お金がすぐに必要になるというのは、現代社会においては別段と珍しいことではありません。
その際に、自分の手元ですぐに用意することができない場合は資金調達の方法としてクレジットカード現金化という手段をとることができます。
その中では、業者と契約をしてやるというやり方がポピュラーなのですが悪徳業者もいることで踏み切れない人もいます。
そんな人のために、自分でできるクレジット現金化というものがありますのでそれについてを紹介しましょう。

■個人でやる現金化のやり方について
まず、一番簡単なのは希少価値や買い取り価値の高いものを自分でクレカで決済し、その後古物取引などに持ち込んで買い取りをしてもらうというやり方です。
此方の場合は、換金率を自分で調べなくてはいけないし何を高く買い取ってもらうことができるなどのリサーチも自分でしなくてはいけないので目利き、需要、相場などの知識が必要になってきます。
勿論、ただ換金するだけなら素人でも出来るのですが換金率で損をしてしまう場合は多分にありますので要注意です。
とくに、高価買取のできるものと言えば金券、ギフト券、株主優待券などは高い値段がつきやすいのでお勧めですね。
ただ、此方はやはり相場変動や価値、需要の変化によっては換金率がとんでもなく下がってしまうリスクもついて回るのです。
適当にやるには、あまりにもリスキーすぎますのでリサーチをしなければいけませんが、このリサーチは基本的に一日二日では確信が持てるほどの情報を集めるのはかなり難しいです。

更に、クレカで決済をした場合ネットショッピングで購入するのならば当然手元に配送されるのを待たなくてはいけないので、即日でのキャッシュ化が難しいというようなデメリットもあります。
なので、やはりお勧めなのは業者に間に入ってもらうことですね。
優良店やちゃんとした営業をしているクレジット現金化の業者というのは消費者金融や闇金などと違って、利息が高くつくこともなければ個人情報を悪用されるというような心配もありません。
あくまでも、個人でやるにはノウハウが必要なので慣れていない人はそのあたりはやっぱりプロにお任せをしたほうがいいんだと覚えておきましょう。

クレジットカード現金化のランキングはこちら

関連記事