上には上がいる。
騙しているつもりが騙されていた!
クレジットカード現金化に関しても似たようなことが起こり得ます。

クレジット現金化、それ自体は法律に触れる行為ではありませんが、業者の側としても訴えることが難しいケースは少なくないようです。

素人ではわかりにくい業界内の裏事情、その手口の実態に迫ってみましょう。

■仕組みは単純だから誰でも利用できる

クレジットカード現金化の仕組みは極めて単純です。
ショッピング枠を使って買い物をし、その商品を転売して換金します。それを専門的かつ効率的にやっているのが関連する業者です。もちろん利益のために行っていますが、利用者にとってはありがたい存在と言えるでしょう。

しかし、その中に悪徳な業者がいるのも否定できません。グレーゾーンの話なので、うしろめたさから利用者が警察などに相談することができないケースが多いですし、また脅されて大金を請求されてしまうケースもあります。

反対に、業者を巧みに利用する人たちも存在します。一部は組織化しているケースもあるようです。「騙しているつもりが騙されている!」業者としても訴えるに訴えられません。泣き寝入りせざるを得ないことも少なくないようです。

■家族のカードを使う

クレジットカード現金化の手段を選ぶ人は、金銭的に余裕がない人です。
手っ取り早いのは、家族のクレジットカードを使うことです。家族名義のものは使用できない決まりになっていますが、ネット経由の取引であれば相手はわかりません。家族の写真や免許証は、その気になればコピーは簡単です。

本人の知らないところでショッピング枠を利用し、明細が来た時にばれる。そもそも明細を気にしていない相手であれば、ばれることもないでしょう。ただし、ばれた時はトラブルになることは避けられないでしょう。

■盗んだカードを使う
人間は便利さに負けてしまいます。
暗証番号などをネットに登録している人はいませんか。
もししているなら、今すぐに削除しましょう。そのような暗証番号を集めている人が必ずいます。

ネットの世界は、すべてが筒抜けです。
素人が知らないだけで、ちょっとした知識があれば、他人のパソコンへ侵入することは簡単です。特にスマホは、オープンカフェと同じで、誰でもウェルカムな状態です。

他人の個人情報を盗み、クレジットカード現金化に利用しているケースが少なくないようです。もちろん一部は故意に犯罪として行っています。中には切羽詰まった人もいますが、結果としては同じことです。

ネット通販を含めてカード払いを頻繁に活用する人は、毎月の明細を確認しましょう。最近は紙の明細を発行しない会社も増えていますが、それこそ悪意を持った人達の思うつぼです。

■偽造カードを使う

こちらは組織的な犯罪ですが、偽造カードを使用したクレジット枠の現金化手法もあります。もちろん自作自演もあります。サイトを自ら開設し、ばれるまで使い続けます。そして見つかった時点でサイトを畳んでしまいます。元々が偽名なので、捕まることはありません。

暴力団などの反社会的組織が絡んでいるパターンもあります。クレジットカードの現金化業者としても、うかつに手を出せません。警察に訴えても、トカゲの尻尾切りにすぎないので意味はありません。逆に自分たちが疑われてしまう可能性もあり、結果的に泣き寝入りする場合が多いそうです。

一度狙われると、専門の業者といえども逃げられません。最終的には廃業してしまうケースもあります。優良店と呼ばれる会社ほど利用されてしまうようです。世の中賢い者が勝ちます。現実はまさしく弱肉強食です。

■生活保護を使う

生活保護受給者たちを巻き込むクレジット現金化もあります。本来はカードなど作れない人達のはずですが、保証人を装うことで巧みに操作する事例があります。もちろん中には病気や家族の介護などを理由に仕事を辞めた人もいるでしょう。そういった人たちは、クレジットカードを持っています。

では支払いはどうなるのでしょうか。もちろん生活保護です。受給者自身はピンハネされています。とはいえ、おかげで受給できていると考えれば、多少割り引かれても文句はありません。そもそも生活保護を受けることは、意外に難しいです。それを斡旋する業者として紹介されるパターンもあります。

似たような問題として、多重債務者を救済する名目で、顧客を探すことも稀ではありません。ショッピング枠の利用自体は間違ったことではないからです。他人名義でクレジットカードを申し込ませ、多額の手数料を徴収して定期的に使用させる仕組みも実践されています。

■悪用は止めましょう
ここで示したことは、ほんの一例ですが、絶対にやってはいけないことばかりです。
悪用は絶対に止めましょう。

クレジットカード現金化ランキングに戻る

関連記事