paypayのアプリをご存知ですか?電子マネーとして登場し、大勢の利用者を獲得した人気の決済手段です。アプリにチャージして登録したはよいが、現金化の情報についてはSNSやサイト等の発信する現金化知識はどれも不十分です。

それでも、「paypayが最近話題だけど、アプリの残高を現金化したい!」、「チャージ分を現金化して取り戻したい」など、ポイント還元やチャージ分がすごく余ってしまったという方もいるでしょう。

そこで、今回の記事では、paypayのチャージ残高は現金化できるのか。もしあるならどんな方法かについて解説します。

paypayの残高を現金化することはできない?

paypayの残高は現金化できないことはあまり知られていません。ここでは、残高を現金に出来ない主な理由について説明します。

paypayとは

paypayは、現金を使わずにスマホ一台でアプリを通して支払いが可能な方法です。店頭で買い物をした時に、スマホノコードを読み取ってもらうなどして、会計を済めせるものです。

支払額を確認して小銭を用意する必要がないなど、キャッシュレスを目指す電子マネーと広がっています。ポイントは、小銭などのお財布が必要なくなる点です。2019年の段階で通販にも決済タイプするなど、実店舗からオンラインショップまでの幅広い利用を視野に入れてアプリが提供されていることが分かります。

paypayには出金機能がない

では、肝心のpaypayの残高による現金化はどうか。実は、paypayは現金化できない電子マネーに分類されます。その理由は、チャージしたpaypayには出金機能がアプリに実装されておらず、銀行口座などで直に現金化することが出来ません。

また、アマゾンのようにチャージ前にギフト券のコードを買取してもらうという方法も使えません。理由は、クレジットカードやATMの入金、Yahoo!マネーによる支払い等で残高をチャージしたときに、すでにチャージ状態になり、チャージ後の残高か現金・クレジットショッピング枠残高(未チャージ)のどちらしか存在しないためです。

出金機能は将来的に考えていることを示唆していて、「今後、出金できる新しい電子マネーを提供予定です」とアプリに表示されることが判明しています。2019年時点で出金対応の詳細は不明です。

paypayのお得な使い方

飲み会や何かの支払いを代わりに友人にしてもらうなどして、誰かに代金を補填したい時にpaypayを使って送金することが可能です。割り勘で複数の人から代金を頂戴したい時にも使えます。しかし、送金はあくまでもpaypay残高に送られるもので、最終的な銀行口座からの出金はできないことに変わりはありません。そのため、出金はできないが、paypayは送金が使えるのでお得です。

還元のキャンペーンが話題に

paypayが有名になった理由の一つには、「100億円あげちゃうキャンペーン」が挙げられます。高い還元率で100億円が終了するまで還元ポイントを狙ってアプリが認知されたことも大きいでしょう。20~100%という高い還元率でポイントが付与されることを期待したことが上手くアプリの利用者増加に繋がった事例でしょう。ポイント還元でお得に買い物をして、さらに次の買い物に繋げられる訳です。現在でも、一部のポイント還元は有効であるため、上手く利用してポイントを活用しましょう。

チャージ残高の支払い方法と有効期限

2つの支払い方法に対応
コンビニや百貨店などpaypayが使えるお店には複数の支払い方法に対応しています。中でもpaypayは大きく分けて二つの支払い方法があります。

● 方法1:お店側のコードをスキャンして支払う方法
● 方法2:店員がスマホに表示されたコードをスキャンして支払いを済ませる方法

方法1は、自分で金額を入力して決済をする必要があるため、支払い完了までに手間取る場合があります。方法2はかなり短時間で支払いできます。

チャージ後は5年の有効期限

paypayの残高には有効期限が設定されていて、それが5年までと決められています。つまり、チャージしてから5年韓はポイントがそのままで、5年経つと消えてしまう訳です。もし、チャージしたにもかかわらず、その一部しか使わないで余ってしまった残高は、早めに使ってしまうのが懸命です。残念ながらチャージされた残高を現金化するのは難しいので、コンビニの買い物して使い切ってしまうか、誰かにポイントを送金で贈与すると有効期限のリセットは可能です。
現金化を出来る唯一の手段はコレ!
さまざまな現金化がある中で、paypayは残高やギフト券を使って現金化できない両方不可の電子マネーです。

paypayでギフト券は買えない

他人への贈与はギフト券ではなく、送金式であるため、裏技的にそれを現金化することも不可です。特に、iTunesカードやアマゾン券が購入可能と間違った情報を載せているサイトもあるので注意が必要です。SNSでは、確かに購入できるという情報が流布されていて、本気で帰ると思ってしまう方もいます。

しかし、その間違ったケースでは、ショップやコンビニ店員の中には、金券の購入に「現金のみ」であることに気づかず、paypayで決済を進めてしまうことがあるからです。実際は禁止されているので、規約やルールに違反した支払い行為が行われたことになります。基本的にカードタイプでチャージできるような金券購入は出来ないものとして認識しましょう。
オークションは支払い方法に制限
たとえ、ヤフーショッピングやヤフオクのオークションサイトでも金券の支払い方法は、現金の振込みなどに限られます。このように、金券カテゴリ周辺は支払い方法が制限されるのが特徴です。よくあるケースでは、オークションに出品した売り手が、金券ジャンルの支払いをクレジットカードも決済可能と間違った認識で紹介分に載せてしまうなどです。実際には、ヤフオクのYahoo!かんたん決済でさえ、直接支払う形の方法しかできず、クレジットが使えないのが現状です。

現金化で残された数少ない手段

ギフト券がNGとなると、paypayを現金化を間接的に現金化できる方法は、製品購入して転売する方法だけに限られます。転売は、現金化効率がかなり悪い方法であると同時に、換金率の高い一部の商品や高額商品で大きな金額を消費して一気に現金化するしかありません。特にまとまった金額分を現金化するとなれば、売れていて、換金率も高いものでないと、換金率が6割いかないこともあります。

買い取りセンターなどでは半分以下や値が3割以下もありえるので、ネットオークションや個人で出品するショッピングサイトの利用などで買い手を探します。ところが、バカ売れしている製品、あるいは品切れするような品でないとすぐには売れないため、確実に売れる保証のない状態で購入してしまうと、在庫だけが手元に残ってしまいます。

換金率の高い品を転売する方法と注意点

使えるお店で換金率の良いゲームや家電を購入して転売します。コンビニ各店は金額の大きなものが売っていないため、家電量販店のコジマ、ケーズ、エイデンなど、それから百貨店、衣類、オートモービル(車)関連のお店で転売商品の購入をするのが効率が高いでしょう。

転売以外に換金できるなど、甘い話に乗らない

現金化が買い取り型の場合、ギフト券が主流の方法です。クレジットカードからpaypayに一度チャージしたら戻せないので、結果として転売しか方法がなくなことが主な理由でした。そこで、転売以外のアカウント自体の転売や送金の代金化など、稀に話がもたらされることがあります。しかし、ギフト券の買取(営業資格あり)やクレジットカードの枠買取(売買の許可)など正規以外の方法は、トラブルに巻き込まれるケースが多々あります。それは、通常の方法でも現金化が難しいために裏の手法を使ってしまうがゆえに、訴え出ることが出来ないという心理が働くためです。

取引の成功は、手続きの内容に違いはあっても、最後に希望金額が振り込まれるかどうかです。正規以外の方法を使った悪質な人の手口では、この最後の手順が上手くいかないケースもあるので、終わりまでしっかりと振り込みがあるかを確認できるまで安心できません。送金はしたがお金が振り込まれないなど。

クレジットカード(現金化で)できたことがpaypayにはできない

現金化でよくあるクレジットカード。その枠売買においても注意喚起やトラブルが発生するので、新しいpaypayの決済の仕組みを利用したトラブルが起こる可能性は十分にあります。クレジットカード現金化の場合、クレジットの番号を業者に知られて悪用されないようにしたり、間接的に現金化できるように大手サイトでギフト券を購入した後、それを買取する業者に依頼するのが一般的です。現金化のスタイルにこだわらない場合は、優良な業者を選んでそのまま現金化の手続きに入るなどの方法も紹介されている。

しかし、paypayについての現金化の情報はつい最近のため参考に出来る情報がほとんどありません。中には先に挙げたような間違った情報サイトで読者を混乱させる事案も発生しています。それから、現金化できる業者の選択肢がプリペイドカードではギフト券に縛られるが、クレジットカードは通常通り業者で現金化できる。これがギフト券の有用性ですが、paypayにはそれもないため、現金化には向かない、キャッシュレスとポイント還元に特化した方法であることを理解しましょう。

まとめ

普段からpaypayの使えるお店で買い物をしない方は、チャージ額をよく考えて、クレジットカードなら現金化しやすいギフト券や直接枠を買い取ってくれる業者に依頼するのが最適でしょう。転売の方法は、換金できないリスク(在庫化)や換金率の低さが目立つので、初めから現金化のために使うのには適しません。