イオングループの店舗が身近にある人ならば、waonを使って日常的にスーパーマーケットを始めとする買い物で特典を受けているはずです。waonを現金化する方法として、他の電子マネーと同様に返品を使えば良いと考えがちですが、実はwaonはイオングループにより現金ではなくwaon残高という形で返品時に支払われてしまうことがあります。

助さん
助さん
ご隠居、イオン・ショッピングでwaonを支払い方法として購入した商品を返品したら、現金化に失敗したのですがなぜでしょうか?電子マネーなら返品すれば100%の換金率で現金化出来ると考えていたので、思わず唖然としてしまいました。
助さんはもう少し利用規約を確認した上で返品依頼を行う必要がありそうじゃのう。waonにはwaon返品という制度があるから、waon加盟店により返品時の対応がwaonと現金どちらの方法で戻すことになるのかが決まるわけじゃよ。
黄門様
黄門様
助さん
助さん
waon残高は使い切るしか現金化の方法が無いのでしょうか?
使う場所と返品のみに拘らなければ現金化する方法は複数あるから安心しなさい。
黄門様
黄門様

waonを現金化するために返品を行うと失敗することがある

waonはイオングループで導入が進んでいる電子マネーとして知られていて、イオン直営店だけでなくイオングループに加盟しているwaon加盟店でも利用できます。他の電子マネーと大きく異なる点として、1円単位の入金が出来る端末を持っている店舗では、waon返金のシステムが用意されている点です。このため、返金制度を利用してwaonにて購入した商品の返品手続きを依頼しようとしても、返品時には素直にwaon返金がすんなりと進んでしまうわけです。マルチ決済端末によりwaonの使用のみが出来る一般のwaon加盟店ならば、waonにより購入した商品の返品は現金にて返金処理が行われて現金化可能です。しかし、どの店舗がwaonの返品処理を現金で行っていのか、何度も試さなければ分からず返品処理方法を知らない店舗では、待たされて苦い思いをすることが少なくありません。waonを返品により現金化するためには、waon返金未対応の店舗がどこなのか事前調査を行う必要があるわけです。

waon加盟店での返品なら現金化出来るが店舗に迷惑がかかる

waon加盟店として他の電子マネー決済と同様にマルチ決済端末を導入して、電子マネーのチャージには未対応で使用のみに特化した端末使用の店舗ならば、waon加盟店での返品は全て現金化することが出来ます。イオングループには加盟していなくても、マルチ決済端末導入によりwaonを使える店舗になっている所が少なくありません。しかし、いくらwaonにて購入した商品の返品により現金化出来るからといって、何度も繰り返してしまうと店舗に多大な迷惑が掛かってしまうことは確かです。状況次第では出入り禁止の通達を受けてしまうことがあるので、waon加盟店での返品は1店舗1回限りとする程度に留めておくことが無難だと考えられます。

waonの現金化なら返品よりも購入した商品の転売が適している

waonの現金化を行うなら、返品よりも購入した商品の転売を行う方法が現実的です。waonで購入可能な商品の数が多く、換金率が比較的高い商品を狙えば良いので、最小限の手間でwaon残高を現金化出来ます。オートチャージ機能に対応したクレジットカード一体型waonもあり、手持ちのwaonがどのような利用規約で運営されているのか事前に確認しておくことが重要です。交通系電子マネーとは異なり、waonはチャージ残高の最高額が50,000円と比較的高額となっているので、ある程度の家電製品を購入することが出来ます。何度も手間をかけて転売を繰り返すよりも、なるべく高額な商品を少ない回数にて転売した方が余計な経費が掛からずに換金率を引き上げられるわけでする

換金率が高い商品を購入して転売する

換金率が高い商品を購入した上で転売するならば、イオングループ及びwaon加盟店全てを対象にして高額にて転売可能な商品をリサイクルショップや買取店といった場所で事前調査してから行うことが望ましいです。1枚のwaonで繰り返し同じ商品を購入し続けると、waonがクレジットカード一体型であった場合には、クレジットカード会社から電話連絡にて確認が入ってしまうことがあります。waon単体のカードならばプリペイド扱いとなるために、換金率が高い商品ばかりを繰り返し購入しても問題ありません。よくある換金率が高い商品には、次のようなものがあります。

・ゲーム機本体や人気ゲームソフト
・ブランド品
・換金性が高い地金が多く含まれた貴金属
・一眼レフカメラ
・楽器類
・ギフト券

他の電子マネーとは異なり、waon加盟店では高額商品購入時にwaon残高で先に支払い残りを現金払いすることで50,000円を超える商品の支払いにwaonを使えるという特徴があります。一般的な電子マネー払いでは、チャージ残高の範囲内のみで商品購入を行えることになっている点を考慮すれば、waonを商品購入のために使う場合には使い勝手が良いわけです。中でもゲーム機本体と一眼レフカメラの換金率は80%~90%と高額になりやすいことから、waonを使った現金化を行うためには有効な方法と考えられます。楽器類については買取店の事情に左右されやすいので、ある程度楽器に詳しい場合に限り有効な方法です。身内や友人に転売することを前提として90%の金額にて転売するなら、煙草を選択するという方法が適しています。たばこ税の増税に伴い価格が上がっているにも関わらず喫煙を止められない人にとって、割引販売が行われない煙草を1割引でも安く購入出来るならwaon残高を使い切りたいからという理由なら喜んで買取してくれるはずです。

ミニストップを利用するならレターパックの転売が適している

waonが使える店舗として立ち寄り可能な場所にミニストップが含まれるなら、waonを返品以外の方法で現金化しやすい環境が整っていると考えられます。なぜなら、ミニストップで販売されているwaonにて購入可能な商品のうち、安定して定額にて転売しやすい商品の中にレターパックが含まれるからです。

・レターパックライト 360円
・レターパックプラス 510円

という2種類どちらでも一定の需要があることから、オークションサイトやフリマアプリを使って90%程度の換金率にて売却可能です。なぜなら、まとめて数十枚購入する企業や自営業者が多いためであって、経費を少しでも節約するための方法として出品があるごとにまとめ買いをしている事業者があるからです。定形外郵便とは異なり配達時の追跡が可能な手段でありながらポスト投函出来るという利便性から、日常的に様々な品物の送付に広く使われていて、一度購入すれば特に期限無く必要な時に差し出せるというメリットがあります。郵便局から定額にて購入し続けても、日頃から割安なレターパックを仕入れておいても毎年使う枚数に違いが無いからこそ、安く仕入れられるチャンスを零細企業ほど逃さないわけです。ミニストップにてレターパックを購入する際には、日にちを置けば何度でも仕入れてくれるからこそ、近隣の数店舗を巡回するだけで返品に頼らずに現金化しやすいと考えられます。転売時の価値減損分が僅か10%ならば、換金率としても極めて優秀です。

返品以外の方法でwaonを現金化する方法があった

返品による現金化が難しいwaonは、払い戻し制度が無いために現金化するためにはつい転売に頼りがちです。しかし、waon一体型のクレジットカードがあることをヒントにすれば、クレジットカード現金化サービスと絡ませれば現金化出来る方法が他にもあるのではないかと連想出来るわけです。

助さん
助さん
先日、ミニストップにてamazonギフト券をwaon支払いで購入している人を見かけましたが、amazonギフト券は現金以外に購入出来ないのではないかと思っていました。格さん何か情報知りませんか?
その辺りの裏技的な話は、お銀が詳しいから詳しく聞いてみると良い。
お銀
お銀
ミニストップではwaonでの支払いでamazonギフト券カードタイプだけでなくデジタルギフト券を複数種類購入できます。

ミニストップならデジタルギフト券の購入が可能

コンビニエンスストアの中で唯一ミニストップだけが、waonによる支払いでデジタルギフト券の購入が可能です。基本的にwaon対応しているコンビニエンスストアは複数あるので、waonでの支払いによりamazonギフト券を始めとするデジタルギフト券の購入に使えても不思議ではありません。しかし、ミニストップ以外のコンビニエンスストアでは、waon対応はしていても利用規約によりデジタルギフト券購入時にwaon支払いを禁止する規定が入っています。ミニストップだけは親会社が発行しているwaonに対する過度な制限をしていないため、amazonギフト券だけでなく店頭のレジを使って購入可能なカード型のデジタルギフト券の大半を購入可能です。

・amazonギフト券カードタイプ
・iTunesカード
・Googleplayカード
・ニンテンドープリペイドカード
・ットキャッシュカード
・GREEプリペイドカード
・LINEプリペイドカード
・DMMプリペイドカード
・Mobageモバコインカード
・レコチョク・ギフトカード

実際にはゲームで使用可能なデジタルギフト券だけでなく、通話用やアプリ購入用といった様々なデジタルギフト券であっても、ミニストップのレジを通せば購入可能です。

waon残高を使えるamazonギフト券はカードタイプのみ

ミニストップならばamazonギフト券を全てのタイプで購入できるかといえば、実際にはカードタイプのamazonギフト券のみがwaon残高支払いに対応しています。クレジットカード決済によるデジタルギフト券カードタイプの購入が店頭では出来ないことから分かるように、waon残高支払いによるデジタルギフト券購入はカードタイプ限定の例外的な購入方法だと考えて良いです。

ミニストップでwaon購入可能なデジタルギフト券はカードタイプになぜ限定されるのか

ミニストップの店頭にて現金購入可能なamazonギフト券のうち、シートタイプとカードタイプの両方があるにも関わらず、なぜカードタイプのみしかwaon残高で購入出来ないのか疑問に思う人がいるはずです。ポイントとなるのは、Loppi端末を通して購入するタイプのデジタルギフト券については、一切waon購入出来ないわけです。このため、Loppi端末を通してレシート発行をした上でレジに持ち込むタイプのデジタルギフト券は、レジでの支払い方法が現金払いに限定されているためにミニストップであってもwaon残高による支払い対象外となります。実際にミニストップでwaon残高購入出来ない例として、次のようなデジタルギフト券があります。

・amazonギフト券シートタイプ
・カイモ
・NEXONポイント

ミニストップ店内に数多く並んでいるカード型のデジタルギフト券ならば、レジを通過させた時点でアクティベーションが行われる仕組みとなっているタイプを選ばなければ、waon残高支払いが有効になりません。

カードタイプのデジタルギフト券を購入して買取店へ持ち込もう

カードタイプのデジタルギフト券は、個人的に転売市場へ流して現金化することが出来るので、換金率とリスクを考慮しなければ完全に個人で現金化手続きを完了させることが出来ます。しかし、クレジットカード一体型のwaonを使っていて、オートチャージ機能を使った現金化を狙っているならば、amazonギフト券カードタイプを買取店へ持ち込む方法による現金化が望ましいです。なぜなら、amazonギフト券を月に10万円以上購入して使っている人は、通信販売が大好きな人ならば珍しく無いからです。waon残高を使ったamazonギフト券購入は、1回につき50,000円以内しか行なえませんが、最も販売しやすい券種を聞いた上でamazonギフト券を購入すれば転売時の換金率を高めにすることが出来ます。中でもクレジットカード現金化を行う専門業者ならば、amazonギフト券カードタイプを取り扱いしている店舗があるので、現物のカードを送付する必要があるものの買取を行っている事業者を探すことは難しくありません。amazonギフト券カードタイプの換金率は、75%~80%が一般的とやや低めですが、繰り返し何度でも買取依頼に応じてくれることからクレジットカード現金化を行う際の手法が1つに偏らないようにするために有効な手段と考えれば妥当です。

デジタルギフト券買取方式によるクレジットカード現金化業者なら複数のデジタルギフト券も買取可能

デジタルギフト券の買取先として、買い取ったデジタルギフト券をどのような社内で現金化しているのかという事情により、換金率に違いが生まれていることが分かっています。amazonギフト券Eメールタイプは転売市場へ流しやすいことから高い買取率を実現しているものの、waon残高による購入は出来ません。クレジットカード現金化を行う際の1つの方法として手続きを行うことが望ましいですが、あまりにもamazonギフト券を直接購入することは、残念ながらクレジットカード会社から不正利用を疑われる原因となりかねません。そこで、クレジットカードと紐付けたwaonへオートチャージ設定することにより、クレジットカードにてwaon残高を購入した上でamazonギフト券カードタイプを購入して現金化業者へ売却すれば取引方法が多様化して安全性が増します。しかし、多くのamazonギフト券買取業者はEメールタイプしか取り扱いが無いので、カードタイプの買取を行っている現金化業者はよほど堅実な買取を実施していると考えられるわけです。waon残高を利用したamazonギフト券買取依頼を行うためには、カードタイプの買取に対応している現金化業者を事前に確保しておくことが望ましいです。

デジタルギフト券の購入数を増やせばwaon残高買取時に使い道を調べられても不自然さが薄らぐ

waon残高を現金化する上で最も注意しなければならないことは、イオン側の調査に引っ掛からないよう心掛けなければならないという点です。waonには様々なタイプの発行形式がありますが、waon単体での利用ならば特に使い道を気にする必要がありません。なぜなら、チャージするクレジットカードがイオングループとは別のタイプならば、そもそもwaonへのチャージがいくらであってもさほど気にされることが無いからです。クレジットカード現金化により利用停止措置を取られないか気にしているようならば、最初からイオングループ以外のクレジットカードをwaon単体カードへ都度チャージする方法を使えば疑われる心配がありません。なぜなら、waonへチャージした後の購入履歴を同じイオングループではないクレジットカード会社が確認出来る術が無いからです。このため、クレジットカードからのチャージをwaonに行い、好きなだけデジタルギフト券を購入して現金化業者へ売却するだけで必要な現金化をスムーズに行うことが出来ます。

クレジットカード一体型waonとイオングループのクレジットカードからのチャージは要注意

waonとイオングループのクレジットカードは、親会社が共通という点から社内情報共有が行われていると考えられます。このため、一旦イオングループ外のデジタルギフト券へwaon残高を使ったミニストップでのデジタルギフト兼購入により、使い道の追跡が途絶えるようにしておくことが望ましいです。イオングループからの問い合わせがあっても、amazonギフト券カードタイプならばアメリカのamazonが使い道情報を漏らすことはありません。このため、日常的にamazonギフト券を多数購入している人が数多くいることから分かるように、追跡できないタイプのデジタルギフト券へ変えてしまえば現金化を行うことは難しくありません。多少手間がかかるものの、クレジットカードとwaon残高使用において不正利用を疑われないように自衛しながらwaon残高を現金化すれば、余計な心配を行う必要がなくなります。

waonを現金化するためには返品以外の方法を計算して行うことが望ましい

waon残高を現金化するためには、払い戻しという方法が用意されていないためにwaon残高により購入した商品の返品をすれば良いと考えがちです。しかし、waon残高は返品処理によりwaonとして戻ってしまうために現金化に失敗しやすいと考えられます。そこで、waon残高にて購入した商品を転売する方法が有力となりますが、ミニストップが近くにあるならデジタルギフト券を例外的にwaon残高で購入出来る方法を使って現金化業者へ売却すれば現金化しやすいです。