Pocket

電子マネーって何?と言う方が多い現代社会ですが、そのような人たちも知らず知らず電子マネーと直接ふれあう時代となったようです。

おさいふpontaとは

みなさんが頻繁に利用しているローソンでも電子マネーがスタートすることになりました。それが、ローソンおさいふpontaカード、またはおさいふpontaです。

実際にはじめて使用する人たちはどうやって使えばいいかわからないですよね。そして更に非常にわかりづらいのは、「pontaカード」というものが存在して、pontaカードのことをおさいふpontaと思っている人たちもいるかもしれません。

ローソンだけでなく、
ゲオやガソリンスタンドの昭和シェル、そしてケンタッキーと言った場所でも、お得にポイントを貯めることが出来るpontaカードですが、以前pontaカードを使用している人たちがほとんどだったでしょう。

実際におさいふpontaというのは、ローソンがリリースした電子マネー機能付きのポイントカードのことで、pontaカードとは別物です。

おさいふpontaは、電子マネーのジャンルの入れることが出来ますが、pontaカードは、電子マネーではありません。おさいふpontaもpontaカードもどちらも無料で入手することが出来ます。

おさいふpontaは、JCBプリペイド機能、つまり電子マネー機能を持ったカードのことであり、プラスαpontaカードのことです。

ですから、違いがどこにあるのかと言えば単純に電子マネー機能がそなわっているか否かということになります。

おさいふpontaを持っている人たちは、電子マネーの機能を使用して、支払いにも対応することが出来ます。ローソンのお店で、チャージしてJCBが使える全国のお店でなら支払いをすることが出来ます。ローソンのカードでも、セブンイレブンでも、イオンでも、インターネットショッピングでも、どこでも使用することが出来るのが大きな魅力です。

カードを提示して現金払いした場合には、ローソンでは100円で1ポイントゲットすることが出来、Ponta提携しているお店では、100円~200円で1ポイントゲットすることが出来ます。

カードを提示して電子マネー払いのケースでは、ローソン:100円で1ポイント+500円ごとに1ポイントゲット出来、Ponta提携のショップでは、100円~200円:1ポイント+500円ごとに1ポイントゲットすることが出来ます。

おさいふpontaは、従来あったpontaカードよりもかなり効率的にポイントを貯めることが出来るメリットがあります。

貯まったポイントは、Pontaカードと同様に使用することが出来、Ponta提携のお店で1ポイント:1円として使うことが出来ます。(1回の利用上限は20,000ポイントまで)

おさいふpontaは、使用する上で注意しなければならないポイントがあります。それは、おさいふpontaにチャージした電子マネーは、最終利用日より2年で失効してしまうことです。おおかた、一回チャージした電子マネーに対しては、ほとんど有効期限がないため、敢えておさいふpontaで注意しなければならないポイントです。

更に、おさいふpontaは、JCB加盟店で利用することが出来、ポイントを貯めることが出来ますが、貯めたポイントはPonta提携社ではなく、JCB加盟店の方では利用することが出来ないので注意が必要です。

今後、pontaカードを、おさいふpontaに移行という方々も段々と増えて来るのではないでしょうか。今後、それ程メリットは感じないという人たちも、いろいろ機能や特典が付加すれば、関心をもって向きあうようになってくるでしょう。

おさいふpontaは電子マネーなので、いざという時、電子マネー現金化をすることが出来るメリットもあります。

更に、pontaカードのポイントの現金化を考える方々もいることでしょう。

おさいふpontaの使い方

実際におさいふpontaの使い方についても見てみましょう。こちらの方でもpontaカードとの違いを見つけることが出来るでしょう。

まずは、ローソンでおさいふPontaをもらい、チャージです。

全国のローソン・ナチュラルローソン・ローソンストア100で現金チャージという方法もありますが、その場合には、レジでお店の人にチャージしたい金額を伝えてください。

1回につき1,000円以上30,000円まで1円単位でチャージはすることが出来ます。

店員さんにチャージしたい金額を渡せば、作業は完了です。

また、おさいふpontaなら、ローソンのお店までへいちいち出掛けて行かないでも、いつでもクレジットカードの方からチャージすることが出来ます。

まず、そのためにはクレジットカードの登録が必要になって来ます。サイトにログインし、メニューの中には、クレジットカード登録の項目があります。

クレジットカードの番号などの情報を入力すれば、クレジットカード会社の本人認証サービス利用画面が表示されます。パスワードを入力して、本人認証を済まし、カード名義を入れて登録は完了です。

クレジットカードからチャージ出来る金額は、1回のクレジットチャージでは、1,000円以上10,000円以内です。更にチャージ上限額は、月額計10万円までということになります。

ここでは、敢えて扱いませんがクレジットカードをお持ちなら、現金化の方法にはクレジットカードの現金化もあります。(換金性の高い商品を転売)

お金がどうしても必要な時には、そのような選択肢もあるかもしれません。ただし、クレジットカード会社では、そのような行為は禁止しているケースがほとんどなので、そのあたりの問題も注意して行動するようにしましょう。

いったんチャージしたお金は、原則的には戻すことが出来ないとされています。一度おさいふPontaにチャージした残高に対しては、ローソンなどのPonta提携社・JCB加盟店・ネットショップどこかのお店で使い切る必要があります。

実際に、クレジットカードの現金化という選択肢は少なからず考えることでしょう。

pontaカードのポイントの現金化

pontaカードで結構ポイントって貯まりやすいですよね。使いたいと思うものの、欲しいものがないときってあるのではないでしょうか。期間限定のポイントの設定などある時には、早めに使用しなければならないでしょう。そのようなとき、まず、pontaカードのポイントの現金化について考えます。

実際には、そう考えるものの、ポイントを直接現金化する方法はありません。しかし間接的ステップを踏めばそれが出来ない訳ではありません。

Pontaカードのポイントは、そのままの状態で維持していると、なかなか使いづらい盲点があったりします。しかし、このような時、dポイントに替えるという視点に立てば、amazonギフト券に交換も簡単に行うことが出来るでしょう。

dポイント経由で、Amazonのギフト券に替えることが出来れば、
9割以上の価格で買取をしてもらうことが出来ます。

このような時は、換金率がどうか……ということもしっかり踏まえて考えていかなければなりません。

LINEギフトコードの売買というよりもこっちの方が手軽で、換金率もいいですよね。

dポイントというのは、docomoが発行しているオリジナルのポイントですが、docomoと契約をしていないでもポイントを利用することが出来、いろいろなサービスに活用することが出来ます。

Pontaカードポイントをdポイントに交換することが出来れば、dプリペイドカードにチャージすることが出来ます。

あとは、買い物でも、一気に選択肢は膨らますことが出来るでしょう。

他に、Pontaカードの直接交換先に商品券の選択肢がないでも、ショプリエというアプリなど使用すれば、それが可能になります。

ショプリエというアプリはリクルート系のアプリですが、ここでPontaカードポイントで買い物をしましょう。ショプリエを使った現金化は、結構簡単に行うことが出来ますが、若干時間がかかってしまうことはここでの注意しなければならないポイントです。

大人しく待っていれば、指定住所にギフト券が発送されてくるでしょう。ですから、お金が欲しい時に、即現金化出来る方法とはちょっと言い難いかもしれないですよね。

おさいふpontaの現金化

おさいふpontaは、現金との併用が出来ないので、余ってしまった残額を最後まで使い切るってなかなか難しいワザです。実際に、このままおさいふpontaを使い続けるのなら、チャージすればいいだけなので難しいこともありませんが、利用を中止したいから使い切るには……ということを考える人たちも少ない訳ではありません。

おさいふPontaは、JCBブランドのプリペイド機能付きカードです。ですから、ここでも簡単に現金化について考えるのなら、オンラインショップでAmazonギフト券を購入してしまうことです。

Amazonのギフト券は、1円単位で購入することが出来るから、残高ピッタリの額のものを購入することが出来ますよね。

Amazonギフト券のチャージタイプでは、直接自分自身のアカウントにチャージさせることが出来、とても楽です。

まとめ

いかがでしょうか。今回、おさいふponta&pontaカードを使った現金化についてお話ししました。

クレジットカード現金化では、あまり積極的におすすめ出来ない現金化の方法はありますが、比較しておさいふponta、pontaカードの現金化は、安全圏であり、私達の現代社会で生きる上での知恵ともいうことが出来ます。

大いに工夫しておさいふponta、pontaカードを有効的に利用しましょう。