クレジット現金化というのは、基本的にはネットと電話口での取引だけで完結するものです。
なので、支払い入金は基本的には銀行振り込みで行われるのが今の主流になっています。
しかし、口座を所持していない、或いは口座を凍結されてしまっているなど事情で口座を利用できない人もいるでしょう。
更に、例えば銀行取引の時間が過ぎているなどですぐにキャッシュが必要だけど銀行取引では困る、という人もいますよね。
そういう人のためのクレジットカード現金化についての解説をします。

■手渡しでのお金の取引をするところもあります
基本的に、最近のクレジット現金化の業者は銀行振り込みでしか取引をしていないところが多いのですが、業者によっては実は手渡し対応をしてくれるところもあるんですね。
しかし、その場合には住んでいる場所から近隣にその業者の店舗がありそこが有人であるということが条件になってきます。
また、条件が合っていても業者によっては手渡しでのキャッシュの取引は一切していない、というところもあるんですね。
なので、どうしても即日中に入金が必要だけど業者が手渡しをしてくれない、という場合はネットバンクなどをあらかじめ用意しておくことをお勧めします。
とくに、高額取引の場合は普段は手渡し取引に融通を利かせてくれるような業者であってもお断りをしてくる場合があるんですね。
ネットバンクを持っていれば、取引扱い時間を過ぎても24時間取引可能になっていますので、即日での入金を受けることができます。
あくまで、手渡し取引をしてくれるという業者はイレギュラーでありかなり異例になっていますので、とても珍しいケースだと思ってあまり期待しないほうがいいでしょうね。
手渡しの取引はリスクもありますし、どちらも非常に手間がかかるので一気にできる銀行振り込みがあくまで主です。

クレジットカード現金化ランキングに戻る

関連記事