クレジットカードを使用して現金化出来ることを一度は聞いたことがあるけど仕組みについてわからないという声をよく聞きます。

そもそも、クレジットカードって現金とは無縁なものであり、現金化出来ないものではないでしょうか。

クレジットカード現金化は、クレジットカードのメカニズムの異変という言い方も出来てしまうでしょう。その実態を探ってみましょう。

クレジットカード現金化とは

まずはみなさんがクレジットカード現金化について正しい認識をすることが大事ではないでしょうか。クレジットカード現金化によって本来入ってこないお金がすぐに手に入れることが出来るのなら、私もやってみたいという人たちも多くいらっしゃることでしょう。

winwinのメカニズムがあり、そこには誰もが評価しているビジネスモデルが成立しているのならいいですが、世の中にはそうでないモノも存在しているので、ミーハー族の方々が安易に話題性に飲まれてしまうような行為は非常にリスクが存在していることがあります。

クレジットカード現金化について考えるとき、実は違法性、詐欺という問題も同時に考えていかなければなりません。ちょっと不安という方々は、クレジットカード現金化の利用って差し控えた方がいいでしょう。

もしも、それでも使用したいという方々は、クレジットカード現金化のリスクについてしっかり理解した上で使用するのがいいでしょう。

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化といえば、出来るだけ高い換金率の業者をチョイスして依頼することが一般的流れですが、リスクを回避したいと思えば業者を通さない方法もあります。

クレジットカード現金化の仕組みについて言えばいろいろな種類があります。 極々、安全圏なクレジットカード現金化の仕組みには、Amazonギフト券に替えて現金化という方法があります。

Amazonギフト券を購入して、転売すれば、すぐに現金をゲットすることが出来るでしょう。

基本、みなさんがクレジットカード現金化で考えるべき仕組みは、金券ショップ、中古買取ショップで出来るだけ高い買取価格のものをチェックして、クレジットカードで購入して、それを即売却という流れです。業者を介するリスクはなく自分自身でクレジットカード現金化に成功することが出来ます。

街でよく見かけるクレジットカード現金化の仕組みとは

街でもよくクレジットカード現金化という広告を見かけることがあります。なんとなく怪しいとう感じもありますが、お金が欲しいという方々は、やはり藁をもすがる気持ちになるのではないでしょうか。怪しいけど、利用してしまうのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化をしている業者は、悪徳業者、闇金業者、違法な高利貸し、詐欺商談、個人情報流出の悪質ブローカー……、そのようなイメージなら誰も利用するはずはありません。

でも、クレジットカード現金化の実態って、それ程みなさんが危険な目に晒される体験とも違います。なぜなら、クレジットカード現金化の仕組みは、クレジットカードのショッピングの枠が残っていれば、それを業者を介して現金に交換することに過ぎないからです。

商品買取の仕組み

商品買取の仕組みは、古物商として運営をしている業者が、みなさんがクレジットカードを使用して購入した商品を、購入した金額よりも安い金額で買取をすることで利益を得ることを言います。

キャッシュバック

一方でキャッシュバックの仕組みがあります。キャッシュバックでは、古物商を運営している業者が販売しているキャッシュバック付き商品をみなさんがクレジットカードで購入することで、購入金額を得ることが出来る方法です。

キャッシュバック方式の「特典付き商品」というものを業者があらかじめ用意している訳ですが、それが何かピンと来ないという方々もいらっしゃることでしょう。

買取方式ならば、金券やブランド品や電化製品を買い取るという仕組みなのでわかりやすいですよね。そちらの場合では、出来るだけ換金性の高い商品ということになります。具体的には、新幹線の回数券やその他の金券、ルイ・ヴィトンの商品、ゲーム機やデジカメと言ったものがクレジットカード現金化の対象物です。

Amazonギフト券というのも、ギフト券そのものが現金のようなものなのでわかりやすいですよね。

一方で、キャッシュバックで扱われている商品は、だいたいは高額商品ということではなく、ごくごくお粗末な商品が多いです。そこに商品価値が存在している必要はないからです。なんで、そのような商品を通してクレジットカード現金化が出来てしまうのかといえば、業者と利用する人たちの利益を相互に確保するため、商品価値の低い商品を介して現金化することにメリットがあるからです。

クレジットカード現金化によって、10万円の利用に対して8万円のキャッシュバックという実態があるとします。その仕組みを果たしてみなさんは、違法性ありという見方をしてしまうでしょうか。

しかし、実際には、それ程ここには違法性を見て取ることが出来ません。なぜなら、その仕組みは、家電量販店で10万円の電化製品に対して8万円のポイントバックがされるのと同じだからです。クレジットカード現金化が違法というのなら、家電量販店で行われていることも違法性ありということになるのではないでしょうか。

そもそも、現金で商品を購入するというメカニズムから考えると、ポイントバックというシステム自体、ちょっと胡散臭い感じはありますが、これも私達は、現代社会の知恵として素直に受けとめているのではないでしょうか。

でも、価値のないアクセサリーを購入して、なんでそんな価値のないものを購入しなければならないのか?と問われた場合、あなたはなんて答えるでしょうか。素直に答えることが出来ないのなら、そこにはちょっとやましい気持ちもあるのかもしれないですよね。

とはいえ、やっぱり、お金のない人たちは、藁をも縋る気持ちで積極的にこのようなクレジットカード現金化の仕組みを受け入れていることでしょう。

ここでのクレジットカード現金化で使用されている商品とは、100円ショップで購入出来るような商品だったりします。また、あなたに対して送る送料のリスクについても出来るだけ考える必要があるため、100円ショップの商品でもなく、メールでも受け取ることが出来る極々お手軽商品ということもあります。

例えば、 オンラインショップでは画像を購入するというケースもあります。 業者は、画像を送信すれば、そこで取引は終了ということになります。

それでクレジットカード現金化は成立することになりますが、あなたは、別にそんな商品は受け取る必要はないとも考えてしまうことでしょう。しかし、商品売買のルールとして、あなたは購入した商品を必然的に受け取る必要があります。それを受け取らないことによって、メカニズムが崩れ、単に怪しい現金化目的ということになってしまうでしょう。

万が一、警察から尋問された時には、お粗末なものでも商品があれば商品売買をしていたのだという言い訳は充分成り立たせることが出来ます。商品を販売してキャッシュバックを提供しただけという言い訳は、世間一般的に通用する言い訳です。

商品をもとも受け取っていないとすれば、そんな言い訳も全然成立しなくなりますよね。

クレジットカード現金化に違法性はあるのか

みなさんは、クレジットカード現金化に実際に違法性が存在しているのかということも大いに気にしていることでしょう。その問題は、しっかりここで語っていかなければなりません。

まず、結論をいえば、実際には違法性はない訳ではありません。商品を買取する方式では、商品を購入して、現金化業者に買取をしてもらい、現金化をします。

そこに一見何も問題が起きていないように見えます。しかし、クレジットカード会社の立場に立てば、そうでないことが見えて来ます。なぜなら、クレジットカードで購入した商品は、特別な意味を持つ商品で、所有権はまだクレジットカード会社の側に存在しているからです。

クレジットカード現金化の仕組みについて語る上で、所有権の留保という言葉も覚えておく必要があります。利用している人たちが料金の支払いをすっかり終えてしまうまでは、クレジットカード会社で購入した商品は、クレジットカード会社の所持している商品を借りているとい仕組みになります。

クレジットカード現金化は、そのような商品を勝手に売ってしまうことになります。そのような行為は、正確に言えば、横領罪に問われる可能性が出てきてしまうのです。

一方で、安心して利用出来るクレジットカード現金化の方法もあります。それはキャッシュバックなのです。100円ショップで購入したような商品を購入すること自体怪しい感じはありますが、クレジットカード会社のルールに違反しているということもこちらにはありませんし、理路整然として仕組みが存在していると言っていいでしょう。

その仕組みが問われるのなら、家電量販店で行われている行為全部が怪しいと言えます。

先ほど言ったものが違法性が問われるのなら、こちらは全く違法性なしの合法的方法です。

利用停止になりにくいクレジットカード現金化の方法

実際に、違法性ということではなく、クレジットカード会社があなたのクレジットカードを停止してしまえば、あとあと困ってしまうでしょう。そのようなことがない訳ではありません。

ですから、もしもどうしてもクレジットカード現金化をしなければならないという人たちは、利用停止になりにくい方法について考える必要があります。

結構、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化の方法は、バレてしまうことがあります。 なんで、クレジットカード現金化がバレてしまうのか不思議に思うのではないでしょうか。

実際にクレジットカード会社は、日々、利用している人たちの数から、クレジットカード現金化をしている人を探し出す行為はなかなか難しいです。しかし、それでもクレジットカード会社が把握出来てしまう理由は、現金化目的が疑われる利用履歴を簡単にチェックするシステムを持っているからです。

クレジットカード会社があらかじめ換金性の高い商品のピックアップリスクを所持していれば怪しい人物は、すぐにチェックすることが出来ます。

クレジットカード現金化をする人物ではなく、クレジットカード現金化をするだろう怪しい人物を囲っておいて、その人物だけ集中してチェックしておけばいいのです。

そして、明らかに怪しいということが判明すれば、クレジットカード会社はそのような人物に対して、利用停止措置を取ることがあります。

クレジットカード現金化がおすすめできない本当の理由

実際にクレジットカード現金化の仕組みに違法性がないとしても、出来るならクレジットカード現金化はしない方がいいでしょう。

なぜなら、お金を借り入れするのなら消費者金融のキャッシングを利用すればいいからです。

しかし、総量規制の問題などがあって、借り入れ出来ないという人たちが、クレジットカード現金化について考えることになります。
総量規制とは、2010年6月18日より施行された貸金業法による規制の一つで、借り過ぎ・貸し過ぎを防止するため業者を規制する仕組みのことを言います。

そもそも、なんで総量規制の問題が浮上しているのかといえば、それは、借り入れする人たちを守るスタンスにも立っているからです。

もしも、クレジットカード現金化が安易に出来てしまえば、みなさんの支払い計画性も大きく来るってしまうのではないでしょうか。

あなたは、現状、いろいろ債務を抱えて大変なところ、もっとあなた自身の首をしめてしまうことになるかもしれません。計画性という意味では、クレジットカード現金化は妥当ではありません。クレジットカード現金化を自由にすることが出来れば、あなたはもっと気持ちも大胆になっていくのかもしれません。

そして、クレジットカード現金化を実行している業者には、闇金業者の実態もあるので、呉々も注意する必要があります。

いかがでしょうか。どうしてもお金が必要という時には、クレジットカード現金化も方法のひとつです。ですけどクレジットカード現金化には、少なからずリスクもあるので、仕組みについて考えることも大事です。

敢えて言えばおすすめは、キャッシュバック方式です。