クレジットカード現金化の仕組みがよく分からない、という方もいるのではないでしょうか。古くからある現金を得る方法ですが、一般的なキャッシングやローンとは異なり、少々特殊になっているのです。利用する前には、まずは仕組みから理解しておく必要があります。

■ショッピング枠を利用する

クレジット現金化は、クレジットカードのショッピング枠を現金に換える方法です。通常のクレジットカードには、キャッシングとショッピングの2つの枠があります。キャッシング枠は、銀行のATMなどからお金を引き出せる(キャッシング)もので、カードごとに限度額が定められています。

一方のショッピング枠ですが、通常の買い物で利用する枠になります。こちらも限度額は定められているものの、キャッシングに利用することは不可能で、商品を購入することしかできません。しかし、クレジットカード現金化では、このショッピング枠を利用しています。

■商品を買うことで現金に換える

ただ、ショッピング枠をそのまま現金に換えることはできません。このため、クレジット現金化をする際は、業者から商品を購入する、あるいはキャッシュバックする方法で現金を得られます。ネット通販などでクレジットカードを使い、商品を買うこと似たような仕組みです。

2つの方法がありますが、買取方式の場合、クレジットカード現金化の業者が指定する商品を購入することでショッピング枠を現金に換えます。また、その商品を業者の指定場所まで送り、到着を確認したら口座に現金が振り込まれます。つまり業者が商品を買い取ったことになります。古くからある方法のため、もっともポピュラーと言えるでしょう。

もう一つのキャッシュバック方式では、指定された商品を購入後、業者から商品購入ののキャッシュバックを受けることで現金を得られます。通販サイトの現金・ポイントキャッシュバックと仕組みは同じで、買取方式よりもスピーディーに換金できます。

■商品はどんなものが多い?

しかし、商品といっても、どのようなものがあるのか気になるかと思います。実は非常にバリエーションが多く、業者によって扱っているものも異なるため、統一されていないのが実状です。例えば商品券・金券類を扱っているクレジット現金化の業者もあれば、指定したブランド品を購入するよう勧めてくる業者もあります。また、キャッシュバック・買取それぞれの方式で変わることもあるのです。

いずれの方法でも、商品は必ず受け取らなくてはいけません。受け取り拒否をしてしまった場合、ショッピング枠を現金に換えることができなくなるので注意しましょう。例えば欲しくないブランド品であっても、必ず受け取る必要があります。また、100円ショップで見られるような商品を送ってくる場合もありますが、価値に見合っていないとしても、受け取りの拒否はできないので注意が必要です。

■商品が無い業者は注意

また、中には商品を送って来ない、あるいは商品そのものが存在しない業者もあります。返送などの手間を省けますが、実際は悪質で違法性の高い業者のため、決して利用してはいけません。自分自身が何らかの罪に問われてしまうおそれもあります。特にキャッシュバック方式の場合、非常にリスクが高いのです。利用する前には、業者への確認が必要になるでしょう。

そもそもクレジット現金化では、商品の売買をもって契約が成立する仕組みです。クレジットカードのショッピング枠を現金に換える方法ですので、商品を購入してもいないのに、現金にすることはできません。キャッシング感覚で利用している方も少なくありませんが、仕組みは別物といって良いほど異なります。商品があることを確認してから利用するようにしましょう。

関連記事