クレジット現金化は、非常に便利な資金調達法ではありますがその裏には悪徳クレジットカード現金化業者が潜んでいたりして決してメリットばかりのものではないんですね。
悪質なクレジットカード現金化業者というのは一度関わるとその後も弊害をこうむる可能性もあるので要注意です。

■悪質クレジットカード現金化業者に狙う人
クレジットカード現金化のクレジットカード現金化業者を装い、個人情報を盗み取ってヤミ金融や悪徳金融業などに流出させるというケースもあるように裏でつながっている可能性もあり、悪徳クレジットカード現金化業者のせいでそちらに巻き込まれてしまうこともあるんですね。
ヤミ金融クレジットカード現金化業者は、優良クレジットカード現金化業者に紛れ込んでおり、しかもうまく甘い言葉で誘ってより良い条件に見せかけるというような勧誘や相手の弱みをついて脅迫をするようなこともあるんです。
しかし、こういったヤミ金融クレジットカード現金化業者は実はターゲットを絞っているのです。

■多重債務者や主婦
悪徳クレジットカード現金化業者のクレジットカード現金化のクレジットカード現金化業者がターゲットに絞るのはやはり、信用情報が汚れてしまった多重債務者ですね。
とくに、総量規定などが原因で金融機関から借り入れすることができない人でも、クレジット現金化は行えるのでそこを狙って陥れようとするんですね。
また、主婦業も返済能力がなく借入ができないということを狙ってターゲットに絞ってくることもあります。
こういう人たちは、基本的にお金に困っているということが前提なので、お金が手に入るということをちらつかせつつ、お金がないと困りますよなどというように脅しをかけてきて正常な判断ができないように追い込み自分のところを利用させるというようなやり方をするのが特徴です。

■ターゲットにされないためにはどうするべきか
まず、一番はクレジットカード現金化を利用するならば必ず健全営業をしている優良店を利用することです。
ターゲットにされる一番の原因は、そういった場所に電話をかけてしまったりコンタクトを取ってしまう人なんですね。
こういう人は、自分はお金に困っていますと言っているようなものなので格好のターゲットになってしまうんですね。
しかも、そのあともしつこい勧誘、詐欺トラブルなどに巻き込まれてしまう可能性が高いです。
そうならないためには、ショッピング枠のキャッシュ化をするためには必ず優良クレジットカード現金化業者を見つけることです。
そのためには、インターネットなどを利用して情報収集をし、そういったヤミ金融被害にあった経験が口コミなどで書き込みされていないか、ということをあらかじめ確認しておくことです。

関連記事