クレジットカードのショッピング枠を現金化している人にとって、クレジットカード会社から現金化サービスを利用していると疑われたら、つい慌ててしまいがちです。しかし、実際にクレジットカード現金化を行っていない人であっても、クレジットカードの使い方次第で疑われた経験を持つ人がいることを知れば、慌てる必要が無いと分かります。では、クレジットカード現金化はどのような場合にクレジットカード会社から疑われてしまうのでしょうか。

クレジットカードの現金化は疑われた原因を知れば怖くない

クレジットカードのショッピング枠を現金化することは、日本国内で発行されたクレジットカードについては全て換金目的でのクレジットカード使用が利用規約により禁止されていることが原因で誰にでも起こり得ることです。最も重要なことは、クレジットカード会社は利用者がクレジットカード現金化を行ったかどうかを直接確認する証拠を持ち合わせていないという点です。このため、クレジットカード現金化を行っていない人に対しても、現金化が疑われた時点で同じ一時的な処置が行われています。

クレジットカードのショッピング枠は常に監視システムで不正利用をチェックしている

クレジットカードの利用は会員に対してクレジットカードを貸与するという方法で行われており、利用規約の範囲内でしっかり使われているか独自開発した監視システムにより不正利用チェックを24時間行っています。クレジットカードによる決済は、毎日24時間膨大な数行われているので、全ての取引を目視チェックすることは非現実的です。そこで、クレジットカード会社が独自の基準により過去の不正利用に該当する使い方と同じ決済を行った場合について、自動的に検出して目視チェックに回すシステムが運用されています。しかし、システムチェックにより不正利用の疑いがあるからといって、必ずしも不正利用しているとは限りません。例えば、以下のようなパターンについて、正規の取引を行っている場合との見分けが付かないわけです。

・新幹線回数券を購入
・ブランド品を購入
・同じ商品を繰り返し短期間で購入

上記のどのパターンであっても、クレジットカード決済による購入が本来認められているものであって、人によりごく一般的な使い道というケースも少なくありません。ポイントとなるのは、普段の使い方や家族構成とは明らかに合わない使い方をクレジットカード会社に対して事前連絡無しに行った場合がシステムチェックと目視チェックの両方に引っ掛かるわけです。

不正利用が疑われたらクレジットカードは一時停止となる

システムチェックにより不正利用が疑われたクレジットカードは、自動的に一時停止となる場合と目視チェックにより一時停止とする場合があります。クレジットカード会社ごとに運用は異なりますが、家電量販店にてまとめ買いをした時に、クレジットカード会社へ電話連絡しなければ決済承認番号が受けられないことも不正利用が疑われた例と考えれば分かりやすいです。実際には家電量販店での利用時に特定のパターンで購入する際に自動的に要電話連絡となりますが、基準が公開されていない以上は不正利用が疑われたと利用者は考えます。家電量販店の社員は一定割合でランダムにチェックが入ると分かっているのでいつものことという反応をしますが、利用者は必要以上のストレスを感じてしまうものです。実際に不正利用が疑われた時点でクレジットカードは一時停止となり、クレジットカード会社と連絡がつくまでは解除されません。

利用者からの問い合わせが無ければクレジットカード会社から電話連絡が入る

クレジットカード会社のシステムチェックによりクレジットカード現金化が疑われた結果として、一時的にクレジットカードが利用停止となった場合、数日中にクレジットカード会社から電話連絡が入ります。なぜなら、日常的にクレジットカード決済を行っている会員ならば、クレジットカードが使えない時点ですぐにカスタマーデスクへ会員側から電話連絡が入るはずだからです。数日間電話連絡が入らない時点でクレジットカード会社は、クレジットカード自体が盗難・紛失対象となっている可能性を同時に疑い、会員本人と電話連絡がつくまでクレジットカード利用停止措置は継続されたままとなります。

クレジットカード現金化を疑われた時の対処方法を知ろう

クレジットカード利用停止は、必ずしも実際に現金化を行っていない人に対してもシステムチェックにより珍しい使い方や普段と異なる行動をした時に発動されると知っておけば、慌てて対処を間違えることを防げます。なぜなら、クレジットカード現金化に対して負い目を感じている人ほど、クレジットカード会社からの電話連絡に対して自らクレジットカード現金化を行ったと自白してしまいがちだからです。そこで、クレジットカード会社からの電話連絡に対する対処方法を知っておけば怖くありません。

クレジットカード会社から問われる質問は3つ

クレジットカード会社からクレジットカード現金化を疑われた場合には、クレジットカードの一時利用停止に加えて確認電話連絡がクレジットカード会社から入ります。その際に担当者から質問される内容は、次の3項目だと知っておけば、事前に回答を準備しておくだけで余裕を持った受け答えが可能です。

①クレジットカードを自分で利用して購入したものか
②購入した商品の具体的な品目について
③購入した商品の購入目的について

上記3つの質問がどのような順番で行われても、クレジットカード会社は現金化を行ったと本人からの自白が無ければ分からないことから、正規のショッピングかどうかを確かめているに過ぎません。つまり、電話で行われる質問をクリアすれば、クレジットカード現金化の疑いが晴れて利用停止措置が即座に解除されるわけです。

具体的な回答を出来るように準備しておこう

クレジットカード会社から質問に対しては、事前に回答準備を行うことで乗り切ることが出来ます。なぜなら、クレジットカード現金化業者を使っている限りは、商品売買契約を行っていること以外はクレジットカード会社が知りようが無いからです。では、どのような回答を行うことが理想となるのでしょうか。

自分で使うために購入した買物だと主張する

クレジットカードは本人以外が使えないので、原則として本人が自らクレジットカード決済を行っている以上は、自分で使うために自らの意思で購入しているはずです。クレジットカード会社から問い合わせがあった時には、確かにその日時に自分でクレジットカードを使ったことと、自分で使うまたは家族にサービスするために使ったことを主張すれば問題ありません。クレジットカード現金化を行ったという事実を自ら言わない限り、クレジットカード会社もストレートな追求は出来ないわけです。

購入した商品の具体的な品目を理解しておく

加盟店に対してクレジットカード会社は何を販売したのか問い合わせが出来るので、購入した商品の具体的な品目を理解しておく必要があります。クレジットカード現金化業者を利用する際には、様々な商品売買契約を行うことになりますが、具体的な品目について不明な場合は必ず何の取引を行ったことになっているのか確認しておくと良いです。加盟店と利用者本人の主張が一致して、購入商品について説明出来れば欲しい商品を自分で購入しただけという主張が通ります。

なぜその商品を購入したのか目的を説明出来るようにしておく

具体的な購入商品を説明出来ても、何の目的でクレジットカード決済による購入を行ったのか説明出来なければ、不正利用を疑われた時に対処出来ません。よくある例として、ブランド品やiPadといった特定の換金性が高い品物を複数個購入した際に、換金目的ではないのかと疑われることがあります。妻に購入したら娘と母親にねだられたといった回答ならば、同じブランド品を続けて3個購入しても筋が通るはずです。また、新幹線回数券ならば実家の所在地と現住所を結ぶルートならば、家族5人で往復するために2冊12枚を購入して2枚は実家に置いてきたという主張も成り立ちます。新幹線回数券を購入しているにも関わらず、現地でのクレジットカード決済履歴が無いと不自然に思われるので、前回の出張先で意図的にクレジットカードを使い、新幹線回数券を購入する区間の参考にすればクレジットカード会社からの問い合わせにも対応出来ます。

クレジットカード利用停止の原因は1つではない

クレジットカードが利用停止となる原因は1つでは無いために、クレジットカード会社との電話連絡では何が原因で利用停止となっているのか早期に問い合わせると良いです。クレジットカードが利用停止になった時に考えられる理由として、以下の項目に該当しないか確認しておけば、クレジットカード現金化がバレたのかと慌てる心配がありません。

・盗難紛失により第3者が不正利用
・規定回数以上暗証番号入力を間違えた
・支払を何度も遅延している
・クレジットカードの有効期限が切れている
・クレジットカードに設定された利用限度額を超えている

上記のどれにも該当しない場合、クレジットカード現金化を行った事実があるならば、現金化がバレていないか警戒する必要があります。

クレジットカード現金化を疑われないようにするポイント

クレジットカード現金化を疑われないような使い方を心掛けておけば、たとえショッピング枠を現金化したとしても利用停止や強制解約を恐れる必要はありません。クレジットカードは会員制を採用していて、カードの名義人は利用者本人になっていても所有権がクレジットカード会社にあることを理解していれば、クレジットカード会社とのコミュニケーションが重要だと分かります。

キャッシング枠を使い切らないようにする

クレジットカード現金化を行っている人には典型的なパターンがあり、クレジットカード会社ではキャッシング枠を使い切った人に対してショッピング枠の現金化を行っていないか厳しくチェックする傾向があります。キャッシング枠を使っていること自体が悪いわけではなく、ショッピング枠とは別枠に設定されているキャッシング枠の利用限度額の半分以上を使っている状態の利用者が、クレジットカード現金化業者を使っていたというデータがあるので警戒しているだけです。キャッシング枠を半分以上残している状態ならば、実際にクレジットカード現金化を行ったとしても手数料が15%~20%かかるクレジットカード現金化よりもキャッシング枠を使うはずたとクレジットカード会社は考えています。

支払い遅延を発生させない

クレジットカード会社は顧客の利用履歴をデータベースとして膨大な量保有しているので、クレジットカード現金化サービスを利用する人の中に支払い遅延を起こしている人が多いことを掴んでいます。そこで、支払い遅延を起こさずに毎月の口座引き落としを確実に行いつつ、計画的にクレジットカード現金化サービスを利用していれば、疑われることは少ないわけです。

換金性が高い商品を複数購入しない

換金性が高い商品の購入は、クレジットカードの利用規約により換金目的でのクレジットカード利用が禁止されていることから警戒対象となっています。自力でクレジットカード現金化を行おうとすると、つい換金率が高い商品を繰り返し購入して不自然な買物履歴となりかねません。例えば、洗濯機は1家に1台あれば間に合うにも関わらず、1ヶ月で3台購入したら明らかに異常な買物とクレジットカード会社のシステムチェックに引っ掛かるはずです。クレジットカード現金化では実際に洗濯機の複数台購入はありませんが、ブランド品やデジタル家電を複数台購入するといった例は商品買取方式を採用したクレジットカード現金化業者では有り得ます。そこで、クレジットカード現金化サービスを商品買取方式にて行う際には、毎回何の商品を購入して買取依頼するのか具体的な金額と商品名を確認しておく必要があるわけです。

クレジットカード会社に対して事前に予防線を張ってしまえば疑われない

クレジットカード現金化を行う際に、商品買取り方式を利用する際には事前にクレジットカード会社へ電話連絡して予防線を張ってしまう方法が有効です。複数のブランド品を購入する際には、家族3人分に同じ物を購入したいが問題無いかと意図的にカスタマーデスクへ問い合わせてしまう方法があります。クレジットカード会社へ電話連絡を行うことに抵抗がある人がいますが、そもそもクレジットカード会社へ事前に連絡しておけば事前承認を受けたことと同じ意味を持つわけです。子供が大学進学のために家電一式をまとめて家電量販店にて購入する際にも、一時増額審査を受ける名目でクレジットカード会社へ事前相談を行う方法があります。同様に普段と違うクレジットカードの使い方を行う際には、事前にクレジットカード会社へ電話連絡を入れることで後からクレジットカード現金化を疑われたという事態が発生しないようにすれば良いわけです。

キャッシュバック方式と商品買取方式のクレジットカード現金化業者を使い分ける

繰り返しクレジットカード現金化を行う場合には、キャッシュバック方式と商品買取方式の現金化業者を使い分けることによりクレジットカード会社から疑われる原因を作らないという方法があります。キャッシュバック方式では、ノウハウや特定のオリジナル商品購入を前提とするので、毎回同じ金額としなければ商品がカブることはありません。また、商品買取方式を採用したクレジットカード現金化業者とキャッシュバック方式では取り扱い商品がそもそも異なるので、購入商品が重複する心配が無くなります。

クレジットカード現金化を疑われたとしても無難な回答で乗り切れば良い

クレジットカード現金化を疑われた際には、クレジットカード会社からの問い合わせに対して事前に回答を準備して無難に答えるだけで大抵は乗り切ることが出来ます。繰り返しクレジットカード現金化を利用する際には、次回以降は疑われないように同一商品を複数購入しないといった方法だけでなく、事前にクレジットカード会社へ購入連絡を行うといった方法で予防線を張ってしまうと安心です。クレジットカード現金化を疑われないための工夫は、日頃のクレジットカードをどのように使うかといったパターンにより変わるので、目立つ使い方を避けて疑われたら無難な回答を心がければ乗り切れます。