「お金がすぐに必要!」という場合、お金を融資するということは一番ポピュラーな資金策です。
融資をしてお金を工面する際、どこから融資すればいいのでしょうか。

■融資をするなら銀行カードローン

カードローンは、いわゆるお金を借りるための商品です。
様々な金融機関で取り扱いを受けているものですが、カードローンはとりあえず申し込んでおけば、後で必要になり、お金を融資するという時にとても便利です。
その中でも銀行のカードローンは比較的利息も低めですし、自分が普段から口座として使っている銀行のものならば引き落としや振り込み借入などをするときに便利です。
しかも、普段から使っている銀行ならば信用も高いので安心して使うことができるでしょう。
利息なども、消費者金融のように高くなく、安心して借入をすることができるという点が、大きな利点だと言っていいでしょう。

■仕事をしていて収入があれば審査は問題なし

銀行のカードローンは、安心して信用できる金融機関から利用することができるので非常に使用者が多いです。
ただ、銀行カードローンは信用度が高い分審査もかなり厳しいです。
細かな条件などが設定されているので、ちゃんとした生活を営んでいないと審査を通過するのが、とても厳しいと言えます。
しかしながら基本的に、今までカードローンや消費者金融の利用、クレジットカードのキャッシングなどを使用したことがない人は信用情報が汚れていることはないので、問題なく審査が通るでしょう。
ただ、第一条件として収入が安定しているということが条件で、それが確認できないと審査が通らないことが多いです。

■銀行カードローンのメリット

この銀行カードローンのメリットは、他の金融機関などで借入をするの比べるとかなり低金利で融資をすることです。
更に、銀行ローンとは違い、担保や保証書なども不要なので、とくに何らかの保証をしなければいけないということはありません。
消費者金融だと、およそ金利は5%から18%くらいが多いのですが、銀行のカードローンの利息は3%から15%くらいで、かなり低金利だと言えます。
担保も保証もいらない上、金利が不要でお金を借入することができるのは、他の金融機関と比べても大きなメリットだと言えるでしょう。

クレジットカード現金化のランキングはこちら

関連記事