急な出費でお金が必要だけど、借金をするほどでもないというときは、手持ちのクレジットカードの現金化を考える人が多いです。
現金化ができれば、キャッシング枠を使いきっていてもクレジットカードの限度額いっぱいまで現金を入手できますので便利だと思いますよね。
現金化の基本は、カードで商品を買って、それをどこかに売るという方法ですが、どうしても換金率が低くなるというデメリットがあります。
そこで、より優秀な現金化の方法を求めて、いろいろな裏ワザが考案されているのです。
今回はクレジットカードを使った現金化の裏ワザを紹介しますので参考にしてください。

目次

クレジットカード現金化の基本的な仕組み

クレジットカードの現金化は、急な事情ができて現金が必要なときに、カードの限度額をお金にかえて金策する方法として多くの人がチャレンジしています。
すでにクレジットカードを持っている人からすると、審査なしで素早く現金を入手できる方法だからです。
ただし、カード現金化はカード会社の規約違反になることが多いため、カード会社にはばれないように行う必要があります。
ただちに法律違反になるわけではありませんが、カード会社の規約に違反するのは明らかですので、バレると会員権が取り消されてしまいます。
また、現金化を行う人が多いため、カード会社としても不審な利用状況がないか常に監視してチェックしています。
そこで、カード会社にバレない方法や、換金率が高い方法を求めていろいろな裏ワザが考案されています。

まずは現金化の仕組みから

自分に合った方法を見つけるには、まずは基本的な原理を知っておきましょう。
裏ワザといっても、基本的な仕組みはどれも同じで、より好都合に現金を入手できるように工夫したものだからです。

カードで現金を得る基本的な仕組みは、カード払いで商品を購入して、それをどこかに売るというものです。
売る場所は買取店やリサイクルショップでもよいですし、ネットオークションなどの個人取引でも可能です。

基本的な流れは以下のようになります。

1、クレジットカードで商品を購入する
2、購入した商品を買取店やネットオークションなどで売る
3、翌月以降にクレジットカードの支払いをする

このようにやり方はとてもシンプルです。
ポイントは、売るときにできるだけ定価に近い価格で売れる商品、つまり換金性の高い商品を選ぶことです。
たとえば、ブランド品や人気ゲーム機、最新ゲームソフトなどが考えられます。
発売してすぐに売り切れて入手困難になってしまう人気商品があれば、高い換金率ですばやく現金化できます。
また、可能なら商品券など、額面金額にほぼ近い金額で売れる金券をカード払いで購入できれば、換金率が高くなります。

要注意!現金化はカード会社の規約違反

必ずおさえておきたいポイントが、現金化はカード会社の規約違反になるということです。現金化を禁止した法律はありませんが、カード会社の規約では明確に禁止されていることがほとんどです。
ただし、たとえばカード払いで衣類を買って、本当に自分の好みでなかったり、サイズが合わなかったりして、すぐに古着屋に売った場合、それが最初から現金化目的だったのか、自分が使うつもりで買ったのかは明確に線引できるものではありません。
また、カード会社としても、購入した商品をその後買取店やネットオークションで売ったかどうかまでは調べることはできません。
カード現金化はバレるとは限りませんし、グレーゾーンなので、実際に実行している人が少なからずいるということです。
現金化はカード会社の利用規約違反であり、バレると利用停止などなんらかのペナルティがあるということを覚えておきましょう。

現金化の裏ワザ1.カードで購入した商品を返品する

よく知られている裏ワザとして、カード払いで購入した商品を返品するという方法があります。
カードで購入した商品を転売する方法を紹介しましたが、この方法は商品を転売するのではなく、買ったお店に返品して、現金で返金してもらうというものです。

お店で買った商品に不具合があったり、買った衣類のサイズがまったく違ったら、お店に返品する人が多いはずです。
返品を受付してもらえたら当然購入代金が返金されるわけですが、カード払いで買った場合も現金で返金してくれるお店を利用すれば、返金手続きで現金化できます。
この方法なら購入した商品を売却する手間がかかりませんし、購入時に決済した金額と同じ金額が返金されますので、換金率が高いのがメリットです。

返品するときの注意点

注意点として、カードで支払いをした直後に返品すると、現金で返金してもらえない場合があります。
クレジットカードで決済した場合、カードの限度額はその場で減りますが、決済した直後はまだカード会社に売上情報が届いていません。
カード会社に情報が届く前にお店に返品を申し出ると、返金ではなくカード決済をキャンセルする処理で対応される可能性があります。
そうすると、現金で返金してもらえませんので、現金を入手することができなくなってしまいます。
そこで、カードで決済して3日以上日数をあけてから返品する必要があります。
決済してから3日以上たっていれば、カード会社に売上情報が届き、購入店ではキャンセルできない状態になりますので、現金で返金される可能性が高くなります。
そのため、この裏ワザは即日で現金化できず、日数が必要なのがデメリットです。

換金率100%の現金化が可能

転売ではなく返品する方法のメリットは、換金率100%が実現できるところです。
たとえば、1万円の商品を購入して返品すると、1万円返金されますので、換金率100%です。
転売する場合は、購入金額と同じ額で売れることはあまりありませんので、換金率が下がってしまいますが、返品する方法なら損することはありません。。

クレジットカード利用停止のリスク

返品して現金化する方法は換金率100%を達成できる裏ワザですが、クレジットカード会社に監視されており、現金化目的がバレると利用停止になるリスクがあります。
カードで購入した商品を返品するということはそう頻繁にあることではありませんので、同じ人が複数回いろんなお店で返品していると、すぐに疑われてしまいます。
また、商品を返品されたショップにとっては商品に問題がないのに理由をつけられて返品されることになり、お店に損害を与えてしまうことになります。
現金化の方法としては優秀でメリットがあるのですが、バレやすいことと、お店に迷惑をかけてしまうことから、あまりおすすめでき方法ではありません。

現金化の裏ワザ2.電車の切符や交通系電子マネーで現金化

次に、JRなど電車の切符や交通系電子マネーを利用する方法を紹介します。

新幹線チケットを転売する方法

昔からクレジットカード現金化で人気の方法として、新幹線のチケットをカードで買って金券ショップなどに売るという方法があります。
新幹線チケットは駅で気軽に変えますし、90%以上の価格で買取してもらえることもありますので、換金率が高い現金化方法です。
東京から新大阪など需要のあるチケットなら高く売れますし、1万円程度という金額も現金化に適しています。
しかし、新幹線チケットの現金化は実行した人が多すぎて、カード会社が監視しており、現在はバレずに行うのは難しくなっています。

交通系電子マネーの払い戻し

新幹線チケットとは別の方法として、交通系電子マネーにカード課金でチャージして、電子マネーの払い戻しをしてもらうという方法があります。
たとえば、関東で使えるSuicaの場合、モバイルSuicaアプリを使えばクレジットカードを登録してチャージできます。
Suicaの払い戻しをしてもらうには、Suicaカード自体を解約する必要がありますので、カードは手元に残りません。
Suica定期券で行うと定期が使えなくなってしまいますので注意してください。

モバイルSuicaを解約して払い戻しを受ける

電話番号とクレジットカード1組に対して1度しか使えなあ方法として、モバイルSuicaを解約して払い戻しを受ける方法があります。ICカードタイプのSuicaは現金チャージのみとなっているので、クレジットカードチャージを行うためには、モバイルSuicaまたはSuica一体型クレジットカードを利用するしかありません。しかし、Suica一体型クレジットカードは、解約すると再度作れない可能性が高いため解約払戻金による現金化に向かないわけです。そこで、モバイルSuicaを使った解約払戻金を受ける方法のみが有効と考えられます。

モバイルSuica払い戻し時は220円の手数料が差し引かれる

モバイルSuicaを利用したチャージは、1回につき1,000円以上10,000円以下となり、チャージ後の上限が20,000円迄という範囲内のみです。このため、モバイルSuica解約による払い戻し額は19,780円が上限となります。実際にはデポジットの500円も払い戻し対象となるので、20,280がモバイルSuicaに伴う解約返戻金の上限と考えて良いです。モバイルSuicaを手間を掛けて解約しても得られる現金化可能な金額が少ないので、どうしても現金化をしなければならない時や、PASMOへの乗り換え時に行うといった方法が現実的と考えられます。

現金化の裏ワザ3.飲み会などで割り勘の会計をカード決済する

次に紹介するのは有名な現金化の裏ワザで、会社などの飲み会の会計をクレジットカード決済で建て替えて、出席者から後で現金を集めるという方法です。
たとえば、10人にで飲み会をするときに幹事になって、一人あたり3,000円のコースで飲食した場合、お会計で30,000円のクレジットカード決済をします。
その後出席者9人から3,000円ずつお金を受け取ると、27,000円の現金がその場で手に入るということです。
この裏ワザはクレジットカード会社にも意図的な現金化とバレにくい方法です。

換金率はほぼ100%

クレジットカード払いで建て替える方法は、換金率ほぼ100%で現金化できる裏ワザです。
自分が飲食した金額は現金化できませんが、これは本来払うお金なので損しているわけではありません。
さらに、クレジットカード会社でポイントが貯まるなら、その分でもお得になります。

飲み会がないと実行できない

この裏ワザのデメリットは、自分ひとりだけで実行することができず、タイミングよく飲み会がないとできないところです。
給料日までのお小遣いが足りず現金がほしいというときなどに、給料日前に飲み会があれば幹事に立候補するというやり方がよいでしょう。

現金化の裏ワザ4.オークションやフリマアプリで換金率100%超え

4つ目に紹介する裏ワザは、ネットオークションやフリマアプリを使った現金化の方法です。
ネットの個人取引は出品価格を自分で決めることができますので、上手に転売することで換金率100%超えの現金化も不可能ではありません。
時間はかかってもよいので換金率にこだわりたいというときにおすすめの現金化方法です。

相場を見極めれば換金率100%超えも

ヤフオクやメルカリなどを利用して、人気商品をできるだけ安くクレジットカード決済で購入し、それをできるだけ高く出品して売るという方法です。
活発に取引されている人気商品を見つけて、相場を見極めれば購入時より大幅に高い金額で売れることもあります。

また、クレジットカードを使ってアマゾンなどのネットショップで購入した商品をヤフオクやメルカリで売るという方法も使えます。
ヤフオクやメルカリは5%オフや細大半額のクーポンがあったり、キャンペーンでもらったポイント消化目的で購入する人も多いため、少々アマゾンより高くても買う人がいるからです。
アマゾンならお急ぎ便を使えば注文した翌日に届きますので、急いで現金化したい人にもおすすめです。

複数のオークションIDを持っているなら自作自演取引で現金化

ヤフオクを利用している人の中には、複数のオークションIDを保有している人が少なくないはずです。プレミアム会員費を支払うのはあくまでも出品を行うアカウントだけであって、落札専用のアカウントならば手軽に設定出来ます。住所や支払いに使うクレジットカードなどを分ける必要があるものの、複数のオークションIDを持っているならば、自作自演取引により支払いをかんたん決済クレジットカード払いとすれば問題ありません。ヤフオクでは一部の商品については、クレジットカード払いが認められていないので、出品商品はクレジットカード決済対応可能なものにしておく必要があります。後から疑われないようにしっかり取引している様子を履歴として残しておく必要があるものの、システム利用料とかんたん決済利用料を差し引いた金額を現金化出来るわけです。過去にもヤフオクを利用した複数ID取引によりクレジットカード現金化を行っている人はいましたが、最新裏ワザと呼べる状態になったことは、ヤフオク落札者制限が緩和されたことが理由となります。以前は5,000円以内の落札までしかヤフオクID登録していない人は扱えませんでしたが、規制緩和後は誰でもカテゴリー別に定められた金額までは新規IDでも落札出来るようになりました。

amazonで仕入れてオークションやフリマアプリで売る

時間と手間を掛けても構わないという条件ならば、最新裏ワザとして転売による現金化を行う方法があります。amazonプレミアムへ登録していれば、送料無料で通販サイトを利用出来るので、ヤフオクやメルカリといった個人間売買を行うサイトへ届いた商品を出品して現金化出来ます。システム利用料や落札手数料といった余計な費用が掛かるために対して換金率が上がらないと思われがちですが、逆に盲点となっているかせこその最新裏ワザとなるわけです。なぜなら、ヤフオクやメルカリといった会員制の個人売買が出来る場所では、キャンペーンや過去の取引により余っているポイントに有効期限が設定されているからです。ポイントは有効期限内に使わなければ消滅してしまうので、多少金額が高くてもポイント消費目的で使えば気にせず買ってくれる人がいます。実際にamazonにて実売価格そのまま購入し、3%高くヤフオクやメルカリで販売しても値動きが大きな商品でなければ購入者は現れるものです。しかし、出品すれば必ず売れるとは限らず、ある程度の目利きが無ければ売れ残りリスクがあることは覚悟しなければなりません。このため、最初にamazonにて商品を仕入れる段階で、最終的には古物商へ現物商品として買取依頼しても70%以上の買取率で売却出来る商品に限定することが望ましいです。

現金化サービスは進化している?最新裏ワザを知れば選択肢が広がる【番外編】

かつては現金化サービスといえば、クレジットカード現金化を行う商品買取方式とキャッシュバック方式が一般的でした。しかし、新たな方法として最新裏ワザ的にamazonギフト券買取方式が登場し、クレジットカード現金化手法として定着しつつあります。クレジットカードのショッピング枠を使った現金化方法には、新たな試みとしてどのような最新裏ワザが隠されているのでしょうか。

電子マネーを介した現金化は最新裏ワザとなり得るのか

キャッシュレス決済普及促進のために電子マネーを使い始める人が増えていますが、電子マネーへチャージする際にクレジットカードを使用した経験がある人が多いはずです。以前から電子マネーで購入した商品を古物商へ持ち込み買取依頼する方法がありましたが、あくまでも中古品扱いとなるために換金率が70%程度と低いものでした。そこで、もっと効率が良い現金化方法が無いか試す人が現れて、最新裏ワザとして一部の人に使われるようになっています。

nanacoならクレジットカードで購入出来ないギフトカードを買える

セブン&アイグループが提供しているnanacoは、電子マネーの中でもやや特殊な扱いが行われているタイプとして知られています。現金払いのみしか受付していないはずの税金支払いについても、nanacoに限り現金と同様の使い方が出来ることを知っている人は多いはずです。現金化出来る最新裏ワザを探している人がnanacoに着目しないわけが無く、本来ならば電子マネーでは購入出来ないはずのギフトカードを買えることが判明しています。例えば、コンビニエンスストアにまとめて置いてあるamazonギフト券カードタイプは、クレジットカード決済にて購入出来ないことは有名ですが、他の電子マネーでは購入出来ないもののnanacoならば購入可能です。クレジットカード決済にてamazonギフト券Eメールタイプをamazon公式サイトから購入することは出来ますが、あまりにも頻繁に多額のamazonギフト券をクレジットカード決済購入しているとクレジットカード会社から疑われます。そこで、一旦nanacoへクレジットカード経由でチャージした上でamazonギフト券カードタイプを購入し、amazonギフト券買取業者へ買取依頼を出すという方法が最新裏ワザとして使えるわけです。しかし、amazonギフト券カードタイプについては、買取可能なamazonギフト券買取業者の数が少ないので、事前に調査を行っておく必要があります。

nanacoへのクレジットカード登録は1週間程度かかる点に注意

普段からnanacoを利用していない人にとっては、nanacoへのクレジットカード登録に1週間程度掛かる点に注意しなければなりません。電子マネー払いのチャージ方法として、nanacoでは登録を慎重に行っていることから、登録申請を行っても承認されないクレジットカードがあります。オーソリティーチェックがいつ入るのか公表されていないため、ショッピング枠に余裕があるクレジットカードのみnanacoとの紐付けを行うようにしなければなりません。また、amazonギフト券以外にもnanaco経由で購入出来るギフト券を見つけたら、金券ショップでの買取が可能か確認してから手を出せば、現金化を行う最新裏ワザとして使えます。

クレジットカードと同じく電子マネーは返品処理により現金化出来る店舗がある

電子マネー取り扱い店舗には、チャージと支払いの両方可能な店舗と支払いのみが行える店舗があります。電子マネーで購入した商品については、返品処理としてチャージ機能に対応している店舗以外では、返品処理のために現金で返品するしかありません。電子マネーの種類が増えたことにより、店舗側では会計時の処理ミスが増えてしまい、現金での返金方法に慣れている店舗が珍しくない状況です。このため、最新裏ワザとして電子マネーにて購入した商品を返品処理して現金化する方法が生まれました。しかし、多用すると同じ店舗または会員証がある場合には系列店での買物が出来なくなる可能性があるので、普段利用していない店舗または2度と来店しないと思われる出先の店を狙うと良いです。電子マネーによる返品処理を使った現金化は、失敗したら別の店舗へ行けば良いのでリスクはさほどありません。

タバコを販売しているコンビニエンスストアが電子マネーの返品で最もシンプルかつ確実

良心の呵責に耐えられない人には真似出来ませんが、電子マネーによる買物で返品を行い現金支払いを受けるためには、2つの条件を満たすことが最も効率良い手段です。

①電子マネーのチャージ上限額以内で収まること
②1商品で5,000円以上かつ現金による返金を受付しても不自然ではないこと

上記の条件を両方満たす方法が、コンビニエンスストアにてタバコを1カートン買いする方法です。数カートン購入は不審に思われて警戒されてしまうので、あくまでも1カートンが望ましいと考えられます。また、返品時にカートンのまま戻すことが出来るので、破損検品の必要が無い上に頼まれて買いに来たが銘柄を間違えたことにすれば問題ありません。その上で本人に改めて買いに来させることにすれば、何ら不自然なことでは無いからです。さらに、コンビニエンスストアならば、地域限定ストアを除いて店員がアルバイトであってオーナーがいてもコンビニエンスストアでは密封状態で販売されている全ての商品に限り返品可能となっていることから問題有りません。家電量販店では、高額商品が多くなっていて店舗により後日返金となる可能性があるので、本人確認までしっかり行われてしまい精神的にダメージが大きくなります。他の量販店であってもクレジットカード決済取り消し手続きを専門部署に丸投げして後日返金対応を行う所があるので、全てのクレジットカードに対して手軽に返品処理を現金支払にて受付してもらえるのはコンビニエンスストアであることは確かです。

クレジットカードにより購入した電子マネーをポイントサイト経由で変換する

電子マネーは法定通貨とは異なり、決まった貨幣として作られたものではなく、資金決済法に基づき法定通貨と結びつけて利用できる通貨です。日本円を米ドルに外国為替として交換出来るように、電子マネーであっても仲介する取引所を通して別の電子マネーへ交換出来ても不思議ではありません。クレジットカード現金化を行いすぎてリスクが高まっている状況ならば、クレジットカード経由で電子マネーを購入してポイントサイト経由で別の電子マネーへ交換することで何に使ったのか分からなくすることが可能です。最終的には換金しやすいamazonギフト券Eメールタイプや商品券へ交換し、amazonギフト券買取業者や換金性が高い商品券ならば金券ショップへ持ち込めば現金化出来ます。ポイントサイト経由で電子マネーを別のタイプに交換することで現金化しやすくするという最新裏ワザを使えば、その時に最も換金率が高い商品券へ交換することが出来るはずです。

恥ずかしさを我慢すれば可能な最新裏ワザ

一般的な現金化方法を使いすぎてしまい、クレジットカード会社から目をつけられそうな場合には、まだクレジットカード会社が厳しいチェックを入れていない方法で現金化を行えば良いと考えられます。新幹線回数券や換金性が高い商品券は、クレジットカード会社の厳しいチェックにより現金化を行うとクレジットカード利用停止処分となりやすいため敬遠しなければなりません。それでもお金がピンチの時には、多少の恥ずかしさを我慢すれば現金化可能な最新裏ワザがあります。以下のような現金化方法を複数使えば、当面のピンチは乗り切れるはずです。

お釣りを受け取れる商品券で少額の買物をする

全国百貨店共通商品券を使ったお釣りを受け取れる方法は以前からありましたが、クレジットカード会社による取り締まりにより商品券をクレジットカード決済により購入することが難しくなりつつあります。しかし、お釣りを受け取れる商品券は、必ずしも全国百貨店共通商品券だけではなく、各地域にある地元の百貨店が独自に発行している商品券ならばお釣りが出ることを確認した上でクレジットカード決済購入可能なものが残っています。しかし、金券ショップでは特定店舗のみで使える地方の百貨店商品券は買取してもらえないことがあるので、あくまでもお釣りを受け取る目的での少額現金化を狙う場合に限られる点に注意が必要です。

手間をかけて現金化をすることを厭わない人向けの最新裏ワザ

クレジットカード現金化を行いすぎたためにクレジットカード会社からの監視が厳しいと考えているならば、手間をかけて現金化することにより最新裏ワザとして使える方法があります。なぜなら、クレジットカード会社が監視するのは、あくまでも新幹線回数券やamazonギフト券大量購入といった有名になってしまった換金性が高い商品に対してのみだからです。なるべく多くの支払いへ分散させてしまえば、ごく普通の買物をしていて電子マネーやQRコード決済を多く使っている人という認識で落ち着きます。

現金化サービスを利用する際には複数組み合わせる方法が最新裏ワザとして使える

現金化サービスは有名になるほど対策されてしまいやすいので、最新裏ワザは仕組みを理解出来る人が限定的に行う方法が多いです。常に現金化サービスを利用し続けるためには、複数の手法を組み合わせて行うことで手数料ロスをなるべく減らしつつ資金調達する方法として知っておくといざという時に強い味方となります。最新裏ワザの多くがクレジットカード経由で電子マネーへ切り替えるというワンクッション置いた方法が主流となっており、電子マネーの種類が多く複雑化している点に現金化方法が次々と考案可能なヒントが隠されています。

まとめ

クレジットカード現金化には色々な方法がありますが、できるだけ手間をかけずに高い換金率で現金化できる裏ワザが色々と考案されています。
ただし、現金化目的でカード決済すること自体がクレジットカードの規約違反になりますので、実際に実行するのをおすすめすることはできません。
現金化がカード会社にバレると、利用停止になったり、利用残高が一括請求される可能性もありますので注意してください。
現金化は常にカード会社に監視されていますので、どれだけやり方を工夫してもバレる可能性があるということを覚えておきましょう。
バレにくく他人に迷惑をかけない現金化の裏ワザは、飲み会などの割り勘の会計をカード決済する方法になるでしょう。
最初から現金化目的で飲み会を企画するのはハードルが高いですが、偶然現金が必要なときに飲み会があれば、幹事に立候補するのもよいのではないでしょうか?