Pocket

最近は、通販や月額サービス登録をキャリア決済(携帯決済)に任せることが増えています。携帯の契約は比較的簡単で、クレジットカードの審査ほど持つことが難しいものでもありません。中には、決済を利用した現金化が出来ないかと考える方もいるでしょう。今回の記事では、キャリア決済を現金化するときの方法や問題点、注意点などについて詳しく解説します。

キャリア決済を現金化に利用できる?

ショッピングをするときに現金やクレジットカード、最近では電子マネーの利用が目立ちます。その中でも携帯電話の契約を利用した決済方法がキャリア決済です。そこで、現金化に利用することが可能かについて説明します。

キャリア決済の特徴

キャリア決済は実店舗ではそれほど導入がされていないが、ネットショッピングやウェブ上のサービスを受けるのに契約する時に使えるなどの利便性があります。特に契約している携帯電話があれば、ネットに接続できるだけで、買い物を済ませることができるなど、わざわざ別の決済方法を用意してカードスラッシュしたり現金を振り込んだり、クレジットカードを登録してショッピングをする必要がないという大きなメリットがあります。

キャリア決済の種類

キャリア決済には携帯会社ごとの種類があります。ドコモ、au、ソフトバンクが有名なキャリアで大手の三大携帯会社です。そのため、1つの会社が「キャリア決済」という方法を提供しているのではなく、各携帯会社と提携しているサービスが支払い方法としてキャリア決済を可能としていることになります。

キャリア決済をする場合に、たいていは3会社のキャリア全てが支払いで使えます。しかし、サービスの中には携帯会社独自のものであったり、一部のキャリアとは提携していない会社も存在するため、キャリア決済でドコモやソフトバンクが使えたとしてもauが使えなかったり、逆にauが使えてソフトバンクが使えないというケースもあります。

キャリア決済は現金化に規制がかかっている

最近の電子マネーを取引や売買での規制を見ると分かるように、キャリア決済は現金化に必要な電子マネーの購入を制限されるケースが増えています。例えば、現金化で有名な大手アマゾンのギフト券は、キャリア決済で購入することができません。アマゾン券を販売していた他の会社で以前はキャリア決済で購入可能だったところもクレジットカードだけにするなど、大きな変化が生じています。

以前までは、問題なくキャリア決済でギフト券購入をして現金化できていたにもかかわらず、それが急に出来なくなった訳です。その背景には、主に現金化防止がその根底にあります。キャリア決済の電話料金を一時的にも換金性の高い商品を購入して現金化できることを問題視したこと。元々、決済を携帯料金で一括に支払って、商品を購入したり通販やサービスを利用する目的でキャリア決済を導入したのであって、現金化のためにサービスを導入した訳ではありません。その裏技的な使い方までは感知しないスタンスだったところが、大手そろって問題として取り上げることになったのが電子マネーの部分に他なりません。

いまあるキャリア決済を現金化する方法

以前まで使えた方法が使えなくなるなど変化の激しい現金化の業界で、新たにキャリア決済を現金化する方法について説明します。

キャリア決済専門の業者で現金化

クレジットカードを現金化する場合、方法の一つに業者に依頼するというものがあります。それはキャリア決済も同じで、専門に取り扱っている業者に依頼して、キャリア決済の残高枠を現金化してもらいます。基本的には、クレジットカードで行う手続きと相違はなく、商品購入で依頼人の口座に振込みするというシステムを採用しています。

ポイントは、キャリア決済で使える枠で手間を掛けずに直接売ってしまうことが可能なところです。時間がなくて「とにかく一刻も早く現金化して欲しい」「今すぐにでも現金がいる」「余計な手続きを繰り返さずに手続きしたら振込みだけ待ちたい」といったニーズに対応できることがメリットでしょう。

反対に、デメリットとして大きいのは、ギフト券より低く元本の6割程度しかバックされないことです。ギフト券やクレジットカードの現金化は、枠を7~8割で現金化できる可能性があります。しかし、キャリア決済は、限度額が低い傾向にあり、使える範囲が狭く、実際に売買の取引をしている業者の数もクレジットカード現金化する業者より少ない点です。実際に、現金化の業者を見てみると分かるようにほとんどがギフト券かクレジットカードショッピング枠の買い取りであることが分かります。

通販でデジタルコード・商品券・カードを購入して現金化

業者にキャリア決済の利用可能残高を直接売る方法に対して、自分で一度ギフト券に変えてから間接的に買取へと持ち込む方法があります。それが通販などで買える個別の業者が販売するカードやギフト券です。

正規の販売ルートでは、キャリア決済を採用する時、ギフト券に該当するとシステムに判断されると支払い方法が制限されます。ところが、個別に売っている通販の業者の場合、実物を発送する通販の形でデジタルコードを送付してくれることがあります。つまり、見かけ上は購入商品だが、実質的にはデジタルコードのギフト券で本来はキャリア決済が使えないものを購入することが可能という寸法です。

キャリア決済で現金化の手順

選択や注意点などを含めながら大まかな手順をここで説明しましょう。

現金化の方法を選択する

キャリア決済を使って現金化するには、業者の購入手続きを経る、あるいはギフト券や商品を購入するといったことが基本です。そのため、どの方法で現金化するかを最初に決めなければなりません。

業者の選択

=業者の評判や売買の仕組みを確認する(業者を選ぶ場合)

キャリア決済は、クレジットカードほどの需要がないため、買い取りをしている業者の中には悪質なところが混じっている可能性があります。評判を確認して、具体的な手順に不振なところがないかを確認しましょう。

手順の説明がどこか曖昧であったり、電話などの説明に頼って外部に方法などを公開していない業者は控えましょう。電話の指示で間違った取引を誘導されてしまう懸念を減らします。どの業者か決まった後は、業者の指示にしたがって、口座情報や個人情報のやり取りで本人確認や振込先を伝えます。

ギフト券の場合は、どのギフト券で購入するかを選びます。ギフト券の種類によっては買取できないものや未使用状態でナイトそもそも買い取り対象にならないなどの注意点があるので気をつけましょう。

商品の購入

業者に依頼するにせよギフト券で現金化するにせよキャリア決済で商品を購入することになります。これはどちらも同じように現金化の手順で必要なのは、購入決済でデジタルな本人の認証による確認です。携帯機器(スマホやパソコン等)を通して、パスワードを入れたりします。携帯以外で購入する場合、パソコンなどと外部連携をする際の一時的な認証をして、決済を可能な状態にします。決済を通した後、購入が完了したことを通知などで確認します。

ギフト券購入を選んだ場合、業者ではなく自分で新たにギフト券を現金化できる業者を探すことになります。これまでのことから分かるように、ギフト券で間接的に現金化する場合は、業者にそのまま買い取ってもらうよりも手間が多くかかる訳です。

振り込みを待つ

業者が商品の購入手続きをしたことを確認してから振込みの手順に移ります。ギフト券の場合は、コードの買い取り手続きを終えると振込み待ちの手順に移る形です。指定口座に振り込まれるのを待って取引が完了します。業者の中には振込みがすぐのところもあれば、遅いところや振込みそのものを反故にする悪徳業者も存在するため完全に振込みが終わったことを自分の目で確認する必要があるでしょう。

キャリア決済を現金化することの問題点

キャリア決済をする場合の問題点の一つに、利用規約の違反に該当するケースがあることです。利用規約とは業者やギフト券ではなく、キャリアにあたる携帯会社の決済を使うための規約です。

決済使用の停止

違反のペナルティ覚悟で使用することが前提となります。現在、どの携帯会社も現金化を目的とした直接の換金を許諾していません。覚悟のない方は基本的にキャリア決済による現金化は不可と考えましょう。規約違反に当たる場合は、決済の使用が停止させられるペナルティを受けます。

携帯の利用停止・ブラックリスト入り

キャリア決済で頻繁に現金化したり金額が悪質な場合、携帯契約における通話など使用そのものが利用停止になることがあります。また、携帯の解約までいたると、そのような理由で解約されたことが詳細は不明でもブラックリストに入ります。分割購入でない場合、他のローン契約などには影響はないが、携帯会社間の信用にはリスト入りする可能性があり、以降携帯会社と契約が出来なくなる可能性などあります。

キャリア決済のデメリットについて

キャリア決済を現金化に使うデメリットが存在している以上、それを知った上で使う必要があります。

分割できない

クレジットカードと比べて、分割払いがなく、翌月か翌々月には現金化にかかった費用が請求されます。そのため、短期間に大きな金額を何度も現金化していると通話料が払えなくなり、結果的に融資やキャッシュローンと変わらないことになります。むしろ、雑費による所得が課税される分、現金化での費用負担や経費のロスが大きく、携帯が使えなくなる契約停止のリスクが高いことが分かります。

携帯の利用年数や信用度によって上限が低かったりする

携帯電話は契約した年にすぐ高額な取引ができないようになっています。何年かきちんと支払いを行って信用を重ねる(ヒストリーを良好化する)ことでしかできません。そのため、携帯電話を長年使ってきて、決済に使用することを許可している契約でしか、キャリア決済の現金化には数万単位での現金化はできません。

携帯料金の支払いが遅れたらキャリア決済を真っ先に止められる

現金化していない月の決済料金0であっても携帯の通話料が支払われなければ、決済を止められてしまう可能性があります。月を越えるとすぐにではなく、一定期日までに支払いが見られない場合は、決済の手続き許可を止めるのです。

また、現金化で生じた負債を支払う場合、クレジットカードの現金化枠と比べて、カードの停止だけでは済まず、携帯の通話まで止められる可能性があることです。すでに、キャッシュレスな時代に突入して、アプリや連絡など携帯に頼るケースが増えている中で、携帯電話が現金化の負担の影響で使えなくなることになってしまっては本末転倒です。

ログインや認証が必要で使用に手間がかかる

先に述べたように、本人確認のためのログインが必要で、商品を購入するときに都度実施することが必要です。クレジットカードのケースでは、一度決済が通り情報が入力されていれば使えるのに対し、キャリア決済は悪用防止の本人確認が厳重である点は安全性のメリットがあると同時に手間のかかるデメリットとなるでしょう。

スマートフォンや携帯を使用して、即現金化。お金が即欲しい人たちは、クレジットカード現金化について考えるのかもしれませんが、その場合はクレジットカードが必要です。

クレジットカードのショッピング枠が一杯であれば、もう実際にはクレジットカード現金化は不可能ですし、 クレジットカード現金化を繰り返したため、クレジットカード会社から利用停止の措置を受けてしまった……という人たちもいるでしょう。

スマートフォン・携帯で現金化する方法には、クレジットカード現金化ではなく、キャリア決済の現金化という方法があります。

もちろんクレジットカード現金化も利用出来る現金化の有効的方法ですが、現代社会にたくましく生きるために、キャリア決済の現金化というテクニックについても覚えておくといいでしょう。

いざという時、このようなテクが生きてくることがあります。

キャリア決済とはそもそも何か

キャリア決済というものが携帯を使用しているのにわからないという人たちがまだ多いでしょう。

幾分クレジットカード現金化の方が知名度が高いかもしれません。携帯キャリア決済とは、携帯で利用出来るクレジットカードのようなものなのです。近年では、段々とその実態を知る人たちが増えて来て利用人口も増えて来ています。お金がない人たちはいろいろな手段を模索しているのでしょう。

キャリア決済は、月々の携帯料金とまとめて支払いをすることが出来ます。

docomoでは、ipモード、spモードが設定されてあればOK、キャリア決済を利用することはいちいち申し出ないでもすぐすることが出来ます。
4桁のspモードパスワードで、キャリア決済対応のコンテンツや商品を購入することが出来ます。

auかんたん決済では、au walletクレジットカード、プリペードカードと連携をして利用することができます。

au IDがあれば、au walletに登録をしないで利用することが出来ます。

Softbankのキャリア決済はソフトバンクまとめて支払いです。デジタルコンテンツ、iTunes内、Google playなどのアプリの決済に利用することが出来ます。

キャリア決済の現金化の認知度

スマートフォン・携帯キャリア決済の現金化を利用するメリットは、クレジットカードよりも安全にECサイトを利用出来る点です。

クレジットカードの情報を、全部サイトに入力してしまうことに対して、それなりリスクがあると考える人たちが多いでしょう。大手信販会社でも個人情報流出という問題が頻繁に起きています。

しかし、スマートフォン・携帯キャリア決済では、個人情報をいちいち入力する必要はありません。4桁のパスワードを入力するだけで決済出来ることに非常に安心感があります。

クレジットカードは、年齢制限があり作ることが出来ない人たちがいますが、そのような人たちも、現金化を即することが出来ます。誰でも利用出来るのがスマートフォン・携帯キャリア決済の現金化のメリットです。

ほとんどの人たちが、現在、スマートフォン・携帯をお持ちでしょう。そして、au、docomo、SoftBankの携帯会社で契約をしているかと思います。

au、docomo、SoftBankそれぞれ、携帯決済することが出来る枠の上限があります。 現在、docomoの場合、月に最大で10万円まで利用することが出来ます。auかんたん決済も月に最大10万円まで利用することが出来ます。SoftBankの場合も、最大で10万円までです。

クレジットカードを誰もが持っているかと言えば、やっぱり現在急率が高いのは、スマートフォン・携帯の方です。そして、スマートフォン・携帯に、いろいろな可能性を現在模索している人たちが多いのではないでしょうか。「スマートフォン・携帯で現金化」という発想はもはやそれ程不自然なことではありません。スマートフォン・携帯現金化は当たり前のことをただ当たり前にしている行為に過ぎないのかもしれません。

どうしてもお金が欲しい方々は、このような方法を知っていればかなり助かるのではないでしょうか。

スマホ決済現金化で注意しなければならないこと

しかし、スマートフォン・携帯キャリア決済の現金化について安易に考えるとあとあと後悔することもあるので、そのこともお話ししておきましょう。

スマートフォン・携帯キャリア決済の現金化では、限度額の範囲なら現金化することは出来ます。しかし、現金化の換金率は……ということに触れれば、それ程高い訳ではありません。

スマートフォン・携帯キャリア決済の現金化換金率の相場は、60~70%程度と言います。75%程度の換金率なら、高い方だと思い満足しなければならないでしょう。

クレジットカード現金化ありますが、そちらでは換金率は、75%程度と言われているので、どちらかと言えば優先順位はクレジットカードの現金化が先なのかもしれないですよね。

そして、キャリア決済の現金化は、原則、支払い方法は、一括限定払いのみということになります。ですから、低い換金率で妥協してしまったから、あとあと支払いに苦しんでしまうということがないようにしなければなりません。

冷静に考えると、40%近く損をしてしまう取引は、やっぱり受けるべき取引ではないのかもしれません。

それでも現金化を受けてしまうのは、みなさんがお金を欲しているからです。苦肉の策ともいうことが出来、本当にお金を欲している時以外、使用する方法ではないのかもしれません。

実際に、こんな感じで割りが悪くても、利用している人たちはかなり多く、ネットではこのような方法のノウハウの記事がかなり多く露出をしています。このようなところに不況の影が見え隠れしているのかもしれないですよね。

実際にはスマートフォン・携帯キャリア決済の現金化には裏技があった

中には、いい情報を提供しているインターネットサイトもあり、スマートフォン・携帯キャリア決済の現金化で換金率90%を実現している人たちもいると言います。これはなんとしても聞き逃すことが出来ない大きな情報です。

答えを急げば、 キャリア決済で、ギフトカードを購入して、高い換金率で買取してもらうことです。スマートフォン・携帯キャリア決済の現金化では、ブランドなどの商品を購入して、換金率の高いものを目指して行きます。

しかし、このようなブランドは、中古として叩かれてしまうだけなので、低換金率の事態を招くことになります。しかし、ギフトカードに対応してくれている現金化業者に依頼をすれば、キャリア決済の現金化でも、換金率は高い率を維持することが出来ます。

そもそもギフトカードには、中古という発想は存在していませんし。

キャリア決済の現金化の方法

docomo、SoftBankで、キャリア決済という場合、Amazonギフト券を以前は購入することが出来たのですが、現在は出来なくなってしまったようです。ですからdocomo、SoftBankの場合、現金化するため、iTunesカードをそれぞれオンラインショップから購入して来て、業者に買取してもらうことになります。

auの場合は、AmazonもiTunesカードも利用することが出来ません。ですから、ここでは、auWALLTを使用して行うことになります。

auかんたん決済で、auWALLTにチャージして、 Amazon.co.jpでauWALLTをクレジットカードとして支払い方法に追加します。

auWALLTで、Amazonギフト券Eメールタイプをチャージした額の分だけ購入します。そして、Amazonギフト券を売却します。

キャリア決済の現金化は違法ではないのか

スマートフォン・携帯キャリア決済の現金化はそもそも違法なのではないでしょうか。そんな思いがあれば、やっぱり行動も鈍ってしまうでしょう。

しかし、スマートフォン・携帯キャリア決済の現金化は法的には違法ということではありませんので、そのような意味では安心して現金化してもらって構わないです。

一方でクレジットカード現金化という方法がありますが、あっちの方がよっぽどグレーといえるでしょう。以前、逮捕されてしまったクレジットカード現金化業者もあり、彼らは「架空決済」をして決済した額の一部を利用者へ現金化として渡す方法を取っていたようです。

キャリア決済の現金化はどうかといえば、 商品をしっかりあなたが購入して、購入した商品をしっかり買取してもらう作業をしているので、現金化に対しての違法性は感じないですね。

ですから、法的には安心ということが出来ますが。ただし、携帯会社と向きあったときに、携帯会社は決していい顔をしていない事情があります。そのあたりの問題もしっかり把握しておく必要があるでしょう。

スマートフォン・携帯キャリア決済の現金化は、そもそも携帯会社が規約違反としている項目なのです。

ただし、キャリア決済の現金化を利用して、携帯会社に発覚するケースも非常に少ないと見ていいでしょう。しっかり返済計画をもって向きあう分には、何事も問題は起こらないと見ていいですが、支払いが滞ってしまったりした場合、携帯会社の調査など入り、規約違反が発覚してしまうかもしれません。

実際に規約違反をして処罰を受けてしまった場合、 キャリア決済の利用制限の処罰が下る可能性もあり、キャリア決済の利用停止になってしまうこともあります。

それ以上の重い処罰のケースも実際にはあると言います。携帯電話の強制解約ということになってしまえば、あとあと本当に後悔してしまうでしょう。

更に、 ブラックリスト入りという問題も抱えてしまうことがあります。

スマートフォン・携帯キャリア決済の現金化をしない方がいい理由

スマートフォン・携帯キャリア決済の現金化を出来るだけしない方がいい理由は、携帯会社は決していい顔をしていないからです。

キャリア決済の現金化をしてしまうことで、利用規約にも違反してしまうことになります。更に一括返済しか出来ないということは、あなたにとって相当デメリットは大きいのではないでしょうか。

キャリア決済の現金化でいい思いをしても後々つらいツケを背負ってしまうだけかもしれません。

そして、やっぱりキャリア決済の現金化は安易な方法であり、あなたの負債を増やすだけの行為で、あなたの人生計画を狂わせてしまう行為かもしれません。

する時には、本当にして大丈夫か、更に本人に問いつめる必要があるのではないでしょうか。ついつい、このような安易に現金化出来る方法について知れば、甘い罠に引き寄せられて繰り返す人たちがいます。結果、借金地獄になってしまったという人たちの例もあります。

まとめ

いかがでしょうか。いざというとき、クレジットカードの現金化とともに、スマートフォン・携帯キャリア決済の現金化について知っておくことで救われることがあります。

ただし、現金化には注意事項もあります。しっかり計画をたてておこなうようにしましょう。安易な「借金」は、あとあとあなたに大きなツケとして累積してしまうことでしょう。
携帯会社が厳しく監視してくれた方がいいと後々思う時もあるかもしれません。