主婦の皆さんは、毎日の家計のやり繰りが大変ですよね。「数日後に家賃、水道代金、ガス代金、電気料金、携帯電話代、インターネット利用料金の支払いが迫っている」といった資金繰りのお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。あるいは、「化粧品や服を買いたいけど、手元に現金がない」とお困りのケースもあるでしょう。

一時的な資金不足は、消費者金融やクレジットカードのキャッシング機能でお金を借りるという方法によって解決できます。なお、金融事故を起こしてしまって消費者金融から融資を受けられない場合や、クレジットカードのキャッシング枠も使い果たしてしまっている場合は、「現金化」を考えてみましょう。

現金化とは、クレジットカードのショッピング枠などを何らかの方法で「現金」に変えることです。なお、「主人や子供に知られたくない」と不安に感じる方も安心してください。家族にばれずに現金化を行うことは可能です。本記事では、主婦の方向けに、家族にばれずに現金化を行う方法について徹底解説いたします。

ご隠居、聞いてください。わが家の家計は火の車です。このままでは今月の家賃や水道光熱費、電話代、インターネットの通信費などを支払えません。
お銀
お銀
黄門様
黄門様
それは困ったのう。消費者金融でお金を借りてみたらどうじゃろうか?
助さん
助さん
いえ、過去に返済が遅れたことがあり、信用情報機関に金融事故情報が登録されている状態なので、消費者金融は利用できません。その代わりに、クレジットカードのキャッシング機能を利用してみてはいかがでしょうか?
キャッシング枠は既に限度額まで利用しています。この状況では、ショッピング枠の現金化が迅速・簡単なのでおすすめです。ただし、他にも様々な方法があるので、自分にとって最適な方法を選択すると良いでしょう。

クレジットカードのショッピング枠の現金化なら家族にばれないので主婦でも安心

主婦の皆さんは、緊急時の資金繰りに悩みながらも、「消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を利用して、万が一、家族にばれたら嫌だ」とお考えの方も多いのではないでしょうか。家庭内の平和を考えると、あからさまに「借金」とは分からない「ショッピング枠の現金化」の方が良いでしょう。

お銀
お銀
ご隠居、クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠という2種類の利用限度額が存在することを御存知ですか?
黄門様
黄門様
もちろん、知っておる。キャッシング枠は現金を借り入れる際の限度額で、ショッピング枠はお店で商品やサービスの購入代金を支払う際の限度額じゃろ。
助さん
助さん
キャッシング枠の範囲内でお金を借りられるのは当然ですが、実は様々な方法でショッピング枠を現金化することも可能です。
ショッピング枠を現金化するためには、現金化業者を利用する方法があります。それ以外にも、転売しやすい商品を自分自身でクレジットカードで購入し、古物商やフリマアプリ、オークションサイトで売却して現金にする方法が存在します。

クレジットカードのショッピング枠の現金化の具体的方法

クレジットカードのショッピング枠の現金化の方法としては、以下に示すような手段が存在します。

・ショッピング枠現金化業者を利用する
・自分自身で転売しやすい商品を購入して売却する

ショッピング枠現金化業者を利用する利点は、迅速かつ簡単に現金化できることです。現金化業者を利用する場合は、なるべく営業年数が長い業者を選ぶようにしましょう。悪徳業者の場合、すぐに店を畳む傾向があります。長年、同じ場所に店を構えて営業を継続している業者は、信頼しても良いでしょう。

なお、業者を利用せずに自分自身でショッピング枠で購入した商品を転売して現金にすることも可能です。ただし、ある程度のノウハウが必要であり、労力や時間を費やさなければなりません。

ショッピング枠現金化業者の選び方

一定以上の規模の都市の場合、街中を歩いていると、「クレジットカード現金化」というような文言が書かれた立て看板を目にすることがあります。しかし、何となく「闇金っぽい」「裏社会とつながりがあるのではないか?」といった不安を抱いてしまう方が多いかもしれません。しかし、現金化業者が全て悪徳業者ということはなく、優良業者も存在します。悪徳業者は長く同じ場所で営業し続けず、次々と場所を変える傾向があります。その地域で長期間営業している業者は信頼して良いでしょう。また、最近はインターネット上に公式サイトを開設し、オンラインや郵送で現金化を行っている業者も増えてきています。そのような業者の場合、ネット上の口コミを探してみることも重要です。全ての口コミ内容が真実とは限りませんが、参考になる情報もあるのでチェックしてみましょう。

なお、現金化の方法としては、以下に示す2種類が存在します。

・買取型
・キャッシュバック型

買取型は、現金化業者とは別の店舗で指示された商品をクレジットカードのショッピング枠で購入し、それを業者が買い取ることにより現金化する方式です。利用明細からは、普通に買い物をしたようにしか見えません。キャッシュバック型は、現金化業者から何らかの商品を購入し、購入金額の一部をキャッシュバックすることで現金化する方式です。キャッシュバック型は、海外の決済代行業者と契約しているケースが多く、利用明細に海外決済と分かる記録が残り、カード会社に怪しまれるリスクが高くなるという問題があります。そのため、なるべく買取型の業者を選択する方が安全です。

ショッピング枠を使って自分自身で商品を購入して売却を行う際のコツ

クレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入する場合、換金率が高い商品を選ぶことが重要です。商品券やギフト券は換金率が高いです。具体例を挙げると、以下のようになります。

・新幹線回数券
・全国百貨店共通商品券
・VJAギフトカード
・JCBギフトカード
・Amazonギフト券
・iTunesカード
・GooglePlayカード

新幹線回数券や全国百貨店共通商品券、VJAギフトカード、JCBギフトカードは、チケット屋に持ち込めば90~98%程度の高換金率で現金化することが可能です。Amazonギフト券の場合は87~93%程度、iTunesカードやGooglePlayカードの場合は80~85%程度の換金率となっています。

ちなみに、大黒屋のように郵送で買い取ってもらうことが可能なチケット屋も存在します。近所にチケット屋の実店舗が無い場合、利用してみてはいかがでしょうか。なお、Amazonギフト券は、印刷タイプではなくEメールタイプの方が高く売れます。インターネット上の買い取り業者に買い取ってもらうことが可能です。あまりに大量に購入するとクレジットカード会社から警戒され、カードを停止されるリスクがあるので注意してください。

カード会社に警戒されない高換金率商品としては、スマートフォンの本体やゲーム機、電子機器といったものが挙げられます。リサイクルショップや中古屋に持ち込むと迅速・簡単ですが、安めに買い取られてしまうというデメリットが存在します。フリマアプリ(メルカリ、ラクマ)やオークションサイト(ヤフオク!)で出品すれば、時間や労力はかかりますが高い価格で売却することが可能です。なお、自宅に商品を保管していると、同居家族に「何故、そんなものを買ったのか?」と怪しまれる可能性は否定できません。売却できるまで商品を隠しておく場所を考えてから実行しましょう。

家族にばれないで現金化を実行するためのポイント

兼業主婦でパートやアルバイトをしているのであれば、自分が本会員となってクレジットカードを保有することが可能です。ただし、紙の明細を発行するように設定している場合、郵便物を無断で開封されて利用履歴を見られてしまう可能性があるため、Web明細を利用するようにしましょう。

また、ショッピング枠を使って転売するための商品(例えば、ゲーム機)を購入して売却を行った場合、「普段、ゲームなんてしないのに、何故、購入したんだろう?」「この前まであったゲーム機が無くなっているけど、どうしたんだろう?」みたいな疑問を持たれるかもしれません。そういう家庭環境の場合は、実店舗を構えているショッピング枠現金化業者に行って、その場で現金化してもらう方が良いでしょう。近所に現金化業者の店舗が無い場合は、インターネットで受け付けを行っている現金化業者とやり取りする必要があります。その場合は、郵便局留めやコンビニ受取り、営業所止めを利用して商品を受け取れることにより、家族に知られることなく現金化が可能です。

ショッピング枠の現金化のためとはいえ、普段、ゲームなんてプレイしない人が、ゲーム機を自分の部屋の見える場所に置いておくと、家族から怪しまれてしまいます。
お銀
お銀
家族にばれたくないなら、売れるまで商品を隠しておく場所も事前に決めておきましょう。ベッドの下とかタンスのの引き出しに入っている服に紛れ込ませておくと良いのではないでしょうか。主婦の皆さんなら毎日のように掃除をしているでしょうし、見つかりにくい隠し場所を色々と知っていますよね。

家族カードしか持っていない主婦はクレジットカード以外の手段で現金化しよう

家族カードで現金化を行った場合、利用明細から家族(本会員)にばれてしまう可能性があります。自分自身が本会員であるクレジットカードを保有していない主婦の皆さんは、クレジットカード以外の手段で現金化することを考えてみましょう。「後払い」や「携帯キャリア決済」といった仕組みを利用すれば、クレジットカードを使わずに現金化を行えるので、家族にばれたくない主婦の皆さんにおすすめです。

お銀
お銀
ご隠居、家族カードを使って現金化を行うと、利用明細から家族にばれてしまう可能性があることを御存知ですか?
黄門様
黄門様
クレジットカードの本会員は家族会員の利用明細を見ることができる。家族カードしか持っていない場合は、家族にばれずに現金化を実行することは困難じゃろうな。
助さん
助さん
そんな場合は、後払いや携帯キャリア決済といった仕組みを利用して現金化することをおすすめします。これらの手段なら、クレジットカードを保有していない方でも現金化可能です。
ただし、商品を選定したり、購入したり、売却したりする手間や時間がかかりますね。フリマアプリやオークションサイトを利用するなら、自分自身で出品、落札者とのやり取り、発送までを全部行う必要があります。使い慣れていない人は手間取るかもしれません。

家族カードしか保有していない場合は要注意

専業主婦の場合、無収入なので自分自身が本会員となってクレジットカードを保有することはできません。ただし、旦那さんがクレジットカードの本会員となっている場合は、家族会員として家族カードを保有することは可能です。ただし、家族カードを使用している場合は、利用明細からショッピング枠を現金化したことが本会員にばれる可能性があるので注意しましょう。家庭内のことを全て任せられており、クレジットカードの利用明細も細かく見ていない旦那さんなら、もしかするとばれないかもしれません。

しかし、本会員である家族が利用明細を一つ一つチェックするような状況下では、ばれずに現金化することは困難でしょう。また、ある程度の金額までなら「ちょっと高めの化粧品や服を買った」などと誤魔化すことが可能かもしれませんが、現金化した金額が大きい場合は「何に使ったのか?」と追及されてしまいます。そのため、家族カードしか保有していない方は、クレジットカード以外の手段で現金化する方法も検討してみてください。

後払いシステムを利用した現金化方法

商品購入後に支払うことが可能な「後払い」システムを利用すれば、クレジットカードを保有していなくても現金化が可能です。具体例を挙げると、以下のようになります。

・メルペイスマート払い
・NP後払い

スマートフォン画面にQRコードやバーコードを表示させる決済サービス「メルペイ」には「スマート払い」という名称の後払いシステムが存在します。スマート払いの利用限度額は、メルカリやメルペイの利用歴によって決定されます。利用を開始したばかりだと、1万円程度です。利用期間や頻度、購入金額が増えていくに従って、2万円とか3万円、更にそれ以上まで限度額が引き上げられます。普段からメルカリを利用しておく方が良いかもしれません。

また、株式会社ネットプロテクションズが運営する「NP後払い」を利用した場合も、商品購入後に料金を支払うことが可能です。これらの「商品を購入した後で代金を支払う」というシステムを利用すれば、クレジットカードを使わずに現金化が可能です。ただし、後日、支払いを行う必要がある点を忘れないようにしましょう。

携帯キャリア決済を利用した現金化方法

携帯電話の各キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)では、「携帯キャリア決済」と呼ばれるシステムが提供されています。携帯キャリア決済とは、商品・サービスの購入費用を電話料金・通信料金と併せて支払うシステムです。携帯キャリア決済を利用すれば、クレジットカードを保有していなくても現金化が可能です。各キャリアの正式サービス名は、以下のようになります。

・ドコモ払い
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い

主婦の皆さんは、携帯電話の利用料金をご主人に支払ってもらっているというケースが多いことでしょう。その場合、「携帯電話会社の利用明細からばれるのではないか」と心配されるかもしれません。

しかし、例えば、「ソフトバンクまとめて支払いで、PayPayにチャージする」といった方法を用いることで、詳細情報の利用明細への記載をを回避できます。利用明細には「何月何日に何円をPayPayへチャージした」という内容しか記載されないため、具体的にどこで何を購入したのかまでは把握できません。「買い物に行った時、キャッシュレス・消費者還元事業のポイント還元を受けるためにPayPayにチャージして支払った」と言えば、ある程度の金額までなら怪しまれることはないでしょう。ただし、あまりに高額な商品を購入してしまうと、「何故、今月はこんなに通信料金が発生しているのか?」と原因を探られることになりかねないので、ほどほどの金額にしておきましょう。

具体的にどのような商品を購入すれば良いのか

いざ、「後払い」や「携帯キャリア決済」を利用する段階になって、具体的に何を購入すれば良いのか分からなくてお悩みになる方は多いかもしれません。なお、クレジットカードと異なり、後払いや携帯キャリア決済では、ギフト券などの金券類を購入することができません。転売しやすい商品を挙げると、以下のようになります。

・スマートフォン本体(iPhoneなど)
・ゲーム機(Nintendo SwitchやPlayStation 4など)
・タブレット端末(iPadなど)

これらの商品は、新規に発売された直後は品薄状態となり、購入金額を上回る金額で売却できる可能性もあります。ただし、売るタイミングを逸すると、市場価格が急激に下落してしまうことがあるので注意してください。また、最新機種以外には手を出さない方が良いでしょう。フリマアプリやオークションサイトにおける市場価格をチェックし、なるべく売却価格が高い商品を探してください。

なお、傷や汚れが付くと価値が下がるので、丁寧に取り扱う必要があります。梱包もクッション材を使用するなど、配送中に壊れることのないように配慮してください。また、開封してしまうと価値が下がるので、「新品・未開封」の状態で販売しましょう。

お銀
お銀
ブランドもののバッグとか財布は、転売に適していない商品なのでしょうか?
ブランド品も転売は可能です。ただし、商品によっては買い手が見つかるまで時間がかかるケースがあります。最新のスマートフォンや人気ゲーム機、タブレット端末であれば、欲しい人が沢山いるので迅速に売却可能です。Nintendo Switchの場合、品薄状態なので正規の販売価格よりも高額で転売できるケースもあるようですね。

古物商やフリマアプリ・オークションサイトで売却する

商品を購入しただけでは、「現金」は手に入りません。現金化するためには、以下のような手段を用いて商品を誰かに売却する必要があります。

・リサイクルショップや買取屋といった古物商に売却する
・フリマアプリやオークションサイトを利用して自分自身で売却する

ゲーム機の場合、ゲオやブックオフといった実店舗を構えている業者に店頭で買い取ってもらうのが迅速・簡単です。なお、自分自身でインターネット経由で売却を行う場合は、以下に示すフリマアプリやオークションサイトを利用すると便利です。

・メルカリ
・ラクマ
・ヤフオク!

フリマアプリ(メルカリやラクマ)やオークションサイト(ヤフオク!)に出品して売却するという作業は、少々慣れが必要です。特に価格設定には細心の注意が必要です。高すぎるといつまで経っても売れません。安めに価格設定すると迅速に売れますが、本来得られたはずの利益を失う可能性があります。なお、メルカリやラクマ、ヤフオク!では、手数料が上乗せされてしまいますが「匿名」で取引することも可能です。売却相手に住所や氏名を知られたくないという主婦の方は多いと思いますので、匿名取引の利用をおすすめします。

お銀
お銀
フリマアプリやオークションサイトで取引相手に住所を教えて、後でトラブルが起こるケースがあると聞いたことがあります。女性としてはちょっと怖いです。
メルカリはらくらくメルカリ便、ラクマはかんたんラクマパック、ヤフオク!は匿名配送という名称のシステムが存在し、出品者と購入者が互いに住所・氏名を知らないまま取引を完結できます。そのため、主婦でも安心して売買が可能です。

現金化は法的に問題が無いのか

主婦の皆さんは、「現金化って法的に大丈夫なの?」「現金化したことで、家族に迷惑はかからないの?」と不安をお持ちかもしれません。結論から述べると、クレジットカードの現金化は明確に違法であるとはいえません。しかしながら、合法なのか違法なのか曖昧であり、グレーゾーンに位置していることも事実です。クレジットカード以外の手段(後払いや携帯キャリア決済)を用いた現金化についても、同様に法的位置付けが不明確です。そのため、「やりすぎ」は禁物です。現金化は「資金繰りを行うための一時的手段」として考えて、必要最小限の金額にしましょう。後で返済する必要があることを忘れてはなりません。

お銀
お銀
ご隠居、現金化って法的な問題は存在しないのでしょうか?
黄門様
黄門様
結論を述べると、明確に違法というわけではないのじゃよ。街中を歩いていると、あちらこちらにクレジットカード現金化業者の看板を見かけるじゃろう?
助さん
助さん
確かに、明確に違法ならば、業者が根こそぎ検挙されているはずです。街中で現金化業者の看板を見かけるのはおかしいですよね。ちなみに、今のところ、一般人がクレジットカードの現金化が原因で逮捕された事例は存在しないようです。
ただし、過去にクレジットカード現金化業者が検挙された事例は存在するようです。そのため、完全に白と言い切れるかどうかは不透明です。なお、利用者側の検挙例は存在しないようですが、クレジットカード会社の利用規約に違反している行為として民事上の問題が生じる可能性が全く無いとは言い切れません。

現金化に関する刑事上の問題

これまでクレジットカード現金化業者を利用した人が検挙された事例は存在しません。ただし、現金化業者が摘発された事例は存在します。ちなみに、摘発された事例では、以下に示すような問題が業者側に存在しました。

・商品の受け渡しを一切行わずにショッピング枠を現金化した
・脱税行為をしていた
・貸金業の登録をしていないのに現金を貸し付けていた

このような問題を抱えていない優良業者が摘発された事例はありません。特に重要なのは、「商品の受け渡し」があるかどうかという点です。なお、「業者を通さずに、自分自身でクレジットカードのショッピング枠で商品を購入し、転売して現金化する行為」が合法なのか違法なのかは、明確に司法判断が示されていません。クレジットカード以外の手段で商品を購入し、転売して現金化する行為も法的な位置付けは不明確です。ただし、「購入したけど、やっぱり要らなくなったので売る」というケースは普通にあるため、違法とみなすことは難しいでしょう。

明確な判例がなくグレーゾーンに置かれている状態です。そのため、「家賃や水道光熱費を確保する程度の金額の現金化を実行し、後日、返済する」といった程度の利用にとどめておきましょう。多額の現金化を行ってギャンブルに使うような行為は避ける方が良いかもしれません。

現金化に関する民事上の問題

一般的にクレジットカードの利用規約の中には、「現金化する目的でクレジットカードのショッピング枠で商品を購入すること」を禁じる主旨の文言が存在します。ただし、「本当に欲しくて購入したけど、後になって要らなくなったので、リサイクルショップやフリマアプリで売却した」というケースと区別することは困難です。「現金化しようと思っていたかどうか」は完全に内心の問題なので、他人が完璧に証明することはできません。そのため、支払いが遅れない限り、カード会社から問題視されることは殆どありません。

問題となるのは、支払いが遅れた場合です。そのようなケースでは、カード会社は過去の利用履歴を精査し、怪しい取引があった場合は「利用規約違反」と指摘し、カードの利用を停止してきたり、一括返済を求めてきたりする可能性があります。

現金化を行った場合でも自己破産は可能

現金化を行って当座の資金を確保しても、後で返済を行わなければなりません。返済が可能な経済状態になっていれば良いのですが、債務総額が膨大な場合は、やむを得ず、自己破産を検討する方もいることでしょう。自己破産は、裁判所に破産申立書を提出し、免責許可決定をもらうことを意味します。自己破産を行うと、非免責債権(養育費や税金など)以外の借金を無くすることができます。

ただし、「詐欺的な手段を用いて融資を受けた場合は免責されない」とされている点に留意する必要があります。「現金化」が免責不許可事由に該当すると判断される可能性は否定できません。この規定を機械的に解釈すると、「現金化を実行してしまったので、もう免責されない」と思われるかもしれませんが安心してください。実は、反省している姿勢が見られる場合、裁判官の「裁量」によって免責されるケースが殆どです。結論としては、現金化を行ってしまってからでも自己破産は可能です。自己破産は人生を立て直すための正当な手段なので、弁護士や裁判官に事情を正直に話しましょう。

お銀
お銀
現金化を行っていたとしても、万が一の際に自己破産は可能なのですね。
自己破産は、人生を再建するために必要な仕組みです。反省していれば、裁判官の裁量で免責が認められます。本当に困った際は、自己破産を検討してみましょう。

主婦は複数の方法の中から家族にばれない手段を選んで現金化を実行しよう

主婦が家族にばれないように現金化を実行することは可能です。ただし、置かれている状況によって最適な方法は異なります。クレジットカードのショッピング枠は、現金化業者を利用すれば迅速かつ簡単に現金化できます。なお、現金化を家族カードで実行する場合、利用明細から家族にばれてしまう可能性があるので注意してください。なお、クレジットカードのショッピング枠や後払いシステム、携帯キャリア決済を利用して、自分自身で商品を購入し、古物商やフリマアプリ、オークションサイトで売却して現金を入手することも可能です。フリマアプリやオークションサイトを利用する場合、労力や時間、ノウハウが必要です。

本記事を参考にして、自分にとって最適な現金化方法を見つけていただけると幸いです。