クレジットカード現金化を初めて行いたいと考えいてる人にとって、掲示板で得られる情報にはある程度の価値があると考えがちです。しかし、掲示板では匿名性が高いために敢えて真逆の書き込みを行って混乱させる愉快犯が紛れていることから、書き込まれている内容が事実と異なるかどうかを見極める判断力が求められます。

助さん
助さん
クレジットカード現金化業者の公式サイトがシンプルすぎて、参考にした掲示板の書き込み情報通りかと思い問い合わせたら換金率95%のはずが75%と騙されました。ご隠居なら見極められますか?
現金化サービスを行う業者には、優良現金化業者だけでなく悪質現金化業者が含まれていることを知った上で掲示板の書き込みを見直してみたらどうかな?掲示板に書き込みされている内容の半分が嘘だと考えて読んで見れば、全く同じ内容の書き込みでも違って見えるはずじゃ。その辺りは慎重派の格さんが詳しいじゃろうて。
黄門様
黄門様
拙者は掲示板の書き込みは見ないので、お銀の担当と思われます。
そうじゃったのう。お銀よ、助さんに教えてあげなさい。
黄門様
黄門様
お銀
お銀
畏まりました、ご隠居。

目次

クレジットカード現金化に関する情報が掲載されている掲示板とはどのようなものか

クレジットカード現金化に関する情報が書き込みされている掲示板は、匿名掲示板から会員制掲示板に至るまで、様々なジャンルの掲示板群に分散されて書き込みされています。なぜなら、クレジットカード現金化業者を使った現金化サービスに関する口コミ情報だけでなく、自力でクレジットカード現金化したい人が集まる掲示板でも情報交換されているからです。

お銀
お銀
助さんがチェックした掲示板は全体からすればごく一部であって、クレジットカード板、借金生活板、カードローン板、債務整理板といった複数の掲示板に分散されています。クレジットカード現金化に関する情報は、新たなジャンルだからこそ分散しやすいわけです。目的に合った掲示板を見つける所から始めなければなりません。
一部の掲示板だけを確認しても偏った情報しか得られないということですね。
助さん
助さん

現金化業者に関する情報が得られる掲示板

クレジットカード現金化業者に関する情報が多数書き込まれている掲示板は、日本国内に数多くあるものの多くの情報が集まっているのは、次の3つの巨大掲示板です。

・Yahoo!知恵袋
・したらば掲示板
・5ch.net及び2ch.sc

質問者と回答者にハンドルネームが必要なYahoo!知恵袋と匿名掲示板として知られている5ch.netでは、匿名性に関して度合いが異なるので大くの人がYahoo!知恵袋なら信頼できると勘違いしがちです。掲示板の中で最も多くのクレジットカード現金化業者に関する情報が集中しているのは、「借金生活板」となっているので最初にチェックする候補に挙がります。詳しくは掲示板内のスレッドを参照することになるものの、信頼性が高い情報はごく僅かであって、多くが曖昧であったり肝心な部分の情報が伏せられていたりすることに気がつかなければなりません。なぜなら、匿名掲示板でやりとりされる重要な情報ほど隠語や伏せ字が使われていて、何も知らない素人に無料で情報を与えることを避ける傾向が強いからです。有益な情報は本来なら有料であるべきであり、無料で何でも重要な情報が得られることはインターネット社会では有り得ません。ギブ・アンド・テイクの関係を成り立たせるために、有益な情報と無益な情報を織り交ぜて分かる人にだけ重要な情報のヒントが伝わるようにしているわけです。

情報弱者に厳しい特徴を持つ匿名掲示板

匿名掲示板の特徴として、雑多な情報の中から真実かつ有益な情報を見極める選定眼を持つ人が優位に立てるという点が挙げられます。日本国内のマスメディアが憶測記事やフェイクニュースを記載していても表現の自由により責任を問われないという状況に影響され、匿名掲示板なら何を書いても問題ないと勘違いしてデタラメな情報を投稿する人が後を立たない状況です。クレジットカード現金化業者に関する情報の中には、悪徳現金化業者が優良現金化業者の顧客を減らすために悪い口コミ情報を記載することが珍しくありません。情報弱者と呼ばれる人の中には、匿名掲示板に書かれている嘘の情報を真実だと思いこんでしまい、考え方が凝り固まって視野が狭くなりガセ情報を掴まされてしまうわけです。しかし、一歩引いた立場から考えれば分かるように、優良現金化業者は匿名掲示板を覗く時間が無く現金化処理に追われて1日が過ぎて行きます。悪徳現金化業者は顧客が少ないために優良現金化業者の悪口を書いて拡散させるだけの暇な時間を持て余している現状を知れば、匿名掲示板に書かれている内容から誰が何の目的で書いた現金化業者に関する悪い情報なのか理解できるはずです。

個別の現金化業者についての口コミが得られる掲示板

掲示板を参考にしてクレジットカード現金化業者を選ぶ際には、個別の現金化業者に関する口コミがまとめて掲載されている専用スレッドの有無を確認すると良いです。なぜなら、専用スレッドが立っている現金化業者ほど利用者が多く関心を集めていることになるので、少なくとも全く口コミ情報が存在しない現金化業者よりは参考になりそうな情報が集まっていると考えられるからです。同じ内容の情報であっても人により捉え方に違いがあるので、良い口コミと悪い口コミの両方を吟味した上で総合的に考えなければなりません。

欲しい情報が得られる掲示板は意外と少ない

多くの人が欲しいと考えているクレジットカード現金化業者に関する情報は、公式サイトを確認しても分からないからこそ掲示板に活路を見出して少しでも多くの情報が欲しいと考えているはずです。実際にクレジットカード現金化業者に関する情報の中でも次のような項目についてチェックしたいと考えている人が少なくありません。

クレジットカード現金化を商品買取方式・キャッシュバック方式といったどのような方式で行っているのか

クレジットカード現金化については、現金化業者ごとに採用している方式が異なるだけでなく、同じ現金化業者であっても複数の方式を採用していることがあります。なぜなら、老舗現金化業者ほどかつては商品買取方式にて取引を行っていたものの、所有権移転問題回避のためにキャッシュバック方式へ移行しているからです。どうしても商品買取方式でなければ現金化取引が成立しない法人取引の場合には、公式サイトでの表現をぼかして主にキャッシュバック方式を採用していると考えられる表記をしていて実際には並行して商品買取方式も行っていることがあります。

公式サイトに掲載されている換金率と実際の現金振込率にどれくらいの違いがあるのか

クレジットカード現金化業者の公式サイトでは、消費税と各種手数料を引く前の換金率を表記する慣習が出来てしまっているので、監督官庁が存在しないために1社だけが手数料と税金控除後の換金率を掲示出来ません。このため、見た目の高い換金率はあくまでも商慣習に基づいた表記であって、実際の換金率は個別の条件に左右されることになるわけです。実質的な換金率は現金化業者へ問い合わせればすぐに回答を得られるにも関わらず、掲示板で情報が無いか探す人が多い傾向にあります。

申し込みから現金振込となるまでの時間はどれくらいかかるのか

キャッシュバック方式を採用していれば最短即日で現金振込が行われますが、商品買取方式では現物商品の送付が絶対条件となるために買取査定時間も含めた現金振込が行われるまでの時間にバラつきが出ます。買取査定完了時点から現金振込手続き完了するまでの時間を最短10分といった表記にしているため、現実的な現金振込時間との乖離が商品買取方式ほど大きくなりがちです。

クレジットカード利用停止や強制解約となった事例が無いか

クレジットカード現金化を初めて行う人にとって、低金利で現金調達が出来るというメリットとクレジットカード利用停止や強制解約といったデメリットを受けるリスクのバランスが分からずに悩んでしまいます。他の利用者がクレジットカード会社からペナルティーを受けた経験が無いかという状況を確認するため、掲示板で情報集めを行う人が多いわけです。

掲示板に記載された現金化業者の情報を参考にする3つの注意点

助さん
助さん
思っていた以上にクレジットカード現金化業者に関する質問は、掲示板に投稿されている情報に対する信憑性が低いことが分かりました。ある程度クレジットカード現金化について見分ける眼力がある人でなければ、掲示板にある情報を鵜呑みにしてはマズいと考えられますね。
助さんが掲示板に書かれている情報を参考にする際には、裏付けの有無を確認しつつ外部サイトへの誘導に引っ掛からないようにすることが重要です。
お銀
お銀

掲示板に投稿されているクレジットカード現金化に関する情報は、予め注意しなければならない項目を知った上で一歩引いた目線で確認すれば、有益な情報を得られる可能性があります。掲示板に記載されている情報の中でも、特に注意してチェックする必要がある項目は以下の3つです。

誰が書き込みした内容か背景を見極める

クレジットカード現金化業者についての評判は、競合他社を貶めるために悪質現金化業者が優良現金化業者の悪口を記載するという営業妨害行為を行っています。悪質現金化業者は基本的に1人の顧客から多額の手数料とマージンを取っているために、1度利用した人があまりにも換金率が低いために2度と利用しないという悪循環を生み出している状態です。優良現金化業者ほど、掲示板への書き込みをしている時間的な余裕が全く無く、掲示板チェックすらしないことが当たり前になっています。優良現金化業者ほど実は悪質現金化業者による嫌がらせの書き込みが多く、良いという口コミが掲示板に広まっている中には悪質現金化業者による自作自演書き込みが含まれてしまっていることに注意しなければなりません。

匿名性が少ない掲示板ほど信用度合いが高まる

匿名掲示板として誰もが知る5ch.netと2ch.scは、一部の掲示板やスレッドのみID表示やワッチョイ表示による匿名性の回避措置が採用されています。同じ匿名掲示板であっても、ワッチョイ表示を導入していれば少なくとも複数回線と複数台のパソコンを導入して嫌がらせ書き込みを行うほど大規模な行動をしない限りは、面倒になって嫌がらせ書き込みを連発することがありません。一方、Yahoo!知恵袋といった相談型の掲示板では、回答者に対してベストアンサー履歴数が残るため、信頼性が高い回答を行っている人かどうかがある程度判別しやすいです。中にはカテゴリーマスターの称号を得た状態で書き込みをしている人がいるので、クレジットカード現金化業者に関する情報収集を行う際にある程度参考になります。しかし、カテゴリーマスターについては該当するカテゴリーの特定分野については博識ですが、クレジットカード現金化業者という本人の実体験以外に正解が無い分野については、カテゴリーマスターだからといった100%の信頼を寄せてはなりません。あくまでも最終的な判断は、掲示板に記載されている情報を読んだ本人による判定をしなければなりません。

裏付けとなる情報があるか

クレジットカード現金化は、現金化業者を使った取引と個人的に単独で行う高リスクな転売行為の両方が存在します。既にクレジットカード会社内で対策が行われている取引方法については、裏付けとなる情報が掲示されている場合を除いて残念ながら手放しで信用できる投稿とはならない点に要注意です。キャッシュバック方式を採用しているならば、必ず後日自宅へ商品が届くことがなければ商品売買契約の引渡しが行われていないことになるので、基本契約である商品売買契約が取り消し無効となってしまいかねません。また、商品買取方式ならば、古物商営業許可番号が正規に取得された各都道府県公安委員会に登録されているものであるという確認が必要です。公安委員会に届け出されている古物営業許可番号届け出一覧に記載が無い場合には、必ず認証済みの古物営業許可番号と名義について現金化業者へ問い合わせて確認してから現金化取引をしなければなりません。

外部リンクが付帯されている書き込みは怪しい

掲示板の情報を確認する際にうっかりしがちなこととして、外部リンクを付けて裏付け情報と勘違いさせる書き込みがあります。参考サイトという扱いだけでなく、オススメの優良現金化業者という触れ込みで外部リンクを載せている場合、リンク先アドレスにアフィリエイトリンクが付けられていないか確認しなければなりません。リンク先アドレスを確認することは、同時にブラクラと呼ばれている悪戯ツールが仕込まれていたりウィルスやワームが入ったサイトへの誘導により手持ちのパソコンやスマートフォンが乗っ取られるリスクが少なくありません。掲示板の投稿内容に外部リンクが含まれている書き込みは、なるべく読み飛ばしてリンク先を開かずに放置することがクレジットカード現金化情報に関しては有効です。

現金業者に関する情報を見極める2つのポイント

現金化業者に関する情報を見極める際には、数多くのポイントがありますが、特に重要な点は悪意がある書き込みや悪戯情報をいかにしてふるいにかけて参考対象外とするかという点が挙げられます。情報収集に強い忍びの者ならば誰もが習得しているようですが、助さんには盲点でした。

お銀
お銀
現金化業者に関する投稿から、助さんが参考にしたガセ情報については共通の特徴がありました。この際しっかり憶えておいて、嘘に惑わされないように気をつけて下さいね。
いつの間にかガセ情報を掴まされていたとは残念無念。是非とも教えて下さい。
助さん
助さん

深夜の書き込みほど参考にしやすい

クレジットカード現金化業者の大半は、電話連絡可能な時間帯とWEB経由での申し込み可能な時間帯が別途設定されています。一見すると24時間営業に見えていても、実際の営業時間は電話連絡可能な時間帯となっているので、現金化業者以外の信憑性が高い口コミ情報ほど深夜の書き込みが多くなるわけです。なぜなら、優良現金化業者は営業時間内は常に忙しく、ネット掲示板を見ている時間が無いからです。帰宅すれば仕事に関する情報には触れたくないと考えるはずであって、そもそも営業時間内の書き込み自体が優良現金化業者のスタッフには出来ません。一方、悪質現金化業者ならば少ない顧客から搾り取ることを重視しているので、カモとなる新たな顧客を自社公式サイトへ誘導出来れば仕事に繋がります。ライバルとなる優良現金化業者の悪い口コミを流して、相対的に良い口コミを自社サイトへ誘導することにより、新たな顧客を獲得しているからこそ深夜に悪質現金化業者が書き込みをすることは無くなります。結果的に現金化業者とは全く関係ない一般の書き込みが深夜には集まることになるので、昼間よりも深夜の書き込みほど信頼性が高い実際の口コミ情報となりやすいわけです。

単発の書き込みは信用度合いが低い

同一のハンドルネームや一致した書き込みIDによる複数の投稿は、検索しながら追うことである程度信頼性がどれだけある書き込みとなっているか系統立てて確認することが出来ます。一方、単発の書き込みは悪戯目的で偽情報を勝手に投稿して、後日掲示板が荒れていることを楽しむ愉快犯がよく行う手口です。このため、単発の書き込みほど信用度合いが低いと考えられることから、参考にする情報としては精度が低く流しても良いという状態となります。単発の書き込みがどうしても気になる場合には、自分で裏付けを取ることを条件として投稿内容を参考にすることが可能です。

自力で裏付けを取りたいなら現金化業者へ直接電話連絡してみると方法が有効

単発の書き込みについては信用力が低いものの、裏付けとなる情報を自分で確認してみれば有効性が分かります。具体的には、最も単純明快な方法として気になる現金化業者へ電話連絡により問い合わせてみることが望ましいです。

・取引方法についての質問ならば買取方式とキャッシュバック方式のどちらを採用しているのか聞いてみる
・手持ちのクレジットカードごとに還元率と現金振込額の両方を聞けば違いを教えてくれる
・本人確認書類として何を提出すれば良いのか問い合わせた時の反応で分かる

上記はあくまでも一例ですが、優良現金化業者ほど悪戯目的での問い合わせでは無いと判別出来れば、しっかりとした応対を行ってもらえます。一方、悪質現金化業者に電話連絡を行うと忙しいからと思い切りガチャ切りされてしまうことから分かるように、申し込み前提の問い合わせ以外は応対拒否する点が悪質現金化業者の特徴です。クレジットカード現金化業者の公式サイトは、更新頻度の多少が明確に取引方法により分かれてしまうので、一般的にデジタルギフト券買取方式が最も更新頻度が高く、キャッシュバック方式は低い傾向にあります。なぜなら、相場変動による影響を毎日受けるデジタルギフト券買取方法による現金化は、競合他社との競争環境が換金率に特化しているからです。キャッシュバック方式を採用している現金化業者は、オリジナル商品を取り扱うからこそ他社との競争はさほど厳しくありません。あくまでも現金化サービスに特徴を持たせているからこそ、丁寧な応対によりリピーターを増やそうという戦略で動いていることが分かります。単発の書き込みについての信ぴょう性は、自分で電話連絡してみることによりある程度判別出来ることを理解しておくと良いです。

クレジットカード現金化に関する掲示板の書き込みは信ぴょう性チェックが欠かせない

誰もが自由に書き込み可能な掲示板ほど、匿名性の高さから嘘や紛らわしい情報の書き込みが含まれてしまいます。現金化業者を利用する前に公式サイトには掲載されていない情報が欲しいなら、掲示板に書き込みされている情報の裏付け調査を自力で行えるよう確認する手段を複数用意しておくことが望ましいです。膨大な投稿内容から自分にとって役立つ情報を取捨選択することが出来れば、優良現金化業者を探しやすくなるはずです。