クレジット現金化をする際に、利用する業者によって換金率が違うというのは不思議だと思いませんか。
決済するもの自体は同じものであっても、換金率が違えば当然クレジットカード現金化の際に必要なキャッシュを入金してもらうためには決済額は増えてしまうこともあります。
そのメカニズムについてを紹介しましょう。

■換金率の違いはなぜ生まれるのか
まず、一番に覚えておかないといけないのがクレジット現金化において最高の換金率を持つ店舗は決められないということです。
換金率は、換金しようとする額、クレカの発行元などによっても変動するものなので、一概にここが一番高いということは言えないんですね。
また、クレジット現金化の際の換金率が100%ではないのは手数料や業者に入る利益を引いているからそうなるわけですね。
それは何を基準に決めているかというと業者側のさじ加減なのです。
業者としては、換金率はなるだけ低く抑えたいので自分側に利益を出すため慣れていない人にはとにかく換金率を下げようとします。
であれば、どうすればいいかというと利用者側が足元を見られないようにすればいいのです。
つまりは、換金率がこれを下回るようであれば他の業者を使う、他の業者はもっと高かった、というように既に他の業者を利用していたり相場を此方は熟知しているんだぞ、という態度をとることなんです。
基本的に業者は自分たちが赤字になるような数字でなければ、換金してもらったほうが利益は出るわけですからね。
なので、自分たちが赤字にならないギリギリのラインにまでならこちらも攻め込むことができます。
損をしないためには、お金に困っていても足元を見られないようにするということです。

関連記事