Pocket

基本的に、クレジットカード現金化はクレジットカードがなければできません。
しかし、クレジットカードならば何でもいいというわけではなく、Visa、Master、JCBのようなものであっても、発行元によって断られてしまう場合があります。
クレジットカード現金化をしようとしてもできないカードがあるので、それについてご紹介します。

■クレジットカードによっては換金できない
クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠があれば誰でも利用することができます。
金融機関のようにお金を借りるのではなく、ショッピング枠を使って買い物をし、購入品を買い取ってもらうという形で換金をすることができます。
また、信用情報などの審査が必要ないので、面倒な手間なしでお金を作ることができます。
換金率や、入金されるまでの時間は企業によって違いますが、基本的に決済が終われば口座に入金されます。
しかし事前にショッピング枠の残金を確認しておかないと、いざ決済するときにできないということもあります。また、オンライン決済をしても認証ができない場合もあるので気をつけましょう。

■現金化できないクレジットカードとは
それぞれのクレジットカードは、下側にカード会社が表示されています。
VisaやMasterなどは審査も通りやすく、クレジット現金化も非常にしやすい会社と言えます。
その他にも、年会費が高めのAMEX、DINNERSと言ったカードを持っている人もいたりと、クレジットカードの事情は人によって大きく違うでしょう。
その中で気をつけなくてはいけないのが、セディナや銀行提携でのカードです。これらは、ショッピング枠が残っていてもクレジット決済をすることが通らないことがあります。
ほかにも、地方の銀行のものだったりすると、クレジット現金化の業者が導入した端末での決済ができないことが多いです。
また、取り締まりをするのが厳しいカードでの換金はしないほうがいいでしょう。

■クレジットカードが停止されてしまう
実は、クレジットカードのショッピング枠での換金は違法行為に若干触れていることでもあり、カードの発行会社によっては、それをしようとするとカードそのものの使用を停止されてしまう場合があります。
たとえば、カードの決済自体ができたとしても、使い道などは履歴でわかりますから、調査が進むと、その購入した店が商品を換金することを目的にしているお店だと判断されてしまう場合もあるんですね。
そうなると、何カ月も後に利用者に連絡が入ってきて、そこで何を買ったのか、どういう風に利用したのかを聞かれてしまい、それにうまく答えられなければ当然カードの利用停止をされてしまうということもあります。
そうなってしまうと、カードで分割払いをしていたりする場合は、そのままストップし、一括請求されてしまうこともあります。
カードによっては換金をしないほうがいいというものもあります。

クレジットカード現金化のランキングはこちら

関連記事