Pocket

クレジットカードは利用限度額を設定した範囲内でいつでも好きなだけ使えるからこそ、つい使いすぎてしまうという問題点を抱えています。しかし、使いすぎを防ぐ方法さえ身につけておけば、日常生活を豊かにするツールとして使用可能です。では、どのような方法で使いすぎを防ぎ、万が一使いすぎてどうにもならなくなったらどうすれば良いのでしょうか。

クレジットカードの使いすぎは契約内容を理解していないことが原因

現金主義を貫いている人であっても、近年は支払い方法としてクレジットカード限定で特典が受けられる格安SIMやプロバイダー料金が登場しています。クレジットカードを使いすぎたら怖いと考えて、そもそもクレジットカードを持たない主義の人は案外慎重な使い方をするものです。実際にクレジットカードを使いすぎてしまう人は、利用限度額の意味を勘違いして契約内容を理解していない人と考えられます。

クレジットカードは一括払いのみ利用すれば使いすぎることは無い

クレジットカードには様々な種類がありますが、一括払いしか利用出来ないクレジットカードならば、支払いが怖くてクレジットカードを使いすぎることはありません。例えば、AmericanExpressではクレジットカード審査は一括払い審査のみ行われるので、新規発行から3ヶ月間は一括払い専用クレジットカードです。利用開始から3ヶ月経過して以降、希望者のみ分割払い審査へ申し込み出来るようになるので、使いすぎを心配するならそもそも分割払いを申し込まなければ良いわけです。もし一括払いのみで支払不能に陥ったら怖いと考えているなら、クレジットカード代金支払い口座を総合口座に設定し、自動貸越契約をセットして利用限度額を賄えるだけの定期預金を紐付けしておけば安心できます。実際には毎月支払えるだけの金額にしようと決めておけば、そもそも使いすぎる心配はなくなるわけです。

利用限度額を敢えて下げる方法が有効

クレジットカードを使いすぎてしまう人の多くは、利用限度額増額案内が届いた時に気軽に応じてしまう傾向が強いです。クレジットカードの利用限度額があまりにも多く、分割払いやリボ払いを利用していると、ついいくら残債があるという考え方から利用限度額まであといくら使えるという考え方に変わる点に注意しなければなりません。クレジットカードの利用限度額は預貯金とは異なるという点を明確にしておくことが重要です。どうしても利用限度額まで使い切ってしまう心配があるなら、思い切ってクレジットカード会社へ連絡して利用限度額を下げてもらう方法があります。正直にクレジットカードを使いすぎる心配があるからと申告して利用限度額を下げれば、慎重な考え方を持ち返済に責任を持てる優良顧客という印象を持ってくれます。

定期的にクレジットカードの断捨離を行う

クレジットカードを使いすぎないようにする方法として、毎月固定で支払うために必要なクレジットカードと、普段の買い物で使うクレジットカードを明確に分ける方法があります。家賃・光熱費・公共料金・プロバイダー料金・携帯電話料金といった毎月必ず固定で支出がある支払いは、専用のクレジットカードと預金口座を用意して固定費として決済を行います。他の一般的な買い物に使うクレジットカードと明確に分けることで、クレジットカードを使いすぎる心配を防ぐわけです。生活費必需品の購入以外で使うクレジットカードの代金として使いすぎない目安は給与額により変わるものの、手取り月収の15%以内に抑える工夫を行えば使いすぎという心配はありません。実際に月収の15%を超える支出をクレジットカード決済すると、支払いを先延ばしにしているだけで残債が溜まってしまいがちです。クレジットカードの利用明細票を確認して、無くても困らないクレジットカードは解約するといった断捨離を並行すれば、3枚程度にクレジットカード枚数を抑えられます。

クレジットカードの利用明細票は使いすぎを防ぐ有効な方法

クレジットカードの利用明細票は、毎月細かく確認するだけで無駄遣いを探し出すツールとして利用可能です。クレジットカードは財布の現金が減るわけでは無いために、つい衝動買いをしてしまいます。常にお金を意識した使い方を行い使いすぎを防ぐためにはどのような方法が有効となるのでしょうか。

クレジットカードとデビットカードを併用して使いすぎを防止

日常生活でカードを使った買い物により各種ポイント還元を受けたいなら、クレジットカードだけでなくデビットカードやプリペイドカードを併用するという法ウホがあります。古くからあるJ-Debitとは異なり海外ではクレジットカード同様の使い方をされているクレジットカード決済システムを使ったデビットカードやプリペイドカードならば、クレジットカードによる決済額を月収の15%迄と決めておき、上回る部分はデビットカードやプリペイドカードを利用する方法があります。デビットカードと紐付ける銀行口座を専用に用意しておけば、預金残高以上は使えないからこそ使いすぎを起こすことがありません。プリペイドカードも同様にLINE PAYならセブン銀行ATMやコンビニ店頭レジにてチャージして使えます。小銭を出し入れする必要が無いという点で大きなメリットがあります。

固定費の支払いにクレジットカードを利用する

固定費の支払いにクレジットカードを利用する際には、なるべく固定費専用のクレジットカードと預金口座を準備することで使いすぎを防ぐ役割を持たせることが可能です。毎月の固定費としていくら掛かるのか家計簿を付けていれば分かりますが、電気料金や都市ガス料金など季節により冷暖房費が嵩み変動が起きる部分も考慮して、固定費専用の引き落とし口座へ最大支出額となる月に合わせて毎月入金しておきます。節約出来た月の固定費は預金口座へそのまま残り続けるので、固定費の支払いのために利用している預金口座がそのまま節約の成果を確認出来る貯蓄口座へと早変わりするわけです。

日々の支払いはデビットカードに任せる

日常生活でキャッシュレス化を進める時にクレジットカードを使いすぎる心配があるならば、普段はクレジットカードを持ち歩かないという選択があります。キャッシュレス化を行うことは、必ずしもクレジットカードを利用しなければならないわけではなく、デビットカードやQRコード決済といった様々なサービスを利用可能です。国際決済ブランドマークが入ったデビットカードやプリペイドカードならば、クレジットカードの一括払いと同じ使い方が出来るだけでなく、預金口座内の現金やプリペイドカード残高の範囲内でしか使えません。クレジットカードからのチャージに対応している場合には、チャージ額に上限を設けることで使いすぎを防げるわけです。

クレジットカードを使いすぎて支払不能に陥ったら債務整理へ迷わず着手する

現金払いよりもクレジットカード払いは自制心が保てずに支出額が大きくなることは、各種研究成果により学術的にも判明している事実です。クレジットカードを使いすぎてしまったと思った時に、繰り返さないための工夫を行えば通常は支払不能にまでは陥りにくいです。しかし、支払不能なほどにクレジットカードを使いすぎた時には、一旦クレジットカードの使用を止めて債務整理へ迷わず着手することが望ましいです。複数枚のクレジットカードのキャッシング枠を使った自転車操業状態は、債務整理後の生活再建を遅らせるだけとなるので、気づいた時点で専門家へ相談することが解決への近道です。

クレジットカード1枚の使いすぎはクレジットカード会社へ支払い相談を行う

クレジットカード1枚だけを使いすぎた場合ならば、クレジットカード会社へ次の返済日に支払いが出来ないと判明した時点で事前相談を行うと良いです。なぜなら、クレジットカード会社にとって事前相談を行ってもらえれば、期限前に限り返済方法の変更が出来る可能性が高いからです。一括払い専用クレジットカードでは分割払いへの変更は出来ませんが、2回に分けての入金に対応してくれることはあります。また、分割払い設定があるクレジットカードならば、一括払いで払いきれない請求を2回分割払いへ変更してくれる可能性が高いです。また、分割払い中の支払いが厳しい場合には、利息払いを行うことで正規の支払いと認めてもらえるので、慌てずに支払期限前に相談することが大切です。

任意整理で完済を目指そう

支払期限を過ぎてからクレジットカード会社へ相談しても、既に滞納状態に陥っているため厳しい対応になりかねません。複数枚のクレジットカードを使いすぎた場合には、既に返済不能に陥っている可能性があるわけです。無理に新規クレジットカードを作ろうとせず、早急に債務整理へ着手する必要があります。ポイントとなるのは、クレジットカードの残債額に対して元金のみを36回払いで完済出来るかどうかです。クレジットカードの分割払いやリボ払いは、年率10%を超える高金利での分割払いが多いので、元金と利息の両方を支払うと返済額が大きくなりがちです。元金のみ36回払いで完済出来るならば、債務整理の中でも任意整理と呼ばれる将来利息や経過利息・遅延損害金を免除してもらい元金のみを返済する債務整理方法があります。1度元金だけでも完済することが出来れば、生活スタイルを改めて再出発が可能です。

早期債務整理なら使いすぎの原因を見極められる

早期に債務整理へ着手することは、クレジットカードを使いすぎた原因を改めて見つめ直すキッカケにもなります。弁護士への相談料が高いと感じる人もいますが、初回無料法律相談を活用すればお金をかけずに現状を分析可能です。早期に債務整理へ着手すれば、弁護士費用を支払ってでも総返済額を減らせるので、任意整理により元金を3年で完済して信用状況を改善することが可能です。暫くはクレジットカードに頼らない生活を送ることになりますが、1度失敗した経験からクレジットカードを使いすぎることは2度となくなります。

一度失敗して使いすぎの怖さを知ればクレジットカードとの距離感を保てる

クレジットカードを使いすぎて失敗したと感じたことがある人は、楽観的な考え方の人ほど多い傾向にあります。クレジットカードは立て替え払いを一時的に行うサービスであって、生活の利便性を向上させるためと決済の安全性確保のために利用するものです。しかし、手軽にクレジットカードを作成出来るだけでなく、海外とは異なり日本ではクレジットカードの仕組みとリスクについて教育を受けずに育っています。クレジットカードを使いすぎて失敗した経験があれば、利便性とリスクのバランスを取った使い方が出来るようになるはずです。

クレジットカードを使いすぎないようにするために必要な3つのポイント

クレジットカードはあくまでも後払いサービスであって、現金支払いと同じお金を後で必ず支払うという点を理解する必要があります。クレジットカードを使いすぎてしまう理由は、クレジットカード決済を多用すると金銭感覚が麻痺してしまい、自分のお金と与信枠の区別がつかなくなってしまうことです。そこで、クレジットカードを使いすぎないようにするためには、次の3つのポイントを理解して守るだけで大きく改善します。

1.クレジットカードの利用限度枠を預貯金と勘違いしない

クレジットカードの利用限度枠は、クレジットカード会社に届け出た年収や他社借入状況により総合的に判断された返済可能な与信枠です。派手な生活や無理なクレジットカードの使い方をしない限りは、適切な支払い方法を選択している限り支払不能に陥る可能性が少ない金額となっています。クレジットカードにて購入した商品は、支払いを後で必ず行うという点に注意しなければなりません。給与振込口座とクレジットカード代金引き落とし口座を分離しておき、クレジットカードを使った金額を給与振込口座から移しておくことも1つの方法です。クレジットカードを多用しすぎると、使いすぎの原因としてクレジットカード利用限度枠をあたかも自分の預貯金と錯覚しかねない点が問題となります。そこで、クレジットカードの利用限度枠はなるべく自らの月収程度に下げておくという手があるわけです。

2.原則として一括払いのみで使用する

クレジットカードを使いすぎないための最も単純な方法として、クレジットカードは原則一括払いで利用することと決めてしまうと良いです。なぜなら、一括払いなら現金払いと同じく分割払い手数料をクレジットカード会社へ徴収されることが無いからです。支払不能に陥らないための方法として、後から分割払いに対応出来るクレジットカードを使用し、変更可能期限を事前に調べておく方法があります。しかし、実際に支払不能に陥るまでは極力後から分割払いへ切り替えないことが、翌月以降の支払いに悪影響を与えないために必要なことです。実際に、翌月には別の支払予定があるはずですから、今月の支払いを先延ばしにすれば翌月以降が更に苦しくなりかねません。

3.クレジットカードではなくても支払いが出来る部分はデビットカードを利用する

クレジットカードは支払いを先延ばしにする手段となってしまうので、固定費の支払い以外はデビットカードを利用すると使いすぎを防げます。デビットカードは預金残高と連動して即座に引き落としが掛かるので、使いすぎればお金がすぐに無くなると実感しやすいです。現金払いと全く変わらない即座払いを行えば、少なくとも予定外の無駄遣いを減らすことに繋がります。また、給与振込口座と連動したデビットカードは、使いすぎる心配があるので専用口座を用意して、クレジットカードの使いすぎだけでなく家計の無駄遣いそのものを減らす努力を行うと良いです。

クレジットカードを使いすぎる原因をしっかり掴んで対策しよう

クレジットカードの使いすぎは、分割払いやリボ払いの仕組みを正確に知らないことが原因で起きやすいです。金利が高いキャッシング枠の利用や分割払いとリボ払いの使いすぎを避けて、一括払い・2回払い・ボーナス一括払いといった金利手数料無料の支払い方法に限定して使うことが無駄な支払いを減らすことに役立ちます。クレジットカードを利用する目的を明確に持ち、無茶な使いすぎを避けることが安全なクレジットカードの使い方として有効です。