Pocket

クレジットカード現金化は闇金と呼ばれることがあります。現金化することは、融資ではないから闇金と呼ぶのは正確ではないと思われるかもしれません。しかし、その裏に隠されているのは、闇金のようなシステムです。優良な業者が顧客を騙すことはないが、中には闇金に繋がっていて、騙されるケースもあります。ここでは、それを見極める方法や手口として知られるもの、闇金とのかかわりなどについて解説します。
クレジットカード現金化は本当は闇金か?
闇金は正確には闇金融(業者)のことを指す一般的な用語です。消費者金融のことを以前は街金と読んでいたのと同じで、お金を貸してくれる会社だが、貸金業法・出資法の法律的には利率がグレーだったり完全にアウトで、違法な取立てを行うなど正規の貸金業者ではない相手・団体を総じてそのように呼びます。

闇金扱いの逮捕事案

過去に、クレジットカード現金化を出資法に違反するとは考えずに現金化業者の関係者が何度か捕まっています。その時の法律の根拠が出資法です。つまり出資法に違反して、その行為が融資に限りなく近いものであれば、お金を介している認識がなくても取り締まる側からすれば闇金の扱いになる訳です。

クレジットカード現金化の業者は全てが闇金ではない

グレーゾーンが広いクレジットカード現金化においては、業者全てが闇金扱いになる訳ではないことを知っておかなければなりません。それは、出資法に違反してお金を貸すことで闇金として扱われるのであって、出資法に違反していると判断されなければ闇金ではないからです。ですから、クレジットカード現金化をする業者は「すべてが闇金で何か違法なことをしている」とは限らないのです。

クレジットカード現金化業者が実質的に闇金である理由

確かに、法律的には闇金に当たらず、元本はそもそもクレジットカード会社であるから取立てなどが生じないので、一般的なイメージの闇金はそこにはありません。しかし、信頼できる現金化業者が、本質的に優良な貸し金なのかといえばそうではありません。

貸し金の認識をしておらず、売買や購入等の言葉を使っているだけで、枠を現金(キャッシュ)に換えるのは、法律の解釈がどうであれ、利用者からすればお金をクレジットカード会社から借りているに過ぎません。それを第三者の業者を介入させることで、融資やキャッシングの形にはせず、枠の買取で成立させている訳です。

実質的な部分とは、利用者がクレジットカードに払わなければならない利用料金と実際に現金化業者から支払われる金額を見た部分のことです。すると、貸金の金融常識では最高でも2割程度とされています。これ以上の金利を取ると、行政処分が行われます。過去には武富士などの有名会社が違法性を問われたでしょう。

換金率が利子に相当

クレジットカード現金化業者の場合、換金率が高いと8割よりも高くなる可能性はあります。しかし、ほとんどの業者では手数料まで含めると換金率が7割程度になります。すなわち、出資法の金利からすれば、現金化が2~3割、場合によっては4割を超える利息を取る事実上の闇金取引であるとすることができます。

もちろん、現在の買い取り方式を利用した業者は、クレジットカードのショッピング枠をそのまま買い取らずに融資の形にはしていないので、損失分の2~3割は買取の顧客側の損という扱いになっていることです。これを一つの業者が買取から商品送付、振込みまでしてしまうと出資法に抵触しますが、ギフト券や商品を買ってもらい、それを買い取ることは現金化利用者側で生じる売った時の損失に過ぎなくなることです。

闇金で借りているようなもの?

ですが、クレジットを利用させられた利用者は、損失分が実質的な利子と考えることができるので、方法や理屈に関係なく、闇金ほどのリスクではないが損した分を踏まえれば実質、闇金で借りることとそれほど変わらないのです。

実質的に闇金だと知っても使う人が減らない理由

闇金はどうしても正規の銀行や消費者金融からお金を借りられない人が手を出すものです。それは、クレジットカードを現金化する人がいなくならない理由でもあります。今の収入や職業で消費者金融からお金は借りられない。だが、現金化なら審査も資格も必要ない。闇金も個人情報や難易度の高い審査なくお金を借りられてしまうという点で似ています。

次に、キャッシングなどの利用歴がつかないというメリットがあります。お金を借りた場合、その金額は総量規制を決める現在借りている分の金額になる。ところが、クレジットカードの現金化はそれもない。この点も闇金と類似しています。多少の損失があったとしてもお金を用意しなければならない場面はたくさんあります。その時に現金が用意できて利用できるとすればクレジットカードを現金化することに限られるのです。

闇金の対応と変わらない業者もいる

クレジットカード現金化業者は方法によっては表面上、闇金ではないとが分かりました。では、利子の面以外に闇金のような現金化業者は存在するのでしょうか。結論からいえば闇金対応の会社は存在します。まず、そうした闇金対応を取る業者は、甘い言葉で顧客に自社に連絡をさせます。

悪質な対応をする闇金まがいの業者

それから、個人情報を聞き出して取引を持ちかけます。このとき、高額の換金率を提示したり、ホームページ上で有利な現金化が出来ることを表記したりしています。それからショッピング枠を使ってクレジットで決済します。そうすると、振込みされたのはわずかな金額で、文句を業者に言います。

態度は一変して、高圧的な言動を電話口で代わった男が対応します。闇金でも似たような手口が存在していて、最初に言っていた条件や広告に出されていた魅力のある利子だったものがなぜか適応されず、文句を言うと門前払いされるのです。

また、中には、振込みすらせず、ふてぶてしい態度を取る業者も存在します。最初は優しく説明をするが、後から急変した態度で接されて困惑したところに詐欺的な手法で資金をむしりとりにかかる、悪質な手口を闇金のように行うのです。

以上から、優良業者ではあるがやっていることは実質的に闇金であるところ、それとは別に、取引や対応が闇金と相違ない業者がいることがはっきりと分かります。もちろん、優良な業者であったとしても現金化取引の損失分が違法金利の割合に十分見合うことは確かです。

裏で闇金と繋がっている業者がいる?

闇金と聞くと反社会勢力とのつながりを連想します。実際、現金化業者が裏で暴力団の資金源になることがある悪質な業者が一部にいることです。そして、闇金との関係を持つ業者もいます。闇金との関係を持つ理由はいくつかあります。一つは顧客情報を裏で流して資金を得られるためです。手に入れた情報は、本来外部に漏らしてはいけないものです。しかし、個人運営や闇商売に近い業者はコンプライアンスを守るはずもなく、顧客の情報を渡してしまうのです。

闇金が背後に控えるケース

次に、手法そのものが詐欺の入り口で、その背後に闇金が主導しているというケースです。闇金の収入源は、違法な金利や騙してお金を振り込ませるものなどがありますが、違法な会社が収入を得やすい業種も多様化しています。その一つがクレジットカード現金化です。クレジットカード現金化を使う人が増えるに連れて、利用者が騙されたという報告が消費者庁・消費生活センターに報告されています。

クレジットカードの現金化で振込みがいつまで経ってもされない、身に覚えのない決済がカードでされているなど。無視できないような悪質行為が闇金の手でクレジットカード現金化を装って潜んでいるということを忘れてはなりません。