Pocket

クレジットカード現金化は非常に資金調達として便利な手段ではあります。
しかしながら業者によってはあまり良くない取引をするようなところもあるので注意が必要です。

■カード情報を提示させる業者には注意して
基本的には、クレジットカード現金化業者には取引に必要な情報などを提出しなければいけませんし、指示には従わなくてはいけません。
しかし、その中でも取引に本来必要のない情報を提示するように言ってくるような業者も存在します。
このような業者は、実は優良店とは真逆、悪徳業者であることが多いです。
クレジットカード現金化をする際には一見、カード情報が必要なように思えるかもしれませんが、実は決済は自分でやるので、カード情報まで教える必要はないのです。
本人確認などはしっかりしなくてはいけませんが、カード情報を提示するように言ってくる業者は使わないようにしましょう。
様々なトラブルが報告されていますから、カード情報を悪徳業者に伝えると、不正利用されるものだ、という認識でいた方がいいかもしれません。

■カード情報は絶対教えてはいけない
クレジットカード現金化は、取引業者を決めてから申し込みをします。そして、申し込み手続きが終わると、ショッピング枠をキャッシュ換金する契約をしますが、その際に必要なのはあくまで「本人確認だけ」です。
これは、携帯電話のカメラで免許証や保険証など、身分証明をすることが出来るものの画像を撮影し、それをメール添付で提出するだけです。
もしも、この際に使用するカードの画像を送るように言ってくる業者がいれば、そこは間違いなく悪徳業者なので、絶対にカード情報を伝えないようにしてください。

■カード情報を教えてしまうリスク
ショッピング枠をキャッシュ化する換金は、決済が完了してから、お金が送金されます。
つまり、決済は利用者側でやることですから、実際は業者側が利用者のカード情報を知る必要はまったくありません。
ときどき、自社端末で決済をするというものもありますが、カード情報を教えなければ取引をすることが出来ないというようなお店とは、できるだけ契約をしないようにしましょう。

これは基本ですが、クレジットカードは人に譲歩、貸与をしてはいけないものです。もし、そのようなことをしたら、最悪の場合、自分が利用停止処分を受けることになります。
さらに、クレジットカード現金化は、違法行為や利用規約違反を犯していることでもあるので、不正利用されてしまった場合も、警察に通報できず、泣き寝入りをしてしまうという場合もあります。
業者だからと安心して、安易にカード情報を教えてしまわないようにしましょう。

■本人確認のみの店がオススメ
では、おすすめできるのはどこかというと、やはりカード情報を求めず、身分証明書だけを提出して本人確認ができ、そして決済を利用者にやらせてくれる、というタイプの業者です。
ここならば、カード情報を不正利用されることはありません。

「カード情報は教えなくても取引をすることができる」
これは重要な条件なので、よく覚えておきましょう。
また、悪徳業者は個人情報も収集しているので、最初に問い合わせをしておくのが安全です。

関連記事