2011年から、総量規定が行われ消費者金融の借入やローンでの借入というのが条件が厳しくなってしまっているんですね。
お金を作るのが難しくなってしまっている今、審査などが必要な金融関係は軒並み厳しい条件になって来ています。
そこで、今新しい可能性を見出されているのがクレジットカード現金化なのです。

■お金が関わるのに審査いらず
まず、クレジット現金化が新しい資金調達方法になって来ているのは金融関係の融資と違いお金を作るのに審査が必要ないからなのです。
此方は、お金を借りるのではなくクレカにあるショッピング枠で商品を決済し、それを買い取りしてもらって入金を受けるというシステムになっていますので間に審査が必要ないんですね。
勿論、クレカの所持のためには審査が必要になるのですがクレカさえ既に所持しているのであればとくに難しい条件ではありませんので誰にでも出来るし、信用情報などで今まで審査が通らなかったという人も利用することができるメリットがあるんですね。

■クレジットカード現金化は買い物と同じ
あくまで、このショッピング枠のキャッシュ化というのはシステム的には買い物をしているだけなのです。
勿論、ある程度の条件が必要になるとは言えショッピング枠のキャッシュ化はショッピング枠に残高さえあればその範囲で買い物をし、そして換金率に応じて買い物をしたものを買い取りしてもらうなりキャッシュバックキャンペーンのキャッシュバック入金を受けるということができるんです。
どちらにせよ、利用者がやることというのは事前に取引することを確認してからクレカで普段買い物をするときと同じような手続きで利用しているだけですので、信用情報や審査などが間に入り込んでくる余地がないというわけですね。
返済についても、クレカで買い物をした時と同じ後で請求が来ますのでそれに対して一括なり分割なりリボ払いなり自分で可能な返済スピードでお金を払えばいいだけなのです。

■取引できない場合もある
ただ、このクレジット現金化も決して万能ではありません。
場合によっては、取引をすることができないケースもあるんですね。
当たり前ですが、クレカのショッピング枠の残高がなければできません。
他にも、クレカが取引対象になっていない種類のものだったりする場合も同様に取引をすることができない、という場合もあるんですね。
また、本人確認の時点で不備があったりして業者から信頼できないという風に見られてしまった場合も、同様に取引のお断りをされてしまうケースもあります。
クレジット現金化は、業者ばかりが悪徳とされていることも多いですが、その逆に悪質な利用者というのもいますので警戒されることがあります。

クレジットカード現金化の他の口コミを見てみる

関連記事