お金を工面するのは大変です。
とくに、給料日というのは基本的に決まっているのでその日まで待ってもらうということは中々難しいですね。
さて、そんな時に一時的にでもお金を工面する手段の一つがあるのを紹介しましょう。

■不動産を担保にお金を借りる
お金を工面する際に、最もポピュラーな手段と言えばやぱり融資を受けることですね。
そして、その融資を受ける際に確実性を高めるためにというのが不動産を担保にすることです。
不動産というのは、土地や建物のことを示しているのですが40代くらいになってくるとやはり持家などを持ってくる人も多いでしょう。
ローン利用をして購入する人も増えてくるわけですが、その資産を担保にかけることによって融資を受けやすくするという手段があるんですね。
とくに、銀行などは不動産を担保にするだけで非常に融資を受けやすくなりますので、お金を工面しようと思ったらまずは不動産を担保にすることも考えてみましょう。
不動産を担保にすれば、無担保でも出来なかった高額融資も可能になる可能性がありますからね。

■担保があれば審査を通りやすくなる
不動産を担保にすることで融資しやすくなる、というのは金融業者だけではなく例えば、審査が非常に厳しい大手銀行などでも融資を受けやすくなるんです。
金融業、というのは基本的に利息を利益にしていますので利息は担保を設定しても利息の変更はないのです。
しかし、銀行の場合は担保を設定することによって不動産の価値次第では、厳しい審査を通りぬけやすくなるんですね。
担保価値が高ければ、例えばブラックリストに載っていたりするような人や、あるいは総量規定がかかっている人でも融資を受けることができる場合もあるのです。
なので、お金を工面しなければいけないけど融資がすでに無担保で受けることができない状態だ、という人はとりあえず不動産を担保にしてから大手銀行などに相談をしてみると融資しやすく利息も下がるという可能性もあります。

■返済計画を立てれば不動産を担保にしても大丈夫
不動産を担保にすると、確かに高額の融資をすることができるという利点はあるのですが、担保というからには当然返済が滞るようなことがあれば不動産の所有権を手放さなければいけなくなります。
なので、不動産を担保にして融資を受ける際は必ず確実な返済計画を立ててから融資を受けるということを忘れないようにしましょう。
融資額に関係なく返済できない場合は担保にした不動産を手放さなくてはいけなくなってしまいます。
なので、必ず融資を受けるという場合にはどういう風に返済をしていくのか、という計画をしっかりと立てていくことが重要になります。
たくさん持っているうちの不動産の一つを担保にする程度のことであれば売却してしまっても構わないかもしれませんが、どうしてもお金を工面しなくてはいけない上に持家を担保にしてしまっている場合は大変なので必ず返済をしましょう。

クレジットカード現金化ランキングに戻る

関連記事