Pocket

「クレジットカード現金化の仕組みがよく分からない」という方もいるのではないでしょうか。
古くからある現金を得る方法ですが、一般的なキャッシングやローンとは異なり、少々特殊です。
利用する前には、まずは仕組みから理解しておく必要があります。

■ショッピング枠を利用する

クレジット現金化は、クレジットカードのショッピング枠を現金に換える方法です。通常のクレジットカードには、キャッシングとショッピングの2つの枠があります。キャッシング枠は、銀行のATMなどからお金を引き出せる(キャッシング)もので、カードごとに限度額が定められています。

一方のショッピング枠ですが、こちらは通常の買い物で利用する枠になります。限度額は定められているものの、キャッシングに利用することは不可能で、商品を購入することしかできません。
しかし、クレジットカード現金化では、このショッピング枠を利用しています。

■商品を買うことで現金に換える

ただ、ショッピング枠をそのまま現金に換えることはできません。このため、クレジット現金化をする際は、業者から商品を購入する、あるいはキャッシュバックする方法で現金を得られます。ネット通販などでクレジットカードを使い、商品を買うことと似たような仕組みです。

これには2つの方法があります。

まず買取方式です。この場合、クレジットカード現金化の業者が指定する商品を購入することでショッピング枠を現金に換えます。そしてその商品を業者の指定場所まで送り、到着を確認したら口座に現金が振り込まれます。つまり業者が商品を買い取ったことになります。古くからある方法のため、もっともポピュラーと言えるでしょう。

もう一つはキャッシュバック方式です。これは、指定された商品を購入後、業者から商品購入ののキャッシュバックを受けることで現金を得られます。通販サイトの現金・ポイントキャッシュバックと仕組みは同じで、買取方式よりもスピーディーに換金できます。

■商品はどんなものが多い?

商品といっても、どのようなものがあるのか気になるかと思います。実は非常にバリエーションが多く、業者によって扱っているものも異なるため、統一されていません。
例えば、商品券・金券類を扱っているクレジット現金化の業者もあれば、指定したブランド品を購入するよう勧めてくる業者もあります。また、キャッシュバック・買取それぞれの方式で変わることもあるのです。

いずれの方法でも、商品は必ず受け取らなくてはいけません。受け取り拒否をしてしまった場合、ショッピング枠を現金に換えることができなくなるので注意しましょう。例えば欲しくないブランド品であっても、必ず受け取る必要があります。
また、100円ショップで見られるような商品を送ってくる場合もありますが、価値に見合っていないとしても、受け取りの拒否はできないので、注意が必要です。

■商品が無い業者は注意

中には商品を送って来ない、あるいは商品そのものが存在しない業者もあります。
返送などの手間を省けますが、悪質で違法性の高い業者のため、決して利用してはいけません。
自分自身が何らかの罪に問われてしまうおそれもあります。
特にキャッシュバック方式の場合、非常にリスクが高いです。
利用する前に、業者へ確認するのが大切です。

そもそもクレジット現金化は、商品の売買をもって契約が成立する仕組みです。
クレジットカードのショッピング枠を現金に換える方法ですので、商品を購入してもいないのに、現金にすることはできません。
キャッシング感覚で利用している方も少なくありませんが、仕組みは別物といって良いほど異なります。
商品があることを確認してから利用するようにしましょう。

クレジットカード現金化の取引は審査いらずだが万能ではない

2011年から総量規定が行われており、消費者金融の借入やローンでの借入の条件が厳しくなっています。お金を作るのが難しくなってしまっている今、審査などが必要な金融関係は軒並み厳しい条件になっています。
そこで今、新しい可能性を見出されているのがクレジットカードの現金化です。

■お金が関わるのに審査いらず
まず、クレジット現金化が新しい資金調達方法になってきているのは、金融関係の融資と違い、お金を作るのに審査が必要ないからです。お金を借りるのではなくクレジットカードにあるショッピング枠で商品を決済し、それを買い取ってもらって入金を受けるというシステムなので、審査が必要ありません。
もちろん、クレジットカードの所持のためには審査が必要ですが、クレジットカードを既に所持していれば、とくに難しい条件じゃないので、誰にでも出来、信用情報などで今まで審査が通らなかった人も利用することができるというメリットがあります。

■クレジットカード現金化は買い物と同じ
このショッピング枠のキャッシュ化というのは、システム的には買い物をしているだけです。
もちろんある程度の条件が必要になるとは言え、ショッピング枠のキャッシュ化はショッピング枠に残高さえあれば、その範囲で買い物をし、そして換金率に応じて購入品を買い取ってもらうなりキャッシュバックキャンペーンのキャッシュバック入金を受けるなりすることができます。
どちらにせよ、利用者は事前に取引することを確認してから、クレジットカードで普段買い物をするときと同じような手続きで利用しているだけなので、信用情報や審査などが間に入り込んでくる余地がないというわけです。
返済についても、クレジットカードで買い物をした時と同じ後で請求が来ますのでそれに対して一括なり分割なりリボ払いなり自分で可能な返済スピードでお金を払えばいいだけなのです。

■取引できない場合もある
ただ、このクレジットカード現金化も決して万能ではありません。
場合によっては、取引をすることができないケースもあるんですね。
まず当たり前ですが、クレジットカードのショッピング枠の残高がなければできません。
他にも、クレジットカードが取引対象になっていない種類のものだったりする場合も、同様に取引をすることができません。
また、本人確認の時点で不備があり、業者から信頼できないという風に見られてしまった場合も、同様に取引のお断りをされてしまいます。
クレジットカード現金化は、業者ばかりが悪徳とされていることも多いですが、その逆に、悪質な利用者もいるので、警戒されることがあります。

契約は返済の手順を立ててから

クレジットカードの現金化は、ショッピング枠を活用したサービスです。
面倒な審査なく、また申込みによって信用情報が更新されることもありません。
なぜなら、このサービスは“借入れ”ではなく“買い物”だからです。
申込みは24時間365日、好きなタイミングで行えます。
15時までの申込みは即日(振込み)対応とする業者も増えており、初回利用であっても2時間程度、2回目以降であれば最短で完了します。

しかし手軽過ぎるサービスであるが故、身を滅ぼす人も少なくありません。

クレジットカードの現金化は、何もないところから現金が現れる“魔法”ではありません。
業者から指定商品を購入し、そのキャッシュバックとして現金を得る物であり、いわば“お金でお金を買う”行為です。
支払いは、通常のカード決済時と同じく、カード会社へ行います。
分割払いをすれば相応の金利が適用されるため、現金化した額だけを支払えばいいという話ではありません。
回数によっては最終的な金利総額が、クレジットカード現金化>キャッシング機能による借入れになります。
現金化=得というイメージが先行しますが、実際には必ずしも得ではありません。
キャッシング機能が利用できる状況なら、現金化を申込む前にそちらの利用もぜひ検討してみてください。
双方の返済プランを立て、どちらが徳か検証しましょう。
当然ですが、ショッピング枠の当月残高が無い場合、現金化は不可能です。
この点にもご注意ください。

クレジットカード現金化のサービスはどんな流れなのか?

クレジットカード現金化は、かなり前からあるサービスですが、この方法が注目されるようになったのは割と最近のことです。
このクレジット現金化は、元々、買い取り方式という手段しかなかったのですが、時代が進むにつれて、手段も多様化してきています。
ここでは、現在どのような手段でクレジットカード現金化がおこなわれているのかについて、見ていきましょう。

■昔からあるクレジット現金化の方法とは
現在、クレジットカード現金化は様々な手段を用いて行われていますが、その中でも古くからあるやり方が、買い取り方式とキャッシュバック方式です。

買い取り方式は、カードでのキャッシング枠を利用した買い物をし、その購入品を業者に「買い取ってもらう」という方式です。
キャッシュバック方式は、買い物をするのは買い取り方式と同じなのですが、購入品を買い取りではなく、「返品」という形で、現金でお金を返してもらうという方式です。

買い取り方式は来店型とネット型がありますが、最近ではほとんどがネット型に移行しています。
キャッシュバック方式は、基本的に電話注文やネット上で行われます。

■新しいクレジット現金化の手段
ネットショッピングなどが盛んになってきた今、それを利用したクレジットカード現金化の手段も増えてきています。
中でも、ネットショッピングのギフト券と携帯電話のキャリア決済を使った方法が、最近話題になっています。
それらについて見ていきましょう。

■初めてのクレジットカード現金化を安心して行うには
安全なショッピング枠の現金化取引をするためには、安全で優良な業者との取引が必要不可欠です。

ショッピング枠の現金化は原則、来店が不要で、書類提出や担保、保証人なども必要なく、さらに源泉徴収や給与明細などの写しも要りません。必要なのは、ショッピング枠があるクレジットカードだけです。それさえあれば、誰でも簡単に即日でキャッシュの確保をすることができます。
インターネットや携帯電話からでも簡単に申し込みをすることができますし、手続きが終了すれば、早いところでは5分から10分で即日入金してもらえます。インターネット対応で、しかも全国に対応しているので、場所を選ばないというメリットもあります。

そういった取引の手軽さ、便利さ、スムーズさ、そして安全性をしっかりと守っているような優良店を探すには、信頼できる情報を記載しているインターネットの比較サイトや案内サイトなどを見るのがいいでしょう。
お金が関わっているため、情報収集なども十分に行い、業者選びも慎重にしなくてはいけません。

■クレジットカード現金化のメリットについて
一番の利点は何といっても取引時間の短さです。スムーズに進めれば、インターネットで申し込みをし、電話で問い合わせ、本人確認が終了すれば、取引のための決済手続きを行い、そして入金を受けるという流れが、およそ30分から40分程度で終了することもあります。

例えば、消費者金融で借入をする際には、来店するなり電話取引をするなりしても、まずはカード発行をしてもらわなくてはいけません。そのためには本人確認書類はもちろん、給与明細などの書類提出、信用情報などの照らし合わせ審査をし、それが通ってようやく融資をすることができるというものです。しかも、その融資はあくまで条件に合っていればの話で、場合によっては長い時間待った挙句、断られてしまうということもあります。

しかし、クレジット現金化はショッピング枠が空いていて、なおかつメジャーなクレジットカードを持っていれば、信用情報が汚れていたり、ブラックリストに載っていたり、停職・中・無職だったりしても関係なく、本人確認ができれば現金化をすることができます。確実性の高いサービスとなっていますので早く、スムーズに資金を調達できると言えるでしょう。

■ギフト券買い取り
ネットショッピングの大型サイトにはギフト券を取り扱っているところもあり、こちらは基本的にネット型の取引のみになっています。最近では特にAmazonなどのギフト券は換金率が高く、非常に効率的です。
電子マネーやカードを使ってギフト券を購入し、そのギフト券を業者に買い取ってもらうという買い取り方式のネットショッピングをより深く利用した手段、という風に見ることができます。

■携帯電話のキャリア決済
携帯電話のキャリア決済を用いた現金化は、クレジットカード現金化で行うものを全部携帯電話のまとめ買いで行い、購入品をそのまま買い取ってもらい、お金にするというやり方です。基本的にはクレジット現金化と形式は一緒で、決済をするときの媒体が携帯のキャリアまとめ支払いになっているということで転売をやるということ自体は特に変わりません。

■ショッピング枠のキャッシュ化のおすすめ
見てきた中でも、携帯電話を使った換金は、確かにカードがなくてもできるという利点はあるのですが、カードに比べると換金率はどうしても下がってしまいます。しかも、通話料金とセットで一括で支払わなくてはいけないので、毎月金銭的に余裕がない人だとさらに状況が悪化するだけなのでお勧めはできません。
そのため、換金するのであればキャッシュバック方式、買い取り方式、そしてネットショップのギフト券買い取りをすることをお勧めします。これらは、換金率が割と高めになっていますし、何よりほとんどの業者で取り扱っている換金方法です。

ギフト券の場合は一括払いしかすることができないのですがお金を細かく変えることができます。
ほかの二つの昔からある方法は、カード会社に申請することで分割支払いにすることができるので、支払いの方法を自由に選べる点が便利です。

この換金の手段というのは、違法性が高いと指摘されるようになってきているのですが、基本的に利用者のほうは罰されることはありませんので、そこまで心配をする必要はありません。安心して業者を利用しましょう。

クレジットカード現金化はサービスが利用できないものもあるので気をつけよう

基本的に、クレジットカード現金化はクレジットカードがなければできません。
しかし、クレジットカードならば何でもいいというわけではなく、Visa、Master、JCBのようなものであっても、発行元によって断られてしまう場合があります。
クレジットカード現金化をしようとしてもできないカードがあるので、それについてご紹介します。

■クレジットカードによっては換金できない
クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠があれば誰でも利用することができます。
金融機関のようにお金を借りるのではなく、ショッピング枠を使って買い物をし、購入品を買い取ってもらうという形で換金をすることができます。
また、信用情報などの審査が必要ないので、面倒な手間なしでお金を作ることができます。
換金率や、入金されるまでの時間は企業によって違いますが、基本的に決済が終われば口座に入金されます。
しかし事前にショッピング枠の残金を確認しておかないと、いざ決済するときにできないということもあります。また、オンライン決済をしても認証ができない場合もあるので気をつけましょう。

■現金化できないクレジットカードとは
それぞれのクレジットカードは、下側にカード会社が表示されています。
VisaやMasterなどは審査も通りやすく、クレジット現金化も非常にしやすい会社と言えます。
その他にも、年会費が高めのAMEX、DINNERSと言ったカードを持っている人もいたりと、クレジットカードの事情は人によって大きく違うでしょう。
その中で気をつけなくてはいけないのが、セディナや銀行提携でのカードです。これらは、ショッピング枠が残っていてもクレジット決済をすることが通らないことがあります。
ほかにも、地方の銀行のものだったりすると、クレジット現金化の業者が導入した端末での決済ができないことが多いです。
また、取り締まりをするのが厳しいカードでの換金はしないほうがいいでしょう。

■クレジットカードが停止されてしまう
実は、クレジットカードのショッピング枠での換金は違法行為に若干触れていることでもあり、カードの発行会社によっては、それをしようとするとカードそのものの使用を停止されてしまう場合があります。
たとえば、カードの決済自体ができたとしても、使い道などは履歴でわかりますから、調査が進むと、その購入した店が商品を換金することを目的にしているお店だと判断されてしまう場合もあるんですね。
そうなると、何カ月も後に利用者に連絡が入ってきて、そこで何を買ったのか、どういう風に利用したのかを聞かれてしまい、それにうまく答えられなければ当然カードの利用停止をされてしまうということもあります。
そうなってしまうと、カードで分割払いをしていたりする場合は、そのままストップし、一括請求されてしまうこともあります。
カードによっては換金をしないほうがいいというものもあります。

関連記事