クレジットカードには、国際決済ブランドと呼ばれるマークが付いているので、地球上のどの国であっても同じように使えると考えがちです。確かに広いエリアで使えるクレジットカードもありますが、中には特定の国でしか実用的にならないクレジットカードもあります。では、海外でも不自由なく使いたいなら、どのような点に注意して選べば良いのでしょうか。

クレジットカードは会員制サービスだからこそ海外では事情が異なる

クレジットカードを日本国内のみで使用している場合とは異なり、海外ではいざという時に命を繋ぐ手段ともなり得る重要なカードです。大袈裟に感じる人もいるはずですが、クレジットカードはカード会社が会員制で特典を付与しているので、海外旅行傷害保険の有無だけでも実は大きな違いが生まれます。また、現金決済が敬遠される地域が増えているために、海外での使用に耐えられるクレジットカードが求められるわけです。

国際決済ブランドごとに実力差がある

クレジットカードは、発行した国に関わらず世界中の加盟店で使えるように自社ブランドだけでなく国際決済ブランドを使用しています。世界中で使われている国際決済ブランドの中で、日本人に馴染みがあるのは以下の5種類です。

  • VISA
  • Master
  • AmericanExpress
  • DinersClub
  • JCB

このうち海外で主に使われているのは、シェア面とエリアの広さから上位3国際決済ブランドのVISA・Master・AmericanExpressです。日本国内ではJCBの取扱数が多い点と比較すると、国際決済ブランドは海外と国内で事情が大きく異なることが分かります。

海外旅行にはVISAとMasterカードを持参すれば問題ない

海外旅行時に持ち歩き利用したいクレジットカードは、VISAとMasterの2枚を持っていれば問題ありません。なぜなら、両者共に約3,850万店の加盟店契約を保有しているので、使える店舗数とエリアが地球規模で広いからです。クレジットカードは決済システムを導入する費用は加盟店負担となるので、加盟店獲得営業は長年の営業努力により培われたものという性質があります。また、国内とは異なり海外ではクレジットカード決済システムが通信エラーとなるケースが珍しくありません。このため、VISAとMasterそれぞれの決済端末を店舗では持っていることが多い状況です。両方共に通信エラーで使用できない場合には、インプリントと呼ばれる昔ながらのオフライン決済が使われるので、慌てる必要はありません。インプリント決済を行う時には、請求が1ヶ月遅れで売上として上がってくることが多いために口座引き落とし残高に注意する必要があります。クレジットカード決済システムの通信エラーという問題があるからこそ、VISAとMasterの2枚持ちが望ましいわけです。

優雅な海外旅行にしたいならAmericanExpressを加えよう

海外旅行時には空港でのトランジット待ちが発生しやすいので、待ち時間を有効活用するために空港ラウンジサービスを利用したいと考える人が多いです。プライオリティパスという全世界1,200ヶ所以上で使える空港ラウンジサービスがありますが、会員制となるために本来は年会費99ドル~299ドルと空港ラウンジ利用料金が会員ランクに応じて必要となります。AmericanExpressならば、保有しているカードの種類により異なるものの対応しているカード種類ならばプライオリティパスへ年会費無料で加入可能です。実際に空港ラウンジサービスを利用する際には、VIPラウンジにつき1回27ドル・年10回まで無料・常に無料という会員ランクに応じた利用料を支払うだけでゆったりと寛ぎながらトランジット待ちが出来ます。また、海外旅行先でのホテルでは事前オーソリティー取得のために宿泊先でチェックイン時にクレジットカード提示を求められますが、AmericanExpressを提示することでステータス有りの顧客という扱いに変わり安心です。

クレジットカードを海外で使用する時のルールを確認しよう

日本国内のカード会社が発行したクレジットカードであっても海外で利用できますが、日本国内とは使い方が異なる点があるので利用規約を事前に熟読した上で海外利用時のルールを把握しておく必要があります。

海外ではクレジットカードの支払回数は選べない

金融面でも独自の文化を持つ日本では、現金の信頼性が極めて高くカード決済手数料も高額に設定されているので、代わりに一括払いとリボ払いだけでなく様々な回数の分割払いやボーナス払いといった独自の制度があります。しかし、日本国内で発行されたクレジットカードを海外で利用する際には、支払回数は原則として選べません。

  • 一括払い
  • リボルビング払い

のうち、事前に手持ちのクレジットカードで設定されている支払回数として海外利用時にはクレジットカード決済が行われます。日本国内ではごく自然に支払回数を聞かれることに慣れていると、海外では支払回数を聞かれないことに最初戸惑うはずです。実は、海外ではクレジットカード決済システムを利用していてもセキュアカードという日本でいうところのデビットカードのようなカードが広く普及しています。このため、海外ではクレジットカード決済時に支払い方法を指定する必要は無く、最初から設定されたクレジットカード決済方法で処理されるだけとなるわけです。

海外利用時のクレジットカード支払い方法は事前切り替えが可能

日本国内でのクレジットカード使用に慣れていると、海外で使ったクレジットカード決済が一括払いで請求されて慌ててしまう人が少なくありません。実は、クレジットカードの支払い方法は一括払いとリボ払いのどちらかに設定されているものの、事前に手続きをしておけば切り替え可能なクレジットカードが多いです。海外に出る前に会員サイトまたはコールセンター経由で、一括払いとリボルビング払いの切り替えを先にしておくと慌てずに済みます。

EU圏内ではステータスカード以外はICチップ入りクレジットカードが必須

EU圏内の中でも特にドイツ・フランスといった先進国へ出向く際には、AmericanExpressとDinersClub以外ならICチップを搭載したクレジットカードでなければ使えないと断られることが多いです。磁気ストライプを搭載したクレジットカードは、偽造リスクが高いものとして認識されているので、VISAやMasterブランドについてはゴールドカードやプラチナカードであってもICチップ無しは拒否されることがあります。現地の言葉でしつかり説明すれば問題ありませんが、海外旅行時にドイツ語やフランス語を話せる人の割合を考えると最初からICチップ搭載クレジットカードを用意することが無難です。AmericanExpressとDinersClubについては、ステータスカードとして知られていて見分け方を知っているので偽造リスクが少なくICチップの有無は問題にされません。

海外へ持って行きたいクレジットカードとは

海外へ持って行きたいクレジットカードは、日本国内向けとは異なり選ぶ基準が変わります。なぜなら、日本国内とは異なる運用がされているので、使い方の違いを知っていなければ誤解したまま使うことになるからです。

海外ではVISAとMasterの2枚持ち決済をする

海外で使うクレジットカードは、カード決済システムの通信エラーを警戒してVISAとMasterの2枚持ちにしておけば、少なくとも決済面で困ることはありません。どちらか一方をメインに使用して一括払いとし、もう一方をリボ払い設定にしておけば効率良く使い分けが出来ます。

空港ラウンジではAmericanExpressを提示して空港ラウンジを利用する

空港ラウンジにてプライオリティパスを利用したいなら、利用頻度に合わせてAmericanExpressのクレジットカードを海外用に用意しておくと良いです。利用頻度が低いならばグリーンカードタイプとし、利用頻度が高ければVIPラウンジを無料で利用するためにプレステージ会員となるためアメックスプラチナカード以上を用意しておくことが望ましいです。

英語を全く話せないなら旅行先を限定してJCBブランドという手がある

日本国内で幅広く使われているJCBブランドが海外で全く使えないと思われがちですが、実際には現地で日本語が通じやすく日本人観光客が多い地域ならば利用可能です。具体的には、ハワイ・グアム・台湾といった地域ならば、JCBブランドのクレジットカードが広く使われています。また、世界中に60ヶ所あるJCBプラザと呼ばれている海外サービス窓口ならば、JCBブランドのクレジットカードを提示するだけで日本語によるサービスを受けられる点が魅力です。緊急時に駆け込む場所として、英語が苦手ならば選択肢に入れてみると良いです。海外旅行が初めてという人にとって、万が一海外でトラブルに遭遇した時に相談できる窓口があることは安心できる魅力となります。

クレジットカードを海外で使うなら文化の違いを理解しよう

海外でクレジットカードを使う際には、日本国内とは異なりクレジットカードに設定した支払い方法1種類しか使えません。一括払いとリボ払いのどちらに対応しているのか、切り替えが出来るのかという点を先に調べておけば、少なくとも後から請求が来て驚くことは無いわけです。また、クレジットカードを海外でスムーズに使うためにVISAとMasterを各1枚ずつ持った状態で、プラス1枚としてAmericanExpressを持っておくと快適な海外旅行を楽しめます。