クレジットカード現金化はメリットもあるデメリットもある、そんな見方をしている人たちが多いようですが、実際にその言い方は正しいでしょう。

実際にクレジットカード現金化は、必要な時に即現金を得ることが出来てメリットは相当大きいですが。クレジットカード現金化の実態も知らないことには、あとあと後悔してしまうことがあるかもしれません。

クレジットカードが利用停止になってしまったという方々もいらっしゃるようですが、果たしてクレジットカード現金化とはなんなのでしょうか。まずはその実態を極めましょう。

クレジットカード現金化で利用停止になってしまった

即日現金化が現実的に出来るのは、まさにクレジットカードのショッピング枠を利用するからです。消費者金融のキャッシングは、すぐに出来ないという方々もいらっしゃるでしょう。更に、現在、消費者金融では、総量規制が新しく設けられたので(借り入れは年収の3分の1を超過することが出来ません)、枠が一杯で、今まではキャッシングが出来たけどこれ以上出来なくなってしまった……という方々は多くいます。そのような人たちが、安易に消費者金融のキャッシングを頼ることが出来ない時代が来てしまったのです。

しかし、クレジットカード現金化なら、審査を受ける必要がありませんし、現在、ショッピング枠が残っていさえすれば、誰もが実行出来ます。

現金化で利用停止の理由

しかし、クレジットカード現金化は問題を抱えているのも事実です。なぜなら、クレジットカード会社が、ショッピング枠を現金化することに対して決していい顔はしていないからです。

あなたが安易にクレジットカード現金化を実現することが出来ても、それは、クレジットカード会社の「利用規約違反」となってしまいます。

でも、実際にクレジットカード現金化をしている人たちって相当な数がいて、してもバレないと思っている方々が多いようですね。クレジットカード会社が駄目というものの、実際にクレジットカードで商品を購入して、あとあと支払いもするわけですし、何もやましいことをしている訳ではないという思い方も正しいことは正しいです。

何よりも現在お金が必要だから、この程度のことはおかまいなしという方々が多いのでは。

クレジットカード現金化で、クレジットカード会社が利用停止にするという警告も、抑止力を持たせるだけであって、実際に行動に起こしているのかも定かではありませんし、果たして、クレジットカード会社ではそのような利用違反を、どのようにチェック出来るというのでしょうか。

現金化のためにショッピングしても、それは、その商品が必要だったからショッピングをしたという言い訳も充分成り立つと思いますが……。

しかし、クレジットカード会社は、そのような事態が発覚すれば、利用停止の措置を行い、強制解約され、使用したショッピング枠の支払いを一括請求する可能性があると言います。

それはそれで、やっぱり現金化はしちゃまずいのかな……という気持ちになってしまうかもしれないですよね。

実際に利用停止になった例

クレジットカード現金化で、一番スピーディーにお金をゲットする方法は、キャッシュバックです。

キャッシュバックなら、業者を介入してクレジットカード決済をすれば、その時点で銀行口座にお金を振り込みしてもらうことが出来ます。

ある程度のお金が必要という人たちは、それなりの額の決済も必要になってくるでしょう。しかし、そこであなたが高額決済を一度にしてしまったことで利用停止になってしまったというケースがあります。

注意をしなければならないのは、クレジットカード会社では、高額決済を突然一気にしようとしている人をすかさずチェックする機能を持っていることです。そのような人たちは現金化目的で利用しているか、更に、第三者が不正利用をしているかもということを怪しみ、厳重チェックをしています。その監視網にはひっかからないように呉々も注意する必要があるでしょう。

ですから、まとまったお金が欲しいという方々も、決済金額を分ける意識を持てば、なんとかクレジットカード会社の目をすり抜けることが出来るかもしれません。

三井住友銀行のカードで決済をして利用停止に

更に、三井住友銀行のカードで決済して、利用停止になってしまったという人がいます。現金化しようとしているカードが、三井住友銀行の提携しているカードという方々もいらっしゃることでしょう。

ネットの口コミ情報なので裏付けはありませんが、三井住友銀行関連のクレジットカードは現金化に非常に他の会社以上敏感と言います。現金化業者の端末で決済し、認証出来なかったケースが多々あると言います。

このような情報も現金化する人たちは一応気にした方がいいかもしれないですよね。

このケースでは、決済額が8万円以下なら問題なくスルー出来るという情報もあります。

楽天銀行もリスクあり?

楽天銀行も、クレジットカード現金化にかなり厳しいという情報を見つけることが出来ました。

楽天銀行では、不正な利用をしている人をチェックするロボットを採用しているということです。これはもしかしたら換金目的?と疑われればすぐに利用停止になってしまうでしょう。

楽天銀行は、他のクレジットカードと比較して、審査のハードルが結構低いようです。ですから、楽天銀行を選択している方々が多くいます。

しかし、楽天銀行が全面的に甘さを持っている銀行かといえばそうではなく、利用状況に厳しい一面をもって顧客の管理をしているようですね。いいお客様に対しては、利用限度額の増枠の対応や、更新カードの送付など積極的に行っていますが、そうでない違反のお客様に対して、利用状況の措置、強制解約の措置などが行われています。

自身で現金化という場合は、換金性の高いものをしてしまうから足がつきやすいでしょう。業者を利用することに賛否ありますが、実際にはそのような業者を利用した方が安全性が高いこともあります。

楽天銀行でクレジットカード現金化という場合には、換金性の高い取引と見なされないことがポイントです。

新幹線の回数券で現金化

更に、新幹線の回数券で現金化しようとして利用停止になってしまったというケースがあります。

実際に、新幹線の回数券を購入する人たちは、当然います。
しかし、そのような人たちの数があまりにも急増してしまったため、クレジットカード会社は、そのような人たちをチェックするようになったと言います。

新幹線の切符は換金性の高いから、業者もそれを求めているケースがあり、金券ショップへ持ち込んでも、高値で買取してもらうことが出来ます。

実際に現金化しているかそうでないかなかなか区別がつかないため、クレジットカード会社では、新幹線の乗車券をカードで買うこと自体なかなか許可しなくなってしまったということです。

今時は、新幹線の乗車券は、利用停止の可能性も出て来てしまうから控えた方がいいのかもしれません。

クレジットカード現金化で利用停止にならない方法

お金が欲しいのならどうしてもこのような方法も考えてしまうでしょう。でも、発覚すれば利用停止になってしまう可能性があります。

逆に言えば、逮捕される問題ではありませんので、本気でお金を求めているのなら、利用停止にならない方法を追求していくまででは。そのためにも安易なクレジットカード現金化と向きあうのではなく、いろいろとリサーチしてクレジットカード現金化のノウハウを知ることです。

事情も変わって来たりするので、新しい情報もネットでリサーチするといいでしょう。

本当のことを言えば現金化業者を利用した方が利用停止になりにくい?

多くのに人たちが、業者を通すから尚更、クレジットカード会社の利用停止の措置を受けてしまうものと考えているのではないでしょうか。

クレジットカード会社は現金化を禁止しているのに、こんなにも現金化業者の実態があること自体矛盾を抱えています。何か、私達の考えには間違いはないでしょうか。

そもそも、クレジットカード会社が現金化を禁止しているのなら業者を解体すればいいだけの問題のようにも見えます。しかし、それが簡単には出来ない事実も見えて来ます。

クレジットカード決済のためには、クレジットカード加盟店になる必要がありますが、現金化業者が加盟店になるということももちろんありません。そこで、決済代行業務を行っている専門会社を利用することになります。

この決済代行業者が、クレジットカード会社にバレないようノウハウを持ち、上手く対応しなければなりません。引き受けている決済代行業者は、普段、何十億円というクレジットカード決済を受けています。この中に、うまく現金化業者の決済も紛れ込ませてしまえば、クレジットカード会社には足がつかないままです。

もちろん、そのようなシステムが完結しているから、業者を利用してクレジットカード会社はなかなか実態を見破ることが出来ないのです。

決済代行業者のリスクは

決済代行会社が現金化業者の決済をしている……、そのようなことがクレジットカード会社に気付かれれば、利用停止になってしまう可能性は充分考えることが出来ます。決済代行業者も出来れば、そのような仕事を引き受けない方がいいと考えているかもしれません。

リスクは多少存在しているかもしれませんが、やはり、手数料を多く得ることが出来るから、クレジットカード現金化は、美味しい仕事なのです。

しかし、すぐに現金化がわかってしまえば、決済代行業者も今後スムーズに運営を行うことが出来なくなってしまうでしょう。

敢えて言えば、そのようなことにならないように安全性の高いノウハウを一杯抱え込んでいるのが決済代行業者です。

まとめ

いかがでしょうか。ネットでは、いろいろなクレジットカード現金化業者を見つけることが出来ます。そのような業者が数多く見ることが出来るから、業者を通す現金化は、自分自身でするよりもリスクは低いと考えることが出来ます。

ただし、やはり、クレジットカード現金化は、本当に必要な時限定という考えがいいでしょう。