイプ」が増加中です。図書カードも以前は磁気カードでしたが、現在は「図書カードNEXT」という紙製のカードになりました。

これらは、コード番号を入力したりQRコードを読み取ったりして、自分のアカウントにチャージして使う方式が採用されています。ただし、図書カードNEXTの場合は、アカウントにチャージしなくてもリアル書店で支払いに使うことが可能です。

汎用型リロードタイプは様々な店舗で利用可能

「汎用型リロードタイプ」と呼ばれるプリペイドカードは、残高が0になっても、チャージすれば何度でも繰り返し使えます。なお、VisaやMastercard、JCBといった国際ブランドが付与されています。

Visaブランドのカードの具体例を挙げると、以下のようになります。

・三井住友VISAプリペイド
・ソフトバンクカード
・ココカラクラブカード

Mastercardのブランドのカードの具体例を挙げると、以下のようになります。

・au WALLETカード
・dカード プリペイド
・Webmoneyプリペイドカード

JCBのブランドのカードの具体例を挙げると、以下のようになります。

・LINE Payカード
・楽天銀行プリペイドカード
・旅プリカ

これらはクレジットカードの決済ネットワークを利用できます。そのため、ハウスカードとは異なり、様々な店舗で商品・サービスの購入に使えます。

お銀
お銀
汎用型リロードタイプのプリペイドカードって、残高が0になってもチャージすれば繰り返し利用できるし、VisaやMastercard、JCBといったクレジットカードの国際ブランドが付与されているから、色々なお店で使えて便利ですよね。
信用情報機関への照会を伴う審査も無いから、過去に金融事故を起こしてしまって、いわゆるブラックリストに載っている状態の人でも保有できます。実店舗だけではなく、Amazonや楽天市場みたいなオンラインショッピングサイトでも、普通のクレジットカードと同じようにカード番号を入力して決済可能です。

ヴァーチャルカードは物理的実体が存在しない

プラスチックや紙で作られた物理的なカードの有無に着目すると、プリペイドカードは「リアルカード型」と「ヴァーチャルカード型」に分類できます。

通常、「プリペイドカード」といえば、リアルカード(物理的なカード)を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、リアルカードが発行されず、オンライン決済に特化したヴァーチャルカードタイプも存在します。

ヴァーチャルカード型プリペイドカードの具体例を挙げると、以下のようになります。

・Amazonギフト券(Eメールタイプ)
・Vプリカ
・JCBプレモデジタル

基本的にヴァーチャルカード型プリペイドカードは、コンビニエンスストアなどでコード番号が印刷されたカードを購入し、アカウント内でコード番号を入力して残高にチャージする仕組みになっています。なお、Vプリカの場合、アカウントを開設せずに利用できる「Vプリカギフト」がコンビニなどで販売されています。

プリペイドカードを現金化する方法

プリペイドカードには、ハウスカードや汎用型リロードタイプ、リアルカード、ヴァーチャルカードというように様々な種類が存在します。いずれのタイプも残高を現金化できますが、カードの種類によっておすすめの現金化方法が異なるので注意しましょう。

お銀
お銀
ご隠居、プリペイドカードの残高は様々な方法で現金化できることを御存知ですか?
黄門様
黄門様
金券ショップや現金化業者を利用する他に、自分自身でフリマアプリやオークションサイトで売却して現金化することも可能じゃな。
助さん
助さん
プリペイドカードのタイプによって、おすすめの現金化方法が異なるので注意が必要ですね。
QUOカードのように実店舗で売却する方が迅速・簡単なプリペイドカードもあれば、Amazonギフト券のようにインターネット上で現金化することをおすすめするプリペイドカードもあります。

物理的実体のあるハウスカードは金券ショップの実店舗で売却がベスト

QUOカードのような物理的実体のあるハウスカードは、未使用であれば金券ショップの実店舗に持ち込むことにより、迅速かつ簡単に売却可能です。ただし、途中まで残高を使ってしまっている場合は、買い取りを断られるので注意してください。

近所にリアル店舗が無い場合は、インターネットを通じて買い取りをしている業者に売却すると良いでしょう。ただし、「郵送」「査定」「銀行口座への振込」というプロセスを踏むため、現金化までに数日~1週間程度の時間が必要となる点がデメリットです。

自分でフリマアプリやオークションサイトに出品して現金化することも可能

物理的実体のあるカードをフリマアプリ(メルカリ、ラクマなど)やオークションサイト(ヤフオク!)に出品して売却することも可能です。ただし、「出品」「落札者への対応」「発送」といった作業を自分自身で全て行う必要があるため、金券ショップのリアル店舗に持ち込むよりは手間暇がかかります。

なお、一人暮らしの女性の場合、「氏名や住所、口座番号を取引相手に知られたくない」という方もいらっしゃると思います。メルカリ、ラクマ、ヤフオク!では「匿名配送」というシステムがあり、氏名や住所、口座番号を取引相手に明かさずに売買を完了できるので安心してください。

お銀
お銀
近所に金券ショップが無いので、インターネットで業者を探して、QUOカードの郵送買取をお願いしようと思っています。
QUOカードなら、メルカリとかラクマ、ヤフオク!を使って、自分自身で売却することも可能です。匿名で出品・落札・配送・入金まで可能なので、女性でも安心ですよ。

アカウントにチャージするタイプのハウスカードはインターネット上の現金化業者に売却しよう

Amazonギフト券やApp Store & iTunesギフトカードのように「アカウントにチャージして利用するタイプ」のハウスカードは、インターネットを通じて現金化することをおすすめします。現金化業者であれば、EメールタイプのAmazonギフト券でも売却可能です。ただし、インターネット上の現金化業者は玉石混淆であり、中には悪徳業者も存在します。口コミをチェックするなどして、優良業者を探しましょう。

なお、リアル店舗を構える金券ショップでは、買い取りを行っていないケースが多いので注意しましょう。理由としては、「未使用かどうか判断が難しい」「裏面のスクラッチが削られていないのに、特殊な方法でスキャンされている事例があった」といった問題が存在するようです。

お銀
お銀
Amazonギフト券って、大黒屋みたいな大手金券ショップでも買い取りを行っていませんよね?
未使用かどうかを確認するためには、Amazonのアカウント内でコードを入力してみる必要があります。スクラッチを削る必要があり、見ただけでは分かりません。また、過去に詐欺被害に遭った経験があるため、買い取りを行っていないようです。Amazonギフト券に限らず、アカウントにチャージして利用するタイプのハウスカードを買い取っていない金券ショップは多いです。

汎用型リロードタイプのプリペイドカードの残高を現金化する方法

汎用型リロードタイプのプリペイドカードの残高は、金券ショップで買い取ってもらったり、自分自身でフリマアプリやオークションサイトに出品することができません。そのため、以下に示すように2段階のプロセスを経る必要があります。

①プリペイドカードの残高を使って、換金しやすい商品を購入する
②商品を何らかの方法で売却し、現金化する

なお、換金しやすい商品としては、「EメールタイプのAmazonギフト券」がおすすめです。汎用型リロードタイプのプリペイドカードは、VisaやMastercard、JCBといった国際ブランドが付与されているので、クレジットカードと同様にカード番号を入力して、Amazonギフト券を購入できます。

その後、購入したAmazonギフト券は、インターネットを通じて現金化業者に売却することをおすすめします。なお、換金率は業者によって異なりますが、85~95%程度です。なるべく高く買い取ってくれる業者を探しましょう。

優良業者と悪徳業者の見分け方

インターネット上には、Amazonギフト券などの「アカウントにチャージして利用するタイプ」のプリペイドカードの残高を買い取っている業者が多数存在します。ただし、現金化業者の中には、優良業者も悪徳業者も混在しているので注意してください。「換金率の高さ」だけではなく「信頼できる業者であるかどうか」も慎重に判断しましょう。

悪徳業者を回避するには、公式サイトだけではなく口コミサイトの評判をチェックしてみることが大切です。全ての書き込み内容が正しいとは限りませんが、参考にはなります。なお、最も重要なのは、一度に大量の取引を行わず、何度かに分けて取引を行うことです。仮に詐欺被害に遭ったとしても、少額であれば小さなダメージで済むでしょう。

お銀
お銀
インターネット上の現金化業者って、どれが優良業者で、どれが悪徳業者なのか見分けることが難しいですよね。
公式サイトだけ見て取引するのではなく、口コミサイトの評判をチェックしてみることが重要ですね。業者名でインターネット上を検索してみると、様々な情報がヒットすることがあります。また、悪徳業者である可能性も考慮して、一度に大量に現金化を依頼しない方が良いでしょう。何度かに分けて取引する方が安全です。

プリペイドカードはタイプ別に最適な方法で現金化を実行しよう

プリペイドカードには、様々なタイプが存在します。物理的実体のあるハウスカードの現金化は、金券ショップのリアル店舗に持ち込んで買い取ってもらう方法が最も迅速で簡単です。なお、手間や時間がかかりますが、メリカリやラクマといったフリマアプリやヤフオク!のようなオークションサイトを利用して自分自身で売却して現金化することも可能です。

Amazonギフト券やApp Store & iTunesギフトカードのように「アカウントにチャージしてから利用するタイプのハウスカード」の場合、金券ショップの実店舗で買い取ってくれないケースが多いため、インターネット上の現金化業者を利用しましょう。

汎用型リロードタイプのプリペイドカードの残高を現金化する場合、換金率を考慮して、「一旦、Amazonギフト券を購入し、それをインターネット上の現金化業者に買い取ってもらう」という方法をおすすめします。

なお、インターネット上の現金化業者には優良業者も悪徳業者も混在しているので、公式サイトだけではなく口コミサイトの評判もチェックしてください。なお、詐欺被害に遭うことも想定し、一度に大量の取引を行うのではなく、何回かに分けて少額ずつ取引しましょう。

本記事の内容を参考にして、自分にとって最適な現金化方法を見つけていただけると幸いです。