Pocket

現金化業者の中には、信頼できる優良店もあれば、人を騙すような悪徳業者も存在します。もし間違って悪徳業者とかかわってしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性も十分あります。
より安全にスムーズに現金化を行うには「優良店を選ぶこと」が大切です。
ここでは業者の良し悪しを見極めるポイントを押さえておきましょう。

優良店はホームページの作りと業者のスピーディーな対応でわかる
優良店といわれる業者には共通した特徴があります。
ポイントは「公式サイト」と「スタッフの接客対応の様子」。
これらにどんな特徴があるのでしょうか?

チェックポイント1: ホームページの作りがしっかりしている

悪徳業者は何か問題が浮上したときにすぐに手を引けるよう、最初から長いビジネスを行おうとは考えていません。
そのため、ホームページにもお金をかけず、作りがいい加減です。
そんな業者はWEB製作会社などに依頼することなく、個人でホームページを作っています。

逆に、きちんとした営業を行っている優良店ではそういうことがありません。
ホームページのデザインや構成がしっかりとなされ、キャッチコピーもただの煽り文句などではなく、魅力的な人々の興味を引く言葉が掲載されています。
こういったサイトは、素人が見てもすぐに「プロの手で作られている」とわかります。
また、現金化に関する説明も丁寧にわかりやすく紹介していて、換金率も明確に記載されています。

チェックポイント2: 連絡先・所在地がきちんと掲載されている

WEB上だけに存在する架空の業者の場合、会社の住所・代表者の名前・電話番号などの連絡先が記載されていません。
しっかりとした優良店は、必ず会社の所在地や連絡先、代表者の名前をホームページに明記しています。
それでも心配な人は、実際にそこへ連絡をいれてみましょう。
もし架空のものであれば、その業者は利用しないほうがいいでしょう。

チェックポイント3: スタッフの対応が良い
業者を見極める上で、一番参考になるのが実際の電話対応の様子です。
次の2点をチェックしましょう。

・対応がスムーズで素早いか
例えば「電話をしてもなかなかつながらない」「コールバックをくれるといったのになかなか連絡が来ない」といった場合は、相手の対応に誠意がないといえます。

カード決済の案内や入金に関しても、優良店なら申し込みからお金が振り込まれるまで非常にスムーズで、20分もあれば手続きがすべて完了します。

これをひとつの目安に考えてください。
もし「入金まで数時間、または数日かかる」と言われた場合は、他の業者を探したほうがいいでしょう。

・スタッフの接客が丁寧で親切なものか
しっかりとした業者では社員教育がきちんとなされているため、スタッフの接客態度がしっかりしています。
こちらの話をよく聞いてくれ、親身に対応してくれます。
話し方も落ち着いていて、好感が持てます。

逆に悪質な業者の対応は思いやりがなく、一方的で冷たい印象をうけます。
話していても安心感が感じられないお店は避けたほうが無難でしょう。
「相手の対応が親切で丁寧か」、これは大きな判断基準になります。

様々なトラブルも報告されているので、業者選びはしっかりとしましょう。「

換金率の実際の相場を知っておくのも大切です。

「優良店だと思って信頼していたのに想像していた換金率と違った」という場合が時々あります。
そんなときに「騙された!」とすぐにがっかりしないことです。
なぜなら、提示している換金率よりも低い数字をだしてくるのがこの業界の常識だからです。

ホームページに一覧表として換金率をしっかり提示してその通りに振り込んでくれる業者もありますが、中には「90%」と謳っていたのに実際は80%だった、ということも充分に起こり得ます。

「最高値96%」とあっても、それはある一定条件を満たした場合で、実際の相場は80%前後です。
これを目安に換金率の良し悪しを判断するといいでしょう。

優良店を見分けるにはスタッフ・店舗とあなたとの相性を見ましょう

優良店を選ぶチェックポイントを押さえておけば、安心して利用できる業者をみつけることができるでしょう。
しかし、最終的な判断は、自分の直感を大切にしてください。

あなたが第一印象で「ここなら信頼できる!」と感じるところ。
オペレーターの対応にあなたが心から安心できるところ。
そんな自分と相性の合った業者を選びましょう。

クレジットカード現金化の悪徳業者による詐欺被害の実態!優良業者の見極め方とは?

悪徳なクレジットカード現金化業者による被害はどのくらい恐ろしいものなのでしょうか。
また、どうすれば優良業者を選ぶことができるのでしょうか。

■クレジットカード現金化業者の中には闇金と繋がっている悪徳業者がいます!

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用して、すぐに現金を手に入れることができる便利な手法です。最近はインターネットを利用して現金化することもでき、また、現金化業者の比較サイトや口コミサイトも増えてきており、消費者の側で現金化業者を選ぶことも簡単になりつつあります。

しかしながら、現金化業者の中には一定数の悪徳業者がいるのも事実です。
このような悪徳業者は、その多くが闇金と繋がっていますが、甘い文句や、一見すると綺麗なホームページを利用する形で、優良業者に紛れて存在しているのです。
万が一、消費者がこのような悪徳業者に現金化の申し込みをしてしまうと、まともに現金を受け取ることができず、更にカードの不正利用やしつこい勧誘などの目に合ってしまうことがあります。

■消費者の情報について、リスト化、転売を行う悪徳業者がいます!

悪徳業者に関わってしまった場合、消費者が受ける被害には様々なものがありますが、消費者側には簡単にはわからないような形で違法行為が行われることもあります。その代表的なものが、消費者の個人情報のリスト化および転売です。こういった個人情報はいずれは闇金や詐欺グループに渡ることになるため、クレジットカード現金化の悪徳業者に個人情報を知られてしまった消費者は、犯罪に巻き込まれるリスクが高くなるのです。

また、個人情報が転売されないとしても、悪徳業者に顧客として登録されてしまった消費者のもとには、悪徳業者からのしつこい勧誘を受ける恐れがあります。自宅の固定電話に悪徳業者から何度も連絡があるなどの被害にあったという報告もあります。

■優良業者と悪徳業者の見極めが非常に重要!

日本には個人情報保護法があり、業者が特定の目的のために得た個人情報を特定の目的以外のために利用することは犯罪に該当するのですが、悪徳業者はそもそも犯罪を行うことに抵抗がないないことも少なくありません。
自身の安全を守るためには、悪徳業者に個人情報を渡さないことが何より重要です。
クレジットカードの現金化業者を利用する場合は、悪徳業者を避け、優良業者をしっかりと見極める必要があります。

では、どのようにして悪徳業者と優良業者を見分けるのでしょうか
1つの手掛かりとなるのは、業者のホームページです。
業者のホームページを見る場合は、ホームページの体裁が整えられているか、ホームページ上にきちんと会社概要が記載されているか、固定電話の番号が載っているか等をチェックしましょう。
また、実際に電話をしてみて、気になる点をいくつか質問してみることも有効です。
優良業者であれば、基本的な事項に関する質問についても、丁寧にしっかりと答えてくれるはずです。
このようにして、緊急の事情で現金が必要な場合であっても、業者の見極めだけは疎かにしないほうがいいでしょう。

現金化を比較する時はどんな比較サイトを利用すればいいの?

資金調達方法として、クレジット現金化はとても便利で、クレジットカードを持っていれば誰にでも利用することができます。
より優良な営業をするための業者を選ぶために、適正な観点を持って比較をするためのサイトの見方についてご紹介します。

■ショッピング枠のキャッシュ化比較サイトの観点
お金が今すぐに必要な人がクレジットカード現金化をするための業者を選ぶには、いろんな情報を収集する必要があります。
その情報を手に入れるためにはインターネットがやはり手頃で簡単です。
クレジットカードのショッピング枠キャッシュ化というのは、申し込みをするところから始まります。しかし、その申し込みをするまでが悩みどころで、どこを使うか、いろんな情報や口コミなどを元に決めることになるでしょう。
そんな情報を収集する手っ取り早い手段と言えば、やはり業者のランキングサイトや比較サイトが挙げられるでしょう。
ここでは比較サイトやランキングサイトなどの分析をする際に、どういう視点で見れば選びやすいのかを解説していきます。

■比較サイトを選別するところから
まず、一番留意しなくてはいけないのが比較サイト自体を選別することです。
業者を選別するために比較サイトを見るのに、サイトも選別しなければいけないのかというの骨が折れますよね。
しかし、比較サイトやランキングサイトなどもクレジットカード現金化の業者が増えるのにともない乱立していますので、信憑性のあるデータを載せているところを見なければ、意味がありません。
ショッピング枠キャッシュ化の比較サイトはだれが作っているかわかりませんから、しっかり選別をしないと何の役にも立たない情報しか見られないでしょう。
比較サイトを探す際にはやはり、キャッシュ化などのキーワード検索をすると、検索補助でよく見られているサイトが上に表示されますので、知名度の高いところを選ぶというのは一つの手段です。
人に見られているサイトは広告力も強いので、情報も比較的信憑性が高いと言えます。

■口コミは話半分に聞く
クレジット現金化の業者を比較サイトの情報で見比べる際、目に入ってくるのは利用者の口コミです。
利用者が実際に経験したことなどを口コミとして自由に書き込むことができるのですが、その中には利用してよかった、というような褒めるような言葉もあれば、この業者は全然ダメだった、というような批判などの意見もあります。
どのような口コミであっても、信じすぎないことが重要です。それは利用者がどんな人かわからないからです。
たとえばクレジットカードのショッピング枠がないのに、使おうとしてできなかったから文句を言う人もいます。一方、褒める言葉も業者側のサクラが書き込んでいる可能性もあります。
口コミというのは必ずしも信頼できる意見ではないのです。

■キャンペーン情報をチェックして
クレジット現金化の比較サイトでは、さまざまな情報が掲載されていることが多いです。
その中には、業者が実施しているキャンペーン情報などが掲載されているところもあります。こういったキャンペーンなどが付帯されている比較サイトやランキングサイトなどは、情報も濃かったりするので比較するのにとても便利です。
ただそのキャンペーン情報というのが載っているだけで、利用する際にキャンペーンを利用しようとすると適用されない場合もあります。
そのため、利用する際に必ずお問い合わせなどで、「キャンペーンが今やってるみたいなんですけど」と伝えて、キャンペーン利用をしたいことをあらかじめ申告しておく必要があります。
キャンペーン情報、というのはショッピング枠のキャッシュ化を利用する際の換金率を上昇させるものもあるので積極的に使いたいですね。

■換金率だけを条件にしない
クレジット現金化をする際に、やはり気になってしまうのは換金率の高さですよね。
換金率が高ければ高いほど還元されるキャッシュは大きくなるため、高いこと自体はいいことですが、換金率ばかりに目を取られてしまうと、ほかの重要なポイントを見逃してしまうかもしれません。
換金率の高さを掲げている業者というのは、あくまで最大換金率がそれだけということで、実際に換金をする際には手数料など、いろんな理由で値引きされてしまうことも少なくありません。
更に、換金率がいくら高くても入金をするまでにやたら時間がかかるだとか、個人情報をやたらと聞いてくるような業者だと、信用することはできません。
このような業者に引っ掛からないためには、取引の前に問い合わせをして、換金率や手数料などをしっかりと聞いておくことが重要です。いろいろなことを質問して、回答を濁す、ためらうような業者は利用しないほうがいいと言えます。

■まとめ
口コミなどは、実際の利用者の生の意見のように見えますが、さまざまな意見が錯綜していて、どれが正しい口コミなのか分からなくなってしまいがちです。
そして、その口コミが正しくても電話対応をする担当者によって、対応の仕方が変わってくることもあり、宛てにならないことが多いと言えます。
実際、そういったサイトなどに掲載されているサイトというのは全部が優良店であるという保証はありません
その業者の良し悪しというのは実際に取引をしてみないと、わかりません。
サイトの情報は、あくまでリストアップの参考程度にとどめておくのがいいでしょう。

関連記事