クレジットカードを保有している人ならば、誰もがクレジットカードの裏面に署名を行った経験があるはずです。もし裏署名を行っていなければ、不正使用される前に今すぐクレジットカードの裏側に自筆の署名をしなければなりません。しかし、サインの文化が薄い日本人にとって裏署名の重要性に気付かない人が多いことは、クレジットカードの使い方を教育されていないことが原因と考えられます。では、クレジットカードの裏署名にはどのような意味があるのでしょうか。

裏署名が無いクレジットカードは使えない

クレジットカードの裏面には、セキュリティコードと共に自筆の署名を行う空白が設けられた状態で書留郵便により自宅へ届きます。店頭でクレジットカード発行が出来る場合には、その場でクレジットカード会社のスタッフから裏に署名を求められるはずです。なぜなら、クレジットカードは裏に署名を行って初めて正規の状態で有効に使えるようになるからです。

クレジットカードの利用規約に裏署名について記載がある

クレジットカードの利用規約を確認すると、各社全てにクレジットカードの裏に署名を行っている場合のみクレジットカード決済が出来る点が明記されています。実際には暗証番号やセキュリティコードによりオンライン決済が出来てしまいますが、店頭で使用する場合にはクレジットカードの裏に署名をしていないと支払いを有効と認めてもらえません。なぜなら、クレジットカードは裏に署名を行った時点から本来は有効なクレジットカードとして認められるので、署名が無いクレジットカードは不完全な状態と見做されてしまうからです。

クレジットカード加盟店は裏署名が無いと決済拒否出来る

クレジットカード加盟店は、クレジットカードの表面だけでなく裏に署名があることを確認した上でクレジットカード決済を行うことを加盟店契約で義務付けられています。クレジットカード会員も裏署名をしていないクレジットカードを使って決済を断られても文句を言えないことになっており、そもそも裏に署名をしない事自体がクレジットカード会社が定める利用規約に反しています。なぜなら、クレジットカード加盟店の店員は、レシートに記載した署名とクレジットカード裏面の署名が一致することを確認して初めてクレジットカード決済わ認めることになっているからです。近年は、1万円以内のクレジットカード決済に関してスーパーやドラッグストアといった日常の買い物を行う施設では、サインレス決済が行われているためにまかり通ってしまっています。しかし、もしクレジットカードを紛失した後で勝手に使われてしまったら、その支払いは裏に署名をしていないことが原因でクレジットカード名義人本人が支払わなければなりません。

裏署名が無いクレジットカードは窃盗犯にとって宝の山

裏署名をしていないクレジットカードは、窃盗犯にとって打ち出の小槌状態のおいしいクレジットカードとなってしまいます。なぜなら、クレジットカードの裏に窃盗犯が自筆署名を行うと、各店でクレジットカード決済時に暗証番号入力を拒否してサイン決済とすれば買い物出来てしまうからです。クレジットカードの裏に行うサインは、日本人には馴染みが深い実印を押している状態に近いと考えれば納得出来るはずです。印鑑の習慣が無いクレジットカードを多く使う国々では、個人の筆跡こそが本人が支払いを了承した証拠として強い効力を持ちます。このため、クレジットカード決済レシートは買い物内容に対して支払いを承認するという意味で署名を行うことになっているわけです。実際に販売店はクレジットカード裏面の署名とレシートのサインを見比べて違和感がある場合には、クレジットカード決済を拒否出来ることになっており、後日に署名が偽物だった場合の責任はクレジットカード加盟店にあります。クレジットカードの裏に署名しておくだけでクレジットカードの不正利用が防げると考えれば、いかに署名が重要なものか理解出来るはずです。

クレジットカードの裏に署名する際のルールを知ろう

クレジットカードの裏に署名する際には、どのような署名なら有効に機能するのか疑問に思う人が少なくないはずです。なぜなら、印鑑文化が発達している日本では、サインの練習を小学生の頃からしっかり行ってきた人は一部のアメリカンスクール卒業生以外はほとんどいないからです。各国首脳が調印式で行うサインは、どれも個性的なものが多いことで知られていますが、国際的な調印式でさえ自筆サインの有効性が認められているほど筆跡は鑑定すれば個人を特定出来るほどの違いがあります。では、クレジットカードの裏に署名する際には、どのような文字で署名すれば良いのでしょうか。

自筆であることが最重要

クレジットカードには本会員と家族カード会員という2種類がありますが、クレジットカードの裏に署名を行うのは必ず印字されている名義人本人でなければなりません。なぜなら、クレジットカード裏の署名と同じサインを店頭でクレジットカード決済を行う際に記入し、完全一致しなければならないからです。自筆署名であることが何よりも優先されるので、本会員が家族カードに署名を行ってしまうとクレジットカード決済が拒否されるだけでなく、クレジットカードを再発行しなければならない事態に陥ります。会員に責任があるクレジットカードの再発行は有料となるので、必ず印字された名義人本人の署名をクレジットカードが到着したらその場で行わなければなりません。

フルネームである必要性は無い

クレジットカードの裏署名は、本人が自筆したことを証明出来れば問題ないので、必ずしも感じやアルファベットによるフルネームを記載する必要はありません。クレジットカードは世界中で使えるので、本人が何度記載しても同じ筆跡を維持出来るなら苗字だけ・名前だけ・漢字とカタカナを混ぜたサイン・アラビア文字であっても自由に使えます。

何度も同じ署名が書けるように練習しておくと良い

裏署名に使うサインは、何度記入しても同じとなるようにクレジットカードの裏面に記入する前に練習しておくと失敗を防げます。文字のバランスが悪くならないように、何度も練習しておけば納得出来るサインとなるはずです。クレジットカードの裏は硬質プラスチックの上に署名欄だけ文字が書けるように加工されているものの、紙に書く時と質感が異なるため書きにくいと感じる人が少なく有りません。しかし、1回で書かなければならないのでなるべく緊張せずに練習したまま記入することが望ましいです。

クレジットカードの裏署名は暗証番号より優先される

クレジットカードの裏に書く署名は、クレジットカード決済においては暗証番号より優先されると知っておく必要があります。なぜなら、暗証番号はオンライン決済時のみ使用可能なクレジットカード決済方法であって、どのような状況下でも使用可能なサインの方が優先度が高いとされているからです。このため、実際に暗証番号を忘れてしまっていてもサインさえ裏署名と同じものを即座に書けるなら、クレジットカード決済は有効となります。

クレジットカードはインプリント決済も行える

オンライン決済が広まるまでは、クレジットカードはインプリント決済がかつて広く行われていました。クレジットカードの券面は数字が浮き出ている凹凸がある加工が施されていて、インプリント用の複写機で版画のように複写して署名するだけでクレジットカード決済が可能です。オンライン決済が主流となった現代であっても、通信エラー発生時や様々な事情によりインプリント決済が行われる可能性はあります。通信端末を使わないオフラインなクレジットカード決済であっても、売上票にサインを行うことで有効なクレジットカードによる支払いと認められるわけです。

クレジットカード決済時の署名は裏署名と同一のものしか認められない

クレジットカード決済時の署名は、カード裏面の署名と同一のものしか認められないので、カード加盟店のスタッフが署名が違うと判断したら決済拒否が出来ます。オンライン決済ならば暗証番号入力を求めることが出来るので、署名が異なり暗証番号入力も拒否したら商品購入そのものがキャンセル扱いとなる仕組みです。クレジットカード決済時の署名は、裏署名と完全一致することが求められているので、少なくとも再現性が無い特殊なサインは控えなければなりません。

盗難紛失補償を使う際には裏署名を確認される

何らかの事情により、クレジットカードが盗難紛失被害に遭った時には、クレジットカード会社へ電話連絡してクレジットカード緊急停止を行ってもらえます。紛失から緊急停止を行うまでに使われてしまったクレジットカードについては、裏に自筆署名をしている場合に限り盗難紛失補償を受けられるわけです。クレジットカードを緊急停止連絡した際にも、クレジットカードの裏面に署名してあるかという確認が行われるので、正直に答える必要があります。裏署名をしていない状態で紛失を行うと、盗難紛失補償を申請しても補償対象外となって窃盗犯が使った金額まで支払い義務が発生します。

クレジットカードの裏面には自筆署名をカードが届いたその場で行いたい

クレジットカードの裏面に記入する署名は、何度でも再現可能なオリジナルタイプが望ましいです。いざという時に役立つ盗難紛失補償は、クレジットカードの裏に自筆署名があることを絶対条件としているので、少なくともクレジットカードが届いた時点で裏面に自筆署名を行う必要があります。思わぬリスクを回避するためにも、自筆署名の重要性に気づくことが大切です。