Pocket

急な出費でお金が必要だけど、借金をするほどでもないというときは、手持ちのクレジットカードの現金化を考える人が多いです。
現金化ができれば、キャッシング枠を使いきっていてもクレジットカードの限度額いっぱいまで現金を入手できますので便利だと思いますよね。
現金化の基本は、カードで商品を買って、それをどこかに売るという方法ですが、どうしても換金率が低くなるというデメリットがあります。
そこで、より優秀な現金化の方法を求めて、いろいろな裏ワザが考案されているのです。
今回はクレジットカードを使った現金化の裏ワザを紹介しますので参考にしてください。

クレジットカード現金化の基本的な仕組み

クレジットカードの現金化は、急な事情ができて現金が必要なときに、カードの限度額をお金にかえて金策する方法として多くの人がチャレンジしています。
すでにクレジットカードを持っている人からすると、審査なしで素早く現金を入手できる方法だからです。
ただし、カード現金化はカード会社の規約違反になることが多いため、カード会社にはばれないように行う必要があります。
ただちに法律違反になるわけではありませんが、カード会社の規約に違反するのは明らかですので、バレると会員権が取り消されてしまいます。
また、現金化を行う人が多いため、カード会社としても不審な利用状況がないか常に監視してチェックしています。
そこで、カード会社にバレない方法や、換金率が高い方法を求めていろいろな裏ワザが考案されています。

まずは現金化の仕組みから

自分に合った方法を見つけるには、まずは基本的な原理を知っておきましょう。
裏ワザといっても、基本的な仕組みはどれも同じで、より好都合に現金を入手できるように工夫したものだからです。

カードで現金を得る基本的な仕組みは、カード払いで商品を購入して、それをどこかに売るというものです。
売る場所は買取店やリサイクルショップでもよいですし、ネットオークションなどの個人取引でも可能です。

基本的な流れは以下のようになります。

1、クレジットカードで商品を購入する
2、購入した商品を買取店やネットオークションなどで売る
3、翌月以降にクレジットカードの支払いをする

このようにやり方はとてもシンプルです。
ポイントは、売るときにできるだけ定価に近い価格で売れる商品、つまり換金性の高い商品を選ぶことです。
たとえば、ブランド品や人気ゲーム機、最新ゲームソフトなどが考えられます。
発売してすぐに売り切れて入手困難になってしまう人気商品があれば、高い換金率ですばやく現金化できます。
また、可能なら商品券など、額面金額にほぼ近い金額で売れる金券をカード払いで購入できれば、換金率が高くなります。

要注意!現金化はカード会社の規約違反

必ずおさえておきたいポイントが、現金化はカード会社の規約違反になるということです。現金化を禁止した法律はありませんが、カード会社の規約では明確に禁止されていることがほとんどです。
ただし、たとえばカード払いで衣類を買って、本当に自分の好みでなかったり、サイズが合わなかったりして、すぐに古着屋に売った場合、それが最初から現金化目的だったのか、自分が使うつもりで買ったのかは明確に線引できるものではありません。
また、カード会社としても、購入した商品をその後買取店やネットオークションで売ったかどうかまでは調べることはできません。
カード現金化はバレるとは限りませんし、グレーゾーンなので、実際に実行している人が少なからずいるということです。
現金化はカード会社の利用規約違反であり、バレると利用停止などなんらかのペナルティがあるということを覚えておきましょう。

現金化の裏ワザ1.カードで購入した商品を返品する

よく知られている裏ワザとして、カード払いで購入した商品を返品するという方法があります。
カードで購入した商品を転売する方法を紹介しましたが、この方法は商品を転売するのではなく、買ったお店に返品して、現金で返金してもらうというものです。

お店で買った商品に不具合があったり、買った衣類のサイズがまったく違ったら、お店に返品する人が多いはずです。
返品を受付してもらえたら当然購入代金が返金されるわけですが、カード払いで買った場合も現金で返金してくれるお店を利用すれば、返金手続きで現金化できます。
この方法なら購入した商品を売却する手間がかかりませんし、購入時に決済した金額と同じ金額が返金されますので、換金率が高いのがメリットです。

返品するときの注意点

注意点として、カードで支払いをした直後に返品すると、現金で返金してもらえない場合があります。
クレジットカードで決済した場合、カードの限度額はその場で減りますが、決済した直後はまだカード会社に売上情報が届いていません。
カード会社に情報が届く前にお店に返品を申し出ると、返金ではなくカード決済をキャンセルする処理で対応される可能性があります。
そうすると、現金で返金してもらえませんので、現金を入手することができなくなってしまいます。
そこで、カードで決済して3日以上日数をあけてから返品する必要があります。
決済してから3日以上たっていれば、カード会社に売上情報が届き、購入店ではキャンセルできない状態になりますので、現金で返金される可能性が高くなります。
そのため、この裏ワザは即日で現金化できず、日数が必要なのがデメリットです。

換金率100%の現金化が可能

転売ではなく返品する方法のメリットは、換金率100%が実現できるところです。
たとえば、1万円の商品を購入して返品すると、1万円返金されますので、換金率100%です。
転売する場合は、購入金額と同じ額で売れることはあまりありませんので、換金率が下がってしまいますが、返品する方法なら損することはありません。。

クレジットカード利用停止のリスク

返品して現金化する方法は換金率100%を達成できる裏ワザですが、クレジットカード会社に監視されており、現金化目的がバレると利用停止になるリスクがあります。
カードで購入した商品を返品するということはそう頻繁にあることではありませんので、同じ人が複数回いろんなお店で返品していると、すぐに疑われてしまいます。
また、商品を返品されたショップにとっては商品に問題がないのに理由をつけられて返品されることになり、お店に損害を与えてしまうことになります。
現金化の方法としては優秀でメリットがあるのですが、バレやすいことと、お店に迷惑をかけてしまうことから、あまりおすすめでき方法ではありません。

現金化の裏ワザ2.電車の切符や交通系電子マネーで現金化

次に、JRなど電車の切符や交通系電子マネーを利用する方法を紹介します。

新幹線チケットを転売する方法

昔からクレジットカード現金化で人気の方法として、新幹線のチケットをカードで買って金券ショップなどに売るという方法があります。
新幹線チケットは駅で気軽に変えますし、90%以上の価格で買取してもらえることもありますので、換金率が高い現金化方法です。
東京から新大阪など需要のあるチケットなら高く売れますし、1万円程度という金額も現金化に適しています。
しかし、新幹線チケットの現金化は実行した人が多すぎて、カード会社が監視しており、現在はバレずに行うのは難しくなっています。

交通系電子マネーの払い戻し

新幹線チケットとは別の方法として、交通系電子マネーにカード課金でチャージして、電子マネーの払い戻しをしてもらうという方法があります。
たとえば、関東で使えるSuicaの場合、モバイルSuicaアプリを使えばクレジットカードを登録してチャージできます。
Suicaの払い戻しをしてもらうには、Suicaカード自体を解約する必要がありますので、カードは手元に残りません。
Suica定期券で行うと定期が使えなくなってしまいますので注意してください。

現金化の裏ワザ3.飲み会などで割り勘の会計をカード決済する

次に紹介するのは有名な現金化の裏ワザで、会社などの飲み会の会計をクレジットカード決済で建て替えて、出席者から後で現金を集めるという方法です。
たとえば、10人にで飲み会をするときに幹事になって、一人あたり3,000円のコースで飲食した場合、お会計で30,000円のクレジットカード決済をします。
その後出席者9人から3,000円ずつお金を受け取ると、27,000円の現金がその場で手に入るということです。
この裏ワザはクレジットカード会社にも意図的な現金化とバレにくい方法です。

換金率はほぼ100%

クレジットカード払いで建て替える方法は、換金率ほぼ100%で現金化できる裏ワザです。
自分が飲食した金額は現金化できませんが、これは本来払うお金なので損しているわけではありません。
さらに、クレジットカード会社でポイントが貯まるなら、その分でもお得になります。

飲み会がないと実行できない

この裏ワザのデメリットは、自分ひとりだけで実行することができず、タイミングよく飲み会がないとできないところです。
給料日までのお小遣いが足りず現金がほしいというときなどに、給料日前に飲み会があれば幹事に立候補するというやり方がよいでしょう。

現金化の裏ワザ4.オークションやフリマアプリで換金率100%超え

4つ目に紹介する裏ワザは、ネットオークションやフリマアプリを使った現金化の方法です。
ネットの個人取引は出品価格を自分で決めることができますので、上手に転売することで換金率100%超えの現金化も不可能ではありません。
時間はかかってもよいので換金率にこだわりたいというときにおすすめの現金化方法です。

相場を見極めれば換金率100%超えも

ヤフオクやメルカリなどを利用して、人気商品をできるだけ安くクレジットカード決済で購入し、それをできるだけ高く出品して売るという方法です。
活発に取引されている人気商品を見つけて、相場を見極めれば購入時より大幅に高い金額で売れることもあります。

また、クレジットカードを使ってアマゾンなどのネットショップで購入した商品をヤフオクやメルカリで売るという方法も使えます。
ヤフオクやメルカリは5%オフや細大半額のクーポンがあったり、キャンペーンでもらったポイント消化目的で購入する人も多いため、少々アマゾンより高くても買う人がいるからです。
アマゾンならお急ぎ便を使えば注文した翌日に届きますので、急いで現金化したい人にもおすすめです。

ヤフオクの複数アカウントを使った現金化

ヤフオクのかんたん決済を使った現金化の裏ワザとして、複数アカウントの自作自演で自分で出品した商品を自分で購入するという方法もあります。
難易度は非常に高いですが、カード名義や登録住所を別にすることで別人としてアカウントを2つ作成できれば、自由に現金化できるようになります。
現金化金額も1円単位で指定できますし、現金化に要する日数も1~2日程度ですみます。
しかし、バレてしまうとクレジットカードもヤフオクも利用停止になるリスクがありますので、実際に実行するのはおすすめできません。

まとめ

クレジットカード現金化には色々な方法がありますが、できるだけ手間をかけずに高い換金率で現金化できる裏ワザが色々と考案されています。
ただし、現金化目的でカード決済すること自体がクレジットカードの規約違反になりますので、実際に実行するのをおすすめすることはできません。
現金化がカード会社にバレると、利用停止になったり、利用残高が一括請求される可能性もありますので注意してください。
現金化は常にカード会社に監視されていますので、どれだけやり方を工夫してもバレる可能性があるということを覚えておきましょう。
バレにくく他人に迷惑をかけない現金化の裏ワザは、飲み会などの割り勘の会計をカード決済する方法になるでしょう。
最初から現金化目的で飲み会を企画するのはハードルが高いですが、偶然現金が必要なときに飲み会があれば、幹事に立候補するのもよいのではないでしょうか?