基本的に、クレジットカード現金化はクレカがなければできないのです。
クレカは、必須アイテムになるわけですがクレカならば何でもいいというわけではないんですね。
クレジット現金化というのは、メジャーでポピュラーなものだとある程度通りやすいですね。
しかも、Visa、Master、JCBのようなものであっても発行元がどこなのかというところによっても実は断られてしまう場合があるんですね。
クレジット現金化をしようとしてもできない、そんなカードがありますのでそれについてを紹介しましょう。

■クレカによっては換金できない
クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠があれば誰でも利用することができるものです。
金融機関のように、お金を借りるのではなくショッピング枠を使って買い物をしその商品を買い取りをしてもらうというような形で換金をすることができるんですね。
信用情報などと審査が必要がないので面倒な手間なしでお金を作ることができるんです。
換金率や、入金がされるまでの時間が営業によって違うのですが、基本的に決済が終われば口座に入金されることは一緒です。
なので、使う前にはショッピング枠の残金を確認しておかないと、いざ決済するときにできないということもあるんですね。
ただ、オンライン決済をしても認証ができない場合もありますので気をつけましょう。

■現金化できないクレカとは何か
それぞれのクレカは、下側にカード会社が表示されているのですがVisaやMasterなどは審査も通りやすいのですがクレジット現金化も非常にしやすいという会社なんですね。
しかし、年会費が高めのAMEX、DINNERSと言ったカードを持っている人もいたり、クレカの事情は人によって大きく違うでしょう。
そして、その中で気をつけなくてはいけないのがセディナや銀行提携でのカードですね。
こちらは、ショッピング枠が残っていてもクレジット決済をすることが通らないことがあるんですね。
ほかにも、銀行の地方でのものだったりすると、クレジット現金化の業者が導入した端末で決済をしようとするとそれができないことが多いんです。
なので、取り締まりをするのが厳しいカードでは換金をするようなことはしないほうがいいでしょうね。

■クレカが停止されてしまう
実は、このショッピング枠で換金をするというのは違法行為に若干触れていることでもあるんですね。
なので、カードの発行会社によってはそれをしようとするとカードそのものの使用を停止されてしまう場合があるんですね。
たとえば、カードの決済をすること自体ができたとしても当然ながら使い道などは履歴でわかりますから、調査が進むとその購入した先が商品を換金するというようなことを目的にしているお店だと判断されてしまう場合もあるんですね。
そうなると、何カ月もした後に利用者に連絡先が入ってきてそこで何を買ったのか、どういう風に利用したのかを聞かれてしまう場合もあります。
そして、それにうまく答えられなければ当然カードの利用停止をされてしまうということもあるんですね。
そうなってしまうとカードで分割払いをしていたりする場合は、そのままそれがストップし、一括で請求をされてしまうこともありますので、カードによっては換金をしないほうがいいというものもあるんですね。

■まとめ
クレカの換金というのは、確かに利息があまりつかないしその日のうちにお金をもらうことができるし、審査が必要ないということで非常に手間も時間もかからない便利なやり方です。
しかも、ショッピング枠という買い物にしか使うことができないところをお金に換えることができるわけですから、お金を借りるというよりもずっと使いやすく、経済的でもあるんですね。
しかも、ものによっては分割支払いをすることもできるものもありますので、支払いも非常に楽で自分のペースでお金を返していくことができるというのもメリットです。

クレジットカード現金化のランキングはこちら

関連記事