Pocket

新幹線回数券現金化って、非常に利用されるクレジットカード現金化の方法です。

クレジットカード現金化の大事なポイントは換金率です。それを考えると換金率90%以上の新幹線回数券現金化が一番妥当だと多くの人たちが考えるようです。

そして、購入もみどりの窓口で行えばいいので、それをあと金券ショップへ持って行けばいいのです。お金がない人たちは、こんなテクニックを当たり前のものとして利用しています。

しかし、実際に新幹線回数券現金化って、非常にリスクがあるので注意をしなければならないでしょう。ちょっと以前と事情が変わったとも言います。

それは、多くの人たちがこんなテクニックに関心を持ち、利用するようになってしまったからです。

新幹線回数券現金化はリスクが大きい

まずは、新幹線回数券現金化はリスクが大きいということからお話しをします。なんで、リスクが大きいのかといえば、クレジットカード会社に、100%その行為がバレてしまっているからです。

では、なんでクレジットカード会社に安易にそのような行為がバレてしまうのでしょうか。実際にクレジットカード現金化をして逮捕されるということは100%ありませんが、それでもクレジットカード会社では、そのような行為を違反行為としています。ですから、規約に違反してしまったということが発覚してしまえば、クレジットカード利用停止の措置をくらってしまうことになります。

もうそのあたりのことも一般常識となりつつありますよね。しかし、それでも多くの人たちが、クレジットカード現金化はクレジットカード会社にバレるはずはないという思いのもと利用していたのではないでしょうか。

クレジットカード会社にバレなければ何してもいいんじゃない?という発想のもと行われているのが、新幹線回数券現金化だったのです。

しかし、最近の現状のお話しをすれば、新幹線回数券現金化はクレジットカード会社にバレると言います。

クレジットカード会社にバレる要素

みなさんは、クレジットカード現金化して、クレジットカード会社に100%バレない認識のもとしているのかもしれませんが、実際には100%バレないということではありません。みなさんがバレる要素のものを現金化しようとすれば、クレジットカード会社には、確実に目をつけられるでしょう。

その目をつけられやすい商品が新幹線回数券なのです。

まず、換金率の高い商品は足がつきやいのです。新幹線回数券は、それに該当する商品です。すると、クレジットカード会社では、あなたの過去の購入履歴などチェックしはじめるでしょう。怪しいと思われれば、言い訳など何も出来ない程、履歴からクレジットカード現金化していることはあきらかではないでしょうか……。

更に基本1万円を超える商品は、高額商品として見なされています。新幹線回数券は、そのような商品でしょう。

そのようなモノに対しても、やっぱりクレジットカード会社では、不正利用をしているのではないかということがチェックされています。その監視網にはまってしまえば、クレジットカード現金化していることは一目瞭然です。

更に、新幹線回数券は、現金化のために、東京~大阪までのモノを購入したりしますよね。果たして、あなたにとって東京~大阪という新幹線回数券が必要なのか、クレジットカード会社では、あなたの会社、自宅などから判断するでしょう。ここでも、その新幹線回数券の購入は怪しいのではないか……ということが判断されます。

ここでは、怪しいと判断されるだけですが、先ほどの件と総合的に判断をすれば、クレジットカード会社には、クレジットカード現金化をしている人たちの像を明らかに見破ることが出来ます。

実際に新幹線回数券現金化を体験してみた

インターネットには、時々デマも流れているので、新幹線回数券現金化にリスクありというのは、クレジットカード会社がもたらした陰謀かもと思っている人たちもいるのではないでしょうか。それでは、実際に、新幹線回数券現金化を実行してみましょう。

一回程度、クレジットカード現金化しても、クレジットカード利用停止にはならないと信じて。

実際に、私は、新幹線回数券現金化を成功することが出来ましたが、なんだかドキドキ体験で、こんなことまでして現金化しなければならないのかという気持ちでしたね。もっと他に現金化の方法はあるのではないか……と考えちゃいました。

実際にお金が欲しいという時には、銀行カードローンが利率も低いのでいいかもしれませんよね。あらかじめこういうこともあるということを認識して、銀行カードローンの審査を受けておきましょう。

そして、お金は計画的に使うという自覚も大事です。そうしないと、お金が必要な時に、カードローンの枠が一杯になってしまって、結局クレジットカード現金化のお世話にならなければならないからです。

楽に、現金化出来るという記事を多く見かけますが、意外と手間がかかるという印象もあります。JRみどりの窓口まで出向くのが面倒は面倒です。定期があるからいいけど、そこまで交通費がかかるのなら割が合わないでしょう。

更に、換金率に関して言えば、それ程いい換金率で買取してもらうことが出来ませんでしたね……。

もっと私達が努力して、他の買取ショップをあたれば良かったのかもしれませんが、ドキドキしているのと、面倒くさいという気持ちで、この程度でいいかなという妥協も起きてしまうのです。

そして、買取ショップの店員の態度も横柄で、何か私が鼻から悪いことをしているような顔で見ているではありませんか。

非常に不本意ですね。

クレジットカード現金化しようとしているのは事実ですが。

東京~新大阪区間の回数券を購入

新幹線回数券を、JRのみどりの窓口まで行って購入しました。東京~新大阪区間の回数券です。

東京~新大阪区間が、一番換金率が高いという情報がありました。

つまり、クレジットカード会社が目をつけている新幹線回数券です。

銀行強盗をするというのではありませんが、なんだか非常にドキドキした感じで、 新幹線券売機で回数券を購入します。

おトクなきっぷ」選択をして、「東海道新幹線 回数券 新大阪までの区間」選択をします。

「指定席(普通車)【東京発】」選択し、 東京(都区内)・ 新大阪(市内) 6枚つづり ¥82,140を選択します。

間違いないかチェックして「確認」を押します。

そして、いよいよクレジットカードの出番です。クレジットカードを入れて、支払いを済ませます。

クレジットカードで新幹線回数券を購入出来たことには、いささか快感もありますね。何か得したような気持ちも……。しかし誤解してならないのは、私が結局あとあと支払いをしなければならないだけなのです。
次は、現金化です。

新幹線回数券現金化を実行

次は金券ショップへ持ち込み、新幹線回数券現金化を実行します。

事前にどこの金券ショップへ持っていけば換金率がいいのかチェックも必要でしょう。

結構、そのような行為も面倒くさいと感じてしまう人たちはいると思いますが、ここは頑張って行うようにしましょう。

私はあらかじめチェックして、93%換金率のお店へと向かいました。

しかし問題が浮上。現実に、インターネットでは、そのような記載を見つけることが出来たとしても、本当に持ち込みをしてその金額で購入してもらうことが出来るかです。

妥協出来る換金率ならいいですが、買取しません……なんて言われてしまったりしたら、本当に新幹線回数券をこのままどうすればいいかという不安もよぎって来ます。

新幹線回数券現金化は実際に実行することが出来たとしても、結構、不安要素は大きいですね。

そして思う訳です。そんなにしてまでも新幹線回数券現金化をしなければならないのかと。無論、それをいましなければならない人たちもいることでしょう。その人たちの為のアドバイスを今私はしているのです。

どの金券ショップへ向かったのかといえば、あの有名な、どの地域にもお店がある大黒屋です。

「東京~新大阪の新幹線回数券を買取して欲しいのですけど」

「90%ですね……」

私は93%と記載を見たので妥協はしませんでした。私は、既にここで足下を見られてしまったのでしょうか。

すると、お店の人は、ちょっとふてくされた感じで、現在在庫が処分しきれてないので……と。

つまり私達は、そのような在庫余りの事態も想定して行動しなければならないということです。

他の大黒屋に行って事態が同じかと言えば、それぞれ店舗によって事情は違うと言います。ただ、正直言って、その換金率の差のために、店舗を変えて交渉しようという気持ちにはどうしてもならないのです。

もうこのあたりで、私は新幹線回数券現金化には成功出来るのですし、妥協しようという気持ちがありました。

買取を受ける

私は、大黒屋に新幹線回数券を買取してもらいました。まず、お客様カードに、住所氏名
年齢職業を記入します。

身分証明書の提出が必要なのかと思いましたが、要求されなかったですね。

定価¥82,140の90%で、¥73,926をゲットしました。

何だか感激していますが、そもそも私のお金ではないですか!

クレジットカード会社の問題もなし

ドキドキして新幹線回数券現金化に成功して、更にクレジットカード会社の反応を見ていました。

正直言って、私は、クレジットカード会社が利用停止の措置をすぐに決行するとは思っていないので、こちらはそれ程ドキドキしていた訳ではありません。

実際に、利用停止はあるのかもしれませんが、相当繰り返す人たちに対してでしょう。

実際に、私のように一回こっきり実践といいう場合、クレジットカード会社のコンタクトはゼロです。

まとめ

今回、体験談では、換金率は、記載されてあるものもそれ程信用出来ないということがわかりました。

更に足で探すというのもいいかもしれませんが、妥協する気持ちも、クレジットカード現金化には大事なことではないでしょうか。