メルカリで現金化できるという話を聞いたことはありますか?クレジットカードのショッピング枠を利用して商品を売ったりすることでできる現金化は、オークション同様にメルカリのアプリでも利用することができます。そこで、今回はメルカリの現金化について解説します。
メルカリで現金化する上で知っておきたい売買と禁止行為
メルカリを使って現金化している方もいるでしょう。ここでは、初めてメルカリで現金化する方にもわかるように、具体的なメルカリの特徴や仕組みについて説明します。

メルカリとは

メルカリは最近流行のスマホアプリを利用した物品を第三者に気軽に売買できるフリーマーケットです。似たシステムのヤフオクは昔から流行していた方法で商品を出品して入札で売れるオークションサイトであるのに対して、メルカリは、いらないものを必要な人が購入できる売買アプリとしての役割が強いサイトです。

メルカリで有名な現金出品の歴史とは

メルカリで一つの事件として有名になったのが現金出品です。以前は、フリマアプリとして紙幣や硬化等を売買することができたため、付加価値のある紙幣(希少な番号など)が取引されたことがあります。しかし、現在では、現金に余計な利益を含めて高額で出品すると違法であることが示されるなどしています。過去にメルカリの運営側は、早急に現金の出品を禁止にした経緯があります。これによって、現金を出品すると、出品が運営に削除される仕組みです。

禁止されている項目

オークションなどネット販売をする上で薬事法で販売に資格のいる薬などが取引禁止であるように、現金の売買は不可というのがサイトでの方針です。個人販売に対しては、許可のない物品の取り扱いができないのは当然です。また、現金だけでなく、仮想通貨も現在では取引の対象にしないことがメルカリの規約に明記されています。

仮想通貨が禁止対象になった背景

近年、一気に海外で人気になり、日本でも仮想通貨でやり取りする人が増え始めています。メルカリでは通貨に関連するものや具体的な物品ではないものの出品を基本NGとして扱っています。すなわち、現金化をする上でショッピング枠などを現金や仮想通貨に直接変えることはできません。

メルカリで現金を販売すると「出資法違反」になる

ここ数年で実際に現金を販売して逮捕された人が10人程度います。公表されていない数も合わせるともう少しいるでしょう。メルカリで現金を出品して売っていることが現金化の逮捕理由としてよく挙がる「出資法違反」に該当することが分かっています。

出資法違反とは?貸し金のルールで逮捕される

出資法違反は、本来、金融業会の法律で、お金を貸す時に一定以上の利子で貸し出してはいけないことを決めているルールのことです。そして、現金を販売して多額の利益を得た場合、その余剰分を利子とみなした出資法違反として取締りが行われる訳です。現金化をするために商品を売ることは問題ありません。ですが、現金化したい人のために現金を売る行為は違法になる可能性が非常に高いといえるでしょう。実際、逮捕者が出ていることから出品内容(元値より高額で紙幣を売るなど)によっては犯罪として扱われています。
安心のメルカリ独自の決済システムが現金化に向いている?
メルカリには信頼できる決済システムがあります。それを使って現金化するにはどうすればよいのか説明します。

メルカリで必要な出品・落札手数料0円の仕組み

オークションサイトに出品の手数料がかかるように、メルカリでも費用が発生します。出品自体には手数料がかからないので、いくら出品をしても売れない限り手数料が発生することはありません。ただし、メルカリの場合、例外的に「コンビニ/ATM/キャリア決済」で100円の手数料が必要になることは注意が必要でしょう。

販売手数料10%が引かれる

出品しても売れなければ手数料は発生しないと記載しましたが、販売して成功した(落札された)場合は手数料が発生します。オークションでも割と多くヤフオクでも採用されているシステムです。商品価格の10%の手数料が販売手数料として発生します。この手数料は運営に必要なもので、サイト経営には費用が必要ですが、その捻出には広告費によるマネタイズや直接利用者から手数料として取らなければシステムや人件費を維持することはできません。

この段落でのポイントは、現金化する上で、10%は引かれることを前提に進めなければならないことです。売れた場合に、現金化できるのは、100%からマイナス10%で最高でも90%である訳です。ショッピング枠などで商品を購入した場合、売るときの価格差も存在するので、それが5~15%(平均10%)とすると、90%からマイナスで5~15%となり、現金化の換金率は75~85%と考えましょう。

振込み手数料

それから振込み手数料として1万より金額が小さければ手数料の「210円」が発生します。現金化ではそれほど問題にならない額ですが、小物を売って少しずつ現金化する方は要注意です。回数を繰り返せば5回で1,000円は超えます。ただし、1万以上の出金で手数料は無料となるので、期限の1年以内であれば使わずにそのまま残して貯めて出すという方法もあります。

決済システムが安全な理由

メルカリでは現金振込みや支払い方法に直接出品者に現金を渡すのがすべはありません。すべて、メルカリに一旦支払いをしてから、出品者へと費用が渡される仕組みです。そのため、出品者と購入者の双方に大きなメリットがあります。それは余計な金銭的トラブルを生じさせずに、取引を完了できることです。

落札者からすれば支払い金を持ち逃げされることはなく、出品者からすれば、スムーズな取引で完了まで進めます。そのため、安全な決済システムではない、直接の銀行振り込みによる購入者の支払い方法がメルカリにはありません。現金化したい方にとっては、時間のかかるメルカリの出金システムで現金を出さなければならないのが少しネックですが、それさえ問題なければ現金化に向いているフリマアプリでしょう。

振込みまでの時間は長い?申請と振込み期間の概要

現金化には何といっても口座に現金を振り込んでもらう必要があります。その方法や期間の特長について説明します。

振り込み申請の方法と振込みまでの期間

メルカリではシステムによる振込み機能が存在していて、それを経由しないと売った商品を現金として戻すことができません。その場合、売上金を「売上・振込申請」からメルカリに自分の口座に振込んでもらうための申請をします。手数料は前述の通り、1万円を超えれば費用はかかりません。

曜日で決まっている出金期間

申請から出金にかかる期間がメルカリには存在します。それは、月曜までが申請期限で、金曜日に振込みを毎週繰り返していることです。つまり、火曜日に出金申請を出すのも日曜日に出金申請を出すのも大して変わらないことになります。火曜日から月曜日まで締め日を待ち、そこから金曜日に振り込まれるので最長でも11日、最短でも5日、振込みまでに規定の日数がかかります。以上から、即効性の高い現金化手段として使いたい方は、メルカリの使用は向いていません。

仕入れと振込みの日数合計

振込みまでにかかる日数と、商品の仕入れ、出品から落札で取引が終了するまでと振込期間に最低でも2~3週間、場合によっては現金化まで1ヶ月以上はかかります。時間的な猶予がない方や手間のかからない現金化が希望する方は別の現金化手段を選びましょう。時間はかかっても安全で確実に現金化したいという場合や普段からメルカリを利用している場合には現金化に向いています。

売上金は現金にしなくても使える

メルカリでは、売上金を利用して、他の商品を買うことができるというサイトの特性があります。そのため、「売上金を使う」という選択肢を支払い方法で選び、メルカリの商品を買うことができます。普段からメルカリで必要な物資を購入していたり、その一部に現金が必要だった方は、メルカリで購入していらなくなったものを改めて売ってまた別の商品を買うという有効な使い方ができます。ですが、現金がすぐに必要な場合には正規の手順で口座に出金してもらう必要があります。