クレジットカード現金化には様々なメリットがあり、賢く用いれば、生活に役立ちます。もちろん基本は借金なので、可能な限り利用を控えるべきですが、現代社会では使えるものを有効に活用すべきだとも言えます。

ここではクレジット現金化の代表的なメリット、金利についてご紹介します。自分が納得できるパターンを探しましょう。

■リボ払いよりも割安

クレジットカード会社はショッピング枠を使った現金化について被害者を装っていますが、実際にはもっとひどいことをしています。それはリボ払いです。利用したことがある人はわかるでしょう。

リボ払いが許される、合法になる理由には、どういったことがあるのでしょうか。

リボ払いとは、毎月の返済額を一定に決める支払方法です。一見すると利用者にとってメリットですね。しかしショッピング額が多くなると、結果として利息ばかり払っているケースが少なくありません。負担の感覚で言えば、闇金のトイチ以上です。

もっと許せないのは、リボ払いを申し込むのは簡単ですが、リボ払いを解約することは不可能に近いです。止めたければ全額一括返済しろ!そんな話になってきます。利用者は泣く泣く毎月の利息払いに追われます。

消費者金融も形式的にはリボ払いです。毎月の最低返済額は、利息額に近くなっています。一度このスパイラルに巻き込まれたら逃げ出すことはできません。とはいえ借りることができる人は、まだマシなほうと言えます。

もちろんクレジットカード現金化は、手数料を徴収されます。換金率が90%に届かないことも稀ではありません。それでもリボ払いの利息に比べれば割安です。支払の過程が明らかになる分、すっきりします。利用者にとってメリットは大きいはずです。

専門の業者に依頼すれば、面倒な手続きもなく、不当な審査を受けることもなく、スムーズに比較的低金利な状態で、高額の資金を調達することができます。ショッピング枠次第で限度額が広がる点も、嬉しいですね。

■一括払いなら手数料なし

分割払いは便利ですが、手数料がかかります。これは言い換えると利息です。平均すると14%くらい合法的に徴収されています。大手銀行のサービスであっても同じです。金融機関が黙っていても儲かる仕組みは、ここにあります。

もちろん資金繰りは大変でしょうが、一括払いならば手数料がかかりません。クレジット現金化で換金率が多少悪くても、こちらの方が計算上は割安です。複数のカードを使い分ければ、自転車操業になったとしても試す価値はあります。

さらにボーナス払いも一括にカウントされるため、手数料フリーです。こちらは返済期間が、最大半年猶予されます。ぜひ活用すべきだと言えます。ちなみにボーナス払いは、実際にボーナスが支給されない契約社員やアルバイト従業員でも利用できます。

使っていけばショッピング枠は広がっていきます。しかしキャッシング枠は、それほど増えません。買ったものを効率的に換金する。クレジットカードを賢く用いることにメリットがあることを理解できます。

■キャッシングよりも手数料が少ない
ショッピング枠の利用をすすめる理由のひとつとして、キャッシングの方が手数料である利率が高いこともあります。先ほどショッピング枠の手数料を平均14%と書きましたが、キャッシングの場合には18%まで上がります。

ちなみに消費者金融は、貸金業法や出資法が改正されたため、最大金利が20%に制限されました。特に100万円以上の借入であれば、上限が18%になります。これはキャッシングのケースと同じです。メガバンクであっても街金とやっていることに違いはないのです。

もちろん業者からも様々な名目で手数料が徴収されます。そう考えれば割高になると思ってしまいそうですが、キャッシングと同様、契約内容にもよりますが、即日でお金を入金してもらえます。借入額を増やせば換金率も向上します。利便性は変わることがありません。

クレジットカードの現金化に関してはこれだけのメリットがあります。法律的な問題もクリアされています。どの手段を選ぶにしても、入念に返済計画を企てるべきですが、どれが便利であるかは一目瞭然であると言えます。

・クレジットカード現金化の特徴やメリット・デメリットを紹介
・クレジット現金化で選べる支払の方法とメリット・デメリット
・審査なしの低金利!?現金化「最大のメリット」とは?

おすすめのクレジットカード現金化業者を比較しました

関連記事