クレジットカード現金化で資金調達をする上でも、やはり仕組みをある程度理解していないと悪徳業者かどうかの判別がつかなくなってしまいます。
なので、初めての利用者は特になるだけ自分で知識を持ったまま利用するようにしましょう。

■クレジット現金化の仕組み
そもそも、ショッピング枠をキャッシュ化するというのはどういう仕組みで行われるのか、これがわからないと取引のやり方もいまいちわからないでしょうからそれを紹介していきます。

■クレジットカード現金化の特徴
この資金調達法自体は15年前ほど前からあるのですが、これはクレカを売却するとか言った類のことではないんです。
クレカにはキャッシング枠とショッピング枠があり、現金として受け取ることができるのは原則キャッシング枠なのですが、ショッピング枠は基本キャッシング枠よりも多く設定されているんですね。
その余剰分を現金にすることができるというやり方なんです。

■ショッピング枠のキャッシュ化はメリットが多い
一番のメリットは審査が必要ないということです。
ショッピング枠のキャッシュ化は、融資ではなく分類すべきものは古物取引に近いものがあるからです。
クレカで買い物をし、決済した商品を買い取ってもらうという形で現金に還元してもらうサービスなので当然ながら利息などがつくこともありません、勿論クレカ利用の利息はつきますが消費者金融に比べれば安いものですね。
更に信用情報が汚れないというのも大きなメリットです。

■デメリットもある
ただ、クレジット現金化には勿論デメリットもあります。
それは、まずこの商売自体が実は違法性があるということで摘発を受けたりしてもいるので、利用者も法に触れるのではないかという心配があるところです。
今のところ利用者で逮捕は出ていませんが、クレカの発行元によってはクレカの利用停止をされることもあったりと、デメリットやリスクはそれなりにあるんですね。
更に、ほかにも最近注目を受けている業種なだけはあって悪徳業者なども増えています。
そういうところは、手数料などを事前に告げずに後で勝手に換金率を下げて手数料や使途不明金などでお金をマイナスして入金してくるところもあるんですね。
しかも、これを利用して個人情報やクレカの情報を不正に盗み取ろうとするような悪徳業者もありますので利用の際にはどこの業者を利用するのかということを慎重に探って自分で選別しなくてはいけない、というデメリットもあります。

関連記事