クレジットカード現金化は、お金のないとき、安易にすることができるテクニックです。このような方法に救われたという方々も多いのではないでしょうか。

しかし、クレジットカード現金化は本当に最後の切り札です。

クレジットカード現金化ばかり繰り返していると、自己破産の最悪の事態を迎えてしまうかもしれません。

クレジットカード現金化は、危険な要素も含んでいるので、利用する人は呉々も注意する必要があります。

クレジットカード現金化で自己破産してしまうかも

そもそも、あなたがクレジットカード現金化を利用するのは、消費者金融、銀行で借り入れができないからではないでしょうか。

消費者金融でキャッシングしようと思っても、最近なかなか借り入れできないという人たちが増えて来ています。なんでそのような事態になってしまったのかといえば、総量規制の問題が大きく関わって来ます。

総量規制とは何か

総量規制とは、年収の3分の1以上のお金を貸金業者から借りることができないことを定めた貸金業法のことです。

2006年に公布され2010年に完全に施行されました。

年収が300万円で既に70万円の借り入れをしている場合、残り30万円までしか借りることができません。

消費者金融からお金を借りようとしている人たちは、総量規制対象です。一方で銀行のカードローンは総量規制対象外です。なぜなら、総量規制は貸金業法の法律での決めごとなので、銀行は貸金業法ではなく銀行法で動いているからです。

実際にいままで総量規制以上の借り入れをしていた人たちも、このような規制が誕生したため、借り入れすることができなくなりました。そのような人たちが、クレジットカード現金化など危険な方法について考えてしまうのかもしれません。

しかし、中には、総量規制以上借り入れして、しっかり計画性たてて支払いをしていた人たちもいたでしょう。そのような人たちもお金を得る手段を断たれてしまうことになります。手段がなければ、クレジットカード現金化にどうしても手を出さなければならないでしょう。

しかし、実際にクレジットカード現金化ができたとしても、そう何度も繰り返し利用するりことができません。

いま、そのような人たちが、借金とどう向き合わなければならないかといえば、やっぱり総量規制をしっかり受け止め、生活をもっと切りつめ、返済に専念することです。

なぜ、消費者金融で、総量規制という問題が浮上したのかといえば、金融業界全体で協力して多重債務者を減らしていこうというモチベーションからです。消費者金融で、なかなかキャッシングができなくて嘆いている方々もいるかもしれませんが、キャッシングできないのはあなたのためであり、それ以上、借り入れしても、計画性をもって返済することができないという判断をしているからです。

銀行は総量規制対象外

例えば、三井住友銀行カードローンを利用するというのであれば、総量規制の問題は全く関係はありません。ただし、実際に、だから、消費者金融でキャッシングできない人たちが、安易に三井住友銀行カードローンを利用することができるかと言えばそうではありません。

それは、それぞれの銀行が、総量規制はありませんが、自主規制をしているからです。ですから最近の傾向では、総量規制はないものの、ほとんど年収の1/3までに制限されると思った方がいいかもしれません。

銀行でも総量規制の縛りはありませんが、それ以上貸し出しをしてもちゃんと返済してくれないとお客様を判断していることでしょう。

さらに、銀行では、回収のノウハウがしっかり備わっていないので、貸し出しして返済してくれないリスクも相当懸念しています。そのような問題もあり、基本、総量規制がないとはいうものの、消費者金融の審査より相当厳しいことが予想でき、お金に困っている人たちがすんなり銀行カードローンの契約という訳にはいかないでしょう。

最近では、銀行は、消費者金融を味方に招き、回収のノウハウなど消費者金融から学んでいると言います。であれば、銀行も、延滞する債務者をしっかり督促して、回収することができます。ただし、現状、消費者金融の回収の方法も昔とは違い、ほとんど訪問回収をしないというところも増えて来ています。

手紙だけで、本当に回収業務をこなすことができるか疑問ですが。

ですから、なおさら、消費者金融においても審査が厳しくなり、返済できないような人たちをあらかじめ見破ろうとしています。

総量規制、厳しい取り立てをしないという2点において、消費者金融でも簡単に審査を通過できなくなってしまったのです。ますますクレジットカード現金化需要が高くなったともいうことができます。

闇金業者のお世話になる

消費者金融、銀行でお金を借りることができないから、闇金業者の
お世話になる人たちが急増したということが、ある時期社会問題にもなったことがあります。

消費者金融は、いままで貸し出しをしていたあなたに対して貸し出ししないと言います。しかし、それでもあなたは生活をしていかなければなりません。そのために絶対お金が必要です。

そのとき、闇金業者が、優しい顔をしてあなたの側に寄り添って来るでしょう。

あなたが何もしないでも、闇金業者は、そのような情報収集をしているので、向こうからあなたに群がってくるかもしれません。

どうしてもお金が必要だから、闇金業者でも貸してくれるというのなら利用するでしょう。

でも、注意しなければならないのは、彼らは違法業者です。法外の利息では計画性のある支払いなどとうてい出来ないでしょう。鼻から身を滅ぼす行為です。

最近では、ソフト闇金業者も登場して来ています。ソフト闇金業者は、ほとんど消費者金融と見分けがつかないかもしれません。利息もそれ程高い訳ではなく、この程度なら借りて問題ないと考えてしまうかもしれません。

そして、見かけも危険な臭いはいっさいありません。ソフト闇金業者は、かつて消費者金融ではグレーゾーンというものがありましたが、その程度の利息でお金を貸し出ししています。そして、返済できないリスクを回避するため低額貸し出しを行っています。

お金のない人たちは、グレーゾーン程度なら、以前消費者金融でもその利息で借りていたことなので問題なしと考えるかもしれません。しかし、それでも闇金業者は違法業者なので利用するべきではありません。いつどのように豹変するかもわからないです。

このような人たちに借金をしてしまうから、借金地獄の深みにどんどんはまっていくことになります。

クレジットカード現金化は闇金業者だから危険?

クレジットカード現金化という方法なら、闇金業者より安全と思っている人たちもいるかもしれませんが、一方では、クレジットカード現金化業者も闇金業者も同じと考える人たちもいるでしょう。

でも、クレジットカード現金化と、闇金業者は別物という考えでいいでしょう。

まず、クレジットカード現金化が違法行為をしているかという視点です。例えば、金利です。闇金業者は、ソフト闇金業者でも、以前、消費者金融のグレーゾーン程度の金利設定をしているので、現在ではグレーではなく違法です。

さらに派手に営業をしている闇金業者は、トイチ、10日で1割という金利を仕掛けて来ます。ゴト、10日で5割ということもあるでしょう。

しかし、クレジットカード現金化業者の場合、法定金利は20%なのに対して、だいたい16~18%あたりにとどめているでしょう。

ゴト、10日で5割というのと比較をすればクレジットカード現金化業者と闇金業者には、危険度に大きな違いがあることも気づかされることになります。

クレジットカード現金化には違法性はない?

実際に違法性という問題では、クレジットカード現金化はどうなのでしょうか。実際にクレジットカード現金化に対して違法性がある訳ではありません。実際にみなさんもクレジットカード現金化で逮捕されたニュースを見かけたことがないでしょう。

しかし、闇金業者なら、営業自体NGで逮捕される事件をいくつも見ています。実際に、クレジットカード現金化業者のバックには、闇金業者の存在があり、悪質な取り立てをして逮捕されるような事件は起きていますが、クレジットカード現金化自体が問われている訳ではありません。

クレジットカード現金化業者が、違法な取り立て行為をすれば、それも違法で逮捕されてしまうことになりますが、クレジットカード現金化の場合、取り立てとは無関係と言っていいでしょう。

クレジットカード現金化業者では、商品買取という方法か、またはキャッシュバック方式で、現金化を実現します。

キャッシュバック方式を最近では採用している業者が多いようですが、よりリスク回避の手段からです。

どこに現金化の危険度があるのか

どこにクレジットカード現金化の危険度がそなわっているのかといえば、クレジットカード会社に目をつけられる可能性が充分あるからです。実際に、クレジットカード現金化は違法ではありません。

しかし、クレジットカード会社の利用規約には、違反している行為なので、事態が発覚すれば、クレジットカード会社があなたのカードを停止してしまう可能性が充分あります。

キャッシュバック方式では、利用する業者が指定する商品をクレジットカードで購入して、キャッシュバックで、お金が振り込みされ、商品がやがて自宅に届くことになります。本来目的は、お金の方なので、商品自体は、価値のないものがほとんどです。

あと、クレジットカード会社から、商品購入金額を請求されることになります。支払いを済まして、完了です。

ちょっと胡散臭いという感じもありますが、 実際には、キャッシュバック方式は、家電量販店でも採用しているので、キャッシュバック方式で逮捕されてしまうのなら、家電量販店も道連れということになるでしょう。

クレジットカード現金化は、闇金業者とは違います。ですから、お金を借り入れすることができないで闇金業者を利用するのなら、クレジットカード現金化業者を利用した方法が全然いいでしょう。

しかし、他に方法があるのならクレジットカード現金化業者も利用しない方がいいでしょう。

クレジットカード現金化で自己破産

もしも、クレジットカード現金化を利用して、いくらでも借金できるとすればどうでしょう。あなたは、何度も繰り返し、クレジットカード現金化を利用するでしょう。意外な方法で現金化できることに、快感も感じてしまっているかもしれません。

しかし、クレジットカード現金化も借金にすぎないのです。あなたは、自己破産の道をどんどん突き進んでしまっているのかもしれません。

しかし、ネットではクレジットカード現金化をすると自己破産ができないという書き込みがあります。

クレジットカード現金化が、自己破産をしようと思ったとき妨げとなってしまう理由には、自己破産は破産法によって行われ、免責は借金など債務に対してされます。

正当な理由が認められれば、自己破産をすることができますが、免責不許可事由となってしまうこともあります。

実際にブランド品大量購入という場合、免責が降りないことがあります。実際に、クレジットカード現金化は、免責不許可事由の中に含まれてしまうのです。

まとめ

いかがでしょうか。クレジットカード現金化が危険なのは、クレジットカード会社から利用停止を言い渡されるからというのではなく、自己破産をいざしようとする時に、できなくなってしまうケースがあることです。

そのような意味でも、クレジットカード現金化は、なおさらしっかり計画性を持ち行う必要があります。